人妻との不倫セックスのすばらしさ

人妻との不倫セックスのすばらしさ

人妻を出会い系サイトで狙うほど安上がりなセックスはありません。

普通の女の子とセックスをしようと思ったら多くのお金と労力が必要になります。

たとえば、ドライブに連れて行くとしたらレンタカー代がかかります。ガソリン代も駐車場代もかかります。何度かデートに誘って、それからセックスをしようと思ったら、食事代が何度もかかる。テーマパークのようなところに連れて行かなきゃいけない。プレゼントで気をひく必要もあるかもしれない。それほど高額じゃないかもしれないけど、セックスごときのためにプレゼントを送るなんてばからしい。

ホテルはラブホテルじゃいやがるかもしれない。おしゃれな高級ホテルじゃないとダメなんて言われるかもしれない。ラブホテルじゃあムードがないなんて言われるかもしれない。

出会い系サイトでの不倫セックスは安上がり

ところが出会い系サイトでの不倫セックスならこれらの手間やお金がいっさいかからないのです!

出会い系サイトで会う約束をとりつけたらあとはセックスするだけです。

食事代はかかるかもしれませんがその程度でしょう。人妻は、遠出するデートなんて嫌います。夫にバレないように早く帰らなければいけないからドライブデートなんてのぞんでいません。プレゼントをもらっても家に持って帰ることはできないんだから必要ありません。テーマパークやショッピングなどのデートも知り合いに見つかる可能性があるんだからぜったいにしません。

セックスはラブホテルで十分です。2時間の休憩でさっさと済ませたいって思っています。

そもそも、出会い系サイトで知り合った人妻は恋愛するつもりはまったくないんだから、最初からお互いがセックスが目的なのが明確なのです。

だから、人妻は、時間・労力・お金がすべて節約できる最高のターゲットなのです。

わたしは年間10人以上の人妻と不倫セックスしていますが、ほとんどの場合、食事代とホテル代以外のお金はかかりません。人妻によってはワリカンにしてくれる女性さえいます。

人妻狙いを始めてからは、風俗なんてばからしくてまったく行かなくなりました。素人女と少額でセックスを楽しめるのだから、こんなにたのしいことはありません。

しかも、普通の女性の場合は、おごったからといってセックスできるとはかぎりません。出会い系サイトで知り合った人妻は実際に会って食事までもちこんだらほぼ確実にセックスできるのです。これほど割のいい投資があるでしょうか。

人妻との不倫セックスは素晴らしい

さらにお金がかかるだけではなく、不倫セックスはそれ自体が素晴らしいものです。ノーマルな恋人同士のセックスでは決して味わうことのできない「背徳感」というスパイスがこれほどまでに快楽を増してくれるのかと、未だに驚くばかりです。

不倫の「倫」は倫理の「倫」です。つまり、倫理から外れた人の道に非ざる行為……ケモノじみた畜生のすること、というわけですね。ですが、人間はしてはいけないと言われたことに対して、やたらと好奇心を持ってしまうものなのです。

例えば、禁断の愛の代表とされるシェイクスピアの「ロミオとジュリエット」もそうですよね。敵同士の間柄に生まれてしまったばかりに、決して結ばれることのない愛。しかし、相手を想い恋い焦がれる気持ちは抑えられない。

そしてほとんどの女性はジュリエットに対して共感し、あこがれを抱くのです。「私もそんな燃え上がって、身体を引き裂かれるような恋をしてみたいと」そんな気持ちを一番手軽に疑似体験できるのが……そう、不倫なわけです。

だから不倫に対して「あこがれ」という願望を持つのは、男性よりも圧倒的に女性のほうが多いわ けです。一方、男があこがれる男女関係は「セフレ」ですよね。

男が不倫したい理由なんてのは、セックスがしたいだけなんです。あなたもそうでしょう? セックスさえ出来れば相手が未婚だろうが既婚だろうが、特にコダワリはないのです。せいぜいこだわるとしたら、年齢とおっぱいの大きさくらいですよね?

