プロフィールは出会いを左右するもっとも大事なポイントです!

はじめましてこれから出会い系に登録しようと思っている人はラッキーです。なにせ、一番大事なことを知った上で始めることが出来るのですから。すでに出会い系に登録している人もラッキーです。あなたが出会えることができなかった理由が、ここでわかるのですから。

出会い系において、出会えるか出会えないかを決めるもっとも大事なことはなんだと思いますか?

それはしっかりとしたプロフィールの書き方を知ることです。「ファーストメールの文面を考える」なんかよりもよっぽど大事なことです。出会い系でもっとも大事なのに、もっとも軽視されているのがこの部分なのです。

たとえば、出会い系で出会える確率を高める要素に「ルックス」と「収入」があります。しかし、そのどちらかが優れていたとしても、あるいはその両方を兼ね備えていたとしても、プロフィールページが適当だったらそもそも出会えるチャンスが発生すらしないのです。

いくらイケメンだとしても自分の写真を載せないことにはそれが伝わりませんし、いくら年収1000万を超えていてもプロフィールにそれだけしか書かれていなければ相手を警戒させてしまうか、そもそも冷やかしとして相手にされないかです。

出会える人ほどプロフィールがしっかりしており、出会えない人ほどプロフィールがいい加減なことは明白です。もしかして、あなたも「はじめまして。よろしくお願いします」とだけ書かれたプロフィールにしていませんか?

そんなプロフィールじゃ絶対に会えません。いいですか? 「絶対に」です。みずから出会いのチャンスをみすみす潰しているようなもので、時間とお金の無駄でしかありません。

ワクワクメールやハッピメールであれば同性(男性)のプロフィールページも見られますので、100件くらいを調べてみました。ここで言う「いい加減なプロフィール」というのは

  • 自己紹介になにもかかれていない
  • なにか書かれていたとしても短文すぎる
  • 写真もアバターも設定されていない
  • 年齢や身長・体重・年収などが未記入
  • プロフィールページ背景の色が白のまま
  • 趣味など個人の特徴をイメージできる項目がない

などなど、探せばいくらでもあるようなプロフィールページのことです。こういった「無価値なプロフィールページ」にしている男性は実に7割以上にものぼりました。つまり、「100人中70人の男性が出会う対象として見られていない」というわけです。これってけっこう衝撃的ではありませんか?

今までは、1人の女性に、わたし以外に10人の男性がメールを送ってアプローチをしていた場合、10人全員がライバルだと思っていました。しかし、現実ではわずか3人しか競争相手になっていなかったのです。プロフィールページがいい加減な男性は、争いに参加する資格すらないわけですね。

これはあまりに虚しいものではないでしょうか? 「この事実を知っているわたし」からすれば、ライバルが勝手に自滅していくれているのでありがたいことなのですが、もし自分がその立場だったら……と思うとゾッとします。「本人が無駄なことをしていることに気づいていない」という事実はあまりに恐ろしいものではないでしょうか。

つまり、出会い系でもっとも力を入れるべきなのはプロフィールを作成する時間です。最低でも1時間、できれば2~3時間くらいは悩んでください。

仮に3時間かけてプロフィールを練り上げたとしたら、そのプロフィールは今後ずっと使えるのです。もし、ファーストメールの文面を3時間かけて練り上げたとしても、その人にしか使えない一度きりのものになってしまいますし、返事が返ってくるとは限りません。

しかし、プロフィールは永続的に効果を発揮してくれます。それも確実に!

入会と同時にプロフィールを記入させられる罠

なぜ多くの男性がプロフィールをいい加減にしてしまうかといえば、それは入会と同時に記入を求められるからなんですね。出会い系に入会するときの男性の心理とは、それはもう期待に満ち溢れているわけです。

一体どんな女性がいるんだろう? 自分の近くにいい人がいるだろうか?写真を見れたりするのだろうか?その中にはエッチな写真もあったり……? などなど、とにかく出会いとセックスのことしか頭にないわけです。

「はやく女性のプロフィールを見たい!掲示板をみてみたい!好みの条件で検索したい!はやくはやく!」

と、気ばかりが焦ってしまうんです。そんな時に「プロフィールを入力してください」なんて言われてもさっさと先に進みたいんですよ。そのため、テキトーに「はじめまして。よろしくお願いします!」といった何の価値もない文章をいれてしまうのも無理は無いといったところです。

