絶対に知っておくべき!人妻がセックスをしたがる本当の理由

人妻はセックスを求めている。それは事実です。

世の人妻たちは、不倫セックスを目的として出会い系に登録しています。1日あたり何百人という人妻が、毎日出会い系に押し寄せてくるのです。

男性だって出会い系サイトにセックスを求めて登録することがほとんどですよね。純粋なメル友を求めて……なんて眠たいことを言っている男性はほとんどいません。

「お互いにセックスをしたがっているなら、目的は同じじゃないか!それなら、さっさとセックスしよう!」

そう思うかもしれません。たしかに、「セックスという行為」を求めていることは同じかもしれませんが、男と女では求めるまでに至った動機が違います。男の場合の動機は、単なる性欲やいろんな女とセックスをしたい支配欲からくるものがほとんどでしょう。要は、射精をして自己満足にひたりたいだけなのです。

しかし、人妻はそうではありません。単なる性欲から登録している人もいるとは思いますが、少数派だと思われます。なぜなら、多くの人妻が求めているのは「刺激」であり「寂しさを忘れられる時間」なのです。

そして、その両方を一度に満たせる手段がセックスである、というだけなのです。別に手マンでイカされたくて登録しているわけではないことを覚えておきましょう。

男性は「セックスに至るまでの過程」をうっとうしく思い、なるべく省略したいと考えます。それは普段のメール交換であったり、ちょっとしたデートであったりがそうですね。しかし、女性はその「セックスに至るまでの過程」を楽しみたいのです。

女性からすれば「平凡な日常に刺激をうけたり、寂しい気持ちを解消したい」ことが目的なんです。結果としてセックスに行き着いただけで、セックスそのものが目的ではありません。

男にとってのセックスは目的であり、女にとっては手段なのです。ここを履き違えてしまうと「女心がわからない人なのね!」とマイナス評価をされてしまうことも。

寂しい気持ちを抱えている人妻が多いからこそ、出会い系は人妻であふれているわけです。セックスに至るまでの経緯はどうであれ、結果として見知らぬ男とセックスをしまくっている人妻がとても多いのは紛れもない事実ですからね。

では、「なぜ人妻は寂しいと感じている」のでしょうか?

人妻は寂しい生き物

漠然と「寂しい」と言われてもよくわかりませんよね。でも、この言葉を口にする女性が多いことはご存知かと思います。男性からすれば、いまいちピンとこないのが普通です。なにしろ人妻がいう「寂しい」は男にとってはなかなか理解しがたい感情なのですから。

一般的な男性はなにかしら仕事をしています。会社員であれば会社で上司をもち、部下をもち、仕事先での人間関係もあり……と、日々いろんな人との交流をもつことになります。

ところが、人妻はどうでしょう。人妻の世界はとても小さいのです。パートをしているような人妻であればまだマシですが、専業主婦は本当に外との関わりがありません。

家で幼い子供の世話につきっきりだったり、外で誰かと会うとなっても近所のママ友くらいなもの。異性との出会いや交流なんてものはまったくなく、そもそも人間との出会いや交流がとぼしいのです。

ちょっと想像してみてください。うるさい上司やかわいげのない部下だって、いざいなくなったら物足りないですよね。普段はうっとうしく感じている……あるいは「消えてしまえばいいのに」と、憎んでいる人もいるかもしれません。

しかし、誰と話すこともなく、誰に叱られることもなく、誰を叱ることもなく、褒めることもなく、褒められることもなく……。そんな「なにもない世界」になったらと思うとゾッとしませんか?あまりに無味乾燥すぎて、生きている実感を失ってしまいそうに思います。

そんな世界に置かれているのが人妻なんです。

もちろん、すべての人妻がそうなわけではありませんが、出会い系に登録している人妻に限れば、その比率はかなり高いことでしょう。

代わり映えしない日常に嫌気が差して、人との交流に飢えて出会い系へとたどり着いたわけです。そもそも、毎日が充実していて悩みがない健全な人妻は、出会い系に用はないのです。

そう考えると、女性が浮気をした時の言い訳としての常套句である「だって……寂しかったの」も、なんだか重い言葉に思えてきますよね。

その中には「わたしが悪いんじゃない。だって寂しかったんだから。寂しくさせたアナタが悪いの。わたしは悪くないの!」といった都合のいい自己擁護も含まれているのですが、人妻の置かれている環境をかんがみれば同情の余地はありそうです。

そんな寂しい気持ちを抱えている人妻が世の中にあふれているのは、なんともありがたいことです。人の不幸は蜜の味……というわけではありませんが、不幸な人妻がいるからこそわたしたちが幸せなセックスを楽しむことが出来るんですよね。

それに、その不幸な人妻だって一時期的にとはいえ幸せで満たされた時間を味わえるのです。むしろ、人助けやボランティアと言っても過言ではないでしょう!

寂しさを埋めるには人肌のぬくもりと、求められていることで得られる充足感

誰だって人から必要とされれば嬉しいものです。特に普段の生活で社会から求められたり評価を受けることのない人妻はなおさらです。

ですから、まずは人妻を褒めてあげてください。なんでもいいんです。家事を毎日こなしていること。女としての本分を忘れず化粧やファッションに気を遣っていること。彼女たちを認めてあげてください。

人妻が愚痴をこぼしていたら同意をしてあげましょう。「そうだったんだ、大変だったんだね」と。それだけでいいんです。

ここで決してしてはいけないことは、解決案を出すこと!多くの男性がしてしまいがちなのですが、マイナスでしかありません。例えば……

「今日も旦那がトイレを汚していた……きれいに使ってって毎日いってるのに!」

なんて愚痴をこぼしてたとしましょう。それに対して

「それなら、座って用を足すように言ったらどうですか?」だったり「◯◯っていう洗剤がトイレ掃除には便利ですよ」なんてのはもう最悪です。

彼女たちは別に解決策なんて求めていないんです。ただ、同意して欲しいだけなんですよ。これではまるで、彼女たちの努力や知識が足りていないからそうなっている、と非難しているようなものです。

