人妻が感じている不安を解消することで、出会いにつなげよう

sep_355215221321-thumb-815xauto-17902

出会い系にはいろんな期待がありますが、それと同じくらいに不安もあります。見知らぬ男女同士が出会うわけですから「万が一、なにかトラブルがあったらどうしよう……」と考えてしまうのはごく自然なことですよね。

男性も女性も同じように出会い系に抱える不安はありますが、男性の場合の多くは金銭的なトラブル(サクラや美人局)で済みますが、暴力などの肉体的な被害をこうむるのは女性のほうが多かったりするのですからなおさらです。

事実、出会い系で知り合った男に殺されてしまった女性もこれまでに何人もいるのです。有名なのは「和歌山出会い系サイト強盗殺傷事件」が挙げられるでしょう。人気テレビ番組のアンビリバボーでも特集され、あまりにも現実離れしたその手口と事件内容から大きな話題となりました。

和歌山出会い系サイト強盗殺傷事件和歌山出会い系サイト強盗殺傷事件(わかやまであいけいサイトごうとうさっしょうじけん)は、2002年7月に起こった強盗殺人・強盗殺人未遂事件である。

主犯は和歌山県打田町古和田の会社員・自称国際派モデルの女(2002年当時24歳)で、実行犯は和歌山市岩橋の無職の男性(当時32歳)である。

女は容姿端麗で明朗快活、高等学校在学中の18歳で結婚し、2人の子供がいた。しかし夫が浮気したことから離婚し、子供たちを連れて実家に戻った。しかし子育てを母親任せにして自らは新たな男性を探すことに奔走する。そして出会い系で知り合った相手が、後に実行犯となる男性であった。男性は女に夢中になり、結婚を申し出るまでになる。しかし女は「自分の親は暴力団の組長である」と嘘を告げ、「父に結婚を認めてもらうためには組への登録料が必要で、毎月20万円出してほしい」とした。女は男性が自分に夢中であることを逆手に取り、金を貢がせようとしていたのである。さらに女は「組員が死んで香典がいる」などあることないことを持ちかけて、次々と金を搾り取っていく。男性は自らの生活を切り詰めて懸命に貢いだが、遂に貯金が尽きてしまった。そのため、闇金に手を染め始めたが、これが原因で自動車販売会社から解雇され、窃盗などの犯罪にも手を染めていく。

もちろん、このような殺人事件に巻き込まれる確率はほんとうに稀で、それこそ飛行機事故よりレアケースといえます。毎日、何百万という人が飛行機を利用して無事に目的地についているように、何千という人が出会い系で楽しく魅力的な出会いを成立させています。

しかし、飛行機墜落事故が1件でも起きると、一時的とはいえ世界的に飛行機を利用する客は減少してしまうそうです。それと同じように、出会い系にて1件でも印象的な殺人事件が起きることで、出会い系に対して「怖い」と感じてしまう女性は多いのです。

ここでは人妻が出会い系に抱える不安がどのようなものがあるのかをご紹介し、その不安を解消するための方法をお教えしたいと思います。人妻が会う相手を決めるときは、よりハンサムでお金持ちの男性ではなく、より安全そうな男性を選ぶのが普通なのですから。

「自分は安全であり、ルールやマナーもわかっています」ということを伝えるにはどうしたらいいのか?これを知っているのといないとのでは会える確率に大きな差が出てくることでしょう。

人妻が「出会い系に対して不安に思っている6つのこと」をひとつひとつ紹介していきたいと思います。

その1.もし旦那にバレたらどうしよう?

一般的な人妻がまず不安に思うことは旦那バレです。旦那に知られてしまっては出会いを楽しむどころか、家庭崩壊の危機になってしまいますからね。

そのため、まずはなによりも旦那にバレないことを第一に考えます。慎重な人妻であれば、旦那が家にいる時はサイトを一切ひらかないなんてことも。そのため、夜や週末はまったくやりとりが出来ずに会話のテンポが悪くなってしまうケースもあるのです。

それは困り者なのですが、逆にチャンスでもあります。多くの男性は会話のテンポが悪い女性を嫌います。だからこそ、優しく手を差し伸べてあげることが効果的なのです。

「メールを送るタイミングはいつでもいいよ。なにかと事情もあるだろうし、君の平穏な生活を尊重するよ。ぼくはずっと待っているから安心して」

といったメールが送られてきたら、その女性はとても安心することでしょう。「この人はわかってくれている人なんだ」という印象を持ってくれるはずです。

会うまでに時間はかかるかもしれませんが、急ぎでなければじっくり育ててみるのもいいでしょう。こっちを信頼してなついてくれればくれるほど、都合の良い関係になれるかもしれませんからね。

