既婚者同士のW不倫セフレをオススメする理由

既婚者同士のW不倫セフレをオススメする理由このサイトは人妻との出会いを求めているみなさまのための情報を集めています。

みなさまのなかには既婚者もいれば独身のかたもいるでしょう。

本日は、既婚者のみなさま向けの情報をまとめました。

名付けて既婚者同士のW不倫セフレをオススメする理由です。

不倫というと、略奪愛も考えられますが、W不倫は略奪ではなくお互いの家族を守るという意識が働きます。不倫をしていて「守る」というと矛盾をしているようですが、結末に期待することの違いが不倫とW不倫にあります。不倫は、相手の家族を壊しても自分が好きな相手(既婚者)と結婚しようと思うこともあるでしょう。

近年、W不倫をテーマにしたドラマや映画もありますよね。W不倫は以前よりも一般的に認知されてきています。

既婚者同士のW不倫セフレをオススメする理由

世の人は、「不倫は良くないコトでしょ」と思っています。

しかしW不倫は、W不倫にしか味わえないものがあり、一般的な不倫とはぜんぜん違います。

実は、既婚者同士の2人のほうが長くトラブルなくセフレ関係を構築できるものなのです。

少しでも手堅くリスクを減らし、かつセックスを楽しみたいなら既婚者の男性は、人妻をターゲットに絞ってW不倫関係を求めるのがおすすめです。

既婚者だと、非日常の仮想空間を味わえる独身相手を探したくなりますが、独身男性・独身女性問わず、セフレ関係の不倫を続けるのは、なかなか難しいところ。

最初はお互い、燃え上がって情熱的なセックスや擬似恋愛にのめり込みますが、そのうち「やっぱり面倒臭い」「つまらない」という溝ができる恐れはもちろん、「本当にこの人こそ、運命の人なんだ!」と勘違いな暴走モードに入ってしまうリスクも……。

しょせんは出会い系で知り合ったセフレの関係、泥沼を防いで楽しいヒトトキをすごすなら既婚同士の方がラクというのが、長く続く本音なのかもしれません。

W不倫セフレをオススメする理由

背徳感が魅力

W不倫を一度でもしたことのある人ならわかると思いますが、普通の恋愛では絶対に得ることのできない興奮がW不倫関係にはあります。

精神的な高揚感、普通にデートするだけでは味わえないワクワク感がそこにはあるんですね。

なぜそう感じるのか? そこには背徳感が大きく関係しています。不倫というのはその名の通り、倫理から外れたものという位置づけです。近代的な結婚制度であるところの一夫一婦制から逸脱した行為ということですね。

当然してはいけないことですし、誰しもがそれを知っています。それなのに不倫に快感を覚えてしまうのはもはや人間の性(サガ)といってもいいでしょう。

「押してはいけません」というボタンを見かけたら、押したくなってしまいますよね?

既婚者同士のW不倫セフレをオススメする理由

実際に押すかどうかはさておき「してはいけないことをしたくなる」という衝動があるのは人間として自然なことです。

そういったインモラルな感情が冒険心を刺激し、興奮を覚えるわけですね。そういった精神の昂ぶりがある中での恋愛やセックスというのは一段と燃え上がるものです。それにそういった刺激があるのは脳や体にとっては明らかにプラスとなります。

しかも、W不倫はおたがいがそういう背徳感・冒険心を満たせる最高な関係なわけです。

既婚者同士のW不倫セフレをオススメする理由

おたがいがおたがいの配偶者を裏切って性におぼれている……その状況がなによりも興奮を生むのです。

ただ職場と家を往復するだけの毎日。家に帰れば妻や思春期の子供に邪険にされ、冷たくあしらわれる毎日。俺が養ってやっているのにこの仕打ちとは……と悩みを抱える男性はさぞかし多いことでしょう。

しかしそういった日々に不倫関係というスパイスが入るだけで、世界が一変します。やはり付き合う女性がいれば気持ちも若くなりますし、容姿も気にかけるようになります。不倫がバレる一番の原因は、ダサくて無気力だった夫が急に見違えていい男になったから、というのが多いそうです。そこは注意して気をつけたいところではありますが、人間として向上できる不倫関係というのは、一度は経験しておきべでしょう。

