出会い系人妻攻略のためのスケジュール

出会い系人妻攻略のためのスケジュール

細々としたテクニックを覚えたら、次は実際にどのように人妻を攻略していくのかというのを時系列で紹介していきます。おおよそ、下記のように人妻出会い攻略は進んでいきます。ぜひみなさまも、同じように出会いを進めていってみてください。

アプローチ(ファーストメールを出す)

わたしの場合、いくつかのサイトをローテーションで4つぐらい、1日に1回ログインして、女性にファーストメールを送信しています。

出会い系人妻攻略のためのスケジュール
人妻と出会えるオススメ出会い系サイト
さて、人妻と出会うとはいっても、どの出会い系サイトを使うのかで、会えるかどうかはほぼ決まってしまいます。出会い系サイト選びを間違えるとぜったいに人妻に出会うことはできません。 世の中には「出会えない系サイト」が何千何万と存在し

登録してすぐの女性は、かなりの量のメールをしているので(女性によって100通のメールが !)、登録日・掲示板書込からしばらく経った女性を中心にアプローチしています。

ファーストメールの返事受信

同じ目的の女性を探し、アプローチするとある程度の返信があります。

1週間に一度、10通メールを送るよりも、毎日1~2通送信した方が、返信率はいい感じですね。集中力維持の面もありますが、女性のログイン・プロフィール更新掲示板書込のタイミング的な面でも、返信率に有利に働くようです。

わたしは、月に1~3人の女性に会いたいなと思っています。そのために、週10通前後のアプローチメールは必要です。アプローチをしない日(遊んでたり、女性と会ってます)を除いて1日1~2通ファーストメールを出してます。

返信率のこともあるんですが、毎日少しづつメールを出していくと、ほとんどの日において、「もう会う約束がある」か「もうすぐ会えそうだ」という女性が2~3人はいるんです。

この状態を作れると出会い系サイトをやっていて実に楽しいです。

メール交換が続く

うまく返事をもらっても、その内の1/3は、すぐにメールが終わってしまいます。

  • 女性が興味をなくした
  • 違う相手とメールを始めた
  • 返事をしたもののやっぱ違っていた

などの理由からです。

ここでメールが終わってしまうようであれば、実際には会えない可能性が高いので、ここで落ち込まず、次です!次!

かといって、本来つながるはずの相手と、自分の手抜きが原因で切れてしまってもつまんないですから、ファーストメールの返事が来たらセカンドメール以降も、集中して返信しましょう。

メールのやり取りがいい感じに

相手の女性とお互い情報交換をしていき、女性が興味を持っていそうなポイントを掘り下げコミュニケーションしていくとあるメールから、急に堅苦しい口調が柔らかくなります。ここまで来ると女性は、メールが来るのを楽しみにしてくれてるようです。

後はもう、いつどのタイミングで、「会おう!」と誘うかです。週末まであと2~3日というタイミングでのアタックがOKをもらう確率が高いですし、当日の細かい打合せにも1~2日かかります。

その1~2日での当日の打合せを通して、盛り上がることで、実際の面会の時に次につながる展開に持っていきやすくなりますし、電話番号を聞いて電話をすると最後の砦の女性の不安感を払拭できるので、当日来なかった、というのも防げます。

いよいよ会う約束をする

出会い系人妻攻略のためのスケジュールやはり出会い系なのですから、出会わなければ意味がありません。

見知らぬ女性とメールで話すだけでも楽しいものではありますが、あなたが求めていたものはただのメール友達でしょうか? 違いますよね。それは女性にとっても同じことです。

ただダラダラとメールだけを続けていたら、この人は本当に会う気があるんだろうか? と思われますし、その女性があなた一人とだけやりとりをしているとは限りません。むしろ、そんなケースはほとんどないと言っていいでしょう。

複数人と同時にやりとりを進行するのはアタリマエのことなのですから、あなたがもたもたしている間に他の男性にかっさらわれてしまいます。そうなってしまえば、もうメールで連絡はとれなくなりますし、会うこともできなくなってしまいます。

出会い系では「会うことを第一に」 という心構えを忘れないで下さい。

でも、始めのうちは会うのを誘うだけでもドキドキしてしまう気持ちというのもわかります。こればかりは慣れといいますか、何度かこなしていくうちに緊張もなにもしなくなり、流れ作業のような感覚になってきますので安心してください。

