人妻熟女に非日常感を提供して攻略する

人妻熟女に非日常感を提供して攻略する人妻熟女が出会い系に求めているものを一言でいえば、ありきたりな毎日にさようならしたいということ。これに尽きます。

これを男性の側から見ると、出会い系で人妻熟女をモノにしたければ、ありきたりな毎日から熟女さんを非日常に導いてあげればよろしいということになります。

非日常的な体験を望むから出会い系にいる

遠い記憶をたどるまでもなく、ごく最近の出来事を振りかえっても、日常的なかわりばえしない出来事は、ほとんど記憶に残ってさえいないものです。

それに対して、旅行であるとか、異性との出会いであるとか、普段にない鮮烈な体験は、歳月を経ても色褪せることなく、鮮明に思い出すことが出来ますね。

人間には誰しも、歳月と共に記憶の底に沈んでしまうような、退屈な毎日から解放されたい、解放して欲しいという願望があるように思います。

それさえなければ、その人自身が本当に退屈な人ということになりますからね。

出会い系サイトにいる女性は、多かれ少なかれ、こうした願望に突き動かされた結果登録をしていると見て、まず間違いありません。

とりわけ家庭に収まっている人妻熟女の場合、ほぼ100パーセント間違いなく非日常的な体験を味わいたいという願望を抱いて登録しています。

したがって、出会い系にいる人妻熟女を口説く場合、このありきたりな日常生活から解放されたいという願望を、要領よく満たしてあげることが要諦になることは論を待ちません。

メールでは自分の日常生活を遮断する

人妻熟女に非日常感を提供して攻略する家庭の中でありきたりな毎日を送る、とりわけ専業主婦にとって非日常とは、煎じ詰めればドキドキ感です。

逆に言えば、彼女達の生活には如何にこれが欠けているかということでもあるわけですね。

だから一家の主婦があえて出会い系に登録をするとも言えます。刺激とドキドキ感が欲しいから登録をしているわけです。

出会い系にありきたりの日常を持ち込むことほど野暮なことはありません。メールや掲示板に自分の身辺雑記的なことを書くほどバカなことはないということになります。

今日は仕事がつらかったとか、自作の料理が上手く出来たとか、そんなことを書いても出会い系にいる熟女の心に響くことはまずないということです。

つまり、自分にとってもいずれ記憶の底に沈んで思い出されることもないような事象は、出会い系では切り捨てて取り上げないようにすることです。

非日常の世界を一緒に作る気持ちが大事

人妻熟女が日常では味わうことが出来ないドキドキ感とは、一人の女として扱われる経験です。

普段は○○ちゃんのママさんとか、○○さんの奥様と呼ばれている主婦にとって、一人の独立した女性として扱われることはそれだけで、十分ドキドキさせるものなのです。

忘れていた女として扱われる感覚は、自ずから期待感を持たせることにつながります。

この期待感を裏切らないことですね。

それには先の繰り返しになりますが、日常的な文言のメールでは駄目なのです。

メールには、この人であれば、単調で退屈な毎日から自分を解放させてくれそうだと思わせる、ドキドキ感と強いインパクトが必要です。

それを与えられると、平凡な主婦が非日常の世界に一歩一歩足を踏み入れていきます。

出会い系サイト利用の肝は、この非日常の演出に他なりません。相手と一緒に、非日常の世界を作り上げる工夫をする気持ちで取り組むことが、成功の鍵となります。

具体的にドキドキ感のあるメールを書くには

人妻熟女に非日常感を提供して攻略する難しく考える必要はありません。

これまで生きてきた中で、歳月を経ても鮮明に思い出せることを想起してみれば、それが如何にその時々にドキドキした体験であったかが分かります。

それを素直に書けばいいんです。

例えば、旅先で出会った女の子に惹かれた経験であるとか、修学旅行で普段接していたクラスメートの違う面を発見して心がときめいたとか、自分が実際に体験したドキドキ感、ときめき感を思い出して文章にしてみることです。

決して他人の言葉でなく、自分の言葉で自分のしたピュアな体験をもとに多少の脚色をすれば、オリジナルであるだけに、相手に与える非日常のインパクトはこの上なく高まります。