プロフィール

例えばこんなプロフィール……誰しも一度くらいは見たことがありませんか? 果たして、こんなプロフィールの男性と出会いたいと思う女性がいるでしょうか? いるわけがないですよね。

さすがにここまでひどくはなくても、いい加減なプロフィールで済ませてしまう人はたくさんいます。「趣味は読書と映画鑑賞です」なんてのもほぼ無価値です。多くの人が似たような趣味を書いていますし、自分ならではといった個性がまったく見受けられませんからね。

大事なのは、「他の人とは違う」「どんな人なのかイメージしたくなる」「なんとなく気になることが書かれている」などなど、なんでもいいから印象を残せるプロフィールです。当り障りのない、無難なプロフィールは相手の心になにもひっかかりません。

良いプロフィールとはどんなプロフィールか

それでも、ただ文章や情報を増やせばいいわけではありません。あくまでも「必要なことを簡潔に伝える」ことが、人にはもっとも伝わりやすいですし印象に残るのです。

ページを開いて改行もされていない文章がずらっとみっちり並んでいたとしたら、それだけでもう見る気をなくしてしまいますよね。あくまでも人が読むものだ、という意識を持って句読点の使い方や適切な改行など、文章を書く時に気をつけたい基本的なことを抑えておきましょう。

例えば趣味の欄。多くの人は趣味の名称だけを羅列して書いてしまっています。「趣味:読書・映画・登山・釣り」とだけ書いているシンプルすぎるパターンです。そういう場合も、ちょっと書き方と情報を加えるだけで全然印象が違ってくるんです。

読書が趣味なら好きな小説家や本のタイトルを書けばいいし、映画だって同じことです。いろんなジャンルがある小説や映画の中で、どんなジャンルが好きなのか?を描くだけでも違います。

「スターウォーズシリーズが大好きです」だったり「司馬遼太郎をよく読んでいます」といったような、具体的な情報があることも大事ですね。その人ならではの個性がちょっと見えてくるだけでも全然違います。

釣りや登山などのアウトドアが趣味な人でしたら、どんな場所によく行くかをちょっと付け加えておくといいでしょう。そうするとリアリティがでてイメージしやすいですし、女性がメールをする際にも「◯◯山にいかれたんですね。どんなところでしたか?」と話題のキッカケにもなってくれるのです。

実際、わたしたちが女性にメールを出す前にはプロフィールを見ますよね。そして、趣味やその女性が興味ありそうなことに関する情報を読み、その中で自分が話題にできそうな共通点をみつけてから、その話題をちょっといれてまずはメールをする……というのがよくあるパターンです。これは大正解の王道パターンです。

なにもそうしているのは男性だけではないんです。女性だって見知らぬ人に話しかけるときは共通の話題が必要になりますから、プロフィール検索なり掲示板を見たりで、いろんな男性を探そうとします。「一体どんな人なんだろう?」という興味を持った上でプロフィールページを見てくれたわけです。

そこでなんの情報も価値もないプロフィールページを見せてしまえば「え、なにこの人……どんな人なのか全然わかんない」と、がっかりされてしまいその時点で興味を失われてしまいますからね。

プロフィールページは自分の顔であると同時に、釣り針でもあります。自分に興味を持ってくれた女性がさらに興味をもって食いついてくれるのか、それとも興味をなくして出会いのキッカケを失ってしまうのか……それは、プロフィールページにかかっているのです。

他の男性のプロフィールを参考にする

とはいえ、いきなり良いプロフィールを書いてといわれても書けるものではないですよね。それに、プロフィールなんてのは人それぞれですし、お手本を参考にして丸写しをしたところで自分に合っていなければ何の意味もありません。

個人的なオススメとしては、まずはなんでもいいのでテキトーにプロフィールを記入して入会し、まず女性を探す前に他の男性のプロフィールを見まくることです。ワクワクメールやハッピーメールでしたら、検索の条件で女性から男性に変更すればずらっとリストにでてきますので、いくらでも見ることが出来ます。

ワクワクメールもハッピーメールもプロフィールを閲覧するだけなら無料ですから、それこそ登録している人数だけ参考書があるようなものです。これを活用しない手はありませんよ!

