夏は人妻出会いが簡単な季節です【夏セックスをしたがる人妻たちの心理】

夏は人妻出会いが簡単な季節です【夏セックスをしたがる人妻たちの心理】1年を通じてもっとも不倫の出会いが増える季節がいつかご存知でしょうか? それはクリスマスがありひと肌恋しくなる冬……と思うかもしれませんが、実はそうではありません。圧倒的と言えるほど、が多いんです。

夏は薄着になって身も心も開放的になるから! なんてそんな安直な……と思うかもしれません。でも、実際そうなんです。夏って浮かれちゃうんですよ。どうしても。ひと夏のアバンチュールなんて言葉がありますが、それをもっとも謳歌しているのは若い女性よりもむしろ熟女や人妻の方が多いことでしょう。

その証拠に、7月辺りから掲示板の投稿数がとても増えているのにお気づきでしょうか? 夏休みに入った女子高生や女子大生たちが投稿している分もありますが、女子小学生や女子中学生を子に持つ親だって投稿しているんです。

遊びほうけている我が子をみて、うらやましい……。なんて思うわけですね。わたしだってまだ女なんだから! と娘に張り合っちゃう母親だっているんです。なんなら母娘丼のチャンスすら……あるかもしれませんよ!

それにお盆の辺りになると、仕事が休みになった旦那が1週間以上も家でダラダラ過ごすわけですね。そんな旦那を見てどう思うでしょうか。仲のいい夫婦であれば二人の時間ができたね、なんて言って楽しい時間を一緒に過ごせるかもしれませんが、今はそんな家庭はむしろ少数派ですからね。

旦那は旦那で嫁に小言や愚痴を言われて気分が悪いし、嫁は嫁で普段は一人でリラックスできていた時間に旦那の面倒を見ないといけなくなりこれもまたストレス。

そんなストレスからお互いに出会い系に走ってしまうわけですね。夏はこのように「出会い系を利用したくなる」要素がいろいろ詰まっているんです。利用する女性が増えるのであれば、それは出会えるチャンスが増えるのと同じこと。夏の出会い系は入れ食い状態! 特に夏はセックスまで持ち込むのが一段と簡単になる季節でもあります!

夏ならではの人妻の落とし方と、出会い系の利用法をここで考えてみたいと思います。

不倫だってかまわない!むしろ不倫がしたい!と意気込む夏の人妻たち

最新のアンケートで驚くべき結果がでていました。それは、不倫をしてでも夏の出会いを楽しみたい!と考えている女性がとても多いというデータです。

彼氏ナシが73%・不倫でもいいので恋をしたい真夏の恋愛大調査!【結果サマリ】
・パートナーがいない人の割合が73%で、62%はパートナーを作りたいと考えている
・出会いを探す手段は、「友人の紹介」が最多。街コン、マッチングサイト、婚活パーティと続く
・不倫について、経験者は全体の73%。「場合によっては仕方ない」「しても問題がない」が65%に
・別れた彼氏からのプレゼントは「使い続ける」が最多

<【もうすぐ夏、あなたの恋愛は…】>の問いについては、「パートナーはいないし、作る予定もない」(11%)、「パートナーはいないが作り たい」(62%)の合計で、パートナーが現在いない方が73%に達しました。一方で、「パートナーはいるが、違うパートナーを見つけたい」が8%と、夏に 新しい出会いを見つけて、乗り換えたい人も一部いることがわかりました。

<【この夏、どうやって出会いを見つける?】>の回答は割れましたが、一番多かったのは、「友人/知人からの紹介を頼る」が24%でした。「合コン」の 11%も含めると、合計35%が友人/知人の紹介に頼っていることがわかります。以下、回答数が多かった順に「街コン」(19%)、「婚活パーティ」 (14%)、「SNSを利用したマッチングサイト」(13%)と続きます。

リアルの場ではない、オンラインでの出会いを探す人が、「SNSを利用したマッチングサイト」と「出会い系サイト」を合わせて16%、残りの84%はリアルの場で出会いを探していることがわかります。

夏は人妻出会いが簡単な季節です【夏セックスをしたがる人妻たちの心理】
http://www.jiji.com/jc/article?k=000000010.000016411&g=prt

データでも証明されてしまいましたが、とにかく夏は出会いたい、セックスがしたいと思ってしまう女性がとても多いようです。それはなにも未婚女性に限らず、人妻でさえそう思っている……というより、むしろ人妻ほど強く思っているといえるでしょう。

それに、「出会いをどう見つけるか」においてもSNSや出会い系を使いたいと思っている人は実に16%もいますし、未婚女性ならまだしも友人からの紹介や合コンでの出会いがまったく望めない人妻という立場であれば、それはもう実に80%以上がネットでの出会いを求めているのではないでしょうか?