先ほどの愚痴に対する最高の答えは

「そうだったんだ、大変だったんだね」

なんです。たったこれだけ!でも、これが100点満点の答えなんです。そうすれば……

「そうなの!大変だったの!この前もお風呂場で……」

なんて具合に、別の話と愚痴を繰り広げてくることでしょう。あとはそれを聞き流しながら同意をして、ねぎらって、褒めてあげるだけ。これを1つこなすたびにその女性とのセックスが近づくと思えば、多少の面倒も我慢できることでしょう。

人妻の愚痴を聞くことは除夜の鐘をつくようなものです。除夜の鐘はつくたびに煩悩が減っていき、108回つくことですべての煩悩が消え失せるそうですが、人妻の愚痴はその逆です。

愚痴を聞くたびに煩悩がたまっていき、108回も聞く頃には煩悩で満たされているのです。もちろん、そんなきっちりカウントする必要はありませんが、愚痴を聞くたびにセックスが近づいていることは間違いありません。

セックスは「寂しさ」に対する最高の特効薬ですからね。人妻と会うことになったのなら、それはもうセックスが確定しているようなもの。あとはタイミングだけなのです。

出会い系に登録するような人妻はセックスレス状態なことがほとんどです。旦那との性生活に恵まれているなら出会い系に登録する理由がありませんからね。「肉体的に欲求不満であること」と「女としての自分を取り戻したい気持ち」を持っていることが特徴です。

自分が性の対象として見られることを、人妻は喜ぶのです。若い頃はそれが当たり前で、むしろ気持ち悪いとすら思っていたことが、今ではすっかり憧れの対象になってしまっているのです。

セックスは裸になって肌と肌を重ねる行為です。肌が直に触れ合うと、相手の体温を直接感じることが出来ます。これが、ものすごく温かくて安心するのです。挿入行為そのものよりも、こういった安心感を求めている人妻は多いです。

「こんなわたしでもセックスしたいと思ってくれる男の人がいるんだ……。なんだ、わたしまだまだ大丈夫じゃん!」と、自信をつけたいのです。これは男性だって同じことでしょう。誰かから自分を求められたら、うれしいですよね?

ただ、セックスそのものを露骨に誘うことはNGです。あくまでも人妻はセックスがしたいだけなのではなく、寂しさを解消したいだけなのです。本音のところはどうあれ、表向きはそう取り繕う女性がほとんどですからね。

「実はわたしもセックスレスで……とても寂しい思いをしています。まさか、こんなにつらいとは思ってなかった。きっと◯◯さんもとてもつらく寂しい思いをしているんだと思います。この気持をわかっている同士、お互いに癒やしませんか?」

と。ポイントなのは「セックスしませんか?」ではなくて「癒やしませんか?」という言葉です。これは完全にセックスという言葉をきれいな言葉にすり替えただけの詭弁なのですが、これが実によく効くんです。

「わたしがしているのはセックスじゃない。ただ、癒しの行為なんだ」と。「寂しかった気持ちを癒しているだけなんだから悪くないんだ。わたしは悪くない!これはセラピーの一種なの!」といった免罪符を与えてあげるのです。

女性特有の「わたしを褒めて認めて欲しい」という気持ちと「わたしは悪くないの」という気持ち。このふたつをうまく汲み取ってあげましょう。

そして、存分に利用してあげましょう。これを上手く操ることが出来るようになれば、自分の手のひらで人妻を意のままに動かせるようになります。人妻とのセックスは驚くほど簡単なものなんですよ。

男と女の性欲の違いを理解してセフレを作る方法

セフレを求めるのは、性欲を持てあました中年男性だけではありません。

女性にも性欲があり、セフレがいる生活にあこがれを抱くこともあります。

しかし、男性と女性の性欲には大きな違いがあります。

その違いを理解すれば、セフレづくりはおおいに簡単になるんです。

本日は、男と女の性欲の違いを理解してセフレを作る方法をお伝えします。

1.男と女の性欲の違い

男性の性欲の特徴

性欲のもととなるホルモンの代表格は「テストステロン」です。

男性は精巣と副腎で「テストステロン」を産生しています。このテストステロンは性欲のほか、活力全体の原動力になりますが、残念なことに薄毛の原因にもなり、「ハゲは性欲が強い」と言われるゆえんとなっています。

このテストステロンは思春期頃から盛んに分泌し始め。30代でピークを迎えます。

テストステロンの分泌が減ってくると、性欲は減退していきますが、男性は比較的高齢になるまで性欲は維持されています。

男性の性欲の相手に対する支配や優位性となって表れることがあります。

男性にとって性行為は「相手を喜ばせる」ものではなく、「自分自身の満足や快楽」とともに、相手への支配欲を満たす意味があります。

また、男性は目に見えるものや技巧を重視する傾向があり、身体のパーツやフォルム、性行為のテクニックにこだわる傾向があります。

女性の性欲の特徴

性欲をつかさどる「テストステロン」は、女性の場合は副腎のみで産生され、分泌量は男性よりも少なくなっています。

女性は35歳ごろまでは女性ホルモン(エストロゲン)が優位であり、女性ホルモンの低下とともに「テストステロン」の分泌量が増えてきます。35歳ごろから閉経を迎える50歳ごろまでが女性の性欲がもっとも盛んになる時期です。

