プロフィールは出会い系の成功を左右するもっとも大事なポイント

本田
本田

ども。本田です。今日はプロフィールのお話です。

まずはいつもどおり人妻の魅力の紹介から……

出会い系サイトで狙うならぜったい人妻です!

プロフィールは出会い系の成功を左右するもっとも大事なポイント

人妻は、すでに家庭を持っているわけですから、大胆な行動は取れません。

だから面倒な事に巻き込まれることがないんです。

いっぽうで、独身女性をセフレに持ったとすると……

  • 子供がほしい
  • お嫁さんになりたい
  • 彼女になりたい

なんてばかなことをいいだす可能性があります。

本田
本田

出会い系で知りあったセフレと結婚するバカがどこにいるんだよ!

と怒鳴りつけたくなりますが、なんとかなだめてチンポを挿入する毎日です。スコスコ。

そういった心配がないのが人妻のいいところですね。

そもそも人妻と関係をもつことになるのなら、それは必然的にセフレという関係になります。人の妻なのですから、彼女にはできませんし、こちらとしてもそういった関係は望んでいないわけですからね。

人妻=セフレ

人妻といえばセフレ。セフレといえば人妻。それくらい密接な関係にあると言えます。

ただ都合のいい時に会って、セックスだけを楽しむ。プレゼントをせがまれたり、どこどこへ連れて行ってなど、煩わしいことがなく肉体関係を楽しめるのですから、一度人妻セフレの味を知ってしまったら戻れませんね。

そんな楽しい人妻との不倫関係を出会い系サイトで探すために、本日は、出会い系でのプロフィールの作成方法をまとめました。

これから出会い系に登録しようと思っている人はラッキーです。なにせ、一番大事なことを知った上で始めることが出来るのですから。

すでに出会い系に登録して出会いに失敗している人もラッキーです。あなたが出会えうことができなかった理由が、ここでわかるのですから。

出会い系において、出会えるか出会えないかを決めるもっとも大事なことはプロフィールなんです。

ファーストメールの文面を考える」よりもよっぽど大事なことです。出会い系でもっとも大事なのに、もっとも軽視されているのがこの部分なのです。

目次

出会い系でのプロフィールの作成方法まとめ

女性はプロフィールを見る

女性は必ずといってもいいほど男性のプロフィールをしっかりと見ます。

男性が女性のプロフィールを見るときはけっこう適当だったりします。顔写真がのっていなければスルーしたり、プロフィールを見るとしても年齢やスタイル・スリーサイズだけで趣味や好きなことについて長々と書かれた部分は完全に読み飛ばしたり……と。

プロフィールは出会い系の成功を左右するもっとも大事なポイント

単純にいってしまえば、胸の谷間が載っている写真さえあれば男はそれで満足してしまう生き物なのです。

プロフィールは出会い系の成功を左右するもっとも大事なポイント

しかし、女性の場合はそうはいきません。出会い系というのは見ず知らずの男女が出会う場所ですし、会ってみなければ相手がどんな人物かはわかりません。男性と女性では多くの場合、女性のほうが体力や体格的にハンデを背負っていますので、いざという場合には力づくでどうにかされてしまうかもしれない、という心配もあります。

とくに不倫をしたいと思っている人妻たちは、その他にも

  • バラされるリスク
  • 馬鹿と不倫をしてバレてしまうリスク
  • 脅迫されるリスク

を徹底的に避けようとします。

だから会おうとする男性に関してはできるだけ情報を集めたいとおもうものですし、吟味するものなんです。

そのため出会い系で人妻と出会いたいならプロフィールにチカラを入れる、というのはもはや鉄則と言えるでしょう。

プロフィールは、一度しっかりと書いてしまえば、あとは放っておくだけで効果を発揮してくれるのです。

プロフィールをつくる際には最低でも30分以上かけてください。

面倒くさいとおもうかもしれませんが、ここをおろそかにしてしまうのは本当に損なんです。

プロフィールがなぜ大切か

たとえば、出会い系で出会える確率を高める要素に「ルックス」と「収入」があります。しかし、そのどちらかが優れていたとしても、あるいはその両方を兼ね備えていたとしても、プロフィールページが適当だったらそもそも出会えるチャンスが発生すらしないのです。

いくらイケメンだとしても自分の写真を載せないことにはそれが伝わりませんし、いくら年収1000万を超えていてもプロフィールにそれだけしか書かれていなければ相手を警戒させてしまうか、そもそも冷やかしとして相手にされないかです。

出会える人ほどプロフィールがしっかりしており、出会えない人ほどプロフィールがいい加減なことは明白です。

もしかして、あなたも「はじめまして。よろしくお願いします」とだけ書かれたプロフィールにしていませんか?

そんなプロフィールじゃ絶対に会えません。「絶対に」です。

みずから出会いのチャンスをみすみす潰しているようなもので、時間とお金の無駄でしかありません。

出会い系サイトで同性(男性)のプロフィールページを1000件くらい調べてみました。

ここで言う「いい加減なプロフィール」というのは

  • 自己紹介になにもかかれていない
  • なにか書かれていたとしても短文すぎる
  • 写真もアバターも設定されていない
  • 年齢や身長・体重・年収などが未記入
  • プロフィールページ背景の色が白のまま
  • 趣味など個人の特徴をイメージできる項目がない

などなど、探せばいくらでもあるようなプロフィールページのことです。

こういった「無価値なプロフィールページ」にしている男性は7割以上にものぼりました。つまり「100人中70人の男性が出会う対象として見られていない」というわけです。これってけっこう衝撃的ではありませんか?

今までは、1人の女性に、わたし以外に10人の男性がメールを送ってアプローチをしていた場合、10人全員がライバルだと思っていました。しかし、現実ではわずか3人しか競争相手になっていなかったのです。

プロフィールページがいい加減な男性は、争いに参加する資格すらないわけですね。

プロフィールは出会い系の成功を左右するもっとも大事なポイント

これはあまりに虚しいものではないでしょうか?