なぜ夏にセックスがしたくなるのか?

なぜこうも夏にセックスがしたくなるのかといえば、それは日光を浴びることによってセロトニンという脳内物質が分泌されるからだそうです。セロトニンは主にセックス中に分泌されることが多く、俗に「幸せホルモン」と呼ばれています。

これが分泌されればされるほど幸福感や気持ちの落ち着きを感じられるそうなんですね。なのでうつ病の人向けの抗うつ剤として、このセロトニンが含まれた薬が多く流通しているくらいです。

セロトニンとは『ノルアドレナリン』や『ドーパミン』と並んで、体内で特に重要な役割を果たしている三大神経伝達物質の一つです。

セロトニンは人間の精神面に大きな影響与え、心身の安定や心の安らぎなどにも関与することから、オキシトシンとともに『幸せホルモン』とも呼ばれます。

セロトニンが不足すると、うつ病や不眠症などの精神疾患に陥りやすいと言われています。

そんなセロトニンを自力で生み出すためには日光を浴びるか、セックスをするか、あるいはその両方を同時にこなすか……(笑)いずれにせよ、夏が最適というわけですね。このセロトニンは目に見えて効果を体感できるようなものではありませんが、脳内には確実に快楽を与えてくれます。

夏の日差しを浴びてセロトニンが少しずつ分泌されだすと、もっとセロトニンが欲しい……と身体が求めだすわけですね。そうするともう一つのセロトニンの分泌手段であるセックスへの欲が深まってくるわけです。

新規入会の女性会員を狙い撃ちしよう!

まさに今この時期に登録してくるような女性は、出会いを強く求めているといって過言ではありません。最近の出会い系サイトであれば、女性会員検索なんてものがついていたりします。

サイトによっては直近のログイン順であったり、登録順で並べ替えが出来たりもします。ログイン順であれば、今まさに活動しているアクティブな女性がわかりますし、登録順であればまだ誰ともやりとりを始めていない、ある意味では処女のような希少価値のある女性が誰かがわかります。特に今の時期は新規入会の処女はオススメですよ!

わざわざ夏の時期に新しく出会い系を始めるんですから、目的はもうセックスですといっているようなものです。開放的で、ひと夏の経験をしてみたい……なんて思っているわけですね。こういう子たちは夏の間だけフラッと遊びに来て、季節が変われば去っていく渡り鳥のようなもので、変に出会い系に染まっていない普通の子が多いのも特徴です。

出会い系に染まった女性ってちょっとキツいところあったりしますからね(笑)こんなかわいくてきれいな子が出会い系なんかするの!?必要なさそうじゃん!!って子といっぱいセックスできちゃうのも夏ならではですからね。

なのでそういった子を落とすときの決まり文句としては「せっかくの夏だし、ちょっと開放的になって火遊びしてみませんか?」という誘い方ですね。こっちは本気じゃなくて遊びなんですから、一緒に遊びませんか?というスタンスですね。

普段であれば、ただの身体目的の遊び人と捉えられてしまうかもしれませんが、夏であればそれがプラスに働いたりもします。夏なんだしいいじゃん!!っというちょっと無理矢理なくらいのテンションのほうが、結果的にはいい思いができたりするものですよ。出会い系に必要な物は理論やテクニックなんかよりも勢いなんです。

夏ならではの出会いの注意点

夏は人妻出会いが簡単な季節です【夏セックスをしたがる人妻たちの心理】夏は当たり前ですが暑いです。特にここ最近は昔よりも確実に暑くなっていますからね。外を歩くだけでまとわりつくような不快な暑さが襲ってきますから……できることなら外を出歩きたくはないですよね。

でも出会い系で待ち合わせをするのであれば外に出ないと会うことが出来ません。なので待ち合わせ場所を決めるのであれば、必ず涼しい場所を指定してあげてくださいね。野外の炎天下の場所を指定するなんてのはもってのほかですよ。