女性の性欲の特徴は、雰囲気や関係性へのこだわりです。雰囲気や関係性によって、性欲が刺激されたり、そうでなくなったりします。

2.男女の性欲の違いをどうカバーするか

女性がその気になりやすい場所を選ぶ

男性は女性がその気になりやすい場所を選ばなければなりません。

この「場所えらび」は性行為をする場所だけに限りません。女性を口説くときから勝負は始まっています。

暗めの間接照明で適度な静けさがある場所を選びましょう。雑然としているところでは、女性はなかなかその気にはなりません。また静かすぎる場所はかえって緊張してしまいます。

近づかなければお互いのささやきが聞こえないくらいの環境がベストです。

そして、努力の甲斐あって口説き落とし、性行為の場所に移動します。

いかにもな「ラブホ街」では女性の気持ちが醒めてしまうかもしれません。はじめは雰囲気のよいホテルを利用しましょう。

パーツ、フォルムの批評は慎重に行う

男性は「巨乳がいい」「いや、巨乳過ぎるのはダメだ」「太ももがパーンとしているほうがいい」など、女性の身体に関するさまざまな好みがあります。

また自分のイチモツに対しても、平均より「デカい」「長い」「固い」といった自信のあるなしがあります。

性行為はこうした「パーツVSパーツの確認」の楽しみもありますが、女性はそういったことにまったく喜びを覚えません。

男性が気にするほど「デカさ」や「長さ」は気にしていません。

ましてや自分の身体の形や大きさを言葉に出されることは嫌がるものです。

「いい形のおっぱいだから誉めてやろう」は余計な気遣いです。

そうしたことをされると女性は萎えてしまいます。女性は雰囲気と関係性を大切にしているため、冷静にパーツ批評をされるとムードは台無になります。

「セフレ」を求めている女性であっても、その行為中は「愛し合う関係」でいたいと思っています。男性のように、純粋に「やるだけの関係」とは思いにくいことを男性は知っておかなければなりません。

女性のねらい目は35歳~50歳

性欲のもととなる「テストステロン」の分泌状況からみると、女性がセフレを求める年齢は35歳~50歳です。

結婚や出産を経て「子作り」ではない性行為に向き合える年代とも言えるでしょう。

しかし、この年代は自分の身体に自信を無くし始める時期です。

バストやヒップも張りがなくなって垂れてきたり、乳首も黒ずんでいます。お腹や脇、背中にも肉が付きはじめ、かつてあったくびれもなくなっています。

男性にとってはこうした女性の見た目は魅力的ではないかもしれませんが、見た目で「あー……」と思った時に思い出してほしいのは、今が女性の性欲のピークということです。

そうした女性を満足させることができれば、男性としての満足感も得られるのではないでしょうか。

不倫バレの傾向と対策

不倫バレ……それは実に恐ろしいことですからあまり考えたくない人も多いことでしょう。しかし、恐ろしいからこそ知っておくべき必要があります。

人間はその昔、闇夜に怯えるだけのか弱い生き物でした。しかし、火をあつかう術を覚えて「闇への恐怖」を克服したあとは、飛躍的な進化を遂げました。

怖いからと言って逃げ回っているだけではなにもいいことはないのです。怖いものこそきちんと知っておく必要がありますし、正しく知ることで対処法も浮かんでくるもの。

今回は「不倫バレ」という恐ろしい状況をいかに避けるべきか? 不倫バレの傾向と対策を伝授したいと思います。

不倫バレの傾向

不倫バレのほとんどは男からが原因

タレントの千秋さんが衝撃的なぶっちゃけ話をして話題になったことがあります。

千秋「妻の3割は不倫してる」「相思相愛の夫婦は1割しかいない」ママ友を貶め続けるのはなぜ?

千秋によると、「(夫婦が)10組いたら3割は進行形の彼氏がいる。3割はいまはいないけど、いままではあった。3割は浮気していないけど旦那は好きじゃない。本当にラブラブな人は1割しかいない」とのこと。さらに「ママ友同士でそういう話をしても、全員が旦那さんにはバレていない。旦那さんが浮気した話は全部こっちに入ってくる」と、妻の浮気は夫にバレないが、夫の浮気は妻のみならずママ友にまで筒抜けだと明かした。その後、あまりにも赤裸々に話し過ぎたと思ったのか、「これはわたしのママ友のママ友のママ友の話です」と付け加えていた。

http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20160328/Messy_8314.html

10人いたら3人の人妻が現在進行形で不倫をしている……。これはなかなかショッキングな数字だったようで、あちこちで賛否両論が巻き起こりました。しかし、わたしからしたら全然おどろきでもなんでもないんですよね。だって実際に、わたし自身が現在進行形で人妻と不倫していますから。

この3割っていう数字はかなりリアルな数字だと思うんですよね。そしてもう一つ注目したいのは、不倫予備軍とも呼べる「これまでに浮気をしたことがある」人が3割、そして「旦那の事は好きじゃない」という人が3割。

つまり、なにかのきっかけがあったら「つい、魔が差して……。寂しかったの」というお決まりのフレーズで浮気に走ってしまいそうな人が6割もいるわけです。

現在進行形で不倫をしている人妻が3割。ふとしたきっかけで不倫をしてしまいそうな予備軍が6割。合わせたら9割もの人妻が不倫が身近な存在になっているわけです。

本当にラブラブなのは1割だけ……というのは、いささかさみしい数字になってしまいますね。しかし、お互いにラブラブだと言い切れる夫婦は確かに少ないように思います。新婚ほやほやならまだしも、5年10年と一緒に暮らしていけば異性間の恋愛感情なんてものは日々薄れていくものですから。

人妻が10人いたら9人が不倫願望アリ!?

