不倫(浮気)がバレないための傾向と対策【バレない不倫テクニック】

不倫(浮気)がバレないための傾向と対策【バレない不倫テクニック】不倫バレ……それは実に恐ろしいことですからあまり考えたくない人も多いことでしょう。しかし、恐ろしいからこそ知っておくべき必要があります。

女性のカンというのは本当に鋭くて恐ろしいもの。普段は言わない「いただきます」を言った事から浮気がバレたなんて人もいるくらいすごい嗅覚を持っています。

そんな鋭い目をかいくぐって浮気相手と連絡を取るにはどうするのがベストなんでしょうか。

不倫から離婚などに発展して最悪、職を無くして路頭に迷ってしまうケースだってあるのです。

人間はその昔、闇夜に怯えるだけのか弱い生き物でした。しかし、火をあつかう術を覚えて「闇への恐怖」を克服したあとは、飛躍的な進化を遂げました。

怖いからと言って逃げ回っているだけではなにもいいことはないのです。怖いものこそきちんと知っておく必要がありますし、正しく知ることで対処法も浮かんでくるもの。

今回は「不倫バレ」という恐ろしい状況をいかに避けるべきか? 不倫バレの傾向と対策を伝授したいと思います。

不倫バレの傾向

不倫バレのほとんどは男からが原因

タレントの千秋さんが衝撃的なぶっちゃけ話をして話題になったことがあります。

千秋「妻の3割は不倫してる」「相思相愛の夫婦は1割しかいない」ママ友を貶め続けるのはなぜ?千秋によると、「(夫婦が)10組いたら3割は進行形の彼氏がいる。3割はいまはいないけど、いままではあった。3割は浮気していないけど旦那は好きじゃない。本当にラブラブな人は1割しかいない」とのこと。さらに「ママ友同士でそういう話をしても、全員が旦那さんにはバレていない。旦那さんが浮気した話は全部こっちに入ってくる」と、妻の浮気は夫にバレないが、夫の浮気は妻のみならずママ友にまで筒抜けだと明かした。

不倫(浮気)がバレないための傾向と対策【バレない不倫テクニック】
千秋「妻の3割は不倫してる」「相思相愛の夫婦は1割しかいない」ママ友を貶め続けるのはなぜ? (2016年3月28日) - エキサイトニュース
先日、15歳年下のTBS社員と再婚したことを発表したタレントの千秋(44)。彼女が27日深夜に放送された『女子がみえちゃった?』(フジテレビ系)に出演し、ママ友の浮気事情について語った。千秋によると、...

10人いたら3人の人妻が現在進行形で不倫をしている……。

これはなかなかショッキングな数字だったようで、あちこちで賛否両論が巻き起こりました。しかし、わたしからしたら全然おどろきでもなんでもないんですよね。だって実際に、わたし自身が現在進行形で人妻と不倫していますから。

この3割っていう数字はかなりリアルな数字だと思うんですよね。そしてもう一つ注目したいのは、不倫予備軍とも呼べる「これまでに浮気をしたことがある」人が3割、そして「旦那の事は好きじゃない」という人が3割。

つまり、なにかのきっかけがあったら「つい、魔が差して……。寂しかったの」というお決まりのフレーズで浮気に走ってしまいそうな人が6割もいるわけです。

現在進行形で不倫をしている人妻が3割。ふとしたきっかけで不倫をしてしまいそうな予備軍が6割。合わせたら9割もの人妻が不倫が身近な存在になっているわけです。

本当にラブラブなのは1割だけ……というのは、いささかさみしい数字になってしまいますね。しかし、お互いにラブラブだと言い切れる夫婦は確かに少ないように思います。新婚ほやほやならまだしも、5年10年と一緒に暮らしていけば異性間の恋愛感情なんてものは日々薄れていくものですから。

人妻が10人いたら9人が不倫願望アリ!?

