絶対にLINEのやりとりを流出させない方法

これまではなるべく流出させないようにする……という努力といいますか、1100%の保証がない対策でしたが、実は絶対に流出させない100%確実な方法というものがあります。それは……

LINE専用の携帯を持つ

ということです。一昔前に携帯電話を2台もつのが流行りましたが、そのような感じですね。いまも仕事用の携帯をもつなんていうのは普通のことですから、その延長線上といった感じでしょうか。ただ、仕事の携帯とはまたさらに別です。仕事用の携帯でLINEなんかしちゃだめですよ(笑)

不倫と格安SIM携帯の相性はバツグン

いまは格安SIM携帯というものがあるのをご存知でしょうか?いわゆるDocomoやAUやSoftBankといった三大キャリア以外で契約する携帯電話の ことです。格安SIMという名のとおり、三大キャリアで普通に契約すればどうしたって月に5000円くらいは維持費としてかかってしまいますが、格安SIMであればたったの月500円で維持することができるんです!

桁の間違いではありませ ん。ほんとうに1/10の月額費用で携帯電話がもててしまうんです。では、いったいどのような違いがあるのでしょうか?値段が10倍も違うのであれば、当 然いろいろなデメリットが有るのでは……と思いますよね。今回はそのメリットデメリットを見比べてみました。

格安SIMのメリット

  • とにかく安い!
  • 自分のつかう頻度に合わせたプランを数十社の中から選べる
  • 新規に契約したとしても周りにバレにくい
  • 2年縛りといった契約の縛りがない(短期解約の違約金はあります)

格安SIMのデメリット

  • 三大キャリアに比べてサポートが薄い
  • 通話料無料のプランは存在しない
  • キャリアメール(docomo.ne.jpやezweb.ne.jpなど)がつかえない
  • 通信速度が遅くなる
  • おサイフケータイやワンセグなどは非対応が多い
  • 携帯電話を自分で用意する必要がある

といったところでしょうか? メインの携帯電話としてもつには、気になるデメリットもいくつかあるのですが、LINE専用の携帯電話として割りきってしまえば、デメリットで気になる部分は一切ありません。

なにせ、最初にLINEをインストールしてセットアップしてしまえばあとはLINEをするときに使うだけですからね。LINEで真っ昼間からビデオ通話でもしないかぎりは通信速度の遅さも気になるケースはほぼないでしょう。

逆に、メリットとしてはそのすべての恩恵をうけることができます。月に500円ということであればほとんど影響はないうえに、それで絶対にLINEがバレることがないという安心感が買えるのであれば実に安いものです。

LINE 専用機ということであれば格安SIMの中でもさらに格安なプランで全く問題ありません。LINEでビデオ通話や画像のやり取りを頻繁にするのではなく、文章でのやり取りをメインにするのであれば通信量もほとんどかかりませんので、上限までいくことは難しいですからね。

三大キャリアの携帯電話を契約した場合は家に書類などが届いてしまうため、それを妻にみられて怪しまれる……といった心配もありますが、店頭で契約できる格安SIMであればそういった書類を送らせないこともできますので、その点でも安心です。

ほとんどの格安SIMはカード決済になっていますので、家に請求書が届くこともありません。つまり、安全確実に家族に知られることがなく新しい携帯を契約できるのです。

具体的な契約プラン

格安SIM会社はいろいろなものがありますが、ここではFREETELと いう会社をオススメしておきます。データ通信をほぼしない100MBプランであれば月に439円(税抜き)、データ通信を三大キャリアと同程度の5GBま で使ったとしても月に1660円(税抜き)しかかかりませんし、LINEだけでは100MBを使い切るのも大変なくらいですからほとんどは500円で収まることでしょう。

こちらの会社はヨドバシカメラで店頭契約・即日契約が出来ますので簡単に始めることができるのもいいですね。通信販売での契約ですとどうしても書類が家に届いてしまうというリスクがありますから。

月額以外にかかる費用としては、契約時の手数料として3000円(税抜き)と、携帯電話本体の代金がかかってきます。もし、昔つかっていて今は使っていない古い携帯があるのでしたら、それを流用すれば0円ですから非常にお得です。