「この事実を知っているわたし」からすれば、ライバルが勝手に自滅していくれているのでありがたいことなのですが、もし自分がその立場だったら……と思うとゾッとします。「本人が無駄なことをしていることに気づいていない」という事実はホラー映画のように戦慄をさそいますね。

プロフィールは出会い系の成功を左右するもっとも大事なポイント

つまり、出会い系でもっとも力を入れるべきなのはプロフィールを作成する時間です。

仮に1時間かけてプロフィールを練り上げたとしたら、そのプロフィールは今後ずっと使えるのです。もし、ファーストメールの文面を1時間かけて練り上げたとしても、その人にしか使えない一度きりのものになってしまいますし、返事が返ってくるとは限りません。

しかし、プロフィールは永続的に効果を発揮してくれます。それも確実に!

プロフィールに力を入れるのはコスパがよい

メールの返信は、毎回毎回違うことを考えなくてはなりません。

しかし、プロフィールは、一度完璧なものを作ってしまえば、それをあなたの出会い系人生でずーーーと同じものを使い続ければいいのです。

これほどコスパの良い投資はないのです。

どんなに時間をかけてプロフィールを書いても損することはぜったいにありません。

また、わたしは、以前はプロフィール検索からメールが来ることはほとんどなかったのですが、プロフィールに力を入れるようになってから1日平均2通程度のメールをもらえるようになりました。出会い系サイト1つあたり2通なので、4つの出会い系サイトに入会していれば、1日8通のメールを受け取ることができるということになります。1日8通は、年間では、2920通です。プロフィールのすごさがわかっていただけますでしょうか。

入会と同時にプロフィールを記入させられる罠

なぜ多くの男性がプロフィールをいい加減にしてしまうかというと、入会と同時に記入を求められるからなんですね。出会い系に入会するときの男性の心理とは、それはもう期待に満ち溢れているわけです。

  • 一体どんな女性がいるんだろう?
  • 自分の近くにいい人がいるだろうか?
  • 写真を見れたりするのだろうか?
  • その中にはエッチな写真もあったり?

などなど、とにかく出会いとセックスのことしか頭にないわけです。

プロフィールは出会い系の成功を左右するもっとも大事なポイント

はやく女性のプロフィールを見たい!掲示板をみてみたい!好みの条件で検索したい!はやくはやく!

と、気ばかりが焦ってしまうんです。そんな時に「プロフィールを入力してください」なんて言われてもさっさと先に進みたいんですよ。そのため、テキトーに「はじめまして。よろしくお願いします!」といった何の価値もない文章をいれてしまうのも無理はないといったところです。

プロフィール

例えばこんなプロフィール……誰しも一度は見たことがありませんか? 果たして、こんなプロフィールの男性と出会いたいと思う女性がいるでしょうか?

さすがにここまでひどくはなくても、いい加減なプロフィールで済ませてしまう人はたくさんいます。「趣味は読書と映画鑑賞です」なんてほぼ無価値です。多くの人が似たような趣味を書いていますし、自分ならではの個性がまったく見受けられません

大事なのは、

  • 他の人とは違う
  • どんな人なのかイメージしたくなる
  • なんとなく気になることが書かれている

などなど、なんでもいいから印象を残せるプロフィールです。当り障りのない、無難なプロフィールは相手の心になにもひっかかりません。

良いプロフィールとはどんなプロフィールか

ただ文章や情報を増やせばいいわけではありません。あくまでも「必要なことを簡潔に伝える」ことで女性の目をひくんです。

ページを開いて改行もされていない文章がずらっとみっちり並んでいたとしたら、それだけでもう見る気をなくしてしまいますよね。あくまでも人が読むものだ、という意識を持って句読点の使い方や適切な改行など、文章を書く時に気をつけたい基本的なことを抑えておきましょう。

例えば趣味の欄。

とにかく情報を詰め込もうとして、たんなる情報の羅列になっている人がいます。

「ジョギング・読書・自転車・ドライブ・美味しいもの巡り・映画鑑賞などが好きです」

なんて書かれても、それは単なる情報です。意味がありません。

それよりも、

「最近はジョギングを毎日しているので、10キロほど痩せることに成功しました」

なんていうふうに、その趣味から、自分が何を感じたか、どう変わったかを書くべきなのです。

ちょっと書き方と情報を加えるだけで全然印象が違ってくるんです。

読書や映画が趣味なら好きな作品やジャンルを書けばいいですね。いろんなジャンルがある小説や映画の中で、どんなジャンルが好きなのかを書いておけば、同じような趣味の女性の目をひきます。

「スターウォーズシリーズが大好きです」だったり「司馬遼太郎をよく読んでいます」といったような、具体的な情報があることも大事ですね。その人ならではの個性がちょっと見えてくるだけでも全然違います。

釣りや登山などのアウトドアが趣味な人でしたら、どんな場所によく行くかをちょっと付け加えておくといいでしょう。そうするとリアリティがでてイメージしやすいですし、女性がメールをする際にも「◯◯山にいかれたんですね。どんなところでしたか?」と話題のキッカケにもなってくれるのです。女性の趣味も山登りだったら仲良くなるスピードが2倍にも3倍にもなるでしょう。

プロフィールは出会い系の成功を左右するもっとも大事なポイント

実際、わたしたちが女性にメールを出す前にはプロフィールを見ますよね。そして、趣味やその女性が興味ありそうなことに関する情報を読み、その中で自分が話題にできそうな共通点をみつけてから、その話題をちょっといれてまずはメールをする……というのがよくあるパターンです。これが王道パターンです。

それは男性だけではないんです。女性だって見知らぬ人に話しかけるときは共通の話題が必要になりますから、プロフィール検索なり掲示板を見たりで、いろんな男性を探そうとします。「一体どんな人なんだろう?」という興味を持った上でプロフィールページを見てくれたわけです。

そこでなんの情報も価値もないプロフィールページを見せてしまえば

プロフィールは出会い系の成功を左右するもっとも大事なポイント

え、なにこの人……どんな人なのか全然わかんない

と、がっかりされてしまいその時点で興味を失われてしまいますからね。

プロフィールページは自分の顔であると同時に、釣り針でもあります。自分に興味を持ってくれた女性がさらに興味をもって食いついてくれるのか、それとも興味をなくして出会いのキッカケを失ってしまうのか……それは、プロフィールページにかかっているのです。