不倫(浮気)がバレないための傾向と対策【バレない不倫テクニック】千秋さんいわく、現状にまったく不満がなくてラブラブな夫婦というのは1割しかいないそうですから、実に9割の人妻が不倫する機会やきっかけがあったら不倫をしてしまう可能性があるのです。

「不倫なんて汚らわしいわ!」と考えている真面目な女性でさえ、その場の雰囲気やお酒の有無だったり、男性の誘い方によっては、コロリと落ちてしまうのでしょう。

間違いなく言えるのは、出会い系に登録している人妻は100%不倫を求めていることです。それも、かなり積極的に。不倫関係に憧れるだけではなく、実際に出会い系に登録するというアクションを起こしているわけですから、かなり本気な部類に入るでしょう。

ですから、あとはきっかけを与えて誘ってあげればいいんです。そして、相手に「いいわけ」を与えてあげて強引にひっぱってしまえばいとも簡単にセックスまでもちこめます。

「終電を逃した」だの「お酒の勢いで」だの、なんでもいいんです。そんなちょっとのきっかけがあれば、ホイホイと股を開いてくれますよ。

なにしろ、不倫願望のある人妻が求めているのも最終的にはセックスという「刺激」なわけですから。

女性の不倫はなぜバレない?

不倫(浮気)がバレないための傾向と対策【バレない不倫テクニック】そもそも、なぜ女性側の浮気はバレにくいのでしょうか?

それは多くの男性が、自分の妻に対してはもう「女」としての興味を失ってしまっているからだと思われます。

妻のことは大事に思っているものの、それは家庭における母の役割によるところが大きいんでしょう。残念ながら、異性としての感情はもうお互いに期待をしていない状況です。セックスレス状態というわけですね。

わたしの妻だって、本気で調べたらきっといろいろ出てくることでしょう。わたしが浮気をしているんですから、妻が浮気をしていたってなんの不思議でもありません。むしろ、してほしいとすら思えています(笑)

そうすれば、わたしの浮気がバレたとしても喧嘩両成敗といいますか……お互い様だったね、ということで話がつきますからね。

そういう意味での「もし自分の浮気がバレた時の保険として、妻が浮気をしているなら知っておきたい」気持ちはありますが、男として「人の妻に手を出すなんて!許さんぞ!」といった気持ちは、もはやありません……。

まあ、自分がさんざん人の妻に手を出している手前もありますし、妻だってひとりの人間なのですから欲があって当然でしょう。その欲をわたしが満たせないのであれば、他の人にすがるのも無理はありません。

これはなぜ自分が不倫をしてしまうのか、の裏返しでもありますからね。なんにしろ「バレなければそれが一番いい」というのが今のわたしの考えです。

不倫バレしない男はモテる

不倫(浮気)がバレないための傾向と対策【バレない不倫テクニック】遊びたい人妻の足かせとなるものは、なんといっても家族です。子供に気付かれては面倒ですし、旦那はそれ以上にやっかいです。

遊びたい人妻にとって、旦那の目を如何にくらますかが、出会い系サイトを利用するに際してもっとも重要なことです。

旦那の目をごまかしあざむくことが、人妻にとってはきわめて大きなテーマになっています。

ということは、出会い系サイトで知り合った人妻に対してまずすべきことは、旦那の目をあざむくための環境を、人妻と共同していかに上手く作りあげていくかということになります。

不倫バレしない男になり、そのことをアピールできれば、人妻に人気の男になれるわけです。

人妻という制約がなければ女は自由に男を選べますが、人妻であるがゆえに選択の範囲は限定されざるを得ません。

イケメンでも、旦那にばれやすいバカ男を、人妻は絶対にセフレにしようとはしません。

出会い系で知り合って旦那にばれそうな相手とは、お互いの住まいが近い、なんとなく一度関係を持っただけでしつこくして来そうな感じがするだとか、本気になられちゃいそうな予感がするとかいろいろですが、何より家族がいる時間帯にしか連絡が取れない男なのです。