お互いわがままを言わない

独身セフレを作って、まず感じる不満は「わがまま」です。

  • クリスマスに遊びたい
  • 誕生日に◯◯が欲しい
  • 夜中だけど、会いたくなった

こんな可愛いわがままも、独身だったら許せますが既婚者ならどんな状況でも無理と言わざるをえません。

特に、子どももいる既婚者男性なら、土日やお盆、年末年始などは絶好の家族サービス日和。そんな時、相手も人妻なら同じ立場なのでわがままは出てきません。

いちいち謝って、機嫌をとって、フォローの何かを用意してあげて……というわがままの対応も一切いらないのが既婚者同士の不倫カップル。

余計なイライラや心配をする必要がないのは、長く付き合いを続ける大きな理由と言えるでしょう。

そのかわりに、わがままを言わない人妻たちにはW不倫でしか味わえない楽しさを与えてあげましょう。

人妻たちの楽しさとはトキメキです。

既婚者同士のW不倫セフレをオススメする理由

複数の女と関係を作って、性欲を満たしたい男とは求めるものが異なります。女を満足させるなら、いくらW不倫とはいえ身体だけの関係ではなく、心のつながりを重視するとよいです。

人妻たちは安定した生活を求めて結婚しましたが、安定には「飽きる」というデメリットがあります。

既婚者同士のW不倫セフレをオススメする理由

結婚は安定の象徴といえますが、安定を手に入れると失ってしまうものがあるのです。よく結婚と恋愛は違うということもいわれますが、相手選びに関してもその傾向が顕著であるといえるでしょう。

女の場合、恋愛なら気にしない相手の年収も、いざ結婚となると年収が気になり出す。それが現実。でも年収が多い人が、必ずしも恋愛対象になることはない。だとすると、プータローとの恋愛はあきらめ、安定した年収を運んでくる公務員を選ぼう。そのほうが安定した生活を手に入れられるから。

このように計算して結婚する女は少なくありません。

そして彼女たちは安定した生活とひきかえに、心が満たされない日々を受け入れるんです。

家族にしか見えない夫からは、もはやトキメキを得ることができません。離婚をしたいと思っていることもあるでしょう。

だからW不倫相手としては、性欲のみならず相手が失っているものをプラスしてあげる関係でいることが鍵。

すると、向こうから「会いたい」と言ってくる存在になることができます。不倫はどちらかが結婚していて身動きがとれない不自由さもありますが、W不倫はどちらも既婚者。

お互いの立場が一緒なので、ある意味で割り切れる関係でいられるのです。

恋愛をしたくて仕方ないというより、何だか心が満たされず今の生活に幸せを感じないという人が、日常に刺激を求めてW不倫にハマる傾向があります。日々の生活では、女は妻という立場でいなければならないうえ、子供からしたらママと呼ばれる。

今の生活は、第三者から見れば幸せに見えるかもしれない。でも幸せはモノより、本人の心が満たされるからこそ。必ずしも幸せそうな人が、幸せであるとは限らないのですね。ある意味不幸せな既婚女性が、何かのきっかけからW不倫に陥ります。

家庭の愚痴をこぼせる

  • おじさん好き
  • 人のものが欲しい
  • ファザコン

こんな理由で不倫好きの若い独身女性も数多く存在しています。

ですが、ヤルのが簡単な反面、切るのが面倒くさいのがデメリット。

いざ、不倫関係を構築したら「家のことは話さないで!」「奥様と比べないで!」なんてヒステリックに怒り出すことも少なくありません。

また「いつ別れてくれるの?」なんて、世にも恐ろしいフレーズを平気な顔で口にする恐れも……。

こんなとき、男が決まって言うセリフが「今の奥さんと別れる」。こんな関係になったらやばすぎます。

一方、W不倫は相手の家族を略奪しようとまで考えるケースは低いです。なぜなら自分にも大切な家族がいるため、それを理解してくれる相手のほうが適しているから。

バレなければ、恋愛じたいはとてもピュア。好きな人に会えるだけでいい。24時間のうち2時間でも恋を感じられればいい。求めるものがシンプルなので、お互いに疲れない。利害が一致している相手とは、悩みごとも分かち合いやすい。これがW不倫の特徴です。

