出会い系サイトの4つの危険と対策方法

出会い系サイトの4つの危険と対策方法

出会い系サイトにはこんな不安があります。

  • サクラが多い
  • 後から高い料金を請求される
  • 実際にはなかな会えない

実際、わたしも出会いサイトなんて全然出会えないと思ってました。しかし、出会い系をうまく利用していけば、本当に効率よく人妻とセックスできるようになります。面白いくらいにです。

だって、よく考えてください。

出会い系サイトでは、男とセックスしたがっている人妻が自分からメールして相手を探しているんですから。

身体だけの割りきった関係を望んでいる人妻は、本当においしすぎです!

そんなわけで、わたしはセックス目的で頻繁に出会い系サイトを利用させてもらってます。しかも、身体の相性がよくて、いい関係を築くことが出来れば、念願の「セフレ」にすることも出来るんです。

ちょっとしたコツと、経験があれば、出会いサイトで女性とセックスするなんて簡単です。

しかし、出会い系サイトにはさまざまなワナが存在します。

出会い系サイトを利用した人妻熟女との出会いにおいてもっとも大きな問題は、悪質なユーザーや悪徳サイトに騙されるリスクです。

出会い系サイトで安全に人妻熟女セフレを作るためには特徴や手口を知り、騙されないようにしっかりと対策を講じることが大切です。

そこで、出会い系サイトの4つの危険と対策方法について紹介します!

出会い系サイトの4つの危険と対策方法

出会い系の悪徳業者

当サイトで紹介している出会い系サイトには悪徳出会い系サイトはありません。

出会い系サイトの4つの危険と対策方法
人妻と出会えるオススメ出会い系サイト
さて、人妻と出会うとはいっても、どの出会い系サイトを使うのかで、会えるかどうかはほぼ決まってしまいます。出会い系サイト選びを間違えるとぜったいに人妻に出会うことはできません。 世の中には「出会えない系サイト」が何千何万と存在し

しかし、たとえ優良な出会い系サイトであっても、出会い系サイト内に女性のふりをして潜り込んでくる他の出会い系サイトの悪徳業者は排除しようがありません。

一般女性を装って男性から個人情報を入手、悪質外部サイトへの誘導などを目的とした極悪詐欺集団がいるわけです。

やりとりが始まったら、

出会い系サイトの4つの危険と対策方法

このサイトだとお金がかかるから別の出会い系サイトに移動しましょう。アドレスは http://~

なんていうふうに、別の悪徳サイトへ誘導するわけです。

  • プロフを作り込んでいる
  • 写真が美人すぎる、拾い画像
  • やたら個人情報を聞いてくる

などの特徴があり、出会い系で悪徳業者をひと目で見抜くのは難しくもあります。

プロフを絵文字で可愛く装飾、ウソの個人ブログを用意するなど中身が女性であることをアピールするのが手口。

画像は女性の写真をネットから入手し、多くの男性から注目を集めるためにエロ可愛く加工しているのも特徴の1つですね。

また、やり取りに不必要な個人情報をしつこく聞き、情報を集めるだけ集めてサヨナラ……というのも出会い系被害者にありがちなパターン。

悪徳業者の手口は日々変化しているので、安全対策が難しい存在なのです。

出会い系の悪徳業者対策

出会い系で素人の人妻熟女と出会うためには、慎重に相手を見極めることが大切です。

  • プロフの内容はしっかりチェック
  • 拾い画像かどうかの確認
  • 個人情報は聞かれても教えない

体重やスリーサイズなど女性が教えたくないような項目まで記載しているケースが多いので、プロフチェックの段階で判断できる場合もあります。

プロフ写真でエロすぎるのは怪しすぎるので要注意!

エロスで男性の注目を集める女性もいますが、そういった画像をチョイスするのは十中八九悪徳業者なので、被害に合わないためにもグッとこらえて関わらないようにしましょう。

また、拾い画像かどうかを確認できるアプリを活用すれば、相手がサクラかどうかは一発で見極められるのでおすすめです。

出会い系を安全に利用したいのであれば、不必要な個人情報は一切教えないこと!