だから、人妻を安心させる方法として、住んでいる場所を偽るというものもあります。

たとえば、実際にはすぐ隣の県に住んでいても、会うときは遠隔地からの出張なんて言っておくっていう作戦です。

この嘘は、人妻に二つの安心をもたらします。

まず第一に、人妻は絶対にばれたくないわけですから、本気になどなろうはずもありません。だから男にも本気は望まないのです。

出張なら万が一本気になられても、遠隔地だから切りやすいという、心理的な安心感をもたらします。

第二に、これは先述の近すぎない関係そのものですから、やはり距離的な安心感をもたらします。

また、そうそう簡単に会えない際も、会いに行かれない言い訳を作りやすくなりますし、いよいよ切る際に人妻がごねても、距離が離れていることになっていると、こちらとしても何かとやりやすいですからね。

こうしたことも、匿名で終始出来る出会い系サイトだから出来ることであり、人妻だけでなく、男の側にも大きなメリットをもたらしてくれます。

不倫バレの対策

ここでもう一つ注目したいのは「ママ友同士でそういう話をしても、全員が旦那さんにはバレていない。旦那さんが浮気した話は全部こっちに入ってくる」というポイント。

世の中の旦那さんは、妻が浮気をしていたとしてもまったく気づかないそうです。逆に、旦那がした浮気はすべて筒抜けである、と言っているのです。

これもかなり信ぴょう性があるといいますか、説得力があるなあと思いました。わたしもいろんな人妻と不倫関係になってきましたが、あちらから「旦那にバレてしまった!」といった話はこれまで一度もありませんでした。

「旦那にバレそうだからここまでにしておきます」という人なら何人かいたんですけどね。ただ、それは今思えば体のいいお別れのフレーズとして定番ですから、実際のところはどうなのかまではわかりません。

つまり、人の心配をしているくらいなら自分の心配をした方がよっぽどいいといえるでしょう。不倫がバレるとしたら自分からの可能性が高い、という危機意識を持つことが大切です。

少しでもいつもと違う事をしてはダメ

不倫がバレるのは、女性の並々ならぬ不倫に対する嗅覚が原因であることが多いです。

行動や容姿、匂いまで、その全てにおいての異変を感じ取り不信感に変えてきます。秘密のヒトトキを悟らせないためにも、常日頃から妻以外の女性による痕跡には気をつけましょう。

隠し事はいつかほころびが出てしまうものですが、そうならないようにするために気をつけるべきポイントをまとめてみました。

浮気相手のメールだけ後ろを向いてこそこそ送る…なんて話になりませんね。

「いつもと違う」に非常に敏感な女性。

あれ?おかしいな?と思われたらもう負けたようなもの。

甘く見てはいけません。カンだけでなく浮気を調べる捜査能力も高いんです。今やネットの時代で「浮気 調べる 方法」など検索すればたくさん出てきます。

突っ込まれても、口のうまい男性ならその場を切り抜けることができるかもしれません。しかし女性は、男性がだいぶ前に言った何気ないセリフをしっかり覚えているので、そのうち矛盾点を突かれてボロを出す可能性があります。

なので、そもそも女性のカンのスイッチを入れないような行動を心がけましょう。

「自分は大丈夫、嫁は鈍いし話をすぐ信じるから」なんて方も要注意。浮気も慣れてくると大胆になってきて、バレ対策が薄くなってきます。携帯は必ずロックしていたけど、だんだんほったらかしになったり。仕事の連絡を装って家で堂々と電話するようになったり。こういう携帯の扱い方一つで怪しまれるきっかけになります。

待ち受けでメッセージが見られないように手帳型の携帯ケースを買おうとしてませんか?