相手は独身女性とは違って不自由な環境にいることを理解してあげることが大事です。電話の強要や写メの強要などはやめておきましょう。このご時世ですし、人妻であればなおさら個人の特定に繋がるような情報は出したくないものです。顔写真が見たい場合でも、口元を隠した写真でもいいから見てみたいな、とあらかじめ保険をかけてあげれば相手も送りやすくなります。

こうして写真を送ってくれたのなら褒めて褒め倒して、また違う写真を送ってもらえる可能性もでてきますからね。

その2.もし変な人だったらどうしよう?

ぶっちゃけてしまうと、出会い系には変な人が多いです。これに関しては男も女もお互い様といいますか……会ってみないとわからないことなだけに、会う前からこの不安を払拭しきることは難しいです。ですから、なるべく相手が知りたがっていることは素直に教えてあげましょう。

多くの場合、自分の顔写真を送ることは相手に安心感を与えます。相手の顔を想像しながらであればイメージもわきやすいですし、より身近に感じることが出来ます。「相手の顔がわかるという要素」が大事なのであって、容姿に自信がなくてもいいんです。

若い女性であれば単純に顔だけで選ぶ人も多いかもしれませんが、人妻や熟女はそういったうわべだけの情報では判断しないものなのですから。

また、職業なども相手に聞かれる前に自分から教えておくのがいいでしょう。これは素直に本当のことを教えてもいいですし、あまり知られたくないのなら嘘をついてもいいです。もったいぶって「仕事は会った時に教えるよ」なんて断り方だと相手には不安しか与えませんからね。

あとは文章の書き方で相手にあたえるイメージは大きく左右されます。人妻相手であれば、常識と節度のある態度を心がけることがいいでしょう。ユーモアは大事ですが、無理に狙ったジョークや流行りのギャグなどは軽薄に思われてしまいかねません。

今であればPPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)などが流行っていますが、安易に乗っかってしまうのは大怪我のもとです。変に冒険してもハイリスク・ローリターンなだけですので、無難な内容にとどめておきましょう。

かといって堅苦しすぎても相手には息苦しい印象を与えてしまうので……難しいのですが、このへんのバランス感覚は実際にやってみて慣れてみるのが一番です。出会い系は非日常で非常識な場だからこそ、常識力が求められる場でもあります。

その3.もし個人情報を悪用されたらどうしよう?

メールアドレスを聞かれたり、写真を見せて欲しい、と言われた時に「連絡先を教えたり、写真を見せるようなことはしたくない……」と答える人妻は多いです。

立場を考えればごもっともではあるのですが、サクラの常套句というイメージもあるためにあまりこちらの印象はよくありません。人妻が不安を覚えるのは当然ですし、理解は出来るのですが、あくまでもここは「出会いを求める場」なのですから。

メールアドレスがわかれば、もっと出会いに向けていろいろなことを話せるわけだし、写真だってこれから会うかもしれない人がどんな人なのかを知りたいのは当然なこと。

無理難題を押し付けているわけでもないのに「あなたは出会いに対して本気なのか?積極的じゃないのか?……つまり、サクラなのか?」といった疑念を抱いてしまうものですからね。あまりしつこく聞くのはNGですが、相手の本気度をはかる物差しでもあります。

目安としては5通以上のやり取りをしているにも関わらず、連絡先の交換をもちかけても拒否されるようでしたら、その場でその人との関係を断ち切ることも選択肢のひとつです。

もう一つの注意点として、出会いに関係のない個人情報は極力詮索しないようにしましょう。

「本名はなんていうの?」「子供は何人いるの?」「旦那はどんな仕事をしているの?」「実家はどこにあるの?」

といった質問に関しては「なんでそんなことを聞いてくるの?」と不安がられてしまうことでしょう。あくまでも聞いていいのは当面の連絡先くらいです。

その4.もし乱暴をするような人だったらどうしよう?