確実なのは喫茶店やファミレスなどの店内を指定することですね。そうすれば飲み物に困ることはありませんし、座って涼しく快適に待つことが出来ます。駅の改札を出てすぐ、なんてのはあまりオススメできません。

立ってないといけないですし、人混みがあるってだけで温度は上がりますし、見た目的にも暑苦しくなってきて気分が悪くなってしまうかもしれません。

デート先も涼しい屋内にするのがいいでしょう。映画館であったり、この時期なら水族館なんてのもいいですよね。むやみに外を歩き回るようなデートはなるべく避けたほうがいいでしょう。移動で仕方なくという場合も、タクシーなんかを使ってあげると相手はかなり喜ぶと思います。

ただ、わざと外を歩いて暑く疲れさせた頃合いで、ホテルの前を通って「ちょっと休憩していく?」なんていう古典的な手口も……アリといえばアリですね(笑)ちょっと冗談っぽく誘ってみたら、案外のってきてくれるかもしれませんよ。

もちろん、中にはいったら「最初からこうするつもりだったんだ(笑)」というネタばらしも忘れずに。わたしの成功率は7割ほどですので、真似してもいいですよ!

花火大会やお祭りなどのイベントはセックスチャンスに満ち溢れている

そして夏ならではのイベントといったらお祭りや花火大会ですね。はじめてのデートにいきなりこれらのイベントにいくのはオススメできませんが、2,3回目のデートであればぜひともオススメしたいですね。

なにしろ周りの雰囲気がありますからね。問答無用で楽しい雰囲気にあてられて、おのずとテンションもあがってきますし、それこそ夏ならではの開放的な気分になってきます。いろんな屋台のお店を見て回るだけでも楽しいですからね。女の子が何か食べたそうにしていたら、さっと買ってあげると好感度も上がりますよ。

間違っても「かき氷って高いよね!あんなの氷にシロップかけただけじゃん!原価はきっと10円もしないのに300円とかなんて詐欺めいてるね!」なんて会話はしないでくださいね。最悪もいいところですから。

あと、金魚すくいや亀すくいなどの生き物系もダメですよ(笑)当たり前ですが、持ち帰るわけにもいかず困りますからね。遊びとして金魚すくいをやるのは大いにアリですが、金魚はいらないですといって返してあげましょう。

花火大会はチャンスの宝庫と言ってしまっていいでしょう。何しろ花火大会は混みます。どうやったって混みます。なのではぐれないために、手をつなぐ必要が出てくるわけですね。

実に合理的な流れで手をつなぐことができるわけです。この花火大会で手をつなぐ行為って、何歳になってもドキドキしてしまうものなんだそうですよ。そして花火のドンというお腹に響く重低音は子宮を刺激して、セックスしたくなる性欲を助長するそうなんです。花火大会のあとの公園なんてのは、誰かしらカップルが待ちきれずにセックスをおっぱじめてますからね(笑)

花火大会の翌朝の公園ってのはコンドームが落ちまくっていることで有名です。ただ、考えることは皆同じなようで、近場のラブホテルはほぼ使えないと思っていたほうがいいですよ。それだけは花火大会の難しいところですね。

余談ではありますが、着物や浴衣には正しい着方があります。いわゆる「右前」というやつですね。これは右側が手前(身体側)にくるため、そう呼ばれているのですが、前の意味を勘違いして右側を上(外側)に出してしまう人もいるんです。

そうしてしまうと「左前」と呼ばれる着方になってしまい、これは死人に着せるための着方なのでたいそう縁起が悪い着方とされています。これのわかりやすい覚え方としては、男性が女性の背後にいた時に利き腕(右)でスッと左のおっぱいを揉める着方が正しい、と覚えるのがいいんです。これで一発で覚えられます。

この話を女の子にしてあげつつ、実演としてスッとおっぱいを揉む仕草をするもよし、実際に揉んでみるも良し。ただ、それで普通に怒られた場合は責任もてませんけどね(笑)

オススメの出会い系サイト
人妻とつながるオススメの出会い系サイト

あなたがセックスをしたいなら、どんなに努力をしてでも人妻セフレを作るべきです。

考えてみてください。一度、人妻のセックスフレンドを作ってしまえば、その後、何度も何度も何度もセックスできるんです。

これまで大量に人妻と出会ってきたわたしがオススメする出会い系サイトを紹介します。

07 人妻出会いターゲット
人妻とつながる不倫クラブ