プロフィール例文

プロフィール例文です。余計なことを考えたくないかたは、こちらのプロフィールをコピペして使ってください。

35歳/172cm/58kg
はじめまして。
趣味は美味しいものを食べたり飲んだりすることです。お酒も好きで、最近1人でバーに行くようになりました。
映画やスポーツ観戦も好きです。
音楽は○○や○○が好きです。
趣味が合う方がいたら仲良くしてくれると嬉しいです。

プロフィールの検索結果では、身長体重などは表示されないため、背が高い人や痩せ型の人は、数値を書いておくと目立つしクリックされる確率が格段に上がります。

はじめまして!
○○といいます。
都内の飲食店で働いてて 既婚、子供無しです!
○○周辺に住んでいて休みは不定期です。
パートナーとは食事の趣味が合わないため、気軽に一緒に食事に行ってくれる方を探してます。
仕事柄、ビストロやカジュアルフレンチなどに一緒に行ってくれる方探してます!
気が合えばカラオケが趣味なのでいっしょに行きたいですね ^.^

最初から既婚と名言してしまうのも良い戦略ですね。ただし、既婚と言ってしまうと「絶対に落とせない女性」もいます。

既婚者でも独身とウソをつく人がいますが、出会い系サイトのセフレ探しでは独身の方がいいとはかぎらないんです。

W不倫をしたいと思っている人妻はけっこういるので、そういう女性は既婚男性を探しています。

また、そういう女性はセフレ関係になると、お互いがバレないように気を使いあえるので、関係が長く続く傾向があります。

たとえば、出会い系サイトに4サイト入会するとしたら、2サイトずつ独身と既婚を変えて登録してみてはいかがでしょうか。

はじめまして!
○○といいます。
仕事が終わってから気楽に飲んで笑っておしゃべりできる仲間募集中です! (恵比寿、渋谷、中目黒近辺)。
気楽に声かけてください。

「仲間募集」だといかにも友達がたくさんいそうだし警戒心を解くことができます。

はじめまして。
○○といいます。
一緒に遊びに行ったり、飲みに行ったりして楽しめる方を探しています!
普段は営業の仕事をしていて週末の夜、土日が空いてます。
休みの日は、ジム行ったり、映画見たり漫画読んだりゴロゴロしてます笑
星野源に似てるって言われます笑

星野源のように男前じゃないけど高感度が高い芸能人に似ているならかなりのプラスポイントになります。

女性のプロフィールを参考にする

女性のプロフィールを見てみてください。

「こういう女性にはメールをしたくなるな」って思うようなプロフィールが見つかるはずです。もちろんその逆に、ぜったいにメールをしたくないような女性もたくさんいるはずです。

たとえば、こんなプロフィールの女性がいたらどうでしょう。

自己紹介

初めまして。○○です♪

以前こちらのサイトで知り合ってお会いしていた人がいたのですが、最近相手が恋人ができたみたいで。
いろいろと迷惑かけたくないですし、ちゃんと二人で話し合って関係は終わりました(´ω`)

わたしとしてもとてもいい時間だったので、また素敵な方を探したいと思ってます♪

☆イケメンは緊張しちゃって苦手なので、内面重視で優しい方を探してます☆
※乱暴な方はNGです

こういう方とお会いできたら嬉しいです(*´ω`*)

こんなわたしでよければ気軽に声をかけてくれるとうれしいです♪

簡単なプロフです↓
☆157cm 痩せ型☆
☆可愛い系と言われる☆
☆性格はマジメで頑張り屋といわれます☆

どうでしょう。メールをしたくなりませんか?

ちなみにこのプロフィールの良いところは、

  • 以前、このサイトで知り合った男性がいる
  • 別れるときにすっきりとわかれたことを強調している
  • 「イケメンは緊張」ということでルックスのハードルを下げている
  • 「乱暴な方はNG」という「ウソをつけばどうにでもなる条件」をあげている
  • プロフィールに痩せ型と書いている

などなどですね。

こういうプロフィールを参考にして自分のプロフィールづくりに活かせばいいのです。

他の男性のプロフィールを参考にする

他の男性のプロフィールを参考にするのもおすすめ。

いきなり良いプロフィールを書いてといわれても書けるものではないですよね。それに、プロフィールなんてのは人それぞれだし、お手本を参考にして丸写しをしたところで自分に合っていなければ何の意味もありません。

「そう言われてもプロフィールなんてどう書けばいいの? 趣味をちょっとかいて、あとはよろしくお願いします、くらいしか思いつかなかった……」という男性も多いことでしょう。そういう場合はどうすればいいのか。

簡単です。パクればいいんです。

プロフィールは出会い系の成功を左右するもっとも大事なポイント

あなたが男性のプロフィールをいろいろと巡回して見て回って「これはいいな」や「なるほどな」と思った自己紹介の仕方を真似してしまえばいいんです!

もちろん、プロフィールだけに限りません。たとえば自撮りの撮り方を参考にしたり、プロフィールに公開掲示板やつぶやきシステムがあるのでしたら、どういう書きこみが女性にウケているのか、というのを勉強することが出来ます。

こういう生の情報というのはまず間違いなく役に立ちます。

個人的なオススメとしては、まずはなんでもいいのでテキトーにプロフィールを記入して入会し、まず女性を探す前に他の男性のプロフィールを見まくることです。

ワクワクメールやハッピーメールは、検索の条件で女性から男性に変更すればずらっとリストにでてきますので、いくらでも見ることが出来ます。

この「変更」をクリックすることで男性と女性を切り替えることができます。

プロフィールは出会い系の成功を左右するもっとも大事なポイント

登録している人数だけ参考書があるようなものです。これを活用しない手はありません!