ウソの情報で誤魔化すのもテクニックですが、バレるリスクもあるので注意しましょう。

あるいは実際に会ってみたら援交女だったとか美人局だったなんていう場合もあるので、そちらも注意しましょう。

いざ女性に会うときの危険
いざ実際に女性と約束をして待ち合わせる時が最大の楽しみでもあり場合によっては最大の危機ポイントの瞬間でもあるのです。

もともと金銭ありきのつもりで相手を探している男性ならば問題ないのですが、そういうことは一切考えていない場合に、直接会ってから金銭的な要求をされてしまうなんていうこともあります。

もう会ってしまったんだからいまさら引き下がるのも申し訳ないという気持ちから、ついつい払ってしまうケースもありますし、女性側もそんな心理をわざと狙ってくるような悪質な人も稀にいます。金を払ってセックスをして家に帰った後に「金を払うつもりだったらもっと高レベルの女を狙えばよかった」なんて思っても後の祭りです。

それだけで済めばまだいいのですが……そういった女性たちのバックに怖いお兄さんが付いている場合も珍しくありません。

トラブルがなければ彼らは決して干渉してきませんが、もしトラブルが発生した場合は躊躇なく乗り込んできます。そういった場面でのトラブルといえばやはり金銭を軸とした問題が多いわけですから、会う前にそういった条件を確認しておくことはとても大事です。

そういった女性たちの多くはメールの中で「お願いアリ」とか「助けて欲しい」や「割り切りで」といった文言を混ぜてきます。最初こそ見分けがつきませんが、徐々にそういった言葉の本意がわかってくるようになることでしょう。そういった女性たちはいわゆるコピペで大量の男性にメールを送りつけている(まさに営業ですね)ことが多いので、1通目のメールからそういった雰囲気を匂わせていたり、文脈に関係なく唐突に会う会わないといった話を切り出してくることがほとんどです。

つまり通常のやりとりではありえない展開になった場合は警戒しておきましょう。なんなら無視してしまっても構いません。ただ一般女性を装った隠れプロと呼ぶべき人もたまに紛れていますので…アヤシイなと思った場合は会う前に「最近、いきなりお金で関係を持ちませんかなんて失礼なメールがよく来てて…ホント迷惑ですよね。女性にもそういったメールが届いてたりするんですか?」なんて世間話風に切り出してみるのもいいでしょう。

そういったことに興味が無い女性であれば、お金で女性を買うことに嫌悪感を持つ男性には必ず好感をもちますし、割り切りが目的の女性であれば、この人は相手にしないほうがいい、と諦めてくれますので、どっちに転んだとしてもこちらにはメリットになる魔法の言葉です。

キャッシュバッカー

出会い系サイトの仕組みを利用し、出会いを求めず自分のポイント稼ぎを目的としている通称キャッシュバッカー(CB)。

  • 短い文章で頻度が多い
  • ムダにやり取りを長引かせる
  • デートまで繋がらない

といった特徴があり、男性にとっては素敵な出会いを妨害する憎むべき存在です。

出会い系サイトやアプリでは料金にポイント制を採用しているところが多く、女性に嬉しい特典をつけてアクティブユーザーを増やす狙いがあります。

女性側はメールを受信するだけでポイント入る仕組みになっており、キャッシュバッカーはそれを貯めて景品やお金に交換しているのです。

そのため、やり取りは受信件数を増やすために短文で多頻度。

長い間やり取りするけど結局会えない……これがキャッシュバッカーの大きな特徴です。

キャッシュバッカー対策

出会い系サイトやアプリでキャッシュバッカーに騙されないためには

  • やり取りに時間をかける
  • 期間を決めて女性を口説く
  • 連絡手段を外部ツールに切り替える

などが効果的で、デートできる段階まで相手を信用しすぎないことが大切です。

キャッシュバッカーはやり取りの回転数重視なので、相手のペースに合わせるのではなく少し長めの文章を心がけるのが良いでしょう。

自分で期間を決めて女性を口説けば無意味にやり取りは長引かず、キャッシュバッカーによってお金や時間をムダにしてしまうことは少なくなります。

また、外部のメールアドレスやLINE IDを交換し、出会い系サイトやアプリ以外でのやり取りを提案してみるのも効果的。

ポイント目当てのキャッシュバッカーであれば断ってくる可能性が高いので、やり取りの内容や反応をチェックすれば見極めやすいでしょう。

とくに、何も言わないのに向こうから写メを送ってくる女性には気をつけてください。悪徳出会い系サイトが自分のサイトに勧誘しようとする場合がほとんどです。写メを観る必要もありません。