また、同じ既婚者の人妻なら、問題なく家庭の愚痴をこぼすことができます。

もちろん「だから主婦はダメなんだ」なんて、その人妻にも当てはまる話はNGですが、「その点、君は」と軽くフォローしたり、相手がこぼす”旦那の愚痴”も聞いてあげればまったく問題ありません。

家庭の話もナチュラルに切り出せる安心感と、同時に解き放たれるストレス。これも一緒にいる時間が楽しく感じる、大切な理由となってきます。

「既婚だから」お金の融通が効く

さらに、既婚者同士のセフレの場合、嬉しいのが「既婚者だから」ということでお金の融通が効く部分

  • 「今月は飲み会が多くって……」
  • 「ちょっとお財布がピンチだから」
  • 「あまり高級なラブホはちょっと」

など、独身男性とは違い、現実問題お財布事情は厳しいのが本音。

独身女性だと「貧乏くさい」「私はそこまでの女じゃないの?」と誤解をされることもありますが、既婚者女性なら、その立場も理解できるので「そっか」と文句を言わず合わせてくれます。

余計な見栄を張ることもなく、出費を抑えられるのは魅力的。

もちろん、相手も既婚者だからこそ、イベントや誕生日のプレゼントだって必要ありません。だからこそ、男性が細く長いひっぱるのにおすすめの物件と言えますね。

ぶっちゃけ「なんやかんやで都合がイイ」というのが男にとっての本音です。

余計なトラブルやリスクを回避しつつ、お財布にも厳しくなく、わがままも言えたりするのは他でもない、同じ立場の人妻だかからこそ。

もちろん、男慣れした欲求不満気味の人妻をGETできれば、セックスライフだって堪能できます。新しい出会いは、ぜひ既婚者にターゲットを絞って攻めてみてください!

弱みを握れる

さらに、いやらしい話、既婚者同士のセフレで一番のうま味と言えば、弱みを握れるという点。実際、不倫は不貞行為にあたるのでバレたら、慰謝料を払う恐れだって大いにありえます。加えて社会的制裁を受けるハメになることも……。

いくら割りきった関係を築けたとしても、既婚者はどうしても立場が弱いというのが本音です。

ですが、お互いが既婚者同士のカップルなら、そのリスクは相手だってまったく同じ。お互いがお互いの弱みを握っている状態なので、下手に自滅するようなトラブルにはならないのです。

また、この弱みを握り合う行為は、2人だけが共有する秘密。この背徳的な行為がより強く、セフレの絆を太いものにしてくれるのも魅力となってきます。

将来の約束が必要ない

ダブル不倫の場合、双方が既婚者であり、帰るべき家庭があります。なので、不倫相手に将来を約束したりする必要がありません。

相手に気にすることなく、言いたいことも言える。もし嫌われてしまっても、自分は帰るべき場所に帰るだけですから気楽です。不倫をしているというだけで、お互いの気持ちは高揚しますし、今までに体感したことのないベットでの快感を味わえることでしょう。

肉体関係を持ちたくなくても、相手には既婚者と分かり合っているからこそ感じる安心感もあります。

超えてはいけない一線をお互いが持っているので、深い関係になりにくい!

そのため、気兼ねなく普段のデートも楽しむことができます。

また、ダブル不倫の場合は、将来一緒になる必要がありません。ただ、相手が好きだから一緒に居たいだけの話。結婚やお金のことなど面倒くさいことを考える必要がなく、好き合っているから一緒に居たいという、初恋のような思いができるのも非常に魅力です。

リスクと代償に得られる刺激、秘密を共有することでの高い高揚感、初恋のような感覚など……。リスクを負ってまでさせる程の魅力が、ダブル不倫にはあるのです。

W不倫の注意点

もちろんW不倫はいいことだけではありません。

すべてを失いかけないダブル不倫の危険性

不倫関係で起こって困ることは、やはりどちらかの気持ちが本気になってしまうことでしょう。片方は遊びのつもりでも、いつの間にか気持ちが大きくなっていき、遊びの範疇を超えてしまうことが何より面倒です。

ダブル不倫も例外ではなく、一歩間違えれば生活のすべてを壊しかねません。相手の気持ちが本気になってしまっては最後、自分は気持ちの整理をつけられても、相手は一緒になることを望み続けてきます。それをうまく鎮めないと、こちらの家庭や職場などに影響が出てしまう恐れも……。

