人妻とセックスをするためにはこういうメールを送れ!

人妻とセックスをするためにはこういうメールを送れ!はっきり言ってしまいましょう。わたしは女性とメールをするのが好きではありません。なぜかといえば、楽しくないからです。

でも、そう思っている男性って実はとても多いんじゃないでしょうか? しなくていいならしたくないですよね、女性とのメールなんて。まあ出会い系で捕まえた人妻とのメールはその先にセックスというエサがあるので、我慢してやっていますが…それでも、できることならなるべく減らして楽にしたいものです。

そのためのコツといいますか、わたしがモットーとしている心構えみたいなものを紹介したいと思います。

題して、人妻とセックスをするためにはこういうメールを送れ!です。

女性とのメールは聞き手になるのが大事

人妻とセックスをするためにはこういうメールを送れ!女性というのは話をするのが大好きです。正確に言えば、自分の話を聞いてくれることが大好きです。女同士が集まると5,6時間しゃべり続けるなんてのはざらにありますからね。男性からすると異常に思えますが、女性にとってはごくごく当たり前の光景です。

そんなに長く話し続けるってことはきっと重大で深刻な悩みでもあるのだろう……と思ってしまうかもしれませんが、実はそんなことはまったくなく、実にどうでもいいことをペラペラと長ったらしくしゃべっているだけだったりします。聞いている側も興味があってしっかりと聞いているというよりは、あなたの話をこれだけ聞いたんだから次はわたしの話を同じくらい聞いてよね?という意味合いが強かったりしますからね。女性というのは怖いものです。

なぜこういう現象が起きるかといえば、女性はとにかく共感して欲しい生き物なんです。女性の口癖として「あー、これかわいいー!」なんていうのがありますよね。これはそのかわいい対象を褒めたり愛でているのではなく、わたしはこれをかわいいと思うけど、あなたもそう思うよね?という意味合いのほうがメインなんです。なのでもしそう聞かれた場合は「うんそうだね、とてもかわいいね」と話を合わせておけばいいんです。

「えー、そうかなあ?」だったり「それよりこっちのほうがかわいくない?」なんてのは絶対にNGですよ。そういうことを言ってしまうと、女性は自分を否定されたと思って途端に不機嫌になります。ただ単に聞かれたから自分の好みを言っただけなのに理不尽では……?と男は思うかもしれませんが、そうなんです。女っていうのは理不尽な生き物なんですよ。

なので女性が言ったことに対してはすべて共感し、肯定してあげてください。そうしているだけで丸く収まるなら、あれこれと考えなくてむしろ好都合ともいえますからね。女性のメールに対して返事をするときは

  • そうだったんだ。それは大変だったね
  • 大丈夫?頑張りすぎないでね
  • それよくわかる!それは本当にそうだよね

なんていう抽象的な返事を混ぜておくだけで、その女性は満足してくれます。男からするとまったく理解できないものではあるのですが…男性と女性の会話に対する意識差というのは、それはちゃんとした理由があるんです。

男性と女性の会話に対する意識はまったく違う

よく男性脳とか女性脳なんて言葉がつかわれますよね。これは血液型占いのような科学的根拠がまったくない占いとは違って、きちんとした理由があるんです。

それをわかりやすく説明した漫画がありますので、一部抜粋して紹介したいと思います。

人妻とセックスをするためにはこういうメールを送れ! 人妻とセックスをするためにはこういうメールを送れ! 人妻とセックスをするためにはこういうメールを送れ!

人妻とセックスをするためにはこういうメールを送れ!

どうでしょうか?あなたにも心当たりがありませんか?むしろ、男性のほとんどは心あたりがあることでしょう。それくらい男性と女性の会話っていうのはそもそも咬み合わないようにできているものなんです。

仮に女性がなにかを相談してきたとしても、それを真面目に考えて解決しようと頑張る必要はまったくありません。男性が何かに悩んで人に相談する時というのは、いくつかの候補を予め考えておいて、それぞれのメリット・デメリットを比べたいからきみの意見も取り入れて参考にしたいので聞かせてくれないか、という感じで自分の意見と他人の意見を比べてよりフラットな視点から見てみたい、という目的から相談することが多いです。

しかし、女性の場合だと人に相談するとき、その女性はほぼ何かしらの答えを心の中に決めています。なので相談するときも「~をしようと思うんだけど、どう思う?」という聞き方をしてきます。あとはただ、それを肯定して認めて欲しいだけなんです。

男性はついここで自分ならこうするという立場にたって、じゃあこういう考え方もあるよね、なんていう風に代案を提案したりしてしまいますが…それは女性にとってはまったく求めていないことなんです。なぜならもう自分の決めた結論が圧倒的に正しくて、それを認めて共感してほしいだけなんですから、まさに余計なお世話なんですね。

わかりやすく言えば、女性とメールのやり取りをするときは自分の会話レベルをグッと下げてください。子どもと話すときは自然とその子供にふさわしいレベルの話し方に落としますよね。何かちょっとしたことでも、大げさに褒めてあげたりしますよね。それと似たようなことを女性に対してもすればいいんです。

