にっかつロマンポルノに学ぶ人妻攻略

にっかつのロマンポルノが28年ぶりに製作され、話題を集めています。

社名を漢字の日活からひらがなのにっかつに変え、セクシー映画に路線を切り替えてから、今年でちょうど45周年となることを記念してのことだそうです。

にっかつが一時代を築いた、いわゆるにっかつロマンポルノの記念すべき第一弾は、「団地妻 昼下がりの情事」という作品でした。1971年のことになります。

21b7e8rqH3L

都内近郊の団地の朝。今朝も律子は充たされぬまま夫良平を送り出した。隣室の陽子は、夫が海外出張していることをさいわいに、趣味と実益をかねた様な人妻たちの売春の仲介をして、高価なダイヤや衣裳で自分の虚栄心を充たそうとしていた。そして、秘かに律子を自分の仲間に引き入れようとしていた。夫の出勤中、友人の桐村から電話がかかってきた。それは充たされぬ人妻律子の転落を暗示する様なベルの響きだった。律子はプレイボーイ桐村の刺激的な言葉に誘惑されるまま肉体をゆだねた。

団地妻 昼下りの情事 – 作品情報・映画レビュー -KINENOTE(キネノート)

この作品では、団地に暮らす平凡な中高年の主婦が、退屈な毎日に欲求不満を覚え、浮気を繰り返す姿が描かれています。

映画ですからそれだけでは見せ場がないので、主婦は浮気をネタに売春組織に引きずり込まれ、最後は身の破滅を迎えてエンディングとなっています。

現在のアダルトビデオとは異なり、映画会社が製作しているだけに、作りがしっかりしていることもあり、見直すと当時の団地の暮らしぶりがうかがえて興味深いものがあります。

また、当時は中高年の主婦を熟女と言ったりする風潮はなかったと見え、年増のオバサンといった感じでとらえていたりするなど、興味は尽きません。

そして、この団地妻はその後シリーズ化され、多くのポルノ女優さんが浮気に精を出す主婦の役を演じていきます。

どの作品でも、浮気相手との出会いのプロセスなども丹念に描かれています。

そのことから、主婦が浮気をするということが、それだけでセンセーショナルであったともいえますし、何より相手を探し出すことに苦労していた様もうかがえます。

こうした半世紀近く前の古い映画を見て思うことは、オバサンが熟女と呼ばれるようになっても、人妻の生態はほとんど変わっていないことです。

そしてなにより、出会い系サイトのある現在がどれだけ恵まれた時代であるかということです。

団地妻を狙え

大きな団地やマンションでは、一戸建て住宅とは異なり、隣に誰が住んでいるのか分からないことさえあります。それだけ地域との関わりが希薄であることは逆に、プライバシーが高いことを意味します。

