華の会メールに入会してはいけない理由

華の会メールに入会してはいけない理由

華の会メールっていう中高年向けの出会い系サイトがあります。

中高年・熟年の為の出会いコミュニティ【華の会メール】

かなり広告費を使ってるみたいなんで入会者数も多い。

30代以上で出会いをもとめているみなさまは利用してみようと思った人がいるんじゃないでしょうか。

しかし、結論からいえば華の会メールの入会はやめておきましょう。クソサイトです。

すなおに大手出会い系サイトに入会しましょう。

本日は、華の会メールに入会してはいけない理由をまとめたのでどうぞ。

華の会メールに入会してはいけない理由

キャッシュバッカーが多い

まず最大の理由はキャッシュバッカー(CB)が多いからです。

華の会メールの女性会員はサイト内で活動をすることで下記のようなポイントをもらえます。

  • 登録・年齢確認 : 200ポイント
  • 友達紹介 : 600ポイント
  • プロフ画像登録 : 50ポイント
  • 掲示板投稿 : 5ポイント
  • 男性からのメール受信 : 3ポイント
  • 日記を書く : 1ポイント

そして、このポイントを商品券に交換することができるんです。

しかもこのポイント交換の比率が高い。

1000ポイントが以下のものに交換できます。

  • 2500円のAmazonギフト券
  • 3000円のQUOカード
  • 3000円のギフトカード

一般的な大手出会い系サイトでも多少のキャッシュバックはありますけど、ここまで露骨じゃありません。すくなくともお小遣い稼ぎができるほどは稼げません。

しかし華の会メールは、還元率が高いので、完全に小遣い稼ぎ目的の女性会員がめちゃくちゃ多いんです。くそですね。

メールをもらえばもらうほど金が稼げるので、会えそうな感じをにおわせつつ、いつまでもあわずにメールをやりとりしようとする女ばっかりです。

もちろん直メ交換なんてぜったいしません。稼げなくなるから。

男女比がよくない

それに男女比が違いすぎる。

だいたい

  • 男性のログインが10000
  • 女性のログインが3000

くらいです。

キャッシュバッカーがたくさんいるのにこの比率ってひどいですよ。まともな女性は競争率がたかくてほぼ会うことはできません。

広告ではこんなこと言っているけどウソです。

華の会メールに入会してはいけない理由

料金が高い

一般的な大手出会い系サイトはプロフィール画像閲覧20円、メール1通50円です。

しかし、華の会メールはプロフィール画像閲覧60円、メール1通100円。

華の会
メール
大手
出会い系
プロフィール閲覧20円0円
プロフ画像閲覧60円20円
メッセージ100円50円

そりゃそうですよね。キャッシュバッカーに金払わなきゃなんだから料金を高くするしかない。

たとえば100人のプロフィールを見て30人のプロフ画像を見て10人の女性に5通ずつメールをしたとします。

華の会メールの場合は、

  • プロフィール閲覧100×20円=2000円
  • プロフ画像閲覧30×60円=1800円
  • メール50通×100円=5000円

で、合計8800円です。

大手出会い系サイトなら

  • プロフィール閲覧100×0円=0円
  • プロフ画像閲覧30×20円=600円
  • メール50通×50円=2500円

だから3100円。

その差、5700円です。

華の会メールがどれほど高いかよくわかりますね。

華の会メールの退会方法

すでに入会してしまっている人はすぐに退会しましょう。人妻とセックスするためにはキャッシュバッカーにかかずらっているばあいじゃありません。こんなクソサイトはさっさと退会しましょう。

華の会メールの退会は、よくある質問のメニューに退会へのリンクが張られています。

180日以内に再登録をすればポイントはそのままです。

華の会メールに入会してはいけない理由

華の会ブライダル

華の会メールには華の会ブライダルという婚活サイトもあります。

内容はまったくいっしょでキャッシュバッカーばかりのクソサイトです。

入会しないでください。

華の会メールに入会してはいけない理由

中高年・熟年の婚活・再婚相手探し|華の会メール Bridal(ブライダル)

オススメの出会い系サイト
人妻とつながるオススメの出会い系サイト

あなたがセックスをしたいなら、どんなに努力をしてでも人妻セフレを作るべきです。

考えてみてください。一度、人妻のセックスフレンドを作ってしまえば、その後、何度も何度も何度もセックスできるんです。

これまで大量に人妻と出会ってきたわたしがオススメする出会い系サイトを紹介します。

12 出会い系サイトの解説
人妻不倫クラブ
タイトルとURLをコピーしました