まずはいろんな男性のプロフィールを見てください。「あー、こいつはダメだな」「この人はまじめに書いてるな」「なるほど、こういう表現の仕方があるのか」と参考になる部分がたくさんあると思います。

自分が良いと思ったものを女性が良いと思うかどうかはわかりませんが、少なくともそうやって一生懸命調べて工夫したプロフィールはわかるものなのです。「あ、この人はちゃんとプロフィール書いてる」という気持ちが伝わるのです。

同じ趣味の人を探して参考にするのもいいですし、なにか興味をそそられる趣味などがあったら真似してみるのもいいですね。人間だれしも何かを始めるときは、まずは模倣からです。赤ちゃんがしゃべるのだって親の真似ですし、歩くのだって真似をするところから始まるのですから。

顔写真は絶対にプラス印象。最低でもアバターの設定を

男性は自分の顔写真を載せることに抵抗のある人が多いことでしょう。だからこそチャンスだともいえます。男性で顔写真を載せているひとはまだまだ少数派です。

しかし、自分が女性のプロフィールページを見るときはまず写真が気になりますよね? これから会うことになるかもしれない人なんですから、どんな顔なんだろうと気になるのは当然ですし「ブスだったらやめておこう」という見極めの判断要素のひとつにもなります。

それは女性も同じことです。むしろ出会い系で会うとなると女性のほうが抱える不安は多いのですから、なるべく会う前に相手のことを色々知りたいと思うものです。顔が見えるのと見えないのでは安心感が全然違いますからね。

「でも、自分はブサイクだから顔をのせたら誰もメールをくれなくなるんじゃ……」と不安に思う人もいるかもしれません。しかし、それでも絶対に載せたほうがいいです。だって、会うことになったらどのみち顔と顔を合わせることになるのですから。写真を見てスルーされてしまうか、それとも会ってからフラれるかの違いです。

会ってからフラれるのは精神的なダメージもありますし、会うまでにその女性に費やしてきた手間や時間もまったくの無駄になってしまいます。しかし、写真を載せていることで「自分の顔を好まない女性」なら、そもそもやりとりが始まりません。つまり手間もお金も無駄になることがないのです。

それに、若い女の子ならともかく、人妻や熟女であれば男性の容姿はあまり重要視しません。真面目そうな写真をのせておくだけで、必ず印象はプラスになります。

もしもどうしても写真を載せたくないということなら、まずは顔がわからないけど雰囲気だけはわかるような写真でもいいから載せたほうがいいです。

写メを掲載するにあたって、ルックスが悪くてもあまり気にする必要はありません。多少、写りのよい写真を使うようにすれば、とくに問題ありません。それでも写真がないよりはぜったいに出会いの成功率は上がります。

また、いろいろな角度からの撮影を試し、どの角度が一番魅力的に見えるか比較してみましょう。一般的には、髪のわけめのほうから撮影すると明るく映ると言われています。

その他、「顔の周囲に手を添えると知的に見える」「口角を上げて、上の歯だけを見せるようにすると、素敵な笑顔になる」などのテクニックもあります。

バストアップの写メを撮る人がいますが、基本はできるだけ近くで撮ってください。

ちょっと極端すぎるくらい目を大きく開けましょう。おかしくなるかもなんて気にする必要ありません。何枚か撮影したら、自然なものもあります。

ちょっとだけ斜めに撮影すると、顔が小さく見えます。オススメは斜め上です。二重あごも防げます。

プロのカメラマンは一生懸命ライティングしますよね。明るいほうが良い写真が捕れます。

どうしても上手く撮れない人はセルフタイマーを活用しましょう。ブレが防げます。

背景はゴチャゴチャしているとあまり印象がよくありません。

なによりも大切なのは笑顔です。リラックスして笑顔を忘れずに!

それでも、恥ずかしい自信がないという人は、アバターの設定くらいはしておきましょう。初期設定の裸のアバターだったり、未表示だったりするのは本当に印象が悪いです。「この人はまじめに出会う気がないのね」という判断をされてしまいます。

アバターのパーツには有料のものもありますが、無料のものだけで構いません。なにもおしゃれでセンスのある設定にする必要もそんなにありません。もちろんそう出来るならそれにこしたことはないですが、大事なのはアバターを設定することで「人に見られることを意識している」というアピールが出来る点です。

女性のプロフィールページを見ればわかることですが、多くの女性はアバターの着替えを楽しみ、背景の色やパーツをいろいろと組み合わせてデコレーションすることを楽しんでいます。自分のページをそれだけ凝るんですから、人のページを見る時だってそこに注目をするわけです。

きちんと設定している男性のプロフィールを見ると「あ、この人はそのへんの男とは違うんだ」という一目置かれる存在になりますからね。出会い系においてはこのちょっとした差が大きな差となるのです。

