不倫希望の主婦との出会いを成功させるメールテクニック

不倫希望の主婦との出会いを成功させるメールテクニック

不倫希望の主婦というものは毎日のように増えていきます。完全に新しく不倫デビューをする奥さまもいれば以前のお相手と別れて新しく相手を探している奥様も居ます。

どんどん獲物が増えている今がチャンス。ぜひ不倫希望主婦と出会って無料のセックスを楽しみましょう。

本日は、「不倫希望の主婦との出会いを成功させるメールテクニック」をお送りします。

ぜひとも、下記のことに注意して、出会いを成功させてください。

どんなメールを送るかによって、実際に会えるかどうかが決まってきます。

ファーストメール

ファーストメールが読まれて返信率を上げ出会いをするために気をつけることはこんな感じです。

  1. 相手の目的(希望)に沿った相手に興味のある話題を本文の一番頭にもってくる
  2. 本文で最もインパクトのある単語をタイトルに入れる
  3. 相手のプロフィールの【目的】【希望】に賛同し、「自分ならどんな風に貴方の目的・希望を達成するか」という視点で感想・提案を書きます。
  4. プロフィールからもう一段階掘り下げて話題を広げることが可能な質問を必ず1つする。(カラオケ好きな人なら「どんな歌を歌うの?」等の質問し、さらにその質問に対する自分の答えを書く)
  5. その後、「はじめまして」と挨拶をいれる
  6. 最後に「年齢・住所・身長・体型・職業・趣味・外見」などの自己紹介を簡潔に書く

もちろん、相手によっていろいろ変わりますが、この形で出したファーストメールが今のところ一番返信率が高いです。

大切なのは、「相手がどういう話を一番したいんだろう?」という点を見つけることです。
その点を見つけた後は、相手に気分良く饒舌にさせることができれば(まぁそれが難しいのですが……) 【ファーストメール】【メール交換】【実際の出会い】【目的達成】の流れがかなりスムーズに行きます。

マメであることがたいせつ

メール交換が始まったら、マメであることがたいせつです。

やはり美人な人妻熟女は自然と競争が激しくなるんですね。だから、ある程度数を打つ必要があるんです。きちんとした誠意あるメールを送り続けると彼女たちも心を開くものです。で、そうしたメール交換の後に“お股”も開いてくれるんです。

その気にさえなれば、すぐに会える人妻熟女って意外と多いですよ~「好きだよ」「会いたいよ」「今日もキレイだね」などなど。照れくさい言葉をガンガン言っちゃいましょう。これがコツです。

コツさえつかんでしまったら簡単です。

相手の女性の心理をまずは理解してあげる事が大事です。そして親身になって接してあげる事です。とても紳士的な男性のように思われますがこうすることで簡単に女性を手玉にとることができます。

知らない男と遊んだり浮気願望を持っている女性というのは自分の夫に対して不満を持っています。年をとったら昔のように愛してくれないとか、女性として扱ってくれないとか思っています。それで浮気をしているんじゃないかと思ったり、実際浮気をしていることを知ってしまってますます不満が募ります。

夫を裏切りたいという気持ち、夫以外の男からちやほやされたい女として扱われたいという気持ちがあります。たくさんの男から言い寄られて夫に対して優越感を持ちたいとかそういう気持ちでネットの掲示板に書きこみをしたりします。

ですからその心理をくすぐってあげるのがいいでしょう。

君の魅力をわからないなんて旦那は馬鹿だねとか言ってあげると喜ぶことでしょう。

人妻出会いのメール送信のタイミング

不倫希望の主婦との出会いを成功させるメールテクニック

メール送信のタイミングも大切。

メールを送るとなると、その内容ばかり意識してしまいがち。でも実は、主婦の場合は特に、メールを送る時間が大切なんです。

主婦であれば昼間などはいつメールしても構わないでしょうが、旦那さんが帰宅しているかもしれない平日夜や、家族サービス中かもしれない週末などは気をつけましょう。

もし旦那さんが真横にいる時にメールをしてしまっては、トラブルを引き起こしかねません。

メールですから、いつ送ってもいいように思うかもしれませんね。電話と違って、それがまたメールの利便性でもあるわけですが、出会い系で知り合ったばかりの人妻となると、事情が異なります。送る時間帯にもコツがあるんです。