まずはいろんな男性のプロフィールを見てください。

  • あー、こいつはダメだな
  • この人はまじめに書いてるな
  • なるほど、こういう表現の仕方があるのか

参考になる部分がたくさんあると思います。

自分が良いと思ったものを女性が良いと思うかどうかはわかりませんが、少なくともそうやって一生懸命調べて工夫したプロフィールはわかるのです。「あ、この人はちゃんとプロフィール書いてる」という気持ちが伝わるのです。

同じ趣味の人を探して参考にするのもいいですし、なにか興味をそそられる趣味などがあったら真似してみるのもいいですね。

人間だれしも何かを始めるときは、まずは模倣からです。赤ちゃんがしゃべるのだって親の真似ですし、歩くのだって真似をするところから始まるのですから。

プロフィールはできるだけこちらの情報を出す

出会い系はギブアンドテイクです。こちらが情報を出さなければあちらも情報を出してくれません。

とくに人妻は出会いに関して警戒心が強いのです。こちらの詳細を伝えるほど、あちらは警戒心を解いてくれます。

ただ、詳しい住所や職場など、極端な個人情報を書くのは危険なので気をつけてください。

重要なのは、身体的特徴を書くこと。

案外、これを書いてない人って多いんです。でも、男性が女性のバストサイズを気にするのと同じように、女性だって男性の身長や体重を気にします。特に身長や体重についての趣向は人それぞれですからね。一般的には背の高い男性が好まれますが、中には背の低い男性が好きっていう女性だっているんです。同様に体重だって太めのおじさまが好きっていう女子大生がいたっておかしくありません。

あなたがその情報を書かないことは、そういった出会いのチャンスを自ら潰しているようなものです。

また、できれば具体的に、「スポーツが好きです」よりも「サッカーが好きです」と書いてください。間口を広げようとして、結局だれにもターゲットにされないという事態を防げます。

実際にあう場面を連想させるようなことをかいてください。好きな場所・好きな食べ物などを書いて、実際に会う時が来ることを連想させるようにしてください。

たとえば、「ずっと彼女がいなかったので、勇気をだして彼女を探しています。もしよかったらメールをください。よろしくおねがいします」なんていうプロフィールでは、あなたが誰なのかぜんぜんわかりません。

あなただったら相手のどんなことを知りたいのかを想像し、出来る限り具体的に書きましょう。

だからといって、書いては行けない情報もあります。

詳しい個人情報を書いてしまうと、それが悪用されてしまう心配があります。

当サイトで紹介している出会い系サイトは安心サイトばかりですが、サイト内に潜り込んでいる悪徳業者がたくさんいるので注意が必要です。

最初から女性にたいするリクエストは書かないでください。

たとえば、「近くに住んでいる女性希望です」「すぐに会える女性希望です」「若い女性希望です」など、女性に対するリクエストは書かないほうが良いでしょう。たとえば、自分が若い女性であったとしても「若い女性希望です」と書いている男性にメールはしないものなのです。間口は広く考えましょう。

また、ネガティブなことは書かないようにしてください。人妻は普段のつまらない単調な生活の中で、いっときの楽しみのために出会い系サイトを利用しています。あなたがどんなにネガティブな人だとしても、そのことを正直に書く必要はありません。

自分が何者かは最初の2行にまとめる

「出会い系サイト」では、多くの人の中から気になる人を選び出します。

いろいろな条件で検索をかけることもできますが、どんな人なのかプロフィールを読んで判断したいですよね。

しかし女性はそう多くの人のプロフィールを読むことはできません。だから効果的に人を惹きつけるためには、「はじめの2行」にどんな人なのかが分かる文章が必要になります。

「はじめまして。数ある登録者のなかからわたしのプロフィールを読んでいただいてありがとうございます。わたしはこうしたサイトに登録するのは初めてなので、とても緊張しています。会社での出会いもなく、合コンも婚活パーティーも参加できていません……」

このようなプロフィールを見てどう思われますか?

3行分を読んでも「初めての登録者」「会社員らしい」「合コンや婚活パーティーには参加していない」という情報しか分かりません。

まあ文面からは、真面目で丁寧な人だな……とは思いますが、もう少し具体的な書き出しを意識しましょう。

「はじめまして。真剣にお付き合いできる彼女を探している35歳、独身男性です。製造メーカーに勤務しています。趣味はゴルフです!といってもまだ始めて2か月の初心者です。」

こうすれば、どういう相手を求めている人なのか一目瞭然です。仕事、趣味も盛り込みました。

プロフィールの名前の大切さ

出会い系で使用するハンドルネーム・ニックネームは、あなたが思っている以上に大切です。そして、女性の男性にたいする印象はハンドルネームで大きく変わります。

女性の名前をざっと見てみてください。

  • 佐藤美咲
  • yui
  • みどり
  • 四宮サナエ
  • ニャンニャン
  • 人妻ゆりこ
  • クッキー

などという名前の女性がいたとしてどうでしょう。名前を読んだ時点で印象がぜんぜん違うんじゃないでしょうか。メールのタイトルや本文をいっしょうけんめい考えて、ハンドルネームに無頓着な人が多すぎます。ハンドルネームもきちんと考えて付けましょう。

たとえば、

  • Moon chiled
  • vanilla
  • シナモン
  • トワイライトナイト
  • 綺羅(キラ)

なんていう名前の人がいます。

やめたほうがよろしいと思います。

まともな女性がそんな男性を相手にするでしょうか。

そもそも、実際に会うことになったら
「はじめまして、む~んちゃいるどです」って挨拶するんでしょうか。

その時になって気づいても遅いんです。

タクヤ・ユウキ・マコト

みたいな名前も付けてはいけません。なぜなら、同じ名前の男性が出会い系サイトには大量に存在するんです。

だからせめて苗字は付けるようにしましょう。

佐藤ユウキ

みたいなフツーのものでかまいません。フツーが一番なんです。もちろん本当の名前である必要はありません。

また、もしもハンドルネームの文字数制限がある程度長ければ、名前の後ろにちょっと一言コメントを付けるというのも効果的です。

たとえば、

佐藤ユウキ(職場は新宿です)

なんていうのも効果的です。

もちろん、普通出会い系サイトに居住地域を設定できる場所があるんですが、職場が別の場所ならチャンスが広がりますし、なにより目立つことができます。

逆の立場になって考えてみてください。

仲村恵利(職場は新宿です)

という名前の女性がいて、あなたの生活圏が新宿だったら、メールしたくなりませんか?