プロフィールはできるだけこちらの情報を出す

出会い系はギブアンドテイクです。こちらが情報を出さなければあちらも情報を出してくれません。

とくに人妻は出会いに関して警戒心が強いのです。こちらの詳細を伝えるほど、あちらは警戒心を解いてくれます。

たとえば、名前をつけるときに、「素敵なおじさん」とするよりも「佐藤ゆうじ」にしたほうが、たとえウソの名前だとしても出会いの成功率は上がります。

ただ、詳しい住所や職場など、極端な個人情報を書くのは危険なので気をつけてください。

また、できれば具体的に、「スポーツが好きです」よりも「サッカーが好きです」と書いてください。間口を広げようとして、結局だれにもターゲットにされないという事態を防げます。

たとえば、「ずっと彼女がいなかったので、勇気をだして彼女を探しています。もしよかったらメールをください。よろしくおねがいします」なんていうプロフィールでは、あなたが誰なのかぜんぜんわかりません。

あなただったら相手のどんなことを知りたいのかを想像し、出来る限り具体的に書きましょう。

だからといって、書いては行けない情報もあります。。あまりに詳しい個人情報を書いてしまうと、それが悪用されてしまう心配があります。当サイトで紹介している出会い系サイトは安心サイトばかりですが、サイト内に潜り込んでいる悪徳業者がたくさんいるので注意が必要です。

趣味や興味のあるものを書く

基本でありながら大事なものです。なにせ、出会い系なんてものはまったく縁もない見知らぬ男女が出会う場所。仲良くなるためにはいろいろと会話をしなければなりませんが、相手の情報が何も無ければ何を話したらいいかわかりませんよね。

自分だって相手のプロフィールを見てメールをする時、まず趣味だったり興味のあることが何なのかを知ろうとしませんか?例えば趣味に映画鑑賞なんて書いてあった場合は自分の好きな映画を一つ添えてみる。それで会話が始まりますし、そこから広がっていくかもしれませんからね。

なので会話のキッカケをつくるものとして、記入をしておきましょう。自分をアピールすることにもなりますし、相手がメールを送りやすくなるというメリットも有ります。

身長や体重などの外見的特徴

案外、これを書いてない人って多いんです。でも、男性が女性のバストサイズを気にするのと同じように、女性だって男性の身長や体重を気にします。特に身長や体重についての趣向は人それぞれですからね。一般的には背の高い男性が好まれますが、中には背の低い男性が好きっていう女性だっているんです。同様に体重だって太めのおじさまが好きっていう女子大生がいたっておかしくありません。

あなたがその情報を書かないことは、そういった出会いのチャンスを自ら潰しているようなものです。

顔写真

出会い系に自分の顔写真を載せるのはちょっと……そんなの、知り合いに見つかったら恥ずかしいじゃん。なんて思う人もいるかもしれません。でも安心してください。そんなケースはほとんどありませんし、知り合いにバレるときはその知り合いも同じ出会い系を利用している時のみです。つまり、同じ穴のムジナなわけですから恥ずかしがる必要はありません。

女性は会うまでに少しでも相手のことを知りたいと思います。相手の顔写真を知りたいという動機は、容姿の良し悪しを確かめたいのではなく、どんな人なのかを知ってイメージすることで安心したいという側面のほうが強いです。なので、なにもイケメンにかっこ良く映る必要はありませんし、顔を全部うつす必要もありません。

半分隠れてたっていいんです。どうせ会うことになるんですから、顔を合わせるのが早いか遅いかだけの違いなのですから。

ポジティブに書く

ネガティブなことは書かないようにしてください。人妻は普段のつまらない単調な生活の中で、いっときの楽しみのために出会い系サイトを利用しています。あなたがどんなにネガティブな人だとしても、そのことを正直に書く必要はありません。

また、実際にあう場面を連想させるようなことをかいてください。好きな場所・好きな食べ物などを書いて、実際に会う時が来ることを連想させるようにしてください。

最初から女性にたいするリクエストは書かない

たとえば、「近くに住んでいる女性希望です」「すぐに会える女性希望です」「若い女性希望です」など、女性に対するリクエストは書かないほうが良いでしょう。たとえば、自分が若い女性であったとしても「若い女性希望です」と書いている男性にメールはしないものなのです。間口は広く考えましょう。

