出会い系サイトでセックスできる人妻を探している男って最高に気持ち悪いですよね

出会い系サイトでセックスできる人妻を探している男って最高に気持ち悪いですよね

出会い系サイトでセックスできる人妻を探している男って最高に気持ち悪いですよね。

わたしは、出会い系サイトで出会った人妻と、何人もセックスを楽しんでいます。最高に気持ち悪いですね。

でも、わたしが出会い系サイトで人妻漁りをしていることは、だれも知らないんです。

だから、どんなに気持ち悪くても結構。

これが、職場に来ているパートの人妻に手を出したりしたら、どんな噂が立つかわかりませんね。

あるいは、リアルな人間関係での人妻に手を出したら、そのあとどのようなトラブルがあるかわかりません。

でも、出会い系サイトだったら、フリーメールアドレスだけ教えておいて、あとはやばくなったらばっくれればいいんです。

これは夢のようなシステムですよね。

ぜひとも、みなさまも、絶対にリアルな知り合いの人妻とセックスしようなんて思わないでください。

出会い系サイトで、必死に人妻を漁ってセックスしてください。

すごい上玉の人妻とセックスした次の日なんて、会社で言いふらしたいなって思うこともあるんですけど、そこはグッとこらえることにしています。

それだけが残念でなりません。

不倫をするなんてのはクソ野郎

だいたい、基本的に、不倫をするなんてのはクソ野郎のすることです

はい、わたしはクソ野郎です!(挨拶)

でも当然みなさんその自覚があってこそ不倫をしているわけですよね? 自分を聖人君子だと思っているような人はそもそもこんなサイトを見ないですからね(笑)でも、今の時代に自分の欲望に素直になってクソ野郎なことをして楽しめるのって実はすごく貴重で、大事なことだと思うんです。

不倫ってのは悪いことです。文字通り、倫理から外れた行為。つまりケモノじみた行為というわけですね。じゃあ、なんでそれがここまで横行しているのか?といえば、それは不倫はとっても楽しくてとっても気持ちが良いものだからです。

むかし、石田純一が「不倫は文化」といって大バッシングを受けました。でも、その中で石を投げるに値した聖人君子はどれほどいたことでしょうか。そもそもの話になりますが、実はこの有名な言葉ってマスコミが悪意を持って抽出して作り上げた言葉だったと、今ではいわれています。

本来いった言葉は「文化や芸術といったものが不倫から生まれることもある」と発言していたそうです。これではまったくもってニュアンスが変わってきますよね。前者では不倫そのものが文化であるという意味なのに対し、後者では文化は不倫から生まれることもある、という意味です。

事実、歴史に名を残すような芸術家や音楽家、哲学者などは多くの場合ろくな女性関係をもっていません。特に有名なのはピカソでしょうか。あの前衛的でエキセントリックな画風からは考えられないほど、俗っぽくてドロドロとした女性関係をもっていました。

妻がいるのに若い女に手を出すのは当たり前。生涯で2度結婚し4人の子供がいるそうですが、うち2人は婚姻関係を結んでいない女性との子供です。最後の結婚なんかは79歳の時にしていますから…。実にエネルギッシュで、男としては見習いたい限りです。

また、英雄色を好むという言葉もあります。浮気は男の甲斐性、なんてのも。つまりは妻を持ちながら他に女を持てるというのは、余裕があり選ばれし人にしか出来ない行為というわけです。まあ、あれこれと御託(いいわけ)を並べてみましたが…男として生まれたからには、不倫くらいしてみろよ!!

なぜ不倫ってこんなに楽しくて気持ちがいいの?

