出会い系サイトにいるサラリーマンの人妻は落とされるために登録している

出会い系サイトにいるサラリーマンの人妻は落とされるために登録している独身の方には、そもそもなぜ人妻が出会い系サイトに登録しているのか、そこから理解しにくいこともあるでしょうから、ご説明したいと思います。

まず、結婚して一つ屋根の下で暮らしていても、必ずしもセックスをするわけではありません。

それでは、そうした夫婦は全然他人同士なのかといえばそんなことはなく、見た目はどこにでもいる当たり前の家族であり、仲の良い夫婦らしさもしっかり保たれています。少なくとも傍目からはそうとしか見えないように装われています。

とっくに夫婦生活が破綻しているような人妻でも、実生活でそれを垣間見せるようなことはしません。親しい人にさえ、そうした込み入った話は、滅多にするものではありません。

それだけに、セックスレス人妻のフラストレーションは、人知れずとても高いのです。

結婚生活によって、身体は開発されているだけに、満たされない淋しさは独身時代よりむしろ大きいとさえいえます。

そうした淋しい人妻が、わたし生活では絶対に見せない本音を吐露する場所、それが出会い系サイトなのです。人妻でありながら出会い系サイトに登録をするゆえんです。

サラリーマンの奥さんが狙い目

出会い系サイトにいるサラリーマンの人妻は落とされるために登録している人妻であるからには旦那がいます。当たり前ですね。

出会い系サイトを使って浮気をしている人妻の旦那の職業は、サラリーマンが圧倒的に多いんですね。

逆に、自営業者の人妻は、全くというわけではありませんが、少ない感じ。

人妻は平然と、「亭主元気で留守がいい」などととうそぶきますが、自営業者の場合、自宅を仕事場としていればもとより、仕事場を別にしていても、奥さんを従業員同然の扱いにしていたりして、あまり離れる機会が多くないため、浮気しにくい事情もあります。

ただ、自営業者だから夜の生活もばっちりと言うわけではない以上、自営業者の奥さんとやることが全く不可能というわけではありませんし、現に旦那が自営業をしている奥さんで、出会い系サイトに登録しているケースもないわけではありません。

しかし、一般的には落ち合う時間を見つけるのがサラリーマンの奥さんほど簡単ではありませんので、時間に融通を付けにくい方であれば、自営業の奥さんを狙うのはあまりお勧めしません。

やはりなんといってもやりやすいのはサラリーマンの奥さんになります。

人妻は単調な暮らしに退屈している

公務員や一定規模の企業に勤める会社員を旦那に持った人妻はまず、生活が安定しています。

その安定した生活は、旦那の給料によって保証されているわけですが、旦那が会社でどんな働きをしているかまで、人妻は知りません。

月に1回渡される給与と、年に2回渡される賞与にありがたみを感じても、毎日働きに出ている旦那にさしてありがたみも感じなくなり、労働を当然のことと受け止めがちです。

安定した生活が送れるのも、旦那いればこそとの認識はあるにしても、そのことが日常の中で当たり前になってくると、生活が安定的であるがゆえにそのことのありがたみが薄れちゃうんですね。

このあたり、毎日旦那の苦労を見ている自営業者の人妻とは、いささか異なる点です。

とにもかくにもサラリーマンの人妻が、毎日旦那を送り出す生活は、送り出した後がいささか単調です。さらにその旦那とは夜の生活もご無沙汰となれば……。

人妻は単調さを破る言葉を待っている

もはや夜の生活は終わり、身体を持て余していて、旦那は毎日決まった時間にいなくなり、出て行く旦那にありがたみを感じながらも、「亭主元気で留守がいい」と自分に言い聞かせている人妻。

こうした人妻は家庭の数だけいるといっても過言ではありません。

その中で、出会い系サイトに登録をしている人妻が待ち望んでいるのは、この人なら単調な日常をぶち破ってくれそうだと感じられるインパクトある言葉なのです。

メールは、まず言葉ありきです。

サラリーマン系の人妻が置かれている状況は似たり寄ったりのものですから、後はそれぞれの人妻にフィットした斬新な台詞でメール攻撃を仕掛けてあげれば、落ちない人妻の方が少ないくらいです。