  • 相手が旦那と別れたい
  • こっちは冷め始めて興味がない

そうなったときは潔く関係を断ち切らないと、だらだら関係が続いてろくなことになりません。不倫はバレることによっては、慰謝料を請求されたりといった問題にも発展します。

相手の行き過ぎた行動で職場などにもバレ、最悪転職するはめになることも……。

ダブル不倫がバレることで、双方にもたらす災いがとても多く、傷つけたり、失うものが通常の不倫よりも多いことが最大のデメリットと言えるでしょう。

ダブル不倫をするときは覚悟をもって

ダブル不倫は非常に大きなリスクを伴います。その分得られる満足感などは計り知れませんが、するのであれば、しっかりと覚悟をもってするべきでしょう。

相手にもそう言った認識がしっかりある人でないと意味がありません。こちらが気をつけていても、相手がバレてしまっては結局こちらにも被害が出ます。相手をしっかり選んだり、そういった認識を植え付けることも必要!

のめり込みすぎないように自分の気持ちにしっかりと線引きし、バレたときのための保険や言い訳をその都度しっかり用意しておく。そういったことをしないとすべてを失いかねません。出会い系サイトで相手を探す時は細心の注意と覚悟をもって、相手を選ぶ必要があります。

これらのことをしっかりと頭に入れ、上手に不倫ライフを楽しんでいきましょう。

W不倫成功のためのテクニック

やはり不倫は安全な範囲でスリルを楽しみたいものです。ただ会っているだけでも普段は味わえない気持ちを堪能できますからね。

デートでさえそんな気持ちになれるのですから、セックスともなればなおさらです。普段は夫の前でいい妻を演じている女が、今は自分にまたがって腰を振っているわけですから。

そういった情緒面から興奮を得られるというのは人間的にも豊かになれますね。

でも、出会い系で不倫パートナーを見つけてW不倫関係を続けていくのって最初はなかなか難しいんですよね。でも、出会い系でのW不倫って一度簡単になっちゃったら難しくなることはないんです。自転車と一緒ですね。一度テクニックを覚えてしまえば、少なくともあと20年は出会い系サイトで遊んでいられるでしょう。

しかし、方法を知らなければ、時間と労力だけが無駄に過ぎて行ってしまいます。それってホントにもったいないと思いませんか?

そんなわけで、W不倫成功のためのテクニックをまとめました。

どこでW不倫相手を見つける?

仕事がらみで既婚者どうしが出会ってしまうのもよくあること。ただし、仕事上の出会いは身を滅ぼすリスクが高いため、後先を考えた行動をすることが大切です。たとえば既婚男性なら、家庭のために働いている人も多く、仕事は人生の中で切っても切り離せないでしょう。

既婚女性が不倫相手を選ぶ時より、仕事関係の付き合いは、注意をしなければならないということがいえます。女の勘は鋭いとはよく言われることですが、脇が甘いと仕事関係は奥さんにもバレやすいともいえます。立場をわきまえた行動が、行く末を左右するでしょう。

仕事は日常生活の一環であることから、不倫をするのにリスクが高くなります。そこでW不倫相手を選ぶなら、仕事以外で相手を見つけるほうがベター。そこでネットを使って、出会いを探してみましょう。日常では出会えないような相手と、出会える率も高まります。仕事の休憩時間なども利用しつつ、気軽に好みの相手を見つけてみませんか。

既婚者同士のW不倫セフレをオススメする理由
人妻と出会えるオススメ出会い系サイト
さて、人妻と出会うとはいっても、どの出会い系サイトを使うのかで、会えるかどうかはほぼ決まってしまいます。出会い系サイト選びを間違えるとぜったいに人妻に出会うことはできません。 世の中には「出会えない系サイト」が何千何万と存在します。ぜ...