使っている人が非常に多いダメなハンドルネームの例を上げておきます。下記のような名前は女性は好印象を持ちません。

  • お酒の名前
  • 車の名前
  • 卑猥な名前
  • ○○クン・○○さん・○○ぽん など
  • 芸能人と同姓同名

男性の魅力は経済力

女性、特に人妻は経済力がある男性が好きです。

「人妻との不倫は経済力は関係ない」

と思っている人もいるかもしれません。

しかし、30代以上の女性にとって男性の経済力とは人間力なのです。

女性は、仕事ができる男性に憧れます。そして、仕事ができる男性は経済力があるのです。

例えば、イチローは野球が上手いから魅力的なわけではありません。野球がうまくなれば経済的に裕福になれるという世の中のルールのもとに、高いパフォーマンスを発揮しているから魅力的なのです。

もちろん、経済力がなくてもモテる男性もいるでしょう。しかし、一般的な傾向として、経済力がある男性がモテている状況というのは疑いようもありません。

奥さんがいて、ルックスもそれほど良くないのに、モテている金持ちの男性があふれているではありませんか。

だからといって、金持ちになる必要はありません。

もちろん、そのことをモチベーションに金持ちになるのはすばらしいことですが、このブログの趣旨とは離れてしまいます。

重要なのは、どうせだったら、お金持ちに見えるようにするということです。

もちろん露骨な自慢はダメです。

でも例えば、「ウチの会社は~」なんて言って社長であることを匂わせたり、「家を買った時に~」などと言って家を買ったことをさりげなく自慢してみたりなんていう一言で、人妻は一気に食いついてきます。

人妻はどうせ不倫するなら、自分の旦那よりステージが上の男を求めているのです。

それが一時の不倫であっても、夢を見させてあげようではありませんか。

わたしたちは、その報酬に、人妻のカラダをいただくのですから……。

職業は本当のことを書く必要はない

女性にとって、男性のスペック(職業)は相手を見極める重要な要素。憧れるような職業の男性は、間違いなく魅力的に映ります。

ただ、どうしても暗い印象を持たれてしまう仕事もあります。例えば、製造業で働いている場合、「製造業」と記載するだけでは、どうしても地味な印象ですね。

プロフィールは出会い系の成功を左右するもっとも大事なポイント

決して悪い仕事ではありませんが、女性受けが良いとは言えません。

そんなときは、

プロフィールは出会い系の成功を左右するもっとも大事なポイント

ものづくり系の仕事です。自分が作ったものが世の中に出荷されるので、すごいやりがいがあります

なんて伝えると、ガラッと印象も変わりますよね。

または大手メーカーと関わりがあれば、それを伝えるのも好印象! 「うちの会社はトヨタから依頼を受けて部品を作っているんですよ」このように過去に一度でも大手会社と取引があれば、その名前を出しちゃっても良いでしょう。

あるいは下請等の形で仕事を受けていたとしても、そこまで詮索する女性はいませんから、あえて有名な会社を出して、つながりがあるということをアピールするのも一つの手段です。

しかし、ぶっちゃけていうと、職業は本当のことを書く必要はありません。

あなたは結婚相手をさがしているのではありません。セックスの相手を探しているのです。

無職・ニート・フリーターなんて書く必要はないんです。

なにかあなたが詳しい職業を書いておいてください。

ただし、医者・弁護士などだと、仕事に関した話を突っ込まれたときにバレてしまうのでやめておいたほうが無難です。

わたしは出版社に勤めているとウソを付いていますが、これまでウソがバレたことはありません。もちろん業界の女性に質問されたらバレてしまうでしょうけどね。

自慢話はしない

自慢話はやめましょう。

  • 大企業に勤めている
  • 高学歴である
  • 金持ちである

そういう自慢話を露骨にする男は嫌われます。

内容が完璧すぎると嘘くさく見えてしまいます。80点くらいのプロフィールをこころがけてください。

重要なことは、「アピールと自虐」のバランスです。言い換えれば「自慢と卑下」のバランスです。アピールばかりでは、「ナニ?この自慢男」となりますし、自虐ばかりでは、「めんどくさっ」となります。

アピールと自虐のベストバランスを考えてみましょう。

【アピール9 : 自虐1】

「大学卒業後、○○に就職して11年目、小さな部門の管理を任されています。仕事ができるってわけじゃないけど、部下や後輩にも信頼され、上司にも可愛がられています。
高校の頃から野球が好きで、観るのはもちろんですが、今でも草野球でホームランを量産しています!仕事も遊びも「人づきあいがあってこそ」と思っています。誰かが困っているときは見過ごすことはできません。これもスポーツマン精神かな?
女性は明るい人が好きです。一緒にいてさらに明るくさせる自信もあります。こんなおれが「なぜ出会い系に?」って気になりますか? 世の中には自分の生活の範囲だけでは知り合うことができない素敵な女性がたくさんいると信じているからです。こんな素直(?)な夢見る俺の彼女になってみませんか?」

これは例文です。ところどころイラっと来る文面も織り込みましたが、この暑苦しいまでのアピールってどうですか? 正直「ないなー」って思いませんか?

【アピール1 : 自虐9】

「一応IT企業に勤めてます。人付き合いが苦手でなかなか思ったことを言えない性格です。そのため仕事も「なんだかなー」って感じで、前の彼女とも自然消滅でした。(付き合いって言っても3ヵ月でしたけど…)何か楽しいことがないかな、って思っていて、彼女ができたら変わるかな?なんて。
一応車の免許は持っていますが、近くに駐車場を借りれなくて去年、車は手放しました。とりあえず車はなくても生活には困っていませんが、ドライブデートのときはレンタカーでもいいですか?女性は優しい人がいいかな?こんな僕ですがよろしくお願いします。」

どうです…。これもないでしょう。全文から自信のなさが満ち溢れています。

以上、両極端な例文を紹介しましたが、アピールと自虐は「7:3」にすべきです。

趣味

恋人を作りたいのであれば、趣味が同じ女性がいいなあとか、自分の趣味を一緒に楽しめたらいいなあとか考えますね。

しかし、セックスをしたいだけであれば、一緒に趣味なんてしている場合じゃありません。

メシを食ってセックスすればそれでOK。共通の趣味も価値観の共有も必要ありません。

たとえば、わたしは、エグザイルも西野カナもクソみたいな音楽だと思っていますが、女性がそういうものを好きであれば、話を合わせておきます。「くそだなあ」と思いながら。

Twitter で最近、「女性にウケが良い趣味」というのがまとまっていて話題になっていました。

プロフィールは出会い系の成功を左右するもっとも大事なポイント

プロフィールは出会い系の成功を左右するもっとも大事なポイント

まあ、「性風俗」や「女装」などは別にして、女性にウケない趣味である「エロゲー」「鉄道」「競馬」「アイドル追っかけ」などは、もしも恋人を作って将来的に結婚しようと考えているなら、隠している場合じゃありませんね。すくなくとも、その趣味を続ける許可をもらう必要があります。