また、人妻には大きく二つのタイプがあります。専業と共稼ぎですね。ターゲットとする人妻がこのどちらかかによっても、好ましい時間帯は当然異なります。

統計的に見て30代40代の人妻の専業主婦と共稼ぎの比率はだいたい半々くらいです。出会い系に限ると、やや専業主婦が多い感じがしますが、仕事を持っている主婦もかなりいますから、両方を見ていきます。

専業主婦

基本的に家の中で過ごす時間が多いのが専業主婦の特徴です。まして、子供がまだ小さい場合、育児に手がかかりますので、なおのことこの傾向が強くなります。

一日家にいて、旦那は会社なのだから、専業主婦ならいつメールを送ってもいいじゃないかと思うかもしれませんが、専業主婦は専業主婦で、家事というあまり面白くもないルーティンワークを抱えているわけです。

面白くないから出会い系に登録をしてくれているともいえるわけですが、家事も仕事である以上さぼるわけにはいきませんから、まずは家事を終えてからが、専業主婦にとってメールのゴールデンアワーとなります。

大雑把に言えば、専業主婦が家事に時間を取られるのは、平日の午前中が多いですね。そして、夕方になると晩ご飯の準備が始まります。

したがって、お昼ごはんを食べてから、晩ごはんの準備までが比較的まとまった自由になる時間であり、ほっとできる憩いのひと時になります。

ほっと出来る時間というものは同時に、やや退屈な時間です。このときすかさず知り合ったばかりの相手からメールが届けばどれだけ嬉しいことか。ご自身、休日の無聊をかこった暇を持て余しているときに女性からメールでも来たら嬉しいですよね。

ですからメール交換が始まったらいち早く、相手を最大限喜ばせて上げられる時間帯を探ることです。

共稼ぎ

仕事を持っている人妻さんの場合、朝は例外なく忙しいですね。そのまま仕事に出ますから、日中も出会い系のメールをチェックすることはまずしません。

たいていは夕方から夜の早い時間に帰宅しますが、帰宅後は家事や炊事が待っていますから、仕事を持っている人妻さんの帰宅直後の時間帯は戦場の忙しさです。

この時間帯は仕事の合間以上にメールをチェックしてもらうことは期待出来ません。

忙しい人妻さんが一服できるのは、やや遅めの晩ご飯を食べ終え、食器洗いを済ませてお風呂から出たあとのだいたい、午後11時から午前0時くらいになることが多いようです。

ただ、この時間帯は専業主婦の昼下がりとはいささか勝手が異なります。睡眠の後にはまた、仕事に出なければならないという緊張感がありますから、心底リラックスできる状態ではありません。仕事から完全に解放されるのは休日前だけです。

完全にはリラックスの出来ない貴重な時間をメールに割くわけですから、休日前を除いた平日夜のメールでは、聞きたい内容を絞り込んで、何項目にも及ぶアンサーが必要になるような質問の仕方は避けます。

それでもこの睡眠をとる前の1時間が、忙しい共稼ぎの人妻さんにとって、一日の中でもっとも安らぎのひと時であることは間違いありません。

お気に入りのBGMに耳を傾けたり、あるいは好きなフレーズにハミングしながら、パジャマ姿でメールを見ている人妻さんを想像してみてください。

そんな時、重い内容や難解なメールを読みたい人は余りいません。有意義な内容であるに越したことはありませんが、まずは楽しいこと、そして軽い乗りで返事が出来るような文面が最適です。

メールを出すタイミングはドンピシャではない

さて、専業主婦、仕事を持った共稼ぎの人妻さん、それぞれにメールをチェックしやすい時間帯を探し得たら、後はいつメールを出すのが効果的かということですね。

専業主婦なら昼下がりの午後1時、共稼ぎなら午後11時とお思いになるかもしれませんが、これが実はそうではないのです。

ゴールデンアワーにあまりにドンピシャすぎると案外、返事は貰いにくかったりします。

理由はいろいろあるのですが、結論から言って、一番効果的なのはゴールデンアワーが始まる30分前です。

まだよく知らない相手に対して、メールを貰ってすぐ返事を出すことは、気後れするものです。逆に、時間が経ちすぎてしまうと、出しそびれてしまったように受け取られるのが嫌で、いっそ出さないでおこうかなとなってしまうのです。

そのどちらにも当たらない絶妙な時間が30分前です。

人妻は母性本能に溢れているという先入観を捨てる

そして、次に大切なのは、人妻や大人の女を落とすには、まず「人妻や年上の人は母性本能に溢れていて年下男に優しい」という間違った先入観を捨てる事!!!