悪徳出会い系サイト

世の中、絶対に出会うことができないサイトは実はかなり多いんです。

実は、世のサイトの多くは、男性と女性の間でメールのやりとりができないようになっているんです。

たとえば……

  1. 女性は登録ができない
    女性が登録できない。いちおう、見せかけだけの女性用の登録フォームはあるけど、登録完了のメールが届かないというパターンが多い。
  2. 異性の書き込みが見れない
    男性が掲示板に書き込んでも、女性側からは見れない。または、女性が掲示板に書き込んでも、男性側からは見れない。つまり、お互い見えてる書き込みは、サクラが書いたものだけ。
  3. 男女間のメールが届かない
    女性登録もできて、お互いの書き込みも見られるけど、肝心のメールが届かない。届くのは、サクラからのメールだけ。

などなど。世の中の出会い系サイトのほとんどはこんな感じです。

もちろん、サクラとヤリトリをさせて料金を使わせるという理由もありますが、その他にも男性と女性をやりとりさせない理由には以下のようなものがあります。

  1. 援助交際など出会い系サイト規制法に抵触するおそれのある書き込みを監視する手間をはぶく
    未成年の書き込みなどを全てチェックする運営側の手間は非常に大きいですからね。
  2. 業者の書き込みを防止する
    業者はあの手この手を使って男性ユーザを自社の出会い系サイトに誘導しようとします。これを防止するには女性の登録を禁止してしまうのが一番てっとりばやいんです。

そんな悪質出会い系サイトにはこんな特徴があります。

  • 高額な料金設定
  • 大量のサクラ
  • スパムメール
  • 違法行為や無許可運営

などの特徴があり、利用してもまともに出会えず時間とお金をムダにするだけです。

他の出会い系サイトに比べて料金が高く、システムを複雑にして機能やオプションを理由に利用者からお金を搾り取るのが手口。

悪質な出会い系サイトではインターネット事業に関する法律や届け出を厳守していないところもあり、利用するだけでトラブルに巻き込まれるケースも…。

相手の女性だけでなく、利用する出会い系サイト自体にも注意が必要です。

悪徳出会い系サイト対策

悪質サイトには注意が必要です。

もっとも重要なのは

危険なサイトに近づかないこと

ですね。

  • たとえば迷惑メールのURLをクリックしてはいけません
  • あやしいウェブサイトのリンクをクリックしてはいけません

特に迷惑メール(何の登録もしていないのに、どこからともなく送られてくる宣伝メール)からサイトに進むと悪質なサイトに出くわすことが多いので、興味を引くようなことが書かれてあっても「ダマされないぞ!」と警戒を緩めてはいけません。

まずは近づかないことが一番です。

ただ、やっぱり不安をとりのぞくには、悪徳なサイトと、優良なサイトのみきわめができなければなりません。

もしも優良なサイトを見つけたら、出会いは成功したも同然です。

サイトを利用するにはまず、会員登録をしなければなりません。そのとき、注意して欲しい点は男性用登録ページと並んで女性用登録ページが存在しているか? をチェックしましょう。

もしも、別になっていれば、それだけで悪徳なサイトであると判断してかまいません。なぜなら、そのサイトはおそらく、架空請求などのためだけに男性のメールアドレスを集めているサイトだからです。

さらに、悪質な出会い系サイトかチェックするためには

  • 他社との料金設定の比較
  • 悪質なユーザーへの対応
  • 会社情報や届け出の確認

などが効果的で、アクティブユーザーが多い大手のサイトと比較してみると良いです。

設定金額は大手出会い系サイトを参考に比較し、決済方法や料金相場に対して高すぎたり低すぎたりしていないかをしっかり確認しましょう。

また、悪質ユーザーへの対応や年齢確認などのセキュリティー面にも要チェック!

悪徳業者のサクラを取り締まっていればちゃんとした運営ですし、法律に基づいた年齢確認を実施していれば未成年や外国人に引っかかるリスクも低くなります。

優良サイトであれば会社情報やプライバシーポリシーについての記載があるので、それらを確認するのも悪質な出会い系サイトを見極めるのに役立つでしょう。

また、後払いがあるサイトはたいていが悪徳サイトです。

ポイント制のサイトではポイントが無くなれば、そこで利用は出来なくなります。

これが普通なのですが、悪質なサイトは「ユーザーの利便性を重視しサービスとして、ポイントが無くなり次第自動的に後払い制移行」と、ユーザーの利便性やサービス……等と良いように言いますが、それこそが被害者続出の罠なのです。