千秋さんいわく、現状にまったく不満がなくてラブラブな夫婦というのは1割しかいないそうですから、実に9割の人妻が不倫する機会やきっかけがあったら不倫をしてしまう可能性があるのです。

「不倫なんて汚らわしいわ!」と考えている真面目な女性でさえ、その場の雰囲気やお酒の有無だったり、男性の誘い方によっては、コロリと落ちてしまうのでしょう。

間違いなく言えるのは、出会い系に登録している人妻は100%不倫を求めていることです。それも、かなり積極的に。不倫関係に憧れるだけではなく、実際に出会い系に登録するというアクションを起こしているわけですから、かなり本気な部類に入るでしょう。

ですから、あとはきっかけを与えて誘ってあげればいいんです。そして、相手に「いいわけ」を与えてあげて強引にひっぱってしまえばいとも簡単にセックスまでもちこめます。

「終電を逃した」だの「お酒の勢いで」だの、なんでもいいんです。そんなちょっとのきっかけがあれば、ホイホイと股を開いてくれますよ。

なにしろ、不倫願望のある人妻が求めているのも最終的にはセックスという「刺激」なわけですから。

不倫バレの対策

ここでもう一つ注目したいのは「ママ友同士でそういう話をしても、全員が旦那さんにはバレていない。旦那さんが浮気した話は全部こっちに入ってくる」というポイント。

世の中の旦那さんは、妻が浮気をしていたとしてもまったく気づかないそうです。逆に、旦那がした浮気はすべて筒抜けである、と言っているのです。

これもかなり信ぴょう性があるといいますか、説得力があるなあと思いました。わたしもいろんな人妻と不倫関係になってきましたが、あちらから「旦那にバレてしまった!」といった話はこれまで一度もありませんでした。

「旦那にバレそうだからここまでにしておきます」という人なら何人かいたんですけどね。ただ、それは今思えば体のいいお別れのフレーズとして定番ですから、実際のところはどうなのかまではわかりません。

つまり、人の心配をしているくらいなら自分の心配をした方がよっぽどいいといえるでしょう。不倫がバレるとしたら自分からの可能性が高い、という危機意識を持つことが大切です。

わたしはその辺、かなり徹底的にしていると思います。まず、なによりも気をつけていることは「生活のリズムを崩さないこと」です。

例えば、こんな行動をし始めると「怪しいサイン」として認識されがちです

  • 帰りが急に遅くなりはじめる
  • 会社の飲み会が多くなる
  • 休日にやたらと出かけるようになった
  • ケーキやお菓子など、ちょっとしたお土産を買ってくるようになった
  • なんでもない日にプレゼントを買ってくる
  • これまで乏しかったスキンシップが不自然に増えてきた
  • スマホを触られることを異様に嫌がる

などなど。どれも不倫相手に会うための時間をつくったり、不倫をしている後ろめたさからご機嫌をとろうとすると思わずしてしまう言動です。そんな見え透いた行動はすべてお見通しなのです。女性の勘をナメてはいけません。

このようなあからさますぎる行動は「ワタクシ、浮気してますよ!」と自分からアピールしているようなもので、完全に逆効果です。

大事なのはこれまで通りのリズムで日々の生活を送ること。もしくは、少しずつ変えていくことです。平日の夜にどうしても出かけたいのでしたら、それをちゃんと正当化出来る理由をつくりましょう。

浮気をごまかすのに最適な、ジム通い

たとえば、「24時間あいているスポーツジムに通う」なんて理由はいかがでしょうか?

この24時間あいているスポーツジムに通う方法はかなり理にかなってると思うんですよね。

まず、これからジムに通いたいと旦那がいいだしたのなら、それを止める妻はあまりいないと思います。運動すれば健康的になりますし、見た目だって今よりはたくましくなれることでしょう。お腹周りがだらしなくなっている人でしたらなおさらです。

それに、なんだかんだ妻だって家では一人でいたいものなんです。「旦那に早く帰ってきて欲しい!」なんて思っているのは新婚ほやほやの時だけです。「亭主元気で留守がいい」という言葉が流行りましたが、それは今も変わりません。

ジムは当然ひとりでいくところですから、妻がついてくることはまずあり得ません。確実にひとりの時間をつくれます。そして、24時間制のところでしたら、いつ出かけても不自然ではないですからね。

最大のメリットとしては、石鹸やシャンプーの匂いをさせて帰ってきてもなんらおかしくはないところです。運動した後にかいた汗をシャワーで流して帰ってくるのはあたり前のことですから、シャワーを浴びることに必然性が生まれるのです。

男性の浮気がバレる理由の多くは「匂い」からだといわれています。

  • 自分のものではない香水の匂いが、スーツや自宅の車からただよってくる……
  • 飲み会から帰ってきたはずなのに、なぜか石鹸の匂いがする……
  • これまで香水や制汗剤なんてつけたことのなかった旦那がつけはじめている……

などなど。匂いは目に見えませんし、同じ匂いをずっとかいでいると鼻が慣れてしまって気づきにくいもの。不倫相手との通話やLINEの履歴をそのままにしておく人は少ないと思いますが、匂いの存在を見落としてしまう人は多いのです。

匂いを敏感に察知して、不審に思い始めて身の回りを調査しはじめたら……出るわ出るわの証拠の山!といったところが浮気がバレる際のお約束です。

浮気がバレる時は、必ずなにかしらのきっかけがあります。

不倫相手と手を繋いでデートするところを目撃した!なんて話はめったに無いですからね。「生活リズムの変化」や「匂い」といった怪しむきっかけがあり、そこから証拠を探しだす流れになります。つまり、きっかけさえなければそもそも探られることはないのです。

それをカモフラージュするのに最適なのが、このジム通いなんです。当然ですが、ちゃんとジムには通ってくださいね。セックスをするときの体力づくりにもなりますし、やはり引き締まって筋肉のついたカラダは女性ウケもいいです。

ボディビルダーのようなムキムキの体になる必要はありませんが、見ていてだらしなくない程度の体をキープできれば十分でしょう。

もし、アリバイ作りにばかり利用して、実際にジムを利用していなければ「週に何度もジムに通っているのに、全然お腹が引き締まってこない……」というところから怪しまれるきっかけが生まれてしまうかも?