ところが、セフレづくりではただただ、そういう趣味は隠せばいいんです。簡単です。本当の自分をさらす必要はありません。

さらにいえば、この表で語られている「高度・手軽」「ウケがいい・ウケが悪い」以外にセフレ探しではもうひとつ重要な評価軸が存在します。

それは、ウソをつきやすいかどうかです。

例えば、グルメに関してまったく興味がない人が、グルメが趣味ですと言ってしまえば、会話のなかでボロが出てしまいますね。そもそも、セフレとのデートでも食事をするのはあたりまえ。そんなとき、趣味がグルメだと言ってしまっては、連れて行くお店を時間をかけて考える必要が出てきてしまいます。つまり、グルメというのは、セフレにウソを付くときには向かない趣味と言えるでしょう。

あるいは、ファッションが趣味というのも、ぜったいにウソをつけない趣味ですね。女性からつっこまれたときにどう答えていいかわからないし、そもそもどんな服を着ていけばいいのかわかりません。

それでは、セフレ探しに向いているウソの趣味とはなんでしょうか。

この表のなかでウソをつきやすい趣味として、わたしがオススメするのはボランティアです。

ボランティアが趣味といって、嫌がる女性はなかなかいません。さらに普通の女性はボランティアのことなんて知らないので、ネットで調べたような簡単な知識で騙すことができます。

ボランティアなら、「実際に見せることはできない、部外者を連れていくことはできない」などの話にも信ぴょう性があります。

あなたの自治体でも、かならずなんらかのボランティアが行われていると思うので、いちどウェブで調べてみてください。

ちなみに、わたしは、最初の動機は、ボランティアをすれば女性にモテるだろうというものでしたが、今では、まじめに下心なしにボランティアをしています。

みなさまも気が向いたらぜひどうぞ。人の役に立つことはすばらしいですし、女性から好感を持ってもらえてセックスできるんだから、最高ですよ。

あとは語学の勉強なんていうのも頭が良さそうに思われて好印象だったりします。ドイツ語を習っているんだ、なんていっておけばちょっとかっこいい印象になりますからね。適当なドイツ語を3つ4つ覚えてさえいれば、それを適当に披露すれば相手はどうせわかりませんので、信じてくれるものです(笑)

あとはピアノやギターなどの音楽系も人気ですね。どうせラブホにピアノやギターなんておいてないんですから、披露する場もないので安全です。

ちなみに以前、刀剣収集というのを趣味にしていたのですが、ちょうど1年位前から急に刀剣について食いついてくる女性が増えてきたことがありました。当然、刀剣なんてほとんど知識がないのでそのつど検索などをして適当に答えていたのですが、いかんせん数が多すぎる。不思議におもっていたら、どうも刀剣をモチーフにしたソーシャルゲームが女性に人気だったからなんだそうです。

プロフィールは出会い系の成功を左右するもっとも大事なポイント

かなり突っ込まれてオタク知識の披露会みたいになってしまったので、刀剣収集の趣味はもう封印しています(笑)

とにかく、多少はつっこまれたとしてもこっちは検索する時間がありますのでなんとかなります。そういう反応を女性にしてもらえてる時点でこっちのものでもありますからね。

しっかりとプロフィールを書けば、女性の方から声をかけてくる確率が格段に増えますし、こちらからメールをした際にも返事がかえってくる期待が持てます。

あえてサイト内やり取りを続けるテクニック

いまの女性たちが不倫相手に求めているものはなによりも安全・安心です。いまや不倫の動かぬ証拠としてLINEのやりとりが雑誌に載ってしまう時代なのですから、メールやLINEからバレるのはこわいな……と、不倫をしている女性ならそう思うはずです。

だからこそ、あえてサイト内でのやりとりが今、相手に安心感を与えることが出来るんです。 いまや出会い系においてLINEやメールアドレスの交換というのは当たり前です。LINEであればブロック、フリーメールであれば使い捨てできますので、手軽な手段として便利ですからね。

しかし、いまはその安全性に疑問の声が上がっています。もっとも、あの事件でのLINEの流出はiPhone特有の問題であるところのクローンiPhoneを利用した盗み見だったようですし、あれからLINEも頻繁にアップデートしていますので、いずれ対策されることでしょう。でも、一度ついてしまった「LINEは怖い」というイメージはなかなか拭えませんので「サイト内のままでいいよ」と言ってあげることで、なによりも安心感を与えることが出来るんです。

私もそうですが、基本的に会う約束をする段階になったら必ず連絡先をききます。ここで教えてくれないような女性は冷やかしかサクラか?!と断定するような勢いでいたのですが、今はそれを改めています。

もっとも、しばらくすればこの風潮もなくなって元通りになると思いますが、まだあの事件の興奮冷めやらぬ今においてはこの気配りが出来る男性なら安心、という印象を手軽に与えることが出来ますから。

そこまで気が回らない男たちは、昔の私のようにさっさとLINEなどの連絡先を聞き出そうとして、断られたり不安に思われたりして損をしているわけです。サイト内のメールにかかる費用なんて小銭程度なのですから、それで女性からぐっと信頼されるのであれば安い買い物と言えるでしょう。

いろんなプロフィールを作ってみる

さらに、出会いを成功させたいならいろいろ試してみることが重要です。

たとえば、いろんなプロフィールを作ってみるっていうのがオススメです。

もちろん、身長や年齢をウソをつくっていうのはオススメしません。実際に会った時にバレちゃいますからね。

それよりも目的をいろいろ変更するのです。

たとえば、わたしがよく使っているのが以下のような例。

  1. 身体の関係を求めています。
  2. 身体の関係を求めているわけではありません。

と、ぜんぜん違う正反対のプロフィールで登録するのです。

いろいろな女性と出会うことができますし、いろいろなプロフィールをためすうちに、どんな男性が出会えるのかがわかってきます。

いろいろなことを試さないと出会いのスキルは上達しないものなのです。

とにかく最初はいろいろな男性を演じてみましょう。だんだんとメールがこないプロフィールがわかってくると思います。

そして、本当に効果があるプロフィールやメールを探し当てるのです。

こんな出会い方法はリアルな生活ではぜったいにできませんね。出会い系サイトだからこそできることです。

だったら、試さない手はありません。

ところで「身体の関係を求めているわけではありません」なんて書いておいてセックスができるのか? って不安になるかもしれませんが、わたしの経験上、どんなメールをしていたとしても、出会い系サイトで出会ったらセックスまでは間違いなく持ち込むことができます。