逆に言えば、出会い系サイトにいるサラリーマンの人妻は落とされるために登録しているわけですから、これを落とさない手はないといえます。

サラリーマンの人妻は落としやすい

出会い系サイトにいるサラリーマンの人妻は落とされるために登録しているサラリーマンの人妻は、自営業者の人妻よりもずっと狙いやすいんです。

それは、旦那のいなくなる時間が決まっているから

旦那がいなくなる時間は言うまでもなく、勤務時間帯と前後の通勤時間ですから、昼下がりはちょうどその真ん中、人妻たちにすれば旦那の出勤帰宅からもっとも離れられる時間帯です。

午前中に洗濯などの家事を済ませ、夕方に食事の買い物をするのが人妻の一般的な生活パターンですから、昼下がりはちょうどその合間の空白地帯ともいえますが、加えて旦那の出勤帰宅からもっとも離れていることから来る、心理的に安心して浮気ができる時間帯でもあるわけですね。

小説や映画のタイトルにもなった「昼下がりの情事」は人妻との浮気・不倫に欠くことのできない黄金パターンであることは今も変わりません。

昼下がりにメールを送る

出会い系サイトにいるサラリーマンの人妻は落とされるために登録している人妻、とりわけ専業主婦の昼下がりは、家事は終わり買い物にはまだ早い暇な時間帯、けだるい時間帯ともいえます。物憂い午後のひと時は誰しも退屈を覚えやすい時刻でもあります。

そんな時に来るメールは嬉しいものですね。チャットならなおいいかもしれません。

しかし、昼一番仕事を再開する身としては、さすがにチャットまでは出来ませんし、メールを書くことも簡単なことではありません。

そこで、前もってメールを書いておき、この時間帯に送信するようにしておけば、点数を稼げます。なにしろ相手は暇なわけですから、少し長めのメールを送りつけておくのがコツです。

暇を持て余しているとき長めのメールを受け取って喜んだ人妻が、せっせと返事を書き出す姿を想像しながら仕事をするのも、それはそれで乙なものです。

相手は暇なので喜んで返事を書いてきます。

メールの中からシグナルを読み取る

暇だから書く人妻からのメールの中身は、ともすれば長いだけで内容がないことも少なくありません。

しかし、ここで面倒だなといって人妻からの駄文に思えるようなメールを捨て置いてはいけません。

出会い系にいる人妻が書いてくるメールの中には、必ず何かしらのシグナルが含まれているものだからです。

返信の中には日々の欲求不満が隠されています。それは日常の代わり映えしない生活であったり、旦那に対するものであったり、あるいは構ってくれる相手のいない淋しさであったり、いろいろです。

まずは、そうしたシグナルを、人妻の駄文の中から探し出してあげることです。

メールで心の隙間を埋める

退屈な昼下がりにメールをもらって歓喜している人妻が、心を躍らせながら返信してきたメールを精査し、何に欲求不満をいらつかせているのかを探し出したら、後は心の隙間を埋めてあげる作業です。

出会い系に欲求不満解消を求める人妻の心理は、

  • 構ってくれる人が欲しい
  • もう一度女として見られたい
  • 旦那は相手にしてくれず淋しい

などに分類されます。

したがって、人妻の心の隙間を埋めていくには、まず何をおいても構ってあげることです。

これについては先ほどの、一番暇な昼下がりに送信するメールがその役目を果たします。

次に女として扱ってあげることです。妻、主婦、場合によっては母である前に、一人の女として扱ってあげるだけで、人妻の気持ちをぐっと引き寄せることが出来るようになります。

そして最後は、あっちのお悩みを聞いてあげます。その時、たいていの人妻は旦那を責めると同時に、自分にも問題があるのではないかと考えています。久しく夜の生活が途切れたことで、女としての自信を失っているわけです。

ここをケアしていきます。おだててすかして、少しずつ女としての自信を取り戻させ、その気にさせれば、会うまでにそれほど時間はかかりません。

夜しかメールをできない人妻の場合

夜しかメールできない人でも人妻を狙えます!