そうした体験はまた、誰しもしていることですから、共感を呼びやすいメリットもあるのではないでしょうか。

是非ともそうした体験を、もう一度してみたいから、出会い系に登録をしてみましたと書けばいいんです。

そしてその際、相手の人にも同じような経験が必ずありますから、それを書いてもらうと、お互いの距離はぐっと縮まります。

そこから非日常体験を二人で共有させながら、出会い系サイトでしか出来ない出会いに持ち込むのです。

日常の繰り返しで暇を持て余している主婦からも、ちょっとしたきっかけで非日常を引き出すことは出来るものです。

いうなればそれをしてくれる人を待ち望んでいたから、人妻は出会い系に登録をしているのだと言えるのかも知れません。

ぜひ試してあげてください。喜ばれこそすれ無碍にメールを却下されたことは経験上今までありません。

チョイ悪男

また、非日常感を演出するためにチョイ悪男を演出するのも効果的です。

0614happy普段の生活に刺激がない人妻は、優しい・誠実な男性を求めていると言いながらも、影のある男性に心惹かれてしまうものです。

女性に好感を持ってもらうためにする行動は、どちらかと言えば「誠実さ」がテーマかと思います。ですが、ただただ誠実で真面目さがウリの男性は、女性からの扱いはイイ人どまりで進展せず……。

女性は欲張りな生き物ですから、真面目なだけの男性にはなかなか心惹かれません。ちょっと危険な雰囲気を醸し出している男性に対し、「この人は危ないかもしれない……」と思いつつも気になって近づきたくなるものなのです。

危険な雰囲気といってもヤクザや暴力団のような危険とは違いますよ? あくまでもクールで影があるような感じの危険です。

わたしら男も同じですよね? 何となく危険な箇所、危なそうな場所には近づきたくなるもの。深い川、危険そうな崖、危なそうな池。子供の頃、男の子ってそういう場所に惹かれましたよね? 少し例えは極端ですが、女性だってそういう心理と同じものが働いているはずなんです。

では、その雰囲気をどうやって出すのかが気になるところですが、悩むほどの事ではありません。まず1つは、会話の仕方にあります。会話の中で含みを持たせるような受け答えをするだけで、何となく影があるような印象を与える事ができ、相手の女性に「もっと知りたい」と思わせる事ができます。

2つ目は、いつもより少しゆっくりと、落ち着いた話し方がポイントです。早口の男性はせっかちだと思われる傾向にありますので、低めの声で丁寧にゆっくりと話す事で、相手の女性に「なんかセクシーだな。」という印象をもってもらえるでしょう。

オフィスなどで良くありますね。キンキン甲高い声で電話をかける男性サラリーマン。あれは良くないと思います。男は落ち着いた声で少し低めのトーンで話す。意識して少し実践してみるだけで、「○○さん、今日、課の女の子3人で飲みに行くんですけど、一緒に来ませんか?」なんて声がかかるようになりますよ。オフィスの女子は、そういう所を本当によく見ています。

加えてわたし自身、それまでせかせかした話し方だったのを上記のように変えてみたことで、女性から「なんか、話し方がすごくセクシー」や、「危険な感じがして、なんだかすごく気になる」というように、お褒めの言葉をいただけるようになりましたし、これは是非オススメしたい方法です。

メガネ男子になろう!

危険な男を演出するのに、意外にも『メガネ』が必須アイテムだったりします。

オシャレアイテムとして『メガネ』を活用することもあるかと思いますが、そのメガネが女性からの評価が高いんです。一般的にもメガネ男子は人気があるのですが、女性陣の意見として、「なんかセクシーでドキドキする」というものもあり、取り入れたい一つです。

女性の持つメガネ男子へのイメージは、

  • 知的
  • オシャレ
  • 仕事ができる

といった定番のものから、

  • メガネを外すときのしぐさがセクシー
  • メガネの奥の視線が妙に気になる
  • 外したときにドキッとする

といったものまでありますが、非常に好感度が高い事は間違いないようです。

ここで注意しておきたいのが、自分に似合うメガネを選ぶということです。女性のメガネ男子への高評価は、「イケメンに限る」、「オシャ レ度の高いもの」などというハードルの高い要素が揃って得られるものですから、きちんとリサーチしてアイテムを揃えてみてはいかがでしょうか。

Hな本でもそうですが、丸見えのモノよりも、軽くモザイクがかかっている方が気になって興味がわくというものです。女性にも同じような心理が働きますので、『チョイ悪』的な雰囲気をまとい、セクシーな部分もチラ見せすることで、モテ要素がぐっと高まること間違いなしです!

オススメの出会い系サイト
人妻とつながるオススメの出会い系サイト

あなたがセックスをしたいなら、どんなに努力をしてでも人妻セフレを作るべきです。

考えてみてください。一度、人妻のセックスフレンドを作ってしまえば、その後、何度も何度も何度もセックスできるんです。

これまで大量に人妻と出会ってきたわたしがオススメする出会い系サイトを紹介します。

04 人妻メールのコツ
人妻とつながる不倫クラブ