LINE 専用ということであれば画面だって小さくていいですし、性能だって型落ちの古いやつで十分なくらいです。もし手持ちにそういった古い携帯がなかったとして も、いまは中古ショップやヤフオクなどで3000円~5000円も出せばLINE専用機として十分な働きをしてくれる携帯電話を手に入れることができま す。

ちなみに、中古の携帯でなくてもFREETELでは9980円(税抜き)で買える新品 のシンプルなスマホ、Priori2も販売しています。これと初期手数料を合わせても13000円程度ですし、かかる費用もそこから月に500円だけです から、これから不倫をはじめてみたい、もしくはこれを機に不倫に安全な環境を築きたい、という人には非常にオススメです。

LINE専用携帯は家に持ち帰らない

そしてこうして契約したLINE専用携帯は、絶対に家に持ち帰ってはいけません。なにしろ、家に持ち帰ってその携帯を見られてしまえば確実に怪しまれてしまいますからね。わたしは会社のデスクにずっとしまっていますし、そこから動かすことはほとんどありません。

あったとしても会社から出て、そのあと会社に戻ることがわかっている場合だけですね。別に会社じゃなくても、どこに保管しておくかは自由ですが、肝心なのは家に持ち帰らない、ということです。

なにせ不倫がバレるきっかけとしてLINEなりメールなり通話履歴なりといった「携帯電話に残る証拠」を見られてしまう、というのは非常に多いケースです。 いまや携帯電話は日常生活においても、不倫生活においても便利で必需品になっていますが、だからこそ証拠のカタマリでもあるわけですね。

なのでわたしが奨励したいのは、日常生活でつかうホワイトな携帯と、不倫生活でつかうブラックな携帯を完全に分けてしまうことです。多くの人はこれを一緒にして グレーな携帯としてつかってしまい、さらにそれを妻がその気になればいつでもチェックできてしまうような状況においているからこそ、危険なわけですね。

このホワイト携帯とブラック携帯の使い分けは非常にメリットが有ります。ホワイト携帯をもしチェックされても証拠が全く出ないという安心感にくわえて、ホワイト携帯に対してパスコードロックを結婚記念日の日付にしておき、それを妻に教えておくというテクニックがあります。

人間というのは不思議なもので、隠されていたり保護されていたりすると、それを見たくなってしまいますし怪しんでしまうものなのですが、逆にオープンにされているとあまり興味を示さなくなってしまう、という心理があります。

あえて隠さないという心理テクニック

こういう話をご存知でしょうか?さかのぼること8年前、江東マンション神隠し殺人事件というものがあったのを覚えているかたも多いかと思います。

2008年4月18日(金曜)の夜、会社員の女性(当時23歳、以降被害者女性)が東京都江東区潮見二丁目の自宅マンションから忽然と消え、親族から捜索願いが出される。最上階の自室の玄関に少量の血痕が残った状態であったことに加え、マンションに設置された監視カメラの記録に、被害者女性がマンション建物から外出した形跡がないことから、「神隠し事件」として、マスメディア各社がトップニュースで報じた。また、同マンションは当時3分の1近くが空室であり、被害者女性宅の両隣は空室であった。

警視庁は、マンション住民全員から事情聴取、任意での指紋採取、家宅捜索を行った。事件発生から約1ヶ月後の同年5月25日、被害者女性宅の2つ隣の部屋に住む派遣社員の男(当時33歳、以降加害者男)を住居侵入容疑で逮捕した。その後の捜査で、加害者男は死体損壊、遺棄の疑いで再逮捕(同年6月13日)、殺人容疑で再逮捕(同年6月25日)されている。

逮捕後、加害者男からの供述により事件の全貌が明らかとなった。

江東マンション神隠し殺人事件

被害者の隣人が猟奇殺人犯であったことから世間でもだいぶ話題になった事件です。ただ、多くの人が疑問におもったのが、なぜ犯人がそんなに近くにいるのに逮捕まで1ヶ月もかかったのか?という部分だと思います。実はこれには犯人の大胆な心理作戦があったのです。