そうなっては、本末転倒ですからね(笑)なんの目標もないと筋トレやらジム通いって続かないのですが、「人妻とのセックスという明確な目標」がありますのでモチベーションには事欠かきません。

ジムは出会いスポットとしての人気も高いです

もう一つのメリットとして、ジムでの出会いも期待できます。先ほども言ったとおり、ジムはひとりで来るところです。

つまり、女性客だってほとんどの人はおひとり様です。ジムでの出会いから始まる恋愛は案外多いそうで、婚活の一環としてジムに通い始める女性も多いんだとか。

そういった「出会い目的の女性」を見分ける方法は簡単です。単純に、男性客をチラチラ見ている女性は間違いなく男を漁っています(笑)純粋に体を鍛える目的でジムに通っている女性はとてもストイックですので、自分のことしかみていません。

男漁りをしていそうな女性がいたら注目しておき、さりげなくその女性が利用しているマシンの隣にいってみたり、きっかけがあれば話しかけてみたりと、ジムから始まる出会いもあるんです。

というか、ありました(笑)

ジムで知り合った女性との交際は、そのままジムが待ち合わせ場所になりますので本当に便利でしたよ。人妻ではなく、20代前半の若い女の子でしたが、人妻ばかり抱いている中で若い女の子とのセックスもいいアクセントになってとても楽しめました。

時にはジム内のトイレや更衣室でセックスをしたり、フェラチオで抜いてもらったりしたこともありました。いま思い出しても思わず勃起してしまうほど、刺激的な経験でしたね。

ジムで汗を流し、セックスで汗を流し、身も心も健康になって帰ってくる。「ああ、これが充実した人生というやつか……」と、当時はしみじみ思ったものです。

男性は、自分の妻に対してさほど興味が無い

このように涙ぐましい努力をしてなんとか不倫をバレないようにアリバイ工作をしているわけですが……そもそも、なぜ女性側の浮気はバレにくいのでしょうか?

それは多くの男性が、自分の妻に対してはもう「女」としての興味を失ってしまっているからだと思われます。

わたしもそうなのですが、妻のことは大事に思っているものの、それは家庭における母の役割によるところが大きいです。残念ながら、異性としての付き合いはもうお互いに期待をしていない状況です。もうすでに何年もセックスレス状態ですからね。

わたしの妻だって、本気で調べたらきっといろいろ出てくることでしょう。わたしが浮気をしているんですから、妻が浮気をしていたってなんの不思議でもありません。むしろ、してほしいとすら思えています(笑)

そうすれば、わたしの浮気がバレたとしても喧嘩両成敗といいますか……お互い様だったね、ということで話がつきますからね。

そういう意味での「もし自分の浮気がバレた時の保険として、妻が浮気をしているなら知っておきたい」気持ちはありますが、男として「人の妻に手を出すなんて!許さんぞ!」といった気持ちは、もはやありません……。

まあ、自分がさんざん人の妻に手を出している手前もありますし、妻だってひとりの人間なのですから欲があって当然でしょう。その欲をわたしが満たせないのであれば、他の人にすがるのも無理はありません。

これはなぜ自分が不倫をしてしまうのか、の裏返しでもありますからね。なんにしろ「バレなければそれが一番いい」というのが今のわたしの考えです。

スマホ対策

不倫がバレる理由で多いのがスマホです。

ある時パートナーにスマホを見られ、メールなどの履歴を観覧されバレるというのは非常に多いケース。

ただ不倫相手と連絡を取らない訳にはいかないので、不倫をバレない様にするための連絡方法テクニックを紹介します。

まずメールの履歴は確実に消しておきましょう。

メール内容を見られてしまうと、不倫相手の登録名をアレンジしたなどの小細工では逃げ切れません。極力痕跡を消しましょう。

次に最近のLINEなどのアプリを利用した連絡履歴。こちらも相手が勘が良ければ探られます。むしろ、いまならまっさきにチェックされるかもしれません。LINEは履歴を自由に消すことが出来ますが、アプリによっては履歴が消せない場合もありますし、アプリだからバレにくいというのは軽率です。

Gmailアドレスの共有

121114CIA_scandal_flowchart_j-thumb-640x360-67467

アメリカのCIA(中央情報局)といえば世界でも最高峰の情報機関であり、その長官ともなればまさに全世界の情報を握り、コントロールする術を知っている情報のスペシャリストといえます。

そんなCIAの元長官が不倫相手との連絡手段に使っていた方法が明らかになりました。絶対に不倫がバレない連絡手段と言っても過言ではありません。これはぜひ真似したくなりますよ。

絶対にバレない不倫メール 元・CIA長官の裏ワザ

元・CIA長官デヴィッド・ペトレイアス氏の不倫相手で、伝記作家のポーラ・ブロードウェルとのメールのやりとりが絶妙だった。

それは、Gmailアドレスの共有だ。

【1】Gmailで新規のアドレスをとる。

【2】不倫相手にログインIDアドレスとパスワードを教える

以上!

それって普通でしょ?と思うが、ここからが絶妙!

実は、メールをやりとりしないのだった。

メールのメッセージを下書き保存するのだ。送信しない!
これだとたとえCIAが全メールを傍受していても、傍受されない。

【3】不倫相手は、同じログインIDでパスワードで下書きを読み、さらに下書きを書き込むというシンプルでありながら巧妙な同一人物になるという手法であった。

http://4knn.tv/never-found-out-for-affair/

思わず、なるほど……!と唸ってしまいますよね。送信するからログとして記録にのこるのであって、送信をしなければ決して証拠がのこることはない、というわけです。

さすがCIAの長官という情報のスペシャリストが編み出した技です。これならまず絶対に安全ですよね。

でも、これがニュースになるってことは結局、不倫がバレてるじゃん!!