すでにW不倫経験済みなんていう相手もいるかもしれませんが、経験者のほうがむしろTPOをわきまえた行動をしてくれることも多いです。つまり自分にとって、W不倫相手にふさわしく都合の良い存在になるのですね。

視野が狭くなりがち

楽しい時間や関係というのはどうしてもハマって視野が狭くなりがちです。

しかし不倫という関係は広く見ることが出来なければ色々と危険なことを、忘れないでくださいね。

そのためにも短期的ではなく長期的に付き合うつもりで探しましょう。短期であれば不倫である必要がありません。不倫という関係を求めるのなら、そして不倫の醍醐味を味わうのなら、やはり長期関係に限りますね。

ただ、長ければいいというものでもありません。

3ヶ月目には継続していくかどうかを一度考えましょう。はっきり言って今の時代、相手を探すのは簡単です。乗り換えも視野に入れましょう。

本名・職業・住所などを教えない

とくに聞かれない限り、本名・職業・住所を教える必要はありません。とくに名前を教えないようにするために、呼びやすく恥ずかしくないハンドルネームを使ってください。

メールや電話をしていい時間を聞いておく

不倫の場合は、お互いメールや電話をしてはいけない時間があるかもしれません。無用なトラブルを避けるために、その時間の連絡はやめておきましょう。

会う時間と場所は相手に合わせる

とくに場所に関しては、相手が会いたくない場所というのがぜったいにあるはずです。その場所は避けるようにしてあげてください。友人に会ってしまったりしたら最悪ですからね。

都会の場合は、人が多いところのほうが逆に目立たずいいかもしれません。

アブノーマルも良い

わたしの場合マイブームは、大人のおもちゃでのちょっとしたアブノーマルプレイです。

やはりいまの40代以上の女性というのは存在は知っていてもなかなか実際に使う機会はなかったようです。なにせ昔は見るからに怪しくいかがわしいお店に足を運んで購入しないと使えなかったですし、レパートリーや個性も単調といったことでアンダーグラウンドな文化でした。

ですが今ではドン・キホーテなどでごく普通に売っていますし、ネット通販で気軽に買える時代です。

とてもユニークな形だったり動きが独特だったりして、話のネタとしてもおもしろいですし、実際にそれを使えばさらに盛り上がります!

引き際が肝心

よく言われることではありますが、やはりねちねちとしつこかったり過去を引きずる男というのは男からみても女からみても気持ちのいいものではありません。引き際にこそ美学があるのです。

と、 いっても実際は「撤退」という言葉のほうが似合うかもしれません(笑)やはりどのサイトにも業者は紛れ込んでしまいますし、実際の女性でも大して会う気はなく冷やかし半分だったり、本命の滑り止めとしてのキープだったりなど、投資が見返りに合わないケースが多々あります。

そういう場合は思い切ってすっぱり諦めましょう。ここまで時間とお金を使ったんだから成果が出るまでしないと、すべてが無駄になってしまう。そういう考えもわかりますが、それはまさにドツボというものです。

その昔、コンコルドという飛行機があったのをご存知でしょうか? 音速で飛ぶという夢の飛行機でしたが、試作段階でこのままでは費用がかさみすぎてとても じゃないが回収できないし、今のまま開発を続ければ損をし続けるだけだと誰もが気づいていながら、それまで投資してきた金額が膨大なものだったために引くに 引けず、結局最後まで作ってしまい大赤字のまま倒産という事例がありました。

これを教訓にしていきたいものです。

近所で会うのはマズイ

会社関係者や友人関係にを不倫相手にしてしまうと、奥さんにばれやすいです。女は、ちょっとしたことで気付きます。

近所で会うのはさすがにまずいですからね。待ち合わせ場所までは必ず別々に行動するようにして、できれば行動時間もずらした方がよいでしょう。お互いしょっちゅう顔は見られると思うので、2人で会うのは、1か月に一度程度で我慢しましょう。

細く長くが続けるコツです。ただし、一番気を使うのは、別れる時です。別れ方を間違えると全てばらされたりして取り返しのつかないことになります。

バレるのは匂いから

自分が既婚者だとしても、相手がそうだったとしても好きになってしまうのは仕方がないことです。 その先に待つのは不倫という、世間では認められない行為だとしてもです。 不倫を行う上で何より大切なのはバレないこと。

でも、あまり深く考えて色々な策を使うと逆に怪しまれます。 もっとも大切な対策は「匂い」です。 パートナーからいつもと違うシャンプーや使うはずもない香水の香りがしてくると、途端に怪しまれてしまいます。 ラブホテルなどで行為を行った後のシャワーでも自宅で使っている石鹸やシャンプーと同じものを使う必要があります。