普通の人は何かしら愚痴りたい事や、家庭などの不満に満ちてます。

極論、女が男を利用して性欲処理したいのであって、最初から男に奉仕したいとかいう酔狂wな人はまず居ません。

従順なプレイは【気に入ってもらえたら】やってもらえる、後から付いてくるものです。

まず自分の事はニの次で、女性の「愚痴を聞く」。

これマスト。

悩みの無い人なんか居ません!!!

メールのきっかけは、「こんな所に登録して何かあったの?」とか。

最初は聞き上手に徹し、メールの最後は疑問形にして話を膨らませる。そうして一旦心をひらかせれば、直接会いたくなり、本性が出てきます。そして「ホテルでふたりっきりで一緒に遊びませんか?」とやれば、ほぼ確実にアポ取れます。若い人だったら、DT(童貞の意)とさり気なく書くのもおすすめですね。

自分の話ばかりしない

初対面の女性に好意を持ってもらうために大切なことは、自分の話ばかりしないということです。

コミュニケーションを積極的にとることはとても良いことですが、その割合が重要になってきます。

相手に自分のことを知ってもらいたいという欲求は誰もが持っています。しかし、それを一方的に押し付けるようでは、初めて会った女性はまた会いたいとは思ってくれなくなります。

まずは相手のことを考えて、どんな人なんだろうと知ろうとすることが大切です。自分の話ばかりしていたのでは、相手のことは一向にわかりません。

相手がいかにリラックスして話をすることができるかどうかが重要で、楽しい話をして盛り上げる必要はありません。この人は親身になって話を聞いてくれるなと思ってもらえるよう、適度に相槌と質問を繰り返し話しやすい人と認識されることが大切です。

とにかく、相手の話を聞く。こちらからどんどんアクションを起こさなければいけないような気がしてしまいますが、聞き上手が嫌がられることはけっしてありません。 出会い系じゃなくたってモテますからね。

早いとこ会う約束をとりつけたい気持ちはわかりますが、女性が一生懸命いろんな話をしているのに、自分のポイントが残りわずかだからって、ことを急いではいけません。 まずは女性の言葉に耳を傾け、じっくり相手の話を聞いてあげたあとに「もっとゆっくり話聞いてあげたいから、よかったら今週末会わない?」と持っていく。

数打ちゃ当たる戦法じゃなかなか女性は振り向いてくれません。そこで、相手のことをよく考えた丁寧なメールを送ることで、返事獲得率をあげること。文章が苦手な人でも「多くの掲示板があるなかで、なぜその人にメールを送っているのか」ということを相手に伝えようと思いながら、メールを書くとうまくいくでしょう。

恥ずかしがらない心

さらに重要なのは、恥ずかしがらない心です。

いい年して出会いを求めるなんて…と、出会いを探すのを躊躇していませんか?
もしくは、出会いを探してみて誰も見つからなかったらどうしよう、と失敗して恥をかくことを恐れていませんか?

それはどちらも間違いです。恥でもなんでもありません。

人であれば出会いを求めるのは当然ですし、むしろなにも出会いたくないと思う人よりも健康的です。
そして失敗を恐れてなにも行動ができない、そんな人ほど恥ずかしいと思いませんか?

もしあなたに少しでもで会いたい気持ちがあるのなら、それに素直になってください。あなたと同じ思いを抱えている人はたくさんいます。そしてすでに行動に移している人も、たくさんいるのです。