誘ったといても、受け入れてくれるかというのはまた別の問題ですからね。断られたからといっていちいち落ち込む必要もありません。なにせ出会い系に登録している女性なんていうのはゴマンと…いえ、5万どころかその10倍の50万はいるのですから。、また別の女性にアタックを仕掛ければいいだけなのです。

どのタイミングで誘うのが最適なのか

誘うタイミングというのは、ある程度固定化してしまったほうが悩まずに済むことが多いです。やりとりを開始してから、必ずこの日までには具体的に会う話を取り付ける、というのをルール化しておくのをおすすめします。たとえば、わたしでしたら3日以内には会う段取りの話をはじめるようにしています。もっとも、早いぶんには何ら問題ありません。そこは相手によりけりになってきますが、わたしの経験ですと一番早くてメールのやり取りを開始してから2時間後に会えたことがあります(笑)

そこまで極端でなくても、三日以内に会う段取りが決まるケースはだいたい2人に1人といった感じですので、早く会いたい気持ちがあるのは女性も同じであるようです。やはり会ってみないとわからないということは多いですからね。

写真はあまり参考にならない

最近は携帯にカメラが付いているのが当たり前ですので、自分の写真だったりを載せている女性も多いですが…まあ、ほとんど参考にはなりません。とくにプリクラというのはまったくのデタラメくらいに思っていたほうがいいでしょう。どんな女性が撮ったとしてもコンピューターである程度の美人に加工されてしまいますので…。逆に、プリクラを載せている女性は自分の素顔に自信がないともとれるかもしれませんね。

あと、マスクをつけている自画像にも要注意です。マスクで口元を隠して、目元にばっちりメイクを施すだけでも、これもまただれでもある程度の美人にはなれてしまうのです。なのでいくら写真でかわいかったとしても、期待し過ぎは禁物です。実際に会ってみて、超美人!とはいかないまでも、並みの上くらいのそこそこ当たりの女性だったとしても、美人だと思って会うだけでなんだか少し「がっかり」してしまうことになるのですから。それはもったいないですよね。

期待しないでいけば、人並みだったというだけでも「お、よかった」というプラスの気持ちになれますから。ちょっとした心構えのコツだったりします。

会う気がない人とは、会おうとしない

もし、誘った時に断られたのではなく、先延ばしにされた場合も注意しましょう。お互いの都合が合わずに、会う日取り自体が先延ばしになってしまうのは仕方ありませんが、会うこと自体を「まだちょっと考えたくて…」「心の整理が…」なんていうような人は、絶対に会うことが出来ません。サクラか冷やかしか、もしくはキャッシュバッカーか。なんにせよそういった曖昧な態度を取るような人は会う気があるとはいえません。何度もいいますが、出会い系というのは出会いを求める男女が集まる場所なのですから、出会うことに対して躊躇するというのはそもそもおかしな話なのです。

飲食店へ来た人に、店員が「ご注文はいかがいたしますか?」と聞かれて「まだ食べるかどうかを決めてないので…注文するのはちょっと」というのは不自然すぎますよね。飲食店というのは、文字通り食べたり飲んだりする場所です。飲む気や食べる気がないのに入店するという人はまずいませんよね。それは出会い系だって同じことなのです。

会う気がないのに出会い系に登録する…なんて人は真面目に出会いを求めている一般女性とは考えられません。なので、会うこと自体をしぶる人は出会い以外のなにか悪質な目的があると思って頂いて構いません。そういう人ほど、美人だったり、スタイルがよかったり、エッチに積極的だったり…と、男からして「美味しい物件」だったりして、諦めがたいかもしれませんが、だからこそ諦めて欲しいのです。そんな美味すぎる話というのはそうそう有り得ないのですから。

いよいよ面接当日

そもそも当サイトで紹介しているような出会い系サイトでは、女性も男性も「セックスが前提」として入会しているわけですから、会えればセックスができると考えてしまってかまいません。女性は、会ってみて相手の男性のことがあまり好みでなくても、強引に誘われたら嫌とは言わないんです。

ポイントは、絶対に会ったその日にセックスをする! ということです。

これを繰り返していれば2~3人のセフレをキープするというのはそう難しいことではありませんよ。

オススメの出会い系サイト
人妻とつながるオススメの出会い系サイト

あなたがセックスをしたいなら、どんなに努力をしてでも人妻セフレを作るべきです。

考えてみてください。一度、人妻のセックスフレンドを作ってしまえば、その後、何度も何度も何度もセックスできるんです。

これまで大量に人妻と出会ってきたわたしがオススメする出会い系サイトを紹介します。

04 人妻メールのコツ
人妻とつながる不倫クラブ