と思うかもしれませんが、不倫がバレたきっかけはこのGmailのやりとりではなく、不倫相手のジャーナリストがCIA長官の知人女性に対して嫌がらせのメールをしつこく送っていたことが直接の原因です。

その相談をきっかけに外部の調査が入り、結果としてGmailとは別なところから証拠を掴まれてしまうとの顛末でした。

このやり取りの方法はその後の聞き取り調査などから浮かび上がってきたのでしょう。この不倫相手が嫌がらせのメールなんかを送らなければ……きっと今でもデヴィッド・ペトレイアス氏は長官の座に収まり続け、不倫をし続けていたのかもしれません。

相手の女性の行動や感情までをコントロールすることはむずかしいですが、このGmailの下書きを用いた連絡手段はかなり安全性の高い手段ですので、ぜひとも真似したいですね

 逆転の発想で、見られても困らない連絡方法を確立する

ではもっとバレにくい連絡方法はないか。

一つ案として上げると、ブログです。

無料ブログを一つ立ち上げて、そこの掲示板機能で連絡を取ってみましょう。

ブログは公に公表されているので危険かと思うかも知れませんが、基本的に記事も人気もない過疎ブログの内容は誰も見ていません。

WEB上のデータとなり、携帯自体には痕跡は残らないので(観覧履歴などは注意が必要ですが)、現実的に考えてバレにくいです。

掲示板の書き込みも事が過ぎたら直ぐに消せば、もう探る方法はないでしょう。

100%とはいえませんが、バレにくい方法なので一度試してみては!?

残業

もしもあなたが妻帯者だとしたら、不倫を隠すのって難しいですよね。今回は、不倫を隠すテクニックとしての残業のお話です。

恋愛を始めると普通の恋愛でもお金がかかるものですが、不倫となるとますますお金がかかります。一回一回に会うことが特別な時間であるため飲食などについついお金をかけたくなります。

バレても良い関係ならば、日中の公園で会うこともできますが、周囲にばれない場所を選ぶとなんだかんだとお金がかかります。そのお金の問題とバレないようにすることの両方を解決する方法があります。

妻に不倫をしている時間など無いことを給料明細の残業代でアピールするのです。真面目に残業をしてもダラダラと残業をしても、残業をすればたいていは残業代が入ってきます。

そして、給料明細には残業時間が記載されることはあっても、残業日時が記載されることは稀です。「最近残業が多くて大変である」ということを伝えつつ、給料明細の残業時間を見せてアピールしましょう。

証拠となる数字があると女性は信じることが多いものです。そして、妻には残業と思っていただいて、たまに定時に仕事を終わらせて不倫を楽しみましょう。

この方法は、ゆっくり休む日などは減ってしまうため、若くて体力のある方にお勧めします。また、役職に就くと残業代は出なくなったり固定になることが多いので、会社で役職に就く前の方にお勧めします。!

プロフィールは出会いを左右するもっとも大事なポイントです!

はじめましてこれから出会い系に登録しようと思っている人はラッキーです。なにせ、一番大事なことを知った上で始めることが出来るのですから。すでに出会い系に登録している人もラッキーです。あなたが出会えることができなかった理由が、ここでわかるのですから。

出会い系において、出会えるか出会えないかを決めるもっとも大事なことはなんだと思いますか?

それはしっかりとしたプロフィールの書き方を知ることです。「ファーストメールの文面を考える」なんかよりもよっぽど大事なことです。出会い系でもっとも大事なのに、もっとも軽視されているのがこの部分なのです。

たとえば、出会い系で出会える確率を高める要素に「ルックス」と「収入」があります。しかし、そのどちらかが優れていたとしても、あるいはその両方を兼ね備えていたとしても、プロフィールページが適当だったらそもそも出会えるチャンスが発生すらしないのです。

いくらイケメンだとしても自分の写真を載せないことにはそれが伝わりませんし、いくら年収1000万を超えていてもプロフィールにそれだけしか書かれていなければ相手を警戒させてしまうか、そもそも冷やかしとして相手にされないかです。

出会える人ほどプロフィールがしっかりしており、出会えない人ほどプロフィールがいい加減なことは明白です。もしかして、あなたも「はじめまして。よろしくお願いします」とだけ書かれたプロフィールにしていませんか?

そんなプロフィールじゃ絶対に会えません。いいですか? 「絶対に」です。みずから出会いのチャンスをみすみす潰しているようなもので、時間とお金の無駄でしかありません。

ワクワクメールやハッピメールであれば同性(男性)のプロフィールページも見られますので、100件くらいを調べてみました。ここで言う「いい加減なプロフィール」というのは

  • 自己紹介になにもかかれていない
  • なにか書かれていたとしても短文すぎる
  • 写真もアバターも設定されていない
  • 年齢や身長・体重・年収などが未記入
  • プロフィールページ背景の色が白のまま
  • 趣味など個人の特徴をイメージできる項目がない

などなど、探せばいくらでもあるようなプロフィールページのことです。こういった「無価値なプロフィールページ」にしている男性は実に7割以上にものぼりました。つまり、「100人中70人の男性が出会う対象として見られていない」というわけです。これってけっこう衝撃的ではありませんか?

