50代60代の熟女と長期的なセフレ交際を続けるためのコツ

50代60代の熟女と長期的なセフレ交際を続けるためのコツ

出会い系での出会いは短期で終わってしまうことが多いです。それこそ、一夜限りの関係も珍しくないですからね。

ただセックスがしたいだけならそれでもいいのですが「人との関わりをもちたい」という動機で出会い系に登録する人もいることでしょう。

最近ではその傾向が増えているように感じます。

一昔前の出会い系に登録する人妻や熟女は、ほぼ全員がセックス目当てだったのですが、「人生を豊かにしたい」という目的で、長期的な交際相手を探している人もちらほらいるのです。

特に50歳60歳のような、すでに人生の折り返し地点をすぎている熟女はこの傾向にありますね。

肉欲を満たすだけのセックスよりも、精神的な充足感を味わえるデートを重視する。女性だけでなく、男性でもこう考えて出会い系に登録する人は少なくないのではないでしょうか。

更年期になると、人との繋がりが薄れてくる

女性が閉経を迎えるあたりの時期を更年期と呼びます。おおよそ45歳前後が更年期の始まりだと言われていますね。

閉経を迎えることで女性は身体的にも精神的にも、さまざまな影響があると言われています。俗に言う「更年期障害」と呼ばれるものですね。

女性ホルモンの分泌が低下することで閉経を迎えるのですが、ホルモンのバランスが崩れることで「ほてり」や「動悸」、「頭痛やめまい」などといった症状がカラダに表れるそうです。

女性は生理中になるとイライラしやすくなることで知られていますが、更年期を迎えるとそのイライラ感がずっと持続してしまうこともあるんだとか。

さらに45歳といえば人生のターニングポイントでもあります。

子供がいるのであれば、そろそろ独り立ちを迎える時期でしょうし、夫婦の生活もこれまでと一変してしまうことでしょう。

子供が自立して一人暮らしをはじめ、家には夫と二人っきりの生活。これまでは子供がいたことでうまく回っていた部分や我慢していた部分が耐えきれなくなり、夫とは衝突してばかり。

そんな時は、誰かと一緒にいたくなるものです。ただ、そばにいてくれるだけでいい。そんな時間や関係を求めている女性は、想像以上に多いのかもしれません。

閉経を迎えることで性欲が増す人もいれば、落ちる人もいる

一般的なイメージとしては閉経を迎えた女性は性欲がなくなるものですが、なかには性欲が増す人もいるようです。

そして、性欲が増すタイプの熟女たちは出会い系でセックスを求め、性欲が落ちるタイプの熟女は落ちついた関係を求めるのです。

性欲が増している女性であれば簡単です。セックスさえすれば相手は満足するのですから、セックスを続けるだけで長期的な交際が出来ることでしょう。

性欲が落ちている相手であれば、セックスはあくまでもアクセント。人との繋がりを実感するコミュニケーションツールとしてセックスは優秀ですが、そればかりでは飽きられてしまうことでしょう。

セックスなしのデートや食事など、ちょっとした工夫が必要になることが多いですね。

若い女性はとにかく刺激が欲しくて、男をとっかえひっかえする傾向にありますが、熟女はひとりの男性に依存したがる傾向にあります。

熟女と長期的な交際を築くのは簡単

基本的には、40代以上の女性と長期的な交際を築くのは簡単です。勝手に向こうのほうから自分に溺れてくれることでしょう。

なにしろ「自分が女性として見てもらえる」だけで喜びを感じてしまうのです。世の中は熟女ブームだなんて言われていますが、実際の出会い系では40歳以上の女性は「余り物」になってしまっていることが多いです。

人との繋がりを求めて出会い系に登録したのに、出会い系ですら誰からも相手にされない……。そんなつらい思いをしているところに手を差し伸べてくれる男性がいたら「私にはこの人しかいない!」と思ってしまうのも無理はありませんよね。

そう思わせることが出来たとしたら、熟女との長期的な交際は約束されたようなものです。

長期的な交際はリスクもある

長期的な交際も良いことばかりではありません。長期ならではのリスクも存在します。

それは、関係がバレやすくなることです。自分の妻にバレるにしろ、交際相手が夫にバレるにしろ、長ければ長いほどそのリスクは増していきます。

仮に関係がバレる危険性が1日につき1パーセントだとしましょう。99個の白い玉と1個の赤い玉が入った袋から、毎日くじ引きをして、引いた玉はそのつど袋に戻すような感覚です。

もしそのくじ引きを100日続けた場合、バレるリスクはいったい何パーセントくらいになると思いますか?