女性が出会い系のトラブルでまず不安に思うことは暴力がらみのトラブルです。女性はどうしても男性に対して体格や体力に劣るものですから、力づくで無理やりに言うことを聞かされてしまうことだってあるのです。

そういった不安を少しでも解消してあげるために、待ち合わせ場所は人気の多い場所にすることをおすすめします。いきなり人気の少ない公園を待ち合わせ場所に指定されでもすれば、不安しか感じないでしょう。そのままワゴン車に連れ込まれてしまってもおかしくありません。

ですから、待ち合わせをするなら人の多い場所。喫茶店やファミレスなどの店内で直接待ち合わせをするのもアリです。そういった衆人環視のある場所であればいきなり犯罪に巻き込まれるなんてことはまずないですからね。

店内での待ち合わせにすれば、どちらかが遅刻した時にもゆっくりと座って待つことが出来ます。また夏や冬は、外で立って待つのはつらいものです。特に、日焼けを気にする女性を夏の炎天下の中で待たせるなんてもっての外ですね。環境が整った場所で待ち合わせをすることは、女性への思いやりにも繋がるのです。

女性が安心できる待ち合わせ場所を選んであげることは、男にとってのマナーともいえるでしょう。

その5.もし知り合いに見られたらどうしよう?

男からするとなかなか気づきにくいポイントなのですが、人妻が感じやすい不安のひとつに「知り合いにデート現場を目撃されないだろうか」と、いった悩みがあります。そのため、移動が少なく済むように相手の近所で待ち合わせをする、なんてのは相手からしたらありがた迷惑だったりするものなんですね。

待ち合わせをする場所は普段その人がいかないような場所にしてください。あるいは、新宿・梅田・天神などの各地の代表的な繁華街や観光地に指定するのもいいでしょう。木の葉を隠すなら森の中……といいますように、人を隠すなら人混みの中が一番だったりするのです。

それでも万が一、見られてしまうことがあるかもしれません。相手が人妻なのであれば、手を繋いだり腕を組んだりといったことは表ではしないほうがいいでしょう。ですが、「せっかくならデートっぽいことを楽しみたい」と考える人妻もいるので一概には言えないんですけどね。

あまりに人が多くてはぐれそうになった時だったり、エレベータの中など一瞬だけ二人っきりになるような場所でそっと手を繋いでみるのは、相手からするとドキドキした刺激を味わえるサプライズになったりしますので、演出としてはおすすめです。

その6.もし妊娠したらどうしよう?

出会い系で人妻と出会うのなら、それはもうセックスはつきものです。しかし、セックスは本来は子供をつくるための行為です。不倫セックスを楽しむ上で「妊娠というリスク」は常につきまといます。

とはいえ、ほとんどの場合はコンドームをしっかりつけていればそう心配することはありません。コンドームでの避妊は完全ではありませんが、それでも正しく使用すれば高い効果と信頼性があります。出会い系で会った人妻とセックスをするときは、必ずコンドームを付けて避妊を心がけてください。

避妊と言えば、最近では低用量ピルを服用している人妻もけっこういます。しかし、自己申告だけでは信頼してはいけません。

「わたし、ピルのんでるから中で出してもいいよ?」

なんて言われようものなら、男としては喜んで中出ししたくなってしまうものですが、ピルの実物を確認するくらいの慎重さが求められます。

なにしろ、人妻なのに出会い系に登録して見知らぬ男とセックスしてるということは、旦那との性生活はうまくいっていないことが容易に想像できます。旦那とはもう完全にセックスレスなのに子供が出来てしまったとしたら、それはもう動かぬ証拠になってしまいますからね。

もし、不倫人妻を妊娠させてしまえば、そう簡単に逃げられなくなります。最悪の場合は、責任をとってその女性と結婚することになるかもしれないのです。何が悲しくて、出会い系で不倫相手を探してあまつさえ中出しを許すような女と結婚しなければいけないのか……。自業自得ではありますが、悲劇としか言いようがありません。

出会い系において避妊は絶対です!それだけは肝に銘じておきましょう。

オススメの出会い系サイト
人妻とつながるオススメの出会い系サイト

あなたがセックスをしたいなら、どんなに努力をしてでも人妻セフレを作るべきです。

考えてみてください。一度、人妻のセックスフレンドを作ってしまえば、その後、何度も何度も何度もセックスできるんです。

これまで大量に人妻と出会ってきたわたしがオススメする出会い系サイトを紹介します。

03 プロフィール・掲示板
人妻とつながる不倫クラブ