しかし、女性はセックスはあくまでも手段であり、目的は「不倫をしちゃってるイケナイ私」という自分に陶酔するためにあります。そして、夜な夜なもだえるのです。

「あんなに彼のことを愛しているのに、会いたいのに会えない私って、カワイソウ……!!」

このように、同じ不倫を求める男と女でも、こうまでも目的が違うのはなんだかそれはそれで面白いのですよね。でも、どっちも目的のためにお互いを利用する点は同じです。こちらとしても、深く考えずにセックスを楽しんじゃいましょう(笑)

人妻との不倫セックスをさらにすばらしいものにする方法

せっかく既婚女性との不倫をするならただ単にセックスするだけでは実にもったいない! 無言でパンパン腰をふるだけなら風俗なりデリヘルなりにいったほうがよっぽど手軽で気持ちがいいですよ。不倫セックスの醍醐味は、そのシチュエーションにあるわけですから、それを最大限に利用しましょう!

一番お手軽で、かつ効果があるのは旦那を思い出させること、ですね。ただ、まだ付き合って日も浅い段階でコレをやってしまうと、背徳感より罪悪感が上回ってしまい、その場で関係が終わってしまう可能性もあるので……。2回3回とセックスを重ねたくらいの、ある程度慣れてきた頃合いがいいでしょう。

どうするかといえば実に単純。セックス中に旦那のことを質問するだけです。

  • いつも旦那さんからはどんな風に責められてるの?
  • 旦那さんにしてるようなことを、俺にもしてみてよ。
  • 初めて旦那さんとセックスした時は、どんな体位だったの?
  • ほんとは旦那さんにしてもらいたいけど、言えてないことってある?
  • 旦那さんと俺のセックス、どっちが気持ちいい?

などなど。すると、奥様はどんな気持ちになるでしょうか?

  • 旦那というものがありながら、今は見知らぬ男のチンコを挿入されている……
  • 家では小さい子供がなにも知らずにお腹をすかせて待っているのに……
  • なのに旦那じゃない男とセックスして、快楽に溺れてしまっているいる……
  • こんなこと、しちゃいけないのに。なんでこんなに気持ちがいいの……

そんな思いが頭のなかで逡巡するはずです。

すると、こちらもびっくりしてしまうくらい一気に濡れてくるんですよ。よく愛液が「糸をひく」とか「したたるように」なんて表現しますが、本当にそうなります。あくまで仕事として淡白にセックスをこなしているアダルトビデオでは、絶対に見られない光景ですよ。

AV男優が語る、セックスにおいて一番大事なもの

不倫セックスのなにがそこまで女性たちを興奮させ、駆り立てるのでしょうか? アダルトビデオで8500人の女性とセックスをしてきたAV男優・しみけん氏が、セックスにおいて一番大事なものはなにか、ということを語っていました。

しみけん流セックス本質論──「成功」のもとは「性交」にあり

僕はAV男優という職について18年が経過し、体をかさねた女性の数は8500人をこえました。とはいえ、ただ積み重ねただけの数字には何も意味もありません。その中から何を得て、何を考え、伝えることができるのか。それに満足に答えることができて初めて、数字に意味が生まれると考えます。ならば僕がこの8500人の経験から一番に学んだことは何かといえば、それは「相手を想う気持ち」です。

セックスは最高のコミュニケーションで、セックスの最中は言葉がなくても会話が成り立ちます。相手が何を思い、何を考えているのかがわかるのです。それがわからないというのは、体はひとつになっていても脳まではひとつになりきれていない証拠。相手が何を望み、どう感じているのか。それを探り考えながら行うセックスができる人は、日常生活でも周りへの配慮や仕事での姿勢というかたちで、相手を尊重している人であるはずです。

悲しいことに世の中には、自分本位のセックスに没頭している人がとても多いようです。それはセックスではなく相手の体を使った“自慰行為”であり、そういう人はセックス好きではなく“ただの快楽好き”なのです。セックスの素晴らしさは相手を想うことであり、愛のあり方とコミュニケーションをとる素晴らしさを学ぶところにあります。