実は不倫が楽しくて気持ちがよくてやめられないのにはきちんとした科学的根拠があります。それを探るキーワードは優越感背徳感にあります。

優越感って気持ちが良いですよね。明らかに相手より上であると感じるとき、見下せる相手がいるというのは実に爽快です。不倫関係というのは、実にダイレクトにこの気持ちを味わえます。

なんせ、既婚者と不倫関係になるということは、現在の配偶者よりも自分のほうが魅力的ですよ、ということを間接的に伝えられているわけですね。それは男にとっても女にとっても同じ。特に女性はこれを強く感じるのではないでしょうか。

男としても、不倫相手の配偶者が大企業の会社役員だったり医者や弁護士などの社会的地位の高い人物だと、余計に燃えてきますよね。ある種のルサンチマンといいますか……ごくごく普通でどこにでもいるようなサラリーマンの自分としては、そういった人の妻をセックスでめちゃくちゃにヨガらせてやるのが最高に気分がイイです。チンポに直接感じる快感よりも、そちらの優越感から脳にくる快感のほうが癖になっているんでしょうね。実際、そういう男性は仕事が忙しくて家庭を疎かにしがちです。そうして寂しくなった女性はどうなるかといえば…出会い系に走るわけですね。なので旦那の仕事を聞いたら意外とこういう社会的地位の高い人物が多かったりするんです。

そういう時にするセックスは、必ず旦那と自分を比較させます。旦那と比べてどうだ?どっちのほうが気持ちがいいんだ?と。当然ながら旦那とはもう関係は破綻していますので、自分を選んでくれますし、どれだけ気持ちが良いかを具体的に喋らせます。自分で書いててクズでゲスだなあ…とは思いますが、実際そうなんですから仕方ないですね(笑)

ただ、優越感と同時に背徳感も感じているわけです。昼間は普通にいい奥さんとして家事や子育てをこなして、きっと良きママとして子供から慕われているだろうに…。なんてふと思っちゃうわけですね。でもその良きママは嬉しそうに自分のチンポにむしゃぶりついているわけなんですよ。ごめんなぁ…ユウトくん(勝手につけた想像の名前)ごめんなぁ……、と思いながらイラマチオさせるのは本当に大好きすぎて何度も楽しんでいます!

このように、不倫セックスではノーマルなセックスでは味わえない精神的なスパイスがとても大事になってきます。風俗でどんなに若くて可愛くてスタイルのいい子とセックスしても、こういう脳の中に手を突っ込まれて木の実を握ったばかりに手が抜けなくなってしまった猿が力の限りに抜こうとしてガッタガタにかき回されるような体の芯からくる暴力的な快楽ってのは絶対に味わえないんですよ。不倫セックスというのは完全に麻薬だと思っています。一度不倫をしてしまった人は何度も繰り返してしまうのは、そのせいなんでしょうね……。

自分もクソですけど、相手だってクソ野郎なんです

誤解してはいけないのは、自分だけがクソ野郎ではないということです。そもそも、人妻なのに出会い系に登録している時点でとんでもないクッソ野郎だと思いませんか?そんなやつらが「いきなりメールアドレスを訪ねてくるなんて失礼ですよ!」なんて言ってるんですから鼻で笑っちゃいますよね。お前みたいなクソにそんな常識を語る権利はないんだぞ、と。

まあ、それを表に出しちゃうとさすがに誰とも会えないのでそこはおとなしくしていますが…(笑)本音のところとしては、ずっとそう考えています。ぼくも最初はすごく丁寧に、常識的に出会い系を利用していたんです。はじめまして^^なんてちゃんと挨拶したりね。顔文字をつかうと印象が柔らかくなるゾ!なんていう記事を見て律儀に使っていたものです。今じゃ一切使いませんが。

それでどうなったかといえば、出会い系の女性に嫌われたり拒否されることについてどうとも思わなくなりました。強がりでもなんでもなくて、ほんとになんとも感じないんです。だって相手は会ってもいないクソ野郎だし、お前の代わりはいくらでもいるんですから。そいつに嫌われたら他の女にいけばいいだけなんです。どうせ二度と会わないどころか一度も会ってないわけですし、すぐに忘れますからね。

出会い系に慣れていない初心者の人っていうのは、まずここで躓いてしまう気がします。相手に嫌われたり拒否されることを極端に怖がるわけですね。まあこれは実に日本人的な思考といいますか…失敗すること、恥をかくことに対して異常までに恐れを抱くという国民性もあるんだと思います。

でも、出会い系ではそんなことは忘れてください。メールをしている段階では、相手のことは生身の人間だなんて思わないでください。ただの活字です。生身の人間だと感じるのは実際に会ってからで十分です。

