「人妻が浮気を正当化する方法」を知ることによって簡単にセックスができる

不倫や浮気でさえも、人間には自分のしている行為を、正当化したがる傾向があります。

決して犯罪のような反社会的な行為をするのではないにしても、一般的な社会通念からするとやや人の道を外れるような行為をする際、この傾向は一段と強まります。

そして人間には、自分のしていることを否定する人より、批判しない人を好む傾向があります。

出会い系サイトにいる人妻は、自分がこれから行おうとしている不倫や浮気を、正当化してくれる人の出現を待っているのだともいえます。

だから、人妻が浮気を正当化する方法を知ることによって、簡単に人妻とセックスをすることができるのです。

また、こちらとしても、人妻の気持ちを知ることによって、安全な不倫セックスをすることができるのです。

人妻が浮気を正当化する方法その1「構ってくれない旦那が悪い」

的確な言葉で人妻の背中を押して上げるだけで、出会い系サイトにいる人妻はやすやすと一線を越えていきます。難しい理屈は要りません。

なぜなら、出会い系サイトに登録したときすでに、人妻は落ちる準備をしているからです。

人妻が浮気をする際、自分を正当化するパターンとして最も多い旦那を悪く言う事例を挙げ、効果的な対処方を探ります。

旦那が悪いから浮気をする

「旦那が仕事にばかりかまけていて構ってくれない。外で女を作っているのかもしれない。私のことを抱いてくれない。なぜか分からない。もう何年もない」

これは人妻の旦那に対する不満としては、古典的といいますか、典型例になります。

だから「私は出会い系サイトに登録したのだ」という人妻は、たくさんいます。

肝の部分は言うまでもなく、あっちの方は何年もご無沙汰状態につき、我慢も限界ということです。

こういう人妻を落とすのはわけなく思われるかもしれませんが、実際落としやすいことは確かなのですがただ、この手の人妻はかなりしたたかです。

夫婦間のセックスレスをちらつかせれば、既婚でも男が食らいついてくることを、経験的に知っているからです。

こうした話をして来る人妻は、少なくとも数人の男に同じ話をしていると思った方がいいですね。

あとはライバルとの競り合いになるわけですから、セックスレスで溜まっているからわけなくやれるとは思わず、気を抜かずに対処する事が肝要です。

特に、人妻がモーションをかけてきたら、逡巡せずに動くことがもっとも大事です。ためらっていると、簡単に別の男に気移りしてしまうのが、この手系の人妻の特徴かもしれません。

なにしろ、目的は欲求不満の解消ですから、男の品定めが済んだら、あとは優先順位に従って行動に移すのみだからです。まごまごしていると順番を飛ばされてしまいます。

正当化に対する協調的後押しとしては、「同じ男だから分かるけど、旦那さんも大変なんだと思いますよ。でも、それはさすがにちょっと酷いですよね……」とでも言ってあげれば十分です。

人妻が浮気を正当化する方法その2「稼ぎのない旦那が悪い」

子育て世代だと、旦那の社会的地位がまだそれほど高くない中で、子供の教育費などがかさみ、普通に生活をする分には何も問題がなくても、レジャーを楽しむ余裕までは持てなかったりします。

周囲の家のことがさほど気にならない男とは異なり、女性は世間体を一番に気にする生き物であるだけに、他人の家庭と比べた自分の家の経済状況に対しても敏感です。

出会い系サイトに登録をしている人妻の中には、そうした負い目を知り合った男の財力によって、しばしの間忘れて振舞いたいと考えている向きが少なからず存在します。

経済状況が厳しいから、周りの家の主婦のようにレジャーを楽しむことも出来ない。だから私は金を持った男と浮気をして楽しむのだ。稼ぎのない旦那が悪いのだと、自分を正当化するパターンです。

本当の金持ちである必要はない

この手の人妻が待ち望んでいるのは、ひと握りのブルジョア階級の男かというと、そうであればそれに越したことはありませんが、必ずしもそうでなくても構いません。

普通のサラリーマンでも十分、相手をすることが出来ます。人妻が求めているのは日常の気晴らしですから、それをするのに大枚をはたく必要はないからです。

ただ、旦那がサラリーマンや公務員系だと、毎月決まったサラリーしか取れないことを熟知しているわけですから、この手の人妻には自営業の方が受けがいいのは確かです。

えてして旦那が公務員など固い職業に就いている人妻ほど、自営業者は自由になるお金をいつも持っているという印象を抱いているようです。

自営業者の奥さんは身なりも派手で、お正月はいつもハワイに行っていて、本当に羨ましいといったりします。

それで相手をするには自営業者有利といえますが、かといって高価な服やハワイ旅行をねだっているわけではありませんから、サラリーマンの懐具合も十分相手が務まります。なんなら職業を自営業者とごまかしてもいいかもしれません。