こんな事からでも怪しまれちゃいますよ。

生活のリズムを崩さない

なによりも気をつけていることは「生活のリズムを崩さないこと」です。わたしはその辺、かなり徹底的にしていると思います。

例えば、こんな行動をし始めると「怪しいサイン」として認識されがちです

  • 帰りが急に遅くなりはじめる
  • 会社の飲み会が多くなる
  • 休日にやたらと出かけるようになった
  • ケーキやお菓子など、ちょっとしたお土産を買ってくるようになった
  • なんでもない日にプレゼントを買ってくる
  • これまで乏しかったスキンシップが不自然に増えてきた
  • スマホを触られることを異様に嫌がる

などなど。どれも不倫相手に会うための時間をつくったり、不倫をしている後ろめたさからご機嫌をとろうとすると思わずしてしまう言動です。そんな見え透いた行動はすべてお見通しなのです。女性の勘をナメてはいけません。

このようなあからさますぎる行動は「ワタクシ、浮気してますよ!」と自分からアピールしているようなもので、完全に逆効果です。

大事なのはこれまで通りのリズムで日々の生活を送ること。もしくは、少しずつ変えていくことです。平日の夜にどうしても出かけたいのでしたら、それをちゃんと正当化出来る理由をつくりましょう。

たとえば、「24時間あいているスポーツジムに通う」なんて理由はいかがでしょうか?

不倫(浮気)がバレないための傾向と対策【バレない不倫テクニック】

この24時間あいているスポーツジムに通う方法はかなり理にかなってると思うんですよね。

まず、これからジムに通いたいと旦那がいいだしたのなら、それを止める妻はあまりいないと思います。運動すれば健康的になりますし、見た目だって今よりはたくましくなれることでしょう。お腹周りがだらしなくなっている人でしたらなおさらです。

それに、なんだかんだ妻だって家では一人でいたいものなんです。「旦那に早く帰ってきて欲しい!」なんて思っているのは新婚ほやほやの時だけです。「亭主元気で留守がいい」という言葉が流行りましたが、それは今も変わりません。

ジムは当然ひとりでいくところですから、妻がついてくることはまずあり得ません。確実にひとりの時間をつくれます。そして、24時間制のところでしたら、いつ出かけても不自然ではないですからね。

最大のメリットとしては、石鹸やシャンプーの匂いをさせて帰ってきてもなんらおかしくはないところです。運動した後にかいた汗をシャワーで流して帰ってくるのはあたり前のことですから、シャワーを浴びることに必然性が生まれるのです。

男性の浮気がバレる理由の多くは「匂い」からだといわれています。

  • 自分のものではない香水の匂いが、スーツや自宅の車からただよってくる……
  • 飲み会から帰ってきたはずなのに、なぜか石鹸の匂いがする……
  • これまで香水や制汗剤なんてつけたことのなかった旦那がつけはじめている……

などなど。匂いは目に見えませんし、同じ匂いをずっとかいでいると鼻が慣れてしまって気づきにくいもの。不倫相手との通話やLINEの履歴をそのままにしておく人は少ないと思いますが、匂いの存在を見落としてしまう人は多いのです。

匂いを敏感に察知して、不審に思い始めて身の回りを調査しはじめたら……出るわ出るわの証拠の山!といったところが浮気がバレる際のお約束です。

浮気がバレる時は、必ずなにかしらのきっかけがあります。

「不倫相手と手を繋いでデートするところを目撃した!」なんて話はめったに無いです。

たいていは、「生活リズムの変化」や「匂い」といった怪しむきっかけがあり、そこから証拠を探しだす流れになります。つまり、きっかけさえなければそもそも探られることはないのです。

それをカモフラージュするのに最適なのが、このジム通いなんです。当然ですが、ちゃんとジムには通ってくださいね。セックスをするときの体力づくりにもなりますし、やはり引き締まって筋肉のついたカラダは女性ウケもいいです。

ボディビルダーのようなムキムキの体になる必要はありませんが、見ていてだらしなくない程度の体をキープできれば十分でしょう。

もし、アリバイ作りにばかり利用して、実際にジムを利用していなければ「週に何度もジムに通っているのに、全然お腹が引き締まってこない……」というところから怪しまれるきっかけが生まれてしまうかも?