プロフィールの名前の大切さ

出会い系で使用するハンドルネーム・ニックネームは、あなたが思っている以上に大切です。そして、女性の男性にたいする印象はハンドルネームで大きく変わります。

女性の名前をざっと見てみてください。

  • 佐藤美咲
  • yui
  • みどり
  • 四宮サナエ
  • ニャンニャン
  • 人妻ゆりこ
  • クッキー

などという名前の女性がいたとしてどうでしょう。名前を読んだ時点で印象がぜんぜん違うんじゃないでしょうか。メールのタイトルや本文をいっしょうけんめい考えて、ハンドルネームに無頓着な人が多すぎます。ハンドルネームもきちんと考えて付けましょう。

使ってはいけない名前

たとえば、

  • Moon chiled
  • vanilla
  • シナモン
  • トワイライトナイト
  • 綺羅(キラ)

なんていう名前の人がいます。

やめたほうがよろしいと思います。

まともな女性がそんな男性を相手にするでしょうか。

そもそも、実際に会うことになったら
「はじめまして、む~んちゃいるどです」って挨拶するんでしょうか。

その時になって気づいても遅いんです。

こういう名前をつけましょう。

タクヤ・ユウキ・マコト

みたいな名前も付けてはいけません。なぜなら、同じ名前の男性が出会い系サイトには大量に存在するんです。

だからせめて苗字は付けるようにしましょう。

佐藤ユウキ

みたいなフツーのものでかまいません。フツーが一番なんです。もちろん本当の名前である必要はありません。

小さなテクニック

また、もしもハンドルネームの文字数制限がある程度長ければ、名前の後ろにちょっと一言コメントを付けるというのも効果的です。

たとえば、

佐藤ユウキ(職場は新宿です)

なんていうのも効果的です。

もちろん、普通出会い系サイトに居住地域を設定できる場所があるんですが、職場が別の場所ならチャンスが広がりますし、なにより目立つことができます。

逆の立場になって考えてみてください。

仲村恵利(職場は新宿です)

という名前の女性がいて、あなたの生活圏が新宿だったら、メールしたくなりませんか?

よくあるダメな名前

使っている人が非常に多いダメなハンドルネームの例を上げておきます。下記のような名前は女性は好印象を持ちません。

  • お酒の名前
  • 車の名前
  • 卑猥な名前
  • ○○クン・○○さん・○○ぽん など
  • 芸能人と同姓同名

男性の魅力は経済力

女性、特に人妻は経済力がある男性が好きです。

「人妻との不倫は経済力は関係ない」

と思っている人もいるかもしれません。

しかし、30代以上の女性にとって男性の経済力とは人間力なのです。

女性は、仕事ができる男性に憧れます。そして、仕事ができる男性は経済力があるのです。

例えば、イチローは野球が上手いから魅力的なわけではありません。野球がうまくなれば経済的に裕福になれるという世の中のルールのもとに、高いパフォーマンスを発揮しているから魅力的なのです。

もちろん、経済力がなくてもモテる男性もいるでしょう。しかし、一般的な傾向として、経済力がある男性がモテている状況というのは疑いようもありません。

奥さんがいて、ルックスもそれほど良くないのに、モテている金持ちの男性があふれているではありませんか。

だからといって、金持ちになる必要はありません。

もちろん、そのことをモチベーションに金持ちになるのはすばらしいことですが、このブログの趣旨とは離れてしまいます。

重要なのは、どうせだったら、お金持ちに見えるようにするということです。

もちろん露骨な自慢はダメです。

でも例えば、「ウチの会社は~」なんて言って社長であることを匂わせたり、「家を買った時に~」などと言って家を買ったことをさりげなく自慢してみたりなんていう一言で、人妻は一気に食いついてきます。

人妻はどうせ不倫するなら、自分の旦那よりステージが上の男を求めているのです。

それが一時の不倫であっても、夢を見させてあげようではありませんか。

わたしたちは、その報酬に、人妻のカラダをいただくのですから……。

オススメの出会い系サイト
人妻とつながるオススメの出会い系サイト

あなたがセックスをしたいなら、どんなに努力をしてでも人妻セフレを作るべきです。

考えてみてください。一度、人妻のセックスフレンドを作ってしまえば、その後、何度も何度も何度もセックスできるんです。

これまで大量に人妻と出会ってきたわたしがオススメする出会い系サイトを紹介します。

03 プロフィール・掲示板
人妻とつながる不倫クラブ