当たりが1パーセントのくじを100回やるのだから、ほぼ確実にバレてしまうのでは? と思うかもしれませんが、実はそうでもありません。

100人が同じ事をした場合、当たりを引く人は100人中63人程度だと言われています。5人に3人程度です。これは当たりを1人で複数回引く人が存在するからなのですが、4割程度の人は当たりを引くことが出来ないというのはちょっと意外ですよね。

そして、これが200回になれば当たりを引く人は86パーセントまで跳ね上がりますし、300回ともなれば95パーセント確率で当たって(バレて)しまいます。

長期的な交際というのはこういうことです。たった1パーセントでも回数が増えればバレる可能性が増えていくのです。

単純に確率でいうだけでも長期的な交際はリスクですが、交際を続けていくうちに「慣れて」しまうこともバレるリスクを上げる要因です。

おそらく、初めて不倫をする人はとても警戒をすることでしょう。メールなどの連絡履歴をこまめに消し、女性と会った帰りは女性の匂いがうつっていないかを確認し、ポッケの中に変なものが入っていないかチェックしてから帰宅……。

そんな警戒行動も、バレない日々が続いてくるとおざなりになってくるものです。浮気や不倫がバレる人というのは、おしなべて油断してしまった人なのですから。

長期になればなるほど、油断してしまうのは人間として致し方のない部分でもあります。

中にはひとりの異性と10年以上に渡って秘密の関係をキープする人がいますが、おそらくとても自分に厳しいストイックな人なのでしょうね。

別れる際、面倒になることも

また、交際が長期に渡れば渡るほど、別れにくくなるのもデメリットですね。

なんだかんだいっても、ずっと同じ女性と交際していると「飽き」が来てしまうものです。お互いに同じタイミングで飽きたのであれば穏便に別れることも出来ますが、女性が自分に強く依存していた場合は面倒なことになりかねません。

「私にはあなたしかいないの」

と、思ってもらえることはこちらにとって都合のいいことでもあれば、悪いことでもあるわけです。

私も一度、大変苦労したことがありました。誇張ではなく、泣きながら足にすがりつかれたのです。「あなたがいなくなったら、私はもう死ぬしかない!」と、大声で泣き叫ぶのです。

ひとまずその場は落ち着かせて、なんとかなだめて家に帰しましたが、メールがひっきりなしに届くのでそのままブロックしてしまいましたね。

幸い、こちらの個人情報はなにもわたしていなかったので事なきを得ましたが、もし電話番号や住所・本名を教えていたら……と、思うと今でもゾッとします。

その女性とは半年ほどの付き合いでしたが、1年や2年と交際を続けていたら、もっと執拗に調べられてストーカーになっていたかもしれません。

これがセフレであれば別れるのも簡単なのですが、真面目なお付き合いとなると別れるときがもっとも体力をつかいます。

短期には短期のメリットがある

出会い系での交際は、短期的な交際に向いているシステムだと言えるでしょう。

交際期間が短ければ短いほど浮気や不倫がバレるリスクは少ないですし、代わりの女性はいくらでもいますからね。

わたしがオススメしたいのは、まずは短期的な交際を前提として会い、お互いが気に入れば長期的な交際に偏移していくパターンです。

最初から長期的な交際を求めている女性を狙った場合、もし地雷ともいえる女性を引いてしまった場合は悲惨なことになりかねません。

まずはさっぱりとした関係からスタートし、徐々に親密で濃密な関係に変わっていく過程を楽しむことも出来ますからね。

短期交際のメリットを最大限に活かし、長期的な交際でしかえられない充足感も享受する。わたしが行き着いたもっともオススメの方法です。

オススメの出会い系サイト
人妻とつながるオススメの出会い系サイト

あなたがセックスをしたいなら、どんなに努力をしてでも人妻セフレを作るべきです。

考えてみてください。一度、人妻のセックスフレンドを作ってしまえば、その後、何度も何度も何度もセックスできるんです。

これまで大量に人妻と出会ってきたわたしがオススメする出会い系サイトを紹介します。

10 人妻不倫交際の続け方
人妻とつながる不倫クラブ