今までは、1人の女性に、わたし以外に10人の男性がメールを送ってアプローチをしていた場合、10人全員がライバルだと思っていました。しかし、現実ではわずか3人しか競争相手になっていなかったのです。プロフィールページがいい加減な男性は、争いに参加する資格すらないわけですね。

これはあまりに虚しいものではないでしょうか? 「この事実を知っているわたし」からすれば、ライバルが勝手に自滅していくれているのでありがたいことなのですが、もし自分がその立場だったら……と思うとゾッとします。「本人が無駄なことをしていることに気づいていない」という事実はあまりに恐ろしいものではないでしょうか。

つまり、出会い系でもっとも力を入れるべきなのはプロフィールを作成する時間です。最低でも1時間、できれば2~3時間くらいは悩んでください。

仮に3時間かけてプロフィールを練り上げたとしたら、そのプロフィールは今後ずっと使えるのです。もし、ファーストメールの文面を3時間かけて練り上げたとしても、その人にしか使えない一度きりのものになってしまいますし、返事が返ってくるとは限りません。

しかし、プロフィールは永続的に効果を発揮してくれます。それも確実に!

入会と同時にプロフィールを記入させられる罠

なぜ多くの男性がプロフィールをいい加減にしてしまうかといえば、それは入会と同時に記入を求められるからなんですね。出会い系に入会するときの男性の心理とは、それはもう期待に満ち溢れているわけです。

一体どんな女性がいるんだろう? 自分の近くにいい人がいるだろうか?写真を見れたりするのだろうか?その中にはエッチな写真もあったり……? などなど、とにかく出会いとセックスのことしか頭にないわけです。

「はやく女性のプロフィールを見たい!掲示板をみてみたい!好みの条件で検索したい!はやくはやく!」

と、気ばかりが焦ってしまうんです。そんな時に「プロフィールを入力してください」なんて言われてもさっさと先に進みたいんですよ。そのため、テキトーに「はじめまして。よろしくお願いします!」といった何の価値もない文章をいれてしまうのも無理は無いといったところです。

プロフィール

例えばこんなプロフィール……誰しも一度くらいは見たことがありませんか? 果たして、こんなプロフィールの男性と出会いたいと思う女性がいるでしょうか? いるわけがないですよね。

さすがにここまでひどくはなくても、いい加減なプロフィールで済ませてしまう人はたくさんいます。「趣味は読書と映画鑑賞です」なんてのもほぼ無価値です。多くの人が似たような趣味を書いていますし、自分ならではといった個性がまったく見受けられませんからね。

大事なのは、「他の人とは違う」「どんな人なのかイメージしたくなる」「なんとなく気になることが書かれている」などなど、なんでもいいから印象を残せるプロフィールです。当り障りのない、無難なプロフィールは相手の心になにもひっかかりません。

良いプロフィールとはどんなプロフィールか

それでも、ただ文章や情報を増やせばいいわけではありません。あくまでも「必要なことを簡潔に伝える」ことが、人にはもっとも伝わりやすいですし印象に残るのです。

ページを開いて改行もされていない文章がずらっとみっちり並んでいたとしたら、それだけでもう見る気をなくしてしまいますよね。あくまでも人が読むものだ、という意識を持って句読点の使い方や適切な改行など、文章を書く時に気をつけたい基本的なことを抑えておきましょう。

例えば趣味の欄。多くの人は趣味の名称だけを羅列して書いてしまっています。「趣味:読書・映画・登山・釣り」とだけ書いているシンプルすぎるパターンです。そういう場合も、ちょっと書き方と情報を加えるだけで全然印象が違ってくるんです。

読書が趣味なら好きな小説家や本のタイトルを書けばいいし、映画だって同じことです。いろんなジャンルがある小説や映画の中で、どんなジャンルが好きなのか?を描くだけでも違います。

「スターウォーズシリーズが大好きです」だったり「司馬遼太郎をよく読んでいます」といったような、具体的な情報があることも大事ですね。その人ならではの個性がちょっと見えてくるだけでも全然違います。

釣りや登山などのアウトドアが趣味な人でしたら、どんな場所によく行くかをちょっと付け加えておくといいでしょう。そうするとリアリティがでてイメージしやすいですし、女性がメールをする際にも「◯◯山にいかれたんですね。どんなところでしたか?」と話題のキッカケにもなってくれるのです。

実際、わたしたちが女性にメールを出す前にはプロフィールを見ますよね。そして、趣味やその女性が興味ありそうなことに関する情報を読み、その中で自分が話題にできそうな共通点をみつけてから、その話題をちょっといれてまずはメールをする……というのがよくあるパターンです。これは大正解の王道パターンです。

なにもそうしているのは男性だけではないんです。女性だって見知らぬ人に話しかけるときは共通の話題が必要になりますから、プロフィール検索なり掲示板を見たりで、いろんな男性を探そうとします。「一体どんな人なんだろう?」という興味を持った上でプロフィールページを見てくれたわけです。

そこでなんの情報も価値もないプロフィールページを見せてしまえば「え、なにこの人……どんな人なのか全然わかんない」と、がっかりされてしまいその時点で興味を失われてしまいますからね。

プロフィールページは自分の顔であると同時に、釣り針でもあります。自分に興味を持ってくれた女性がさらに興味をもって食いついてくれるのか、それとも興味をなくして出会いのキッカケを失ってしまうのか……それは、プロフィールページにかかっているのです。

他の男性のプロフィールを参考にする

とはいえ、いきなり良いプロフィールを書いてといわれても書けるものではないですよね。それに、プロフィールなんてのは人それぞれですし、お手本を参考にして丸写しをしたところで自分に合っていなければ何の意味もありません。

個人的なオススメとしては、まずはなんでもいいのでテキトーにプロフィールを記入して入会し、まず女性を探す前に他の男性のプロフィールを見まくることです。ワクワクメールやハッピーメールでしたら、検索の条件で女性から男性に変更すればずらっとリストにでてきますので、いくらでも見ることが出来ます。

ワクワクメールもハッピーメールもプロフィールを閲覧するだけなら無料ですから、それこそ登録している人数だけ参考書があるようなものです。これを活用しない手はありませんよ!