そうなっては、本末転倒です。

なんの目標もないと筋トレやらジム通いって続かないのですが、「人妻とのセックスという明確な目標」がありますのでモチベーションには事欠かきません。

もう一つのメリットとして、ジムでの出会いも期待できます。先ほども言ったとおり、ジムはひとりで来るところです。

つまり、女性客だってほとんどの人はおひとり様です。ジムでの出会いから始まる恋愛は案外多いそうで、婚活の一環としてジムに通い始める女性も多いんだとか。

そういった「出会い目的の女性」を見分ける方法は簡単です。単純に、男性客をチラチラ見ている女性は間違いなく男を漁っています(笑)純粋に体を鍛える目的でジムに通っている女性はとてもストイックですので、自分のことしかみていません。

男漁りをしていそうな女性がいたら注目しておき、さりげなくその女性が利用しているマシンの隣にいってみたり、きっかけがあれば話しかけてみたりと、ジムから始まる出会いもあるんです。

というか、ありました(笑)

ジムで知り合った女性との交際は、そのままジムが待ち合わせ場所になりますので本当に便利でしたよ。人妻ではなく、20代前半の若い女の子でしたが、人妻ばかり抱いている中で若い女の子とのセックスもいいアクセントになってとても楽しめました。

時にはジム内のトイレや更衣室でセックスをしたり、フェラチオで抜いてもらったりしたこともありました。いま思い出しても思わず勃起してしまうほど、刺激的な経験でしたね。

ジムで汗を流し、セックスで汗を流し、身も心も健康になって帰ってくる。「ああ、これが充実した人生というやつか……」と、当時はしみじみ思ったものです。

スマホ対策

不倫がバレる理由で多いのがスマホです。

携帯チェックなどはする人としない人がいますが、

  • いつもそんなに持ち歩かないのに、必要以上にスマホを持ち歩いてしまう
  • 着信や通知音が鳴るたびに反応してしまう
  • アプリゲームなどを妻と見せ合ったりしている

このような人は要注意!

TwitterやFacebookなどでやりとりやメールやLINEでのやりとりでも、ポップアップとして通知が出てしまいます。

こんな小さな“うっかり”で不倫が発覚してしまう例もあるため、通知などをなくしたり、自分用のPCで連絡をとったりすることも大事!

不倫相手の名前を男の名前にカモフラージュする策士もいますが、やりとりの内容を見られてしまってはどうしようもありません。

メール内容を見られてしまうと、不倫相手の登録名をアレンジしたなどの小細工では逃げ切れません。極力痕跡を消しましょう。

次にLINEなどのアプリを利用した連絡履歴。こちらも相手が勘が良ければ探られます。むしろ、いまならまっさきにチェックされるかもしれません。LINEは履歴を自由に消すことが出来ますが、アプリによっては履歴が消せない場合もありますし、アプリだからバレにくいというのは軽率です。

LINEでのやりとりはオススメしません。

LINEでの最大のミスといえば誤爆(メッセージを送る相手を間違える)です。友人などとの連絡方法としてあまりにメジャーなLINEなので、同時に複数の相手とメッセージ交換する事がよくあります。LINEは、その画面の作りと簡単操作のために、押し間違えによる誤爆が多発しやすいです。

また、通知OFFにして待ち受けにメッセージを表示させないようにするのは常識です。あまり知られてない、プライバシー設定からLINEにロックをかけることができますが、これは逆効果。隠したいものがあるからロックをかけているという理屈ですが……はたから見れば怪しいの一言。

トークルームを非表示にできるが、友人リストからトーク見られてしまう。会話履歴を削除すると、その人だけ不自然に会話が空っぽ。普通に生活していたら履歴を削除するなんて……まずないはずです。

それから、某芸能人の不倫騒動で出てきた不倫相手とのLINEの会話画面。あれはどうやって入手したんだろうと疑問な方が多かったと思います。そう、パソコンからログインしたものです。

LINEのパスワードがバレていると他人でもログインできてしまいます。こうなってしまったらもうお終い、全て丸見えです。

じゃあ結局、どうやって浮気相手と連絡をとりあうのがいいのか?