身体の関係なしでっていうメールに食いつく女性っていうのは、イイワケしたいだけなんです。「身体の関係なしって言ってたし……」てイイワケをして男性と会いたいのです。そのあとも、イイワケを繰り返すだけです。「向こうから強引にキスされたんだし」「終電がなくなっちゃったし」「なにもしないって言ってたし」そうやって最終的には股を開くのです。あんしんしてください。

顔写真は絶対にプラス印象

出会い系に自分の顔写真を載せるのはちょっと……そんなの、知り合いに見つかったら恥ずかしいじゃん。なんて思う人もいるかもしれません。でも安心してください。そんなケースはほとんどありませんし、知り合いにバレるときはその知り合いも同じ出会い系を利用している時のみです。つまり、同じ穴のムジナなわけですから恥ずかしがる必要はありません。

女性は会うまでに少しでも相手のことを知りたいと思います。相手の顔写真を知りたいという動機は、容姿の良し悪しを確かめたいのではなく、どんな人なのかを知ってイメージすることで安心したいという側面のほうが強いです。なので、なにもイケメンにかっこ良く映る必要はありませんし、顔を全部うつす必要もありません。

男性は自分の顔写真を載せることに抵抗のある人が多いことでしょう。だからこそチャンスだともいえます。男性で顔写真を載せているひとはまだまだ少数派です。

しかし、自分が女性のプロフィールページを見るときはまず写真が気になります。これから会うことになるかもしれない人なんですから、どんな顔なんだろうと気になるのは当然ですし「ブスだったらやめておこう」という見極めの判断要素のひとつにもなります。

それは女性も同じことです。むしろ出会い系で会うとなると女性のほうが抱える不安は多いのですから、なるべく会う前に相手のことを色々知りたいと思うものです。顔が見えるのと見えないのでは安心感が全然違いますからね。

プロフィールは出会い系の成功を左右するもっとも大事なポイント

でも、自分はブサイクだから顔をのせたら誰もメールをくれなくなるんじゃ……

と不安に思う人もいるかもしれません。しかし、それでも絶対に載せたほうがいいです。だって、会うことになったらどのみち顔と顔を合わせることになるのですから。写真を見てスルーされてしまうか、それとも会ってからフラれるかの違いです。

会ってからフラれるのは精神的なダメージもありますし、会うまでにその女性に費やしてきた手間や時間もまったくの無駄になってしまいます。しかし、写真を載せていることで「自分の顔を好まない女性」なら、そもそもやりとりが始まりません。つまり手間もお金も無駄になることがないのです。

それに、若い女の子ならともかく、人妻や熟女であれば男性の容姿はあまり重要視しません。真面目そうな写真をのせておくだけで、必ず印象はプラスになります。

もしもどうしても写真を載せたくないということなら、まずは顔がわからないけど雰囲気だけはわかるような写真でもいいから載せたほうがいいです。

写メを掲載するにあたって、ルックスが悪くてもあまり気にする必要はありません。多少、写りのよい写真を使うようにすれば、とくに問題ありません。それでも写真がないよりはぜったいに出会いの成功率は上がります。

それでも、恥ずかしい自信がないという人は、アバターの設定くらいはしておきましょう。初期設定の裸のアバターだったり、未表示だったりするのは本当に印象が悪いです。「この人はまじめに出会う気がないのね」という判断をされてしまいます。

アバターのパーツには有料のものもありますが、無料のものだけで構いません。なにもおしゃれでセンスのある設定にする必要もそんなにありません。もちろんそう出来るならそれにこしたことはないですが、大事なのはアバターを設定することで「人に見られることを意識している」というアピールが出来る点です。

女性のプロフィールページを見ればわかることですが、多くの女性はアバターの着替えを楽しみ、背景の色やパーツをいろいろと組み合わせてデコレーションすることを楽しんでいます。自分のページをそれだけ凝るんですから、人のページを見る時だってそこに注目をするわけです。

きちんと設定している男性のプロフィールを見ると「あ、この人はそのへんの男とは違うんだ」という一目置かれる存在になりますからね。出会い系においてはこのちょっとした差が大きな差となるのです。

出会い系サイトで好まれるプロフ写真

プロフィール写真を上手に撮る方法をもうすこしくわしく解説します。

スマホやデジカメで簡単に写真が撮れる時代になり、10代、20代の若者は、写真を使ったコミュニケーションはお手のものです。

しかし、われわれ中高年はそうはいきません。

「写真を撮られると、魂を抜かれる」と思う人こそいなくなりましたが、やはり写真となるとちょっと身構えてしまいますよね。

手持ちの写真には、出会い系サイトのプロフ向きのいい写真がなく困っていませんか?

ならば、撮りましょう!今から出会い系サイトのプロフに最適な写真を撮ればいいんです!

本人の写真

出会い系サイトでは、プロフに写真があることが好印象の第一歩です。

次に、ペットの動物やイラスト、風景写真ではなく、本人の写真であることも大切です。「自分の顔は自身がないから、うちのかわいいミーちゃん(ネコ4歳)で……」は、残念ながら減点です。

プロフィールは出会い系の成功を左右するもっとも大事なポイント

ミーちゃんには別の機会に活躍してもらいましょう。

正面を向いた笑顔の写真

若者の写真で、スカした横顔やうつむき加減の写真を見かけますが、あれは諸刃の剣です。

「そうした写真を使う人=ナルシスト」という世間の評価は揺るぎないものがあり、若者であれば許されることであっても、大人の男のナルには厳しい目が向けられてしまいます。