専業主婦をしている人妻のゴールデンアワーは通常、昼下がりが多いといわれています。だいたいの主婦は、旦那を送り出した後、洗濯をしたり買い物をしたり、あらかたの家事を済ませてほっと出来る時間が、昼食後のひと時だということですね。

夕方になると晩ご飯の支度が始まり、実際に家族の帰宅を待って夕食の時間となり、食器の後片付けなどが済むとお風呂に入ったりして、それから家族団欒の時間を過ごすといった感じでしょうか。

ホームドラマに描かれるような生活ですね。そうした生活を送りながら出会い系サイトに登録をしている人妻もたくさんいますから、人妻が出会い系で知り合った男とメールをしたり、実際に会ってみたりするのは昼下がりということになります。

しかし、こうした生活を送っていない人妻もたくさんいます。どちらかというと、出会い系サイトにいる人妻は、こうした絵に描いたような家庭生活とは少し違う生活を送っているケースが多いかもしれません。

だから出会い系サイトに登録をしているのだと考えるのは早計かもしれませんが、昼間のみならず、夜間はおろか深夜になっても、メールやチャットに対応できる人妻は、出会い系サイトではそれほど珍しくありません。

ですから、人妻攻略は昼下がりに自由に出来る時間を持っていなければ出来ないかというと、そんなことはないということです。夜しか相手を出来ない人でも、専業主婦をしている普通の人妻を落とすことは十分可能です。

昼間の人妻も夜には変わる

では、家族がいながらどうして人妻が夜間や深夜まで出会い系サイトにのめるのかですが、一番多い理由はやはり寂しさですね。深夜まで出会い系にいる人妻は、家族がいてさえ寂しいんです。

昼下がりに出会い系を楽しむ人妻には暇つぶしが理由として多いかもしれませんが、日が暮れて家族が戻って来ていても出会い系にアクセスしてしまう人妻は、寂しさから出会い系に癒しを求めていることが多いようです。

それでは、昼間出会い系にいる人妻と夜間出会い系にいる人妻は別かというと、そういうわけでもないんです。別どころか、同一人物だったりします。

つまり、昼間は暇を持て余して出会い系で時間を潰している人妻が、夜になると癒しを求めて豹変するなんてことはザラにあるということです。

ですから昼間知り合った人妻がなかなかとらえどころがなくても、夜にアクセスすると別人のように開放的になり、刺激を求めた一匹のメスとして誘いをかけて来たりしますから、暇つぶしの相手はポイントの無駄かというとそうとばかりはいえません。

このあたりの見極めは熟練して来てもなかなか難しいわけですが、昼間と夜の違いを見ることは、本心がどこにあるかを探る上でかなり役立つテクニックです。

変化はチャンス

何事も変化にはチャンスが潜んでいるものですが、人妻が昼間の暇つぶしモードから、夜のお誘いモードにあっさり変わってくれれば、これほどありがたいことはありません。

人妻によっては、昼間知り合ったばかりなのに、その日の夜にはさっそく一匹のメスに化身したりする人もいますが、出会い系サイトでもそこまで話の早い人妻に会える確率は、そこまで高くはありません。ただ、確信を持っていえることは、出会い系サイトにいる人妻は、ほぼ間違いなく、そうした変化を見せるときがやってくるということです。

問題はいつその変化が現れるかですが、こればかりはケース・バイ・ケースですので、それを的確に言い当てることは出来ません。

例えて言えば、容器に水滴をしたたらせていくと、あるところで満杯となり、さらに表面が膨張した結果、容器から水が一気にあふれ出る現象が見られますが、人妻の感情が爆発するのもそれに似ていると言うことはいえます。

出会い系サイトにいる人妻も人間です。家族がいるのに、寂しさから癒しを求めて出会い系サイトに登録をしている女性たちです。

変化を促すものが必ずしも刺激に満ちた、非日常を匂わせる文言とばかりは限りません。

ごく当たり前の対応をすることが、人妻に変化を促す結果になることも少なくありません。

そのさいたるものが度重なる温情の累積です。実はこれを一番欲しているのが、他ならぬ出会い系サイトにいる人妻なのかもしれません。

出会い系サイトにいる人妻が欲しているのは、人間的な温かさであり、人肌です。出会い系ですから、結果としてセックスが付いてくるわけですが、しかし逆ではないのです。

ここを押さえて行くと、出会い系サイトにいる人妻は全部食べられます!

オススメの出会い系サイト
人妻とつながるオススメの出会い系サイト

あなたがセックスをしたいなら、どんなに努力をしてでも人妻セフレを作るべきです。

考えてみてください。一度、人妻のセックスフレンドを作ってしまえば、その後、何度も何度も何度もセックスできるんです。

これまで大量に人妻と出会ってきたわたしがオススメする出会い系サイトを紹介します。

00 人妻出会いターゲット
人妻とつながる不倫クラブ