メールは長すぎず短すぎず、相手の文章量に合わせるのがベター

人妻とセックスをするためにはこういうメールを送れ!これはどちらかというと、会う前のメールしか繋がりがない状況での話です。会ってから、セックスしてからはそこまでメールで長々と話す機会はそうないですからね。会う前はメールしかないので、それなりに力を入れて大事にしなければなりません。面倒ですが、その先にセックスがあるわけですから、そこはしばしの我慢です。

だからといって気合の入れた長文を送りつけるのはNGです。長すぎるメールというのは負担になってしまいます。人間の心理として、相手の文章量と同じくらいの文章量で返事をしようとするというものがあります。なのでこちらから長文メールを送ってしまうのは、相手にも長文メールを強いているようなものなのです。かといって短すぎても味気ないですので、目安としては400文字前後あれば程よい感じでしょうか?

たとえばTwitterなんかは1投稿あたりの文字数が140文字までですよね。一度にすっと読めて頭に入ってくるのが140文字だとしたら、その3倍程度が丁度いいといえるでしょう。もちろんこれは理想の話であって、相手や状況によって正しい文章量というのはまるで変わってきます。

ただ、女性側があまりにも長いメールを送ってきた場合も合わせる必要があるかといえば、それは別に合わせなくてもいいです。単純に面倒なので(笑)相手が共感してほしそうな、肯定してほしそうなところをつまんで言ってあげれば相手はそれで満足しますから。

先程もいいましたが、女性が話をするときは物事を伝えたいのではなく、聞いて欲しいだけなんです。なので「そうなんだ、大変だったね」という共感の言葉を返事でもらえればそれで満足するのですから。

メールの送るタイミングはあらかじめ確認しておくこと

人妻というのは基本的には自由な時間というのはあまりありません。普通であれば日中は旦那は仕事へ出かけていて、夜は旦那が家にいるので夜はあまりメールを送らないで欲しい、ということになりがちですが、旦那が夜勤の場合はまた話が違ってくるケースもありますからね。そこはきちんと確認しておきましょう。

また、こちらから時間を確認することによって

「あ、この人はちゃんと気を遣ってくれるんだな」

という安心感を相手に与えられるというメリットもあります。出会う前は少しでもポイントを稼いでいたほうがセックスの確率が上がりますからね。

メールを送る頻度としては、最低でも1日1通はしておくべきです。これをしないと会う前にフェードアウトしてしまう確率が非常に高いです。できれば1日3通程度あれば理想ですね。それ以上する必要はあまりありません。そのメールも先述したとおり、適当に話を合わせておくだけでいいですからね。

自分のことを必要以上にネガティブに言わないこと

わたしも昔はよくやってしまっていたのですが、保険というかハードルを下げるといいますか、自分のことをやたらと卑下して言ってしまったことはありませんか?

例えば…「こんななんの取り柄もないただのハゲたおっさんなんですが、それでもよければお会いしていただけませんか?」

なんて台詞。けっこうな男性が使ったことがあるのではないでしょうか。でもこれって、まったくもってメリットはないんです。出会い系では絶対に言ってはいけない言葉です。

だって冷静に考えてみてください。なんの取り柄もないハゲたおっさんに会いたがるような女性がいると思いますか?そんな人はいませんよね。自分に置き換えて考えてみてください。

あるいは、あなたがパソコンを買いに行ったとして、いろんなパソコンが陳列されている中で店員さんから「このパソコンは型番も古いし性能もいまいちだし別に安くもないしで、なんの取り柄もないんですけど…それでもよければ買っていただけませんか?」なんて言われてあなたは買いますか?買うわけ無いですよね。だって他にもっといいパソコンがすぐ手の届くところに並んでいるんですから。

出会い系だって同じことです。多くの場合は男性よりも女性に選択権があります。その女性に対してこの台詞では、ただ自分で出会いのチャンスを潰しているようなものです。

ただ、心理的にはとても良くわかります。会った際にがっかりされたり、嫌われたくないから、自分を悪く言って予めハードルを下げて「なんだ、思ったより普通じゃないですか」っていう保険がほしいってことは。でも出会い系でそれは悪手としか言えません。むしろ自分を持ち上げてやるくらいでもいいんです。

真っ赤なウソはいけませんが、ばれない程度のそこそこのウソならついてもいいんです。なにしろ、出会い系というのは一度会うまでが一番大事とも言えます。逆に言えば、会ってしまえばこっちのものとも言えるわけですね。出会い系に登録しているような人妻なんてのは欲求不満だったり、寂しさなりを抱えており、会ってセックスすることが目的なんですから。

嫌われたり拒否されたりすることを恐れることなく、進んでいける男性が得をするようにできています。最初はそうやって嫌われたり拒否されるのはつらいと思います。わたしもつらかったです。でも今はそれも割り切ることができるので、すぐに気持ちを切り替えられます。