当然、マンション内に出入りがなかったことからマンション内の住人が疑われることになり、事件から翌日という早い段階で同じマンションの住人の部屋はすべて任意で家宅捜索されています。

任意とはいうものの、そこで拒否をすればわたしが犯人ですと自白するようなものですから、当然この犯人も家宅捜索を受け入れることになるのですが、実はまだこの時、部屋の中には被害者の遺体が残っており、その一部はダンボールに隠されていたそうです。

普通に家宅捜索を受ければまず見つかってしまうようなずさんな隠し方ですが、犯人は驚くべき方法でこれを乗り越えます。それは、事件とは関係のないダンボールをまず調べさせたのち、自ら「このダンボールも調べますか?」と遺体が隠されたダンボールの中身確認を捜査員にうながした、という方法です。

実に大胆かつ巧妙な手法でした。事件の翌日ということもあり、まだ犯人の目星もついてない状況ですから、捜査員も適当とまではいいませんが、どこか気の緩みがあったのかもしれません。さっき調べたダンボールにはなにもなかったし、やましいものがあるなら自分から調べてくださいなんていわないだろう、という心理作戦にまんまと引っ掛かり、それを見逃してしまう……という事があったのです。

もしここで「じゃあそのダンボールも調べましょう」となっていれば、事件の翌日に逮捕というスピード解決になっていたわけですからね。これに関しては犯人が一枚上手だったと言わざるをえないでしょう。もっとも、最終的には逮捕されて今も無期懲役で服役中です。

不倫と殺人事件を並べてしまうのはいささか不謹慎かもしれませんが、たとえ捜査のプロであったとしてもオープンにされたものに対しては「やましいものなら隠すだろうし、オープンにしてるんだから別に大丈夫だろう」という油断ともいえる心理が働いてしまうわけですね。

やましい不安を抱えていると、必ずバレてしまいます

不倫がバレるきっかけというのはなにも携帯電話からの物理的な証拠だけではありません。その多くは夫が挙動不審になりはじめたから、というきっかけがなにかしらあってから、疑い始めた結果として決定的な証拠である携帯電話を調べようとする、という流れがあります。

たとえば携帯の着信があったとしてもその場で見ようともしなかったり、妻が携帯をさわることを異常に嫌がったり、家にいる時でさえずっとサイレントモードにしている、普段は買ってこないようなおみやげを頻繁に買ってくる……などなど、不倫がバレてしまうのを恐れた余り過剰に反応したことが、結果として怪しまれてしまうというわけです。

しかし、ホワイト携帯とブラック携帯の使い分けであればこのような事態はいっさい起こりません。なにせ、ホワイト携帯の方を調べられてもなんの証拠も出ないわけですし、パスコードを共有すること(ふたりの結婚記念日というのもポイントです)で「この人はわたしに何も隠し事が無いんだな」という安心感を与えることで、不倫しているかも?とそもそも思わせないという効果があります。

不倫がばれない対策として一番大事なのは、この「嫁を疑心暗鬼にさせない」というものがありますからね。その多くはグレーな携帯をもつ不安からくる言動なのですから、ブラック携帯を家に持ち込まないことでそういった挙動不審になる要素を一切排除できるのは大きなメリットと言えるでしょう。

今回のベッキー事件をうけて、挙動不審になってしまって過剰反応をしてしまい、結果として不倫がバレてしまった……という二次被害をこうむっている男性も多いかもしれません。皆さんはぜひ、不倫をはじめるにあたってこのLINE専用機をもつことをおすすめします。

オススメの出会い系サイト
人妻とつながるオススメの出会い系サイト

あなたがセックスをしたいなら、どんなに努力をしてでも人妻セフレを作るべきです。

考えてみてください。一度、人妻のセックスフレンドを作ってしまえば、その後、何度も何度も何度もセックスできるんです。

これまで大量に人妻と出会ってきたわたしがオススメする出会い系サイトを紹介します。

02 人妻出会いの心がまえ
人妻とつながる不倫クラブ