原始的ですが、フリーメールがオススメです。Yahoo メールや Gmail が有名ですね。

普通ならスマホからインターネットのブラウザを開き、yahooやGoogleのサイトに飛んで、それからメールのページを開き、IDとPASSを入力してようやく見られます。

この手間と、ログインが必要なのでセキュリティはばっちりです。浮気相手専用のアカウントを作って管理するのがよいでしょう。

すぐに連絡を取り合うことができないのは不便ですが、リスクを最小限に留められます。

ただし、ブラウザを開きっぱなし、ログインしっぱなしは意味がないです、注意しましょうね。

ゲームアプリでやりとりをする人もいますね。ゲーム内でフレンドになり、ゲーム内でのメール機能で連絡を取り合う方法。これは「嫁バレしない!」と一時期有名になり、流行したツールでもあります。

ただしネットで有名になりすぎて、ちょっと調べればやりかたが出てきます。アイコンを押すだけでゲームは起動でき、すぐにメールは見られてしまいます。

それからもうひとつ、CIA長官が使っていた不倫メールを隠す方法を紹介しましょう。

アメリカのCIA(中央情報局)といえば世界でも最高峰の情報機関であり、その長官ともなればまさに全世界の情報を握り、コントロールする術を知っている情報のスペシャリストといえます。

そんなCIAの元長官が不倫相手との連絡手段に使っていた方法が明らかになりました。絶対に不倫がバレない連絡手段と言っても過言ではありません。これはぜひ真似したくなりますよ。

絶対にバレない不倫メール 元・CIA長官の裏ワザ元・CIA長官デヴィッド・ペトレイアス氏の不倫相手で、伝記作家のポーラ・ブロードウェルとのメールのやりとりが絶妙だった。

それは、Gmailアドレスの共有だ。

【1】Gmailで新規のアドレスをとる。

【2】不倫相手にログインIDアドレスとパスワードを教える

以上!

それって普通でしょ?と思うが、ここからが絶妙!

実は、メールをやりとりしないのだった。

メールのメッセージを下書き保存するのだ。送信しない!
これだとたとえCIAが全メールを傍受していても、傍受されない。

【3】不倫相手は、同じログインIDでパスワードで下書きを読み、さらに下書きを書き込むというシンプルでありながら巧妙な同一人物になるという手法であった。

不倫(浮気)がバレないための傾向と対策【バレない不倫テクニック】
絶対にバレない不倫メール 元・CIA長官の裏ワザ
元・CIA長官デヴィッド・ペトレイアス氏の不倫相手で、伝記作家のポー...

思わず、なるほど……!と唸ってしまいますよね。送信するからログとして記録にのこるのであって、送信をしなければ決して証拠がのこることはない、というわけです。

さすがCIAの長官という情報のスペシャリストが編み出した技です。これならまず絶対に安全ですよね。

でも、これがニュースになるってことは結局、不倫がバレてるじゃん!!

と思うかもしれませんが、不倫がバレたきっかけはこのGmailのやりとりではなく、不倫相手のジャーナリストがCIA長官の知人女性に対して嫌がらせのメールをしつこく送っていたことが直接の原因です。

その相談をきっかけに外部の調査が入り、結果としてGmailとは別なところから証拠を掴まれてしまうとの顛末でした。

このやり取りの方法はその後の聞き取り調査などから浮かび上がってきたのでしょう。この不倫相手が嫌がらせのメールなんかを送らなければ……きっと今でもデヴィッド・ペトレイアス氏は長官の座に収まり続け、不倫をし続けていたのかもしれません。

相手の女性の行動や感情までをコントロールすることはむずかしいですが、このGmailの下書きを用いた連絡手段はかなり安全性の高い手段ですので、ぜひとも真似したいですね

もっとバレにくい連絡方法はないか。

一つ案として上げると、ブログです。

無料ブログを一つ立ち上げて、そこの掲示板機能で連絡を取ってみましょう。

ブログは公に公表されているので危険かと思うかも知れませんが、基本的に記事も人気もない過疎ブログの内容は誰も見ていません。

WEB上のデータとなり、携帯自体には痕跡は残らないので(観覧履歴などは注意が必要ですが)、現実的に考えてバレにくいです。

掲示板の書き込みも事が過ぎたら直ぐに消せば、もう探る方法はないでしょう。

100%とはいえませんが、バレにくい方法なので一度試してみては!?