またパートナーが香水をつけていなら不倫相手にもつけない様にしてもらったり、同じ種類の物を使ってもらうのも大切です。 匂いに対して敏感な方はとても多いからです。 焼き肉の様な匂いの強い食事をしてくる、そんな対策もあります。 後はパートナーの行動範囲の中で不倫相手と過ごさない様にしてください。 当然のことですが、不倫も月日を重ねてくると近場で済まそうと考えてしまい墓穴を掘ることになりかねません。

また携帯やスマホに登録する時の名前も同性の名前に変えたりしておくことも必要です。 大切なのはバレないこと。 それさえ出来れば誰も傷つくことはありません。 お互いの過程を守り、さらに幸せになるために最新の注意を払ってください。

人妻は下の名前で呼ぶ

人は、下の名前で呼ばれると、無意識に親しい間柄であるということを意識することになります。

若い頃でしたら、女の子であれば下の名前で呼ばれることが当たり前ですが、人妻となってくると話は別なのです。人妻世代になると、下の名前で呼んでくれる人がほとんどいなくなります。

普段から遊ぶような友達というのもそれぞれバラバラになってしまいますし、学校の保護者会やパート先などの社会的な場所でしたら苗字で呼ばれることが一般的です。ママ友であれば下の名前で呼んでくれるかもしれませんが、多くの人はママ友のつながりを負担に感じているそうです。常に比べられて気が抜けない間柄なのですから、とてもじゃないですが昔のようにただ遊んで一緒にいて楽しい本当の友達とはまったく違う存在ですからね。

あるいは「◯◯くんのママ」といった感じで、子供の名前で呼ばれてしまうことも珍しくありませんからね。苗字も多くの人は結婚したときに変えていることでしょうから、結婚後の苗字で呼ばれたとしてもどこか自分のものではないといった感じになってしまうのも無理はありません。本当の自分がどこかに消えてしまったかのような心細さを感じるそうです。

そんな状況の中、自分のことを下の名前で呼んでくれる異性が現れたらどう感じるでしょうか。まるで白馬に乗った王子様のような……というのは言いすぎかもしれませんが、それに近い印象を覚えることでしょう。「やっと私のことを見てくれる人が現れた!」という救世主のような存在にうつるかもしれません。

出会い系に登録している女性の多くは下の名前っぽいネームを設定していますが、それが自分の本名であるとは限りませんし、むしろ多くの女性は少しもじった名前にしていたり、まったく関係のない名前をつけていたりするものです。

だから、ある程度親しくなってきて、連絡先の交換をしたり会う約束をするような間柄になったのでしたら、思い切って聞いてみましょう。「ほんとうの下の名前はなんていうの?」と。そこがベストなタイミングです。

むこうもこちらに好印象を持っていなければ連絡先の交換や会う約束などはしてくれないでしょうから、大抵の場合は教えてくれるものです。そうしたら、それ以降は必ず教えてくれた下の名前で呼びかけるようにしましょう。◯◯さんでもいいですし、年下であれば◯◯ちゃんというのもいいでしょう。

不倫に慣れていない人妻であれば、それだけでもうメロメロになってしまうものなのです。相手は恋愛感情という水をまったくもらえていない花なのですから。ちょっと水をかけただけで、スポンジのように水を吸収してしまう貪欲な生き物となっているのです。

人妻に、まずはその女としての自分を思い出させるきっかけを与えてあげましょう。もっとも簡単なのは、下の名前で呼んであげることなんです。

淋しがりやであることを理解する

人妻出会い系サイトに登録する人妻の多くは淋しがりやです。 旦那は仕事ばかり。少しもかまってくれない。という女性が多いものです。 なのに男性は、女性に癒しを求めようとします。それでは失敗するのは当たり前です。 淋しいと思っている人妻は、自分が癒して欲しいと思っているのです。

それを間違って、女性に癒しを求めていてはセフレはできません。 男性は人妻の淋しさを癒してあげることのできる存在でなければならないのです。 決して、女性に甘えたり、癒しを求めてはいけません。 逆に、女性から頼りになる男を演じ続けることが大切です。