そういう考えになってからというもの、それまでは会ってからのセックス率は五分五分といったところでしたが、それ以降は9割以上をキープしています。昔セックスにまでいたらなかった女性と、今の自分が会えるのならセックスまで持ち込める自信もありますからね。失敗を恐れない心というのは、とても大事なことだと思いますよ。

メールを何通か送った後に、メールを送るのをしばらくやめる。

何通か、メールのやりとりを行ったら、しばらくメールを送るのをやめてみましょう。やめるといっても、1~2日です。

そうすると、女性は、喪失感を味わいます。どうしたのかなとあなたのことを考えるようになります。そのあと、何事もなかったようにまたメールを再開しましょう。

きっと前よりも彼女が積極的になったのがわかると思います。

質問するときは開いた質問をする。

○○は好き? なんていうふうにイエス・ノーで答えられる質問をしないでください。「○○が好きなんですよね? 特にどんな○○が好きですか」など、話題を展開できる質問をしてください。

自分が質問に答えるときは、話題が広がりそうな回答をしてください。

序盤のメールは、相手のプロフィールなどを見て送る

序盤のメールは、きちんと相手が興味のあることを踏まえて送ってください。たくさんメール交換をしていれば、さほど苦労せずに返事をもらえますが、最初のうちはなかなか返信をもらうのは難しいもの。最初のうちは、「あなたに興味を持っていますよ」ということをアピールしながら上手に返信をもらってメールを積み重ねてください。

メールの返信は早く!

戦略上遅くするとき以外は、メールの返信は早くしてください。運が良ければ、メールをした初日にどんどんメールが進んで、その日のうちに実際に会うところまで持って行くことだってできるかもしれません。

ただし、素早く返信して、返事が来ないからといって、返信をしつこく催促するのはやめてください。ウザイと思われるだけではなくて、女性によっては、そういう男性を「怖い」と思うことさえあります。

メールでは相手が書いたことにきちんと反応する。

例えば、女性が「今日は仕事がすごく大変で疲れたー」と書いてきたら、きちんとそのことに反応するんです。「大変だったねー。最近暑くなったからよけい疲れるでしょう」など。

相手のメール内容を踏まえず、自分勝手なことばかり書いていても、親密度は増していきません。また、反応とは言っても、その否定・反論をしてはいけません。あくまでも共感にとどめてください。

相手の名前をメールの本文に書く

人は、自分の名前を呼ばれると自分の重要感を肯定されたように感じます。それが本名でなかったとしても、です。「○○さんは、△△が好きって言ってましたよね」のように、メールの内容には名前を入れるようにしてください。

もちろん、実際に会った時も同様です。相手の名前を会話の中に入れていってください。

もしも言いづらい名前だったら、最初に「なんて呼んだらいいですか?」と聞くようにしてください。

また、自分のニックネームを考えるときには、実際に会った時に女性が呼んでもおかしくない名前にしてください。

  • 出会い王
  • 知的な紳士
  • トムクルーズ

こんな名前を付ける人がいるものですが、みなさまは、こういう悪ふざけは絶対にやめてくださいね。

いざ待ち合わせ

待ち合わせをするときはできるだけ多くの人がいる場所にしましょう。無用なトラブルを避ける事ができます。美人局だの何だのということがないようにしないといけませんね。

もちろん、人気が多いところで会うのは、相手の女性に安心感を与えることにもつながります。

待ち合わせのタイミングは共通の話題で盛り上がった時です。

それから、一度、無理なリクエストをしてみるというのが大切です。

たとえば

「温泉旅行とか行って見ませんか?」

「興味があるけど、いきなりっていうのはねー」

「じゃあとりあえず一回お茶でもしてみて、それから考えてみませんか?」

「それならいいかな?」

みたいな感じですね。

これは心理学の世界でドアインザフェイスと言われています。

ドア・イン・ザ・フェイスとは、まずわざと大きな頼みごとをして一度断らせてから、(本来の目的の)小さな頼みごとを承諾してもらうというテクニック。日本では譲歩的要請法とも呼ばれています。結構効果の高い方法で、知らずに使っている人も多いと思います。

相手は頼みごとを断ったことで、少なからず罪悪感を感じています。そこで頼みごとを軽くしてあげると、相手にはこちら側が”譲歩”したように見えます。すると、「相手が譲歩してくれている」「さっきは断って悪かったな」という気持ちから「こちらも譲歩すべきだな、頼みごとを聞いてあげよう」という心理になるのです。

オススメの出会い系サイト
人妻とつながるオススメの出会い系サイト

あなたがセックスをしたいなら、どんなに努力をしてでも人妻セフレを作るべきです。

考えてみてください。一度、人妻のセックスフレンドを作ってしまえば、その後、何度も何度も何度もセックスできるんです。

これまで大量に人妻と出会ってきたわたしがオススメする出会い系サイトを紹介します。

02 人妻出会いの心がまえ
人妻とつながる不倫クラブ