「この男、ダメだなぁ……」と人妻が思う5つの瞬間を知れば楽勝

「この男、ダメだなぁ……」と人妻が思う5つの瞬間を知れば楽勝

ロジック通りに行かないのが、恋愛の面白さでもあり難しさでもあります。

とは言え、やっぱり出会い系に挑戦するなら、美人人妻を確実にゲットしたいものです。

そこで、女性が思う「ダメ男」のジャッジポイントを知り、上手に活用するのが良い方法のひとつ。

実は、嫌われる言動や行動を避けるのはマイナスを防ぐだけでなく、勝手にプラス評価に繋がるのです。

そんなわけで今回、「この男、ダメだなぁ……」と人妻が思う5つの瞬間をまとめました。

「この男、ダメだなぁ……」と人妻が思う5つの瞬間

「減点方式で異性を考える」なんて言われる女性の思考。

ちょっとした男の言動や行動で

  • 「この男、ダメだな…」
  • 「器が小さい」
  • 「モテなそう」

と、マイナス評価をくだす女性は多い!

特に、出会い系での初対面でのマイナス評価は痛恨。

さらに、マイナス評価が続けば、何回かデート経験のある女性なら「脈なし男」の烙印を押されることに……。

こんな女性の評価に対し、厳しいなぁ……と思う男性も多いかもしれません。

ですが、実はこういった女性のドン引きポイントを避けるだけで

「いい男」「余裕がある男性」「モテそう」

というプラス評価にグンと上げることも可能なのです。

しっかりと、女性が感じる男のNG行為を把握するのがファーストステップになってきます。

それでは「この男、ダメだなぁ…」と女が思う5つの瞬間を覗いてみましょう。

何かあると、すぐ「すみません」と言う

意外に気がつかない男性は多いですが、女性から何かをしてくれた時に、思わず「すみません」と口走ることはありませんか?

なんでもかんでも「すみません」で片付けるのはNG行為。

女の扱いに慣れた男性の場合「ごめんね」と「ありがとう」をきちんと使い分けます。

とっても些細なフレーズですが、チェックしている女性は多いので何かを女性にしてもらったら「ありがとう」と言うようにしましょう。

とくに人妻は普段の生活の中で、次第に家族から「ありがとう」と言ってもらえる機会が減っていってしまっているものです。その点でも効果的ですね。

値段を気にする、安い方ばかり選ぶ

ランチにカフェ、ラブホ……。

「男だから気前よく奢ってるよ」なんてドヤ顔していたとしても、必死に値段の安いものばかりを選んでいてはいけません。

特に、ラブホの部屋選択画面を前に、値段ばかり比較している姿……。

人妻は値段に聡いので、しっかり部屋の写真を見てないのをチェックしていますよ!

とは言え、男性だってお財布事情があるので「値段を気にしない」「高いのばかり選べ」というのも無理な話。

大事なのは、なぜそれを選んだのか?という部分。

嘘でもいいから「こういう部屋が好き」「こういう味が好き」など適当な理由を付けて「安いから」ではないことをアピールしましょう。

話がつまらない

「お笑い芸人みたいに、面白い話はできないよ……」と悩む男性は安心を。

もちろんオチがある面白い話をできるのがベストですが、毎回そうもいきません。そこで、女性の共感したり自分の話をするだけでも「この人と話が合う」と感じるという性質を利用するのです。

適度に相槌をうったり、彼女の話を広げたり、話を合わせたりしていくだけで良いのです。

もちろん、正論の答えなんていりません。

「そうなんだ!」「わかるわかる!」「どうゆうことよ?!」とオーバーリアクションも混ぜつつ、話をしていきましょう。

これなら話し下手な男性でも「話がつまらない」と思われない。むしろ、自分の話を延々に語ったり、彼女を論破する方がよっぽど「つまらない男」と思われます。

プライベートが寂しい

キャンプにスノボ、マリンスポーツ……。

リア充な雰囲気がプンプンするプライベートも良いですが、実際は仕事仕事の毎日。たまの休みは家でゴロゴロしたり、動画を見漁って終わってしまう人も多いはず。

とは言え、人妻からしてみると、やはりプライベートが寂しい男性の印象は最悪。「この男、ダメだなぁ…」と女性に思われてしまいます。

家庭が生活の中心である人妻は、自分よりもいろいろな世界を知っている男性に興味を持ち好感を持つのです。

ですが、ここで覚えておきたいのは、男性本人が楽しんでいるならネタとして笑えるという点。

「○○集め」「ラーメン巡り」など、一見女性受けが悪そうな内容でも「なにそれ~w」と突っ込める内容ならOKなのです。

もちろん、延々とウンチクを語るのはNGですが、冗談っぽく「地味に楽しいんだよね」と話す程度なら、女性も笑いながらツッコミを入れてくれるでしょう。

「何もしてない」より、よっぽどおすすめです。

最近の流行をまったく知らない

話題のスイーツに、芸能人のネタ、twitterのトレンド……。常にアンテナをビンビンにさせて、流行に敏感な女性たち。

「いっときの流行を追いかけるのは好きじゃない…」と感じる男性は多いかもしれません。実際、洋服ひとつとっても、トレンドを追う女性と、自分の似合う定番を探す男性では違います。

そこで、気をつけたいのは好きではないからといって、知りもしないこと。

「え?何それ?」どころか、ネタを知らずに華麗にスルーするのは「ノリが悪い男」と女性に思われてしまいます。

ちょっとしたトレンドを押さえておくだけで、会話の距離を近づけられます。会話を盛り上げるひとつとして、しっかり予習しておきましょう。

最後に

女性が感じる、男の幻滅ポイントを調べてみると、逆にちょっとしたコツを掴めば、女心をガッチリ掴めるというのが見えてきます。

特に人妻は共感や相性の良さがとにかく大切。嫌われないどころか、好かれるコツを押さえて、効率良く落としていきましょう!

オススメの出会い系サイト
人妻とつながるオススメの出会い系サイト

あなたがセックスをしたいなら、どんなに努力をしてでも人妻セフレを作るべきです。

考えてみてください。一度、人妻のセックスフレンドを作ってしまえば、その後、何度も何度も何度もセックスできるんです。

これまで大量に人妻と出会ってきたわたしがオススメする出会い系サイトを紹介します。

05 人妻デート06 人妻会話のコツ
人妻とつながる不倫クラブ