浮気や不倫をするにはまず、プライバシーが確保されていることが前提です。四六時中近所の人間に見張られているような暮らしでは、浮気もろくろくしにくくなって来ます。

その意味で戸建住宅が密集したエリアに住む主婦より、団地やマンション住まいの人妻は、俄然不倫がしやすいといえます。

旦那さえ留守であれば、いつでも好きな時間に外出できることは、とかく会う時間の確保が難しい人妻との密会を、少しでも楽にしてくれます。

浮気がばれる様なことは絶対にしないと誓う

映画では、主婦が浮気をネタに脅され売春組織に引きずり込まれますが、言いなりになるのは旦那に浮気をばらされたくない一心からです。

売春組織はともかく、浮気が旦那にばれることを極度に警戒する心理は、今も昔も変わっていません。

誇張ではあるにせよ、旦那に浮気がばれるくらいなら、いっそのことむしろ売春組織に売られた方がましだと考えるほど、人妻は浮気の発覚を恐れているということです。

とかくまだ家庭を持たない独身の方が人妻に手を出そうとしている場合、このことは肝に銘じておく必要があります。でないと人妻は動いてくれません。

逆に言えば、どんなことがあっても、浮気や不倫が旦那にばれるような行動は絶対にしないという安心感を与えられれば、出会い系サイトにいる人妻は簡単に誘えます。

人妻にはオナニーをさせない

旦那が出勤したあと団地の一室で主婦は、タンスに背中をもたれたまま股を開いてオナニーを始めます。

45年前のバイブレーターにもイボイボが付いていて、今でも使われていそうな代物です。

しかし、バイブレーターを股間に圧し当ててオナニーをしても、欲求不満は解消されません。

それで主婦は浮気を考え出すわけです。

出会い系サイトに登録している人妻も同じです。バイブレーターでは欲求不満が解消できないから、会員登録をしているわけです。

ですから、こうした肉欲的な欲求不満状態の人妻には、わたしと知り合ったらオナニーもバイブレーターも必要ないよと思わせてあげることが効果的なのです。

はっきりと、オレならオナニーなんか絶対にさせない!と宣言してもいいでしょう。セックスに強いことをアピールすると人妻は内心ほくそえみます。

出会い系サイトに登録している人妻にとって、出て来る男がセックスに強いことは必須条件だからです。

人妻に危害は加えない

危害とは、売春組織に売りさばくとか、そういうことではありません。絶対に妊娠をさせない、性病を移さないということです。

アダルトビデオの影響で、中出ししなければ大丈夫だと勘違いされている方も少なくないようですが、先走り汁にも精子が含まれていますから妊娠します。

万が一妊娠しても、人妻が中絶しに行くことだから関係ないという無責任な考えはまずいです。中絶は診療行為ではないため保険が効きません。

費用は全額負担になり、経済的にも身体にもダメージが加わります。そのためスキンを使用することは必須なのです。

また、遊びなれた人妻の場合、それとなく肌がキレイ?などと聞いてくることもあります。

肌はキレイであるに越したことはありませんが、こればかりは生まれ付いてのものでもありますから、聞かれた場合少なくとも不潔ではないことを伝えておきます。

なんにせよ人妻も全てをさらけ出そうとしているわけですから、安全確認は怠りません。それに対しては、出来るだけ丁寧に答えてあげることで、印象度は上がります。

人妻との待ち合わせは昼下がり

映画のタイトルにもなった「昼下がりの情事」は、人妻にとって浮気をしやすい時間帯が半世紀前から昼下がりであることを教えてくれます。

もっとも、旦那が仕事でいない時間帯は、こちらも通常では仕事をしている時間帯となるわけですから、時間の捻出は簡単ではありません。

ただ、このことはライバルにとっても同じです。なかなか昼間の時間は取りにくいものです。

それだけに、昼下がりの時間帯に会うことが出来る、というだけで人妻に対して大きな得点になります。

有給なり、昼休みに絡めて会う時間を取るようにすれば、ライバルに差を付けることが出来ます。

美味しい思いをするためには、そうした努力も必須です。

浮気しても破滅はしない

映画では浮気の代償として、最後は身を破滅させますが、現実の浮気では絶対に破滅はあってはならないことです。

旦那に浮気がばれることを極度に警戒する人妻のことですから、破滅など考えてもいません。ありえないことです。

つまり、人妻が浮気相手に望んでいることは、人妻を好きにならない、本気にはならないということです。

そのため人妻は、気軽で会いやすそうでも、独身よりは既婚者を選ぶ傾向があります。

ただ、問題は本気にならないこと、身の破滅を招かないことが肝要なわけですから、そうした人妻に対しては、独身であっても既婚者であると偽る程度のことは許されると思います。

半世紀近く前、記念すべきロマンポルノの第一作に取り上げられた団地妻を手に入れることは、実際には非常に難易度が高く、よしんば夢が叶えられても破滅の危険と背中合わせであったのかもしれません。

出会い系サイトが普及した現在、禁断の人妻と出会うことは誰でも簡単に出来るようになりました。ロマンポルノ復活の年に改めて出会い系サイトの恩恵を見直してみてはいかがでしょうか。

オススメの出会い系サイト
人妻とつながるオススメの出会い系サイト

あなたがセックスをしたいなら、どんなに努力をしてでも人妻セフレを作るべきです。

考えてみてください。一度、人妻のセックスフレンドを作ってしまえば、その後、何度も何度も何度もセックスできるんです。

これまで大量に人妻と出会ってきたわたしがオススメする出会い系サイトを紹介します。

05 人妻デート06 人妻会話のコツ
人妻とつながる不倫クラブ