淋しがりやの人妻は男性からかまって欲しいのです。 夏の暑い日は「身体どう? 大丈夫?」と声をかけ、冬の寒い日は「風邪ひいてない?」と声をかけましょう。 女性のことを常に気遣うようにしなければなりません。 もしかすると、彼女や奥さんに接する以上に気をつけなければいけないかもしれません。 女性をかまうのは面倒で嫌だという男性ではセフレはできません。

甘えさせてあげる

女性はいくつになっても少女でいたいものです。 旦那には相手にされないからこそ、甘えさせてくれる男性が欲しい、と思っているものなのです。 あなたはそんな人妻を甘えさせてあげられるような男性を演じることができますか? 手をつなぐとか、髪の毛をなでるとか、軽いタッチでも人妻はとても喜びます。 女心がわかっている男性がモテるのは当たり前なのです。

強いところを見せる

人妻はたくましい男性に憧れています。 マッチョな男性という意味ではありません。 精神的に頼れる強い男性が好きなのです。 ワイルドなのにナイーブ。そんな男性になら人妻はメロメロになります。 もちろん、そんな男性になりたくともなれないものです。 大切なのは女性と会っている時だけはそんな男を演じることです。

強いセックスを「演じる」

人妻が一番、求めているのは、ズハリ、セックスです。自分の身体の乾きを満たしてくれる男性を求めています。

強引に唇を奪い、激しく求めてくる男性に出会いたいと思っているのです。 乱暴な男性になれというのではありません。 時には激しいセックスをして女性を満足させてあげましょう。 どれも大切なことは「演じる」ということです。

月に一度か二度くらいしか会うことはないのですから、会うときは女性の理想の男性を演じることがとても大切です。 メールでのアプローチでも実は同じことが言えます。 女性が求めている男性を「演じる」このことを意識するだけでずいぶんと違います。 全て当たり前のことですか、この当たり前のことを忘れて、素の自分のままで女性にアタックしている男性が多いんですよね。 それでは人妻からよくあるつまらない男、と思われてしまいます。 ぜひ、「演じる」ということを忘れないでいてください。

男性がリードする

昨今の若いカップルの間では女性がリードすることも珍しくないそうですが、私達の年代というのはやはり勝手が違ってきます。どうしても男尊女卑といいますか、女性は男性を引き立てるものとしての価値観がまだ根強く残っていた時期に青春時代を過ごしておりますので、それを引きずってしまっている女性は多いです。女から誘うのははしたない…と思ってしまっているということですね。それの是非はおいておくとしても、こちらがリードすれば話がうまく進むのもまた事実です。

今の若い世代の女性たちは恥じらうという文化に鈍くなってきている気がします。その点、熟年の女性たちは古き良き恥じらいを今も持ち続けております。恥じらうリアクションがあってこそ、輝く女性の魅力というものがあります。なので奥手で煮え切らない態度の女性も、包み込むようなおおらかな心で接してあげましょう!

メールをするときには、私達のような世代ではどうしても堅苦しい文章になってしまいます。若い人達のような文章を真似しろとは申しませんし、最初はどうしても堅くなってしまうものです。ですがずっとそれを続けていたのでは、やはり打ち解けるのに時間がかかってしまいますし、そうなる前に関係が霧散してしまう可能性もあります。礼儀正しく、時にはフランクに。ナイスミドルやロマンスグレーといった雰囲気を心がけましょう。

最近の若い人たちの間ではセックスだけの関係が当たり前になりつつあるようです。それの影響なのか、私達のような世代の人でもそういった願望をもつ男性はおろか、女性も少なからず増えているとか。私個人としてはあまり好ましくない関係ではありますが、そのほうがいいという人がいるのには理解はできます。あなたもあなたにあった最適の関係を探してみましょう。

オススメの出会い系サイト
人妻とつながるオススメの出会い系サイト

あなたがセックスをしたいなら、どんなに努力をしてでも人妻セフレを作るべきです。

考えてみてください。一度、人妻のセックスフレンドを作ってしまえば、その後、何度も何度も何度もセックスできるんです。

これまで大量に人妻と出会ってきたわたしがオススメする出会い系サイトを紹介します。

07 人妻出会いターゲット
人妻不倫クラブ
タイトルとURLをコピーしました