メールで盛り上がっている最中にポイント切れでメールが途切れるのを回避出来るために、後払い制は一見便利な様に思えますが、いつマイナスポイントになったのかが分からなくなる為、危険のように思います。

そんな悪質サイトの手口でよくみられるのがワンクリック詐欺です。これは年齢認証の際や画像やリンクなどをクリックしただけで、高額の利用料金が請求されるというものです。

うっかり料金を支払ってしまうと、カモだと思われてしまいます。このワンクリック詐欺に対処するには無視するのが一番です。

退会方法が明快に記載されていないサイトや、退会するのに料金を請求されるようなサイトは、もう間違いなく悪質サイトと考えてください。

普通に考えて、退会できないサービスなんていうのは存在しませんし、これは出会い系サイトでも同じです。

ですから、万が一、「このサイト怪しいな……退会したいな……」と思って、退会方法を探したとき、釈然としないことがあれば、それはそのまま放っておいてください。最悪、架空請求をされる可能性がありますが、それも放っておくに限ります。

おおごとにされて困るのは、出会い系サイトのほうなんですから、放っておくのが一番なんです。

そのためには、入会時に必ずフリーメールを使うことが大切ですね。

これは、悪質な出会い系サイトから身を守る為の基礎的な共通点になります。

さらに、最近では、悪質な出会い系サイトが運営する「悪質な出会い系サイト撲滅を目的としたサイト」が増えてきました。

こうなってくると、なかなか安心できる出会い系サイトを見つけるのも難しいものですよね。

サクラ

当サイトでおすすめしている出会い系サイトにはサクラはぜったいにいません。

しかし、他の出会い系サイトでサクラにだまされてしまう人もいるかもしれませんので解説しておきます。

ポイント課金制の悪質な出会い系サイトではサイトが雇ったサクラに騙される可能性があります。甘い言葉で気を持たせておき、男性会員に出来るだけポイントを使わせようとするので、すぐに分かります。

しかし舞い上がってしまうと分からなくなってしまうので注意されたほうが良いです。優良な出会い系サイトに登録していても業者のサクラに騙される可能性があります。

業者のサクラとメール交換していると違うサイトに誘ってそこで連絡を取りたいと言われることが多いです。ポイント課金制の出会い系サイトに誘われた時は業者のサクラだと思われたほうが良いです。

優良な出会い系サイト側ではそういった業者のサクラを排除するようにしていますが、すべての業者のサクラを排除しきるのは中々難しいのが現状です。サクラの中には下半身などわいせつな画像を送ってくれと要求してくることがあります。

うっかり送ってしまうとすぐに出会い系サイト側から損害賠償金を請求されてしまう事があります。画像を送ってから損害賠償を請求されるまでが速いのでお互いにグルである可能性が高いです。わいせつな画像を要求された時もサクラと疑って無視されたほうが良いです。

最近のサクラでは投稿用と返信用でテンプレートを準備し、プログラムで自動化させるものが登場しています。テンプレートを少し変えるだけで多くの男性会員とメールのやり取りが出来るようにします。

一見テンプレートだと分からないように巧妙に考えられていますが、プログラムで自動化している場合は、ちょっとした質問をすると答えられないのですぐに分かります。

サクラ対策

サクラがいても大丈夫。見分けるポイントがありますよ。 注意点は下記の通り。

  • いきなり最初から会いたいと言ってくる女性はサクラ
  • いきなり写メを送りたがる女性、サクラ
  • こっちの質問にあまり答えずに、質問をはぐらかす女性はサクラ
  • プロフィールに書いてあることを質問してくる女性はサクラ
  • 5~6回のメールで直メを聞いて嫌がる女性はサクラ
  • なにを言ってもやたら褒めてくる女性はサクラ

とまあ、こんな感じのことに気をつけてください。 わたしも、「モデルなんですけどセックスしましょう」なんていうメールにひっかかったことがありますw

こういったことに注意すればセフレだって簡単に出来ちゃうのが出会い系の良い所。

 

オススメの出会い系サイト
人妻とつながるオススメの出会い系サイト

あなたがセックスをしたいなら、どんなに努力をしてでも人妻セフレを作るべきです。

考えてみてください。一度、人妻のセックスフレンドを作ってしまえば、その後、何度も何度も何度もセックスできるんです。

これまで大量に人妻と出会ってきたわたしがオススメする出会い系サイトを紹介します。

11 安全な出会いのために
人妻とつながる不倫クラブ