残業

残業を不倫対策に使っている人も多いですよね。

恋愛を始めるとお金がかかるものですが、不倫となるとますますお金がかかります。一回一回に会うことが特別な時間であるため飲食などについついお金をかけたくなります。

バレても良い関係ならば、日中の公園で会うこともできますが、周囲にばれない場所を選ぶとなんだかんだとお金がかかります。そのお金の問題とバレないようにすることの両方を解決する方法があります。

妻に不倫をしている時間など無いことを給料明細の残業代でアピールするのです。残業をすれば残業代が入ってきます。

そして、給料明細には残業時間が記載されることはあっても、残業日時が記載されることは稀です。「最近残業が多くて大変である」ということを伝えつつ、給料明細の残業時間を見せてアピールしましょう。

証拠となる数字があると女性は信じることが多いものです。そして、妻には残業と思っていただいて、たまに定時に仕事を終わらせて不倫を楽しみましょう。

この方法は、ゆっくり休む日などは減ってしまうため、若くて体力のある方にお勧めします。また、役職に就くと残業代は出なくなるものですから、役職に就く前のワカモノの特権ですね。

妻とばったり合わないためにも行動範囲は別々に

妻が働いているか、専業主婦なのかなどによって行動範囲は大幅に変わります。

ですが、妻がどういうところに行っているのかなどを把握していないと、不意に街中で目撃されたりされてしまう恐れもあります。

また、妻の友人などに目撃されるのも要注意!

ですが、そこまで考えるとキリがないので、少なくとも自分たちが住んでいるところや、生活圏からは離れたところが良いでしょう。

不倫相手にはどこに住んでいるなど正確に伝える必要もないため、偽った住所を伝えその周辺で遊んだりすれば自分と関わりがある人と会う機会も減らせます。

不倫相手にも要注意?

どんな相手と不倫するかも非常に重要な部分。

関係を切ろうとしたときにうまく関係を断ち切れず、中には家や職場に訪れて、相手の生活をメチャメチャにしようとしてくる人もいるからです……。

互いに一時的な欲求を満たすための肉体関係に留まれれば良いですが、本気で好きになられて切るに切れない関係になることは避けたいところ。

そういう面倒くさいことにならない女性を選ぶのも大切です。

自分の情報を必要以上に相手に与えず、住所や職場などの個人情報はもちろんのこと、結婚しているか?してないか? も重要と言えるでしょう。

浅い関係にとどめておくならば必要ないことは教えない、嘘の情報を教えるなどして、いざという時のために予防線を張っておくのがおすすめです。

不倫(浮気)がバレないための傾向と対策【バレない不倫テクニック】
賞味期限切れの人妻と不倫を終わらせるためのテクニック
人妻との不倫関係は、はじめはとてもドキドキするものです。 不安がありながらも、それが何ものにも代えがたい刺激になります。 また、誰にも知られてはいけない「秘密の関係」であることや、お互いの配偶者を裏切っているという背徳感もドキド...

いざという時の保険もしっかりと

いくら緻密に不倫発覚を防止しても、ちょっとしたところからバレてしまうこともあるため油断は大敵。

妻がどれだけ不倫に敏感なのかにもよりますが、どんな女性でも「なんか怪しいな」と思うことはあるでしょう。

バレそうになった事を考えておけば、いきなり問い詰められてもうまく言い逃れできます。そうならないように普段から注意を払い、日常生活を送っていきましょう!

オススメの出会い系サイト
人妻とつながるオススメの出会い系サイト

あなたがセックスをしたいなら、どんなに努力をしてでも人妻セフレを作るべきです。

考えてみてください。一度、人妻のセックスフレンドを作ってしまえば、その後、何度も何度も何度もセックスできるんです。

これまで大量に人妻と出会ってきたわたしがオススメする出会い系サイトを紹介します。

11 安全な出会いのために
人妻不倫クラブ
タイトルとURLをコピーしました