一度直メを聞く

出会い系サイトで人妻を捕まえたら、4~5回くらいのやりとりの後に、一度直メを聞いてみてください。その反応でその後、やりとりを続けるかを判断してください。

キャッシュバッカーなら、確実に無視して会話を続けようとします…。

素人人妻は、うんとは言わずに、「どうしようかな~?」という返信をしてきます。

どうしようか迷ってる子が素人娘なので、すぐさま自分の直アドを教えます。

あまりに会うのが簡単な場合は援デリ業者である可能性がありますので注意が必要です。

素人人妻=「本当に出会いを求めてる女性」は、 会うのが目的ですから男性側からメアドを教えれば返信をくれます。

中には会う気がない暇つぶしの女もいるので、断られたらバッサリ切ります。

何と言っても、重要なことは少ないポイントで出会うことですから、 無駄なポイントを使わされる=相手はキャッシュバッカーと割り切って諦めましょう。

実際はフリーメールで何回でも登録できるので、ダメだと思ったら、何度でも新しいアカウントを取ってやり直せばいいんです。

コツは3つ以上の出会い系サイトに登録して同時進行させること。 登録数が多ければ多いほど出会える確率、エッチできる確率は飛躍的に上がります。

わたしは以上のポイントを守って週に1人か2人と新規アポを取ることに成功しています。 そしてだいたい月に2~3人とエッチできます。

連絡手段は出来れば複数確保しておきましょう

直接つながるメールアドレスを教えてもらえればそれでベストではあるのですが、まだまだ携帯のアドレスを教えるというのに抵抗のある人は多いです。人妻ならなおさらですね。

まずは、フリーメール同士でやりとりしないかと誘ってみてはいかがでしょう。

さらに仲良くなってきたら、LINE や スカイプといったチャットツールを利用するのも手です。相手がスマホユーザーであればインストールしている可能性も高いですし、なにより気軽にさくさくと会話ができるというのはメールでは味わえない快適さで、距離も縮まりやすいのでオススメです。

会うことを意識したメールをしましょう

出会い系に不慣れな男性というのは、メールの中でどうしても誘うきっかけがつかめずにダラダラと日常会話だけを続けてしまいがちです。

しかし、女性はなぜ出会い系に登録しているかといえば……その名の通り、会うためなのです。出会いとは全く関係のないサイトで会う話をしたら嫌われるかもしれませんが、出会い系で会う話をするのは当たり前のことです。

ある程度、好感触をつかめてきたと思ったら必ず一度は誘ってください。むしろ誘わないと自然消滅する可能性が大です。

ただ、一度目に誘った時にちょっと乗り気じゃない雰囲気で返されたとしても気にしないでください。女性というのは、自分の価値をあげるためだけに、わざと一度断ったりするものなのです。

呼び方を意識してみましょう

相手をどう呼ぶかって実はとても大事です。

最初は「名前+さん」が安定ですが、やり取りを始めて少し経ったのであれば呼び方を変えて距離を縮めたいところです。

明らかに本名をもじったような名前…たとえば「かおりん」であれば名前が「カオル」である可能性が高いですし、「さっちゃん」とかであれば「サチコ」や「サチエ」である可能性があります。そういった場合は、もしかして**って名前だったりしますか?と探りを入れてみて、そこから発展するのが自然な流れでいいですね。

逆に全く関係の無さそうな名前…たとえば「ジャスミン」だったり「ペンギン」といったような名前だった場合、思い切って下の名前を聞いてみるのもいいですよ。教えてもらえれば好印象を与えている証拠ですし、下の名前で呼ぶ関係になれれば、否が応にも距離が縮まりますからね。

顧客満足度(CSを意識する)

ビジネスの世界では CS という言葉が使われます。 Customer’s Satisfaction の略で「顧客満足」のことです。

みなさんが、ビジネスマンであれば、常に顧客満足を意識して仕事をしてることでしょう。

出会い系サイトも一緒です。相手の女性を顧客と見立て、顧客満足度を最大化する必要があるのです。

そのためにはどうしたらいいのか。

それは、相手の求めているものを知ることが大切です。顧客にきちんと目を向けてください。こちらの親切の押し売りではいけません。

相手が人妻なら、とにかく体の関係を結びたいのか、おしゃべりしたいのか、デートをしたいのか、さらにその欲求は細分化されていきます。

女性とは濃やかなものです。

彼女たちはそのものズバリの要求はしません。なんとしてでも、彼女たちが求めているものを知る必要があるのです。

難しいのは、ある女性には不快であっても、ある女性にとってはサービスになるようなことがあるということです。

かといって、正面から「何をしたいんですか?」なんてきくのは野暮というもの。

このへんは経験から徐々に学習していくしかありませんね。

オススメの出会い系サイト
人妻とつながるオススメの出会い系サイト

あなたがセックスをしたいなら、どんなに努力をしてでも人妻セフレを作るべきです。

考えてみてください。一度、人妻のセックスフレンドを作ってしまえば、その後、何度も何度も何度もセックスできるんです。

これまで大量に人妻と出会ってきたわたしがオススメする出会い系サイトを紹介します。

04 人妻メールのコツ
人妻とつながる不倫クラブ