人妻との不倫セックスのすばらしさ
しみけん @avshimiken 流セックス本質論──「成功」のもとは「性交」にあり|メンズファッション、時計、高級車、男のための最新情報|GQ JAPAN
人生で大切なことはすべてセックスから学んだという人気AV男優のしみけんが、あらためてセックスの大切さについて語る。

仕事として8500人もの女性とセックスをしてきたセックスのプロが導き出した答えが「相手を想う気持ち」という、あまりにも普通なことだったからこそ、説得力がありますね。きっと、これが真理なのでしょう。

小手先のテクニックや、ペニスの大きさや耐久度といった、フィジカル面での快楽は二の次なのです。「相手に想われている」と全身で感じることのメンタル面のほうがよっぽど快楽が強く、重要なのですね。

こんな理想のセックスを彼女や妻と、ずっと一生続けることが出来れば、お互いに不倫をしたいなんて微塵も思わないことでしょう。しかし、残念ながらそんなことはあり得ない夢物語なのが現実です。

多くの場合、結婚して時が経つに連れて「ラブラブなセックス」はできなくなってきます。同じ家に住んで常に顔を合わせる安心感が、いつの間にか倦怠感に変わっていき、うっとうしささえ感じてしまうようになることも。

そして子供が生まれてしまえば、「自分のオンナとしての妻」はいつしか「子供のための母親」に変わっていくのです。恋人の女から家族の母親へと自分の中での認識が変化していくわけですね。

そうなってしまうと、もはや性欲の対象としては見られなくなってしまうのが、よくあるセックスレスのパターンです。夫から求められなくなった妻は、どのような気持ちになるでしょうか?

  • 昔の燃え上がる情熱的なセックスをもう一度したい
  • 舌を絡ませ合う官能的なキスをもう一度したい
  • 手をつなぐだけでもドキドキしてしまうような、あの恋愛体験をもう一度したい

と、こういった欲求を実現させるべく不倫に走るわけです。いまの旦那ではこれらを満たせることは不可能になったのですから、外に相手を求めるしかないのです。そして、どこで相手を探すかと言えば、出会い系しかないわけです。

不倫相手とセックスするときは、相手を愛する気持ちをもちましょう

不倫相手と割りきった関係を保つのは大事なことですが、だからといって気持ちまできっちりと割り切る必要はありません。相手のことをただのセフレとしか思っていない淡白なセックスなら、せっかく不倫をしている意味がないのですから。

不倫セックスを楽しみたいなら、やはり相手の気持ちを揺さぶって、こちらも揺さぶられるような情熱的なセックスを味わうのが一番です。最初に紹介した「旦那を思い出させる」のは、その気持ちを盛り上げるための一つの手段でしかないのです。

前戯や後戯の重要性はかのAV男優も念押しするほど強調していますし、そういった細かい「愛情を感じさせる行為」の積み重ねが、不倫セックスをより情熱的なセックスとして楽しむ方法なんですね。

繰り返しになってしまいますが、ただの淡白なセックスをするだけなら風俗や援助交際を選択したほうがよっぽど賢明です。出会い系で不倫セックスを楽しみたいのなら、存分にその魅力をしゃぶりつくすための努力をしたほうが絶対にお得です。

「いまさら恋愛なんて面倒くさい……」

と、思うかもしれません。私も最初はそうでしたからよくわかります。でも、本当に魅力的な相手と出会えた時は、意識をしなくても自然と恋に落ちていく自分がいたのですから、こればかりは体験してみないとわからないことですね。

男として生まれたからには、一度くらいはどっぷりねっとりしてドロドロに脳内をかき回される不倫セックスを味わっておくべきだと断言できます!

オススメの出会い系サイト
人妻とつながるオススメの出会い系サイト

あなたがセックスをしたいなら、どんなに努力をしてでも人妻セフレを作るべきです。

考えてみてください。一度、人妻のセックスフレンドを作ってしまえば、その後、何度も何度も何度もセックスできるんです。

これまで大量に人妻と出会ってきたわたしがオススメする出会い系サイトを紹介します。

02 人妻出会いの心がまえ
人妻とつながる不倫クラブ