連休が近づくと需要が高まる

大型連休やお盆、歳末以外でも、最近は泊りがけで遊びに出やすい祝日が増えた分、テレビや携帯で暇を潰す生活に味気なさを感じる機会も増えているといえます。

そうした休みの日には、家族も家にいるわけですから、連休自体に遊びに誘ってくれる相手を探すことはなくても、近所や知り合いから遊びの予定を聞かされ、心穏やかではない人妻が、出会い系サイトで相手探しをすることは十分考えられます。

連休を前にすると、この手の人妻の動きが活発化しますので、身近なレジャー施設を絡めた遊びを提案すると、乗って来やすくなります。

正当化に対する協調としては、お金の絡むことですから旦那の稼ぎが悪い部分には触れず、「いつもは子育てで大変でしょうから、たまには面白いところに行って遊びましょうか。レジャーに出てサビをとることも人間、必要ですよね」とでも言っておきます。

人妻が浮気を正当化する方法その3「旦那とは相性が悪い」

結婚をしてみて初めて、今の旦那とは相性が悪いことが分かった。夫婦関係はめちゃくちゃで、すでに破綻している。だから新しい人と人生をやり直したいと考えている。

こう書くとなにやらシリアスで厄介な人妻に思われるかもしれませんが、そこは出会い系サイトに登録する人妻です。

人生をやり直したいと考えているのは本当かもしれませんが、実際に今の旦那と離婚をして、出会い系サイトで知り合った男と再婚をしたいなどとは露ほども考えていませんから、この手の一見面倒なことを言う人妻であれ、食べても問題はありません。

ともかく、旦那との相性の悪さを浮気の正当化理由にするこの手の人妻に対しては、徹底して話を聞いてやることで対処します。だいたいが話を聞いて欲しいタイプの人妻だからです。

基本的にわがままです

どこの夫婦でも大なり小なり、行き違いもあれば誤解もあります。理想どおりに行かないことの方がむしろ、普通の夫婦関係ではないかとも言えます。

ところがこの手系の人妻は、その責任を全て旦那に押し付け、とにかく悪いのは旦那で、自分は精一杯努力しているのに上手く行かない、と思い込んでいたりします。

少し考え方が幼く、いわばわがままなのが特徴です。性格的にやや壊れかけていたりもします。

まともに取り合うのもバカらしい気もしますがまず、人妻がしている努力なるものを聞いてあげて、それでも上手く行かないから、新しい人と人生をやり直すしかないと考えるに至った方針も支持してあげます。

ただし、その相手が出会い系で知り合った自分であるとはよもや匂わさず、あくまで第三者的に接して聞き役に徹します。

すると徐々に刺々しい性格に丸みが帯び出し、時折女性らしさが見えてきたりします。そうなるまで多少辛抱を要します。

旦那に見放されているケースがほとんど

だいたいこうした人妻は、家庭内でも旦那に見放されていて、まともに相手にされていません。

人妻の方でも、見放してきた旦那を見限っている状態ですから、旦那に関しては悪口は言っても、浮気をあえて正当化する必要さえもはや感じてもいなかったりします。

それでもこの手の人妻は、根は真面目な人だったりします。むしろ真面目な人が多いくらいです。

ですから、壊れている家庭であっても、だからすぐやれるだろうとは安直には考えずに、人妻のした努力を認めてあげ、人妻の味方であることを強調します。

味方であることで心を開かせれば、あとは自然に出会いに話を運ぶことが出来ます。

オススメの出会い系サイト
人妻とつながるオススメの出会い系サイト

あなたがセックスをしたいなら、どんなに努力をしてでも人妻セフレを作るべきです。

考えてみてください。一度、人妻のセックスフレンドを作ってしまえば、その後、何度も何度も何度もセックスできるんです。

これまで大量に人妻と出会ってきたわたしがオススメする出会い系サイトを紹介します。

02 人妻出会いの心がまえ
人妻とつながる不倫クラブ