カメラに視線が合ったさわやかな笑顔の写真がベストです。

バストショットの写真

正面を向いた笑顔の写真であっても、それが遠くに小さく写ったものであれば、よく分かりません。また、ドアップでもインパクトが強すぎます。

ちょうど上半身が収まるバストショットの写真が良いでしょう。

きれいな背景の写真

背景は証明写真のように無地である必要はありません。

景色のいい屋外や、生活感があり過ぎない室内で撮られた写真のほうが、人物像が伝わりやすいかもしれません。

これらの基本条件を抑えたら、もう一工夫してみましょう。

趣味や好みがわかる写真

音楽が趣味であれば、楽器やオーディオと、車が好きであれば、自慢の愛車と一緒の写真もいいですね。しかし、注意しなければならないのは、これら趣味の自慢にならないようにすることです。

アニメやフィギアを床一面に広げて、その傍らで頬ずりしている写真や、筋トレルームで上半身裸のドヤ顔の写真などは、趣味や好みの部分が強調されすぎてしまいます。

あくまでも主役はあなた自身であることを忘れないようにしましょう。

どういう自分をアピールしたいのか考える

出会い系サイトでの、好まれるプロフ写真の基本要素をふまえて、どういう写真を撮るのか考えてみましょう。

あなたはどういう自分をアピールしたいですか?

ケース1:「45歳・独身 孤独なエンジニア 趣味はPCいじり 心の支えはネコのミーちゃん」

若干漂ってくる「陰湿臭」を払拭しましょう。

「エンジニア」、「PCいじり」は、女性には伝わりにくい魅力ですが、理系で草食系であれば、そこをアピールしましょう。そして最大の味方はミーちゃんです。さりげなく一緒に映り込んでもらいましょう。

ケース2:「53歳・妻子あり しがないサラリーマン 趣味はない あえて言うなら散歩」

若干漂ってくる「疲労臭」を払拭しましょう。どこもアピールする要素がないように思いますが、そんなことはありません!

絶好の散歩スポットで写真を撮りましょう。

ケース3:「58歳・別居中 趣味は身体作り スポーツなら何でもOK!」

若干漂ってくる「絶倫臭」を払拭しましょう。自慢の身体をアピールするのではなく、できれば女性も一緒に楽しめるスポーツを楽しむあなたをアピールしましょう。

中高年の魅力あふれるプロフ用の写真を撮ろう!

では、いよいよ撮影です。

撮影方法は大きく分けて2つ、「自撮り」か「誰かに撮ってもらうか」です。

自撮り・セルフタイマー

若者であれば誰しもが日常的に行っている「自撮り」ですが、中高年のなかには「自撮り未経験者」も少なくありません。

自撮りのいいところは、自分の気に入った表情や角度で写真を撮れることにあります。

人の目を気にすることなく、思う存分「自分のお気に入りの自分」を写真に撮ることができるのが「自撮り」なのです。

しかし、自撮りに慣れていないと「自撮りしている自分」を客観視してしまい、こっぱずかしくなってしまいます。思慮分別に富む中高年ならなおさらのことでしょう。

プロフィールは出会い系の成功を左右するもっとも大事なポイント

自撮りでいい写真を撮るコツは、この羞恥心を乗り越えることです。羞恥心がなくなるまで、何十枚、何百枚でも撮ってみましょう。

自撮りに慣れてくると、自分のお気に入りの表情や角度が見つかると思います。スカした表情もいいかもしませんが、出会い系サイトでは「笑顔」がマストです!

のどち〇こが見えそうな爆笑や、かすかに口角が上がった程度の微笑ではなく、ちゃんと「目」も笑っている写真にしましょう。

そのためには、スマホやカメラのレンズを見るのではなく、その先に自分の大好きなものがあるとイメージすると良いようです。

さらに少し勇気が必要ですが、屋外での自撮りも試してみましょう。天気のいい日の公園や、緑が美しい景色の写真は、それだけで見た人を爽やかな気持ちにします。

ただし屋外の場合は日光のあたり方に注意が必要です。顔に日があたる順光の場合は、まぶしくて目をつぶったようになってしまいます。また逆行では、顔が暗く写ってしまい表情が分かりません。日当たりや時間帯を工夫して、ベストショットを撮りましょう。

念を押しておきますが、これは自撮りです。あれこれ試す余裕はないこともお忘れなく。

誰かに撮ってもらう

何もないときに、いきなり「自分の写真を撮って」とは言いにくいものですが、お出かけやイベントの際はチャンスです!

積極的に自分の写真を撮ってもらいましょう。

顔が被ってしまうような大人数での写真は、プロフ用には使いにくいかもしれませんが、2~3人で移る写真なら、充分に活用できます。

また、こうして撮ってもらう写真は、自撮りよりも自然ないい表情になります。

また、腹を割って頼み事ができる相手がいる人は、「出会い系サイトのプロフ写真を撮ってくれ!」とお願いしてみましょう。あなたの切実な願いに協力してくれるかもしれませんよ。

掲載していい写真か吟味する

自分が撮った自分自身の写真だから、掲載には何も気にする必要はないように思いますが、少し慎重に考えましょう。

写真に個人情報が写り込んでいないか

自宅で撮った写真の場合、住所が特定できる郵便物などが写り込んでいる場合があります。

「小さいから分からないだろう」と安易に考えず、そうした写真は使用しないことです。

また、プロフの写真は多くの人が閲覧します。おおよその居住地が分ってしまう景色や情報(駅・店舗・建造物など)にも注意したほうがいいでしょう。

一緒に写っている人の掲載許可はとっているか

複数人で撮った写真を使用する場合は、基本的には一緒に写っている人に掲載の許可をとるべきです。

許可を得ないままに使用して、思わぬところでトラブルになってしまうこともあります。

「出会い系サイトに-」とは言いにくいので、「SNSにアップしてもいいか」と確認しておきましょう。

出会い系サイトのプロフの写真は、自分をアピールする重要なものです。

若者のマネをして、痛いプロフ写真にならないように、中高年ならではの魅力が詰まった写真にしましょう。

オススメの出会い系サイト
人妻とつながるオススメの出会い系サイト

あなたがセックスをしたいなら、どんなに努力をしてでも人妻セフレを作るべきです。

考えてみてください。一度、人妻のセックスフレンドを作ってしまえば、その後、何度も何度も何度もセックスできるんです。

これまで大量に人妻と出会ってきたわたしがオススメする出会い系サイトを紹介します。

03 プロフィール・掲示板
人妻不倫クラブ
タイトルとURLをコピーしました