そういう思考回路ができるようになると、とても大胆に動くことが出来るようになります。わたしのやり方としては街頭のティッシュ配りに近いでしょうか。あれって、長年疑問に思っていたんですよ。あんなの配って意味あんの?と。あんなのに電話したりするやつ誰も居ないだろ…と。

でも、当然いるからこそティッシュ配りがなくならないわけなんです。割合はわかりませんが、おそらく100人に配ったとして1人に反応があれば儲け、みたいな感じなのでしょう。わたしがとっている方法もそれに近いです。

出会い系で不倫奥様にメールしてセックスに至るまでの手順を公開

まずは適当にコピペ8割、付け足し2割の手抜きメールを何人かに送ります。そして反応があった人にだけ返事をします。その時点で反応がこないようであれば、もう誰に送ったかなんてのは覚えていません。どうでもいいので(笑)

で、その返事も自己紹介はきっちりとします。そこだけはきっちりと力を入れてやります。で、適当に話を合わせて相手のことを褒めて、相手の話に共感してあげたら、もうさっさとメールアドレスの交換をもちかけます。

そこでシブったり断るようならもうその時点でハイ次~。という感じですね。交換できたらくだらない話を聞いてあげつつ、頃合いを見て会う日程を決める話にはいります。ここも会うことをしぶるようならアドレスを交換できていたとしてもあっさり諦めます。

今の時代、アドレス交換なんて特別なことじゃないですからね。LINEっていう便利なツールもありますし。自分は相手のメールアドレスがほしいのではなくて、会ってセックスできる相手がほしいわけなんですよ。メールやLINEなんてのはあくまでも手段であって目的ではないのですから。

まあ、既婚女性なのに出会い系に登録してる時点でセックスに飢えているのは確定なので、会う約束をとりつけられたらそれはもうほぼセックス確定みたいなものです。あとは押せるかどうか、もしくは押す価値があるかどうかの違いだけですね。

ちなみに写メをもらっていたとしても、まったく参考にはならないのでご注意ください。特にプリクラなんてのはネコの鼻クソより価値がありません。写メを見て期待していったらモンスターが!なんてのは誰しもが通る道ですからね。わたしは出会い系を始めてから女に対する下限のハードルがだいぶ下がりましたよ(笑)ブスでもいい体をしてればバックでハメるなり、目隠しプレイと称して顔を隠してしまえばまあなんとかなりますからね。ただデブだけは絶対にNGですが!

そういう地雷を避けるためにも、不安であれば最初に会う予定は1時間程度お茶するくらいの予定を立てておきましょう。最悪のケースでも1時間我慢すればいいわけですからね。わたしくらいになると、もう何分後に着信音を鳴らすアプリ、みたいなものを予め仕込んでおいて、これは無理だわーと思った場合はさも急用の電話がかかってきた、みたいな芝居をしてさっさと切り抜けます。時間の無駄ですし、どうせ二度と会うこともないですし。不倫をするようなクソ女に迷惑をかけても、心は痛みませんからね。

とはいえ…自分は出会い系で不倫セックスをしすぎて、だいぶ荒んでしまっているという自覚はあります(笑)こうも簡単に人妻と不倫セックスできてしまうと、なんだかありがたみもなくなってきますしリスペクトもなくなってきてしまうんですよね。学生時代にバンドをしていた友人がファンの女の子を取っ替え引っ替え食い散らかしていて、女の子を完全にモノ扱いしていたときは、なんて野郎だ!(うらやましい!)こんな人間になったらおしまいだな!(なりたい!)と妬みと憤りを感じていたものですが、今ではその彼の気持ちもよくわかります。みなさんはクソ野郎といえど、そこそこのクソ野郎程度にとどまっていてくださいね!わたしのように汚れきってしまってはダメですよ!

 

オススメの出会い系サイト
人妻とつながるオススメの出会い系サイト

あなたがセックスをしたいなら、どんなに努力をしてでも人妻セフレを作るべきです。

考えてみてください。一度、人妻のセックスフレンドを作ってしまえば、その後、何度も何度も何度もセックスできるんです。

これまで大量に人妻と出会ってきたわたしがオススメする出会い系サイトを紹介します。

02 人妻出会いの心がまえ
人妻とつながる不倫クラブ