まずはいろんな男性のプロフィールを見てください。「あー、こいつはダメだな」「この人はまじめに書いてるな」「なるほど、こういう表現の仕方があるのか」と参考になる部分がたくさんあると思います。

自分が良いと思ったものを女性が良いと思うかどうかはわかりませんが、少なくともそうやって一生懸命調べて工夫したプロフィールはわかるものなのです。「あ、この人はちゃんとプロフィール書いてる」という気持ちが伝わるのです。

同じ趣味の人を探して参考にするのもいいですし、なにか興味をそそられる趣味などがあったら真似してみるのもいいですね。人間だれしも何かを始めるときは、まずは模倣からです。赤ちゃんがしゃべるのだって親の真似ですし、歩くのだって真似をするところから始まるのですから。

顔写真は絶対にプラス印象。最低でもアバターの設定を

男性は自分の顔写真を載せることに抵抗のある人が多いことでしょう。だからこそチャンスだともいえます。男性で顔写真を載せているひとはまだまだ少数派です。

しかし、自分が女性のプロフィールページを見るときはまず写真が気になりますよね? これから会うことになるかもしれない人なんですから、どんな顔なんだろうと気になるのは当然ですし「ブスだったらやめておこう」という見極めの判断要素のひとつにもなります。

それは女性も同じことです。むしろ出会い系で会うとなると女性のほうが抱える不安は多いのですから、なるべく会う前に相手のことを色々知りたいと思うものです。顔が見えるのと見えないのでは安心感が全然違いますからね。

「でも、自分はブサイクだから顔をのせたら誰もメールをくれなくなるんじゃ……」と不安に思う人もいるかもしれません。しかし、それでも絶対に載せたほうがいいです。だって、会うことになったらどのみち顔と顔を合わせることになるのですから。写真を見てスルーされてしまうか、それとも会ってからフラれるかの違いです。

会ってからフラれるのは精神的なダメージもありますし、会うまでにその女性に費やしてきた手間や時間もまったくの無駄になってしまいます。しかし、写真を載せていることで「自分の顔を好まない女性」なら、そもそもやりとりが始まりません。つまり手間もお金も無駄になることがないのです。

それに、若い女の子ならともかく、人妻や熟女であれば男性の容姿はあまり重要視しません。真面目そうな写真をのせておくだけで、必ず印象はプラスになります。

もしもどうしても写真を載せたくないということなら、まずは顔がわからないけど雰囲気だけはわかるような写真でもいいから載せたほうがいいです。

写メを掲載するにあたって、ルックスが悪くてもあまり気にする必要はありません。多少、写りのよい写真を使うようにすれば、とくに問題ありません。それでも写真がないよりはぜったいに出会いの成功率は上がります。

また、いろいろな角度からの撮影を試し、どの角度が一番魅力的に見えるか比較してみましょう。一般的には、髪のわけめのほうから撮影すると明るく映ると言われています。

その他、「顔の周囲に手を添えると知的に見える」「口角を上げて、上の歯だけを見せるようにすると、素敵な笑顔になる」などのテクニックもあります。

バストアップの写メを撮る人がいますが、基本はできるだけ近くで撮ってください。

ちょっと極端すぎるくらい目を大きく開けましょう。おかしくなるかもなんて気にする必要ありません。何枚か撮影したら、自然なものもあります。

ちょっとだけ斜めに撮影すると、顔が小さく見えます。オススメは斜め上です。二重あごも防げます。

プロのカメラマンは一生懸命ライティングしますよね。明るいほうが良い写真が捕れます。

どうしても上手く撮れない人はセルフタイマーを活用しましょう。ブレが防げます。

背景はゴチャゴチャしているとあまり印象がよくありません。

なによりも大切なのは笑顔です。リラックスして笑顔を忘れずに!

それでも、恥ずかしい自信がないという人は、アバターの設定くらいはしておきましょう。初期設定の裸のアバターだったり、未表示だったりするのは本当に印象が悪いです。「この人はまじめに出会う気がないのね」という判断をされてしまいます。

アバターのパーツには有料のものもありますが、無料のものだけで構いません。なにもおしゃれでセンスのある設定にする必要もそんなにありません。もちろんそう出来るならそれにこしたことはないですが、大事なのはアバターを設定することで「人に見られることを意識している」というアピールが出来る点です。

女性のプロフィールページを見ればわかることですが、多くの女性はアバターの着替えを楽しみ、背景の色やパーツをいろいろと組み合わせてデコレーションすることを楽しんでいます。自分のページをそれだけ凝るんですから、人のページを見る時だってそこに注目をするわけです。

きちんと設定している男性のプロフィールを見ると「あ、この人はそのへんの男とは違うんだ」という一目置かれる存在になりますからね。出会い系においてはこのちょっとした差が大きな差となるのです。

プロフィールはできるだけこちらの情報を出す

出会い系はギブアンドテイクです。こちらが情報を出さなければあちらも情報を出してくれません。

とくに人妻は出会いに関して警戒心が強いのです。こちらの詳細を伝えるほど、あちらは警戒心を解いてくれます。

たとえば、名前をつけるときに、「素敵なおじさん」とするよりも「佐藤ゆうじ」にしたほうが、たとえウソの名前だとしても出会いの成功率は上がります。

ただ、詳しい住所や職場など、極端な個人情報を書くのは危険なので気をつけてください。

また、できれば具体的に、「スポーツが好きです」よりも「サッカーが好きです」と書いてください。間口を広げようとして、結局だれにもターゲットにされないという事態を防げます。

たとえば、「ずっと彼女がいなかったので、勇気をだして彼女を探しています。もしよかったらメールをください。よろしくおねがいします」なんていうプロフィールでは、あなたが誰なのかぜんぜんわかりません。

あなただったら相手のどんなことを知りたいのかを想像し、出来る限り具体的に書きましょう。

だからといって、書いては行けない情報もあります。。あまりに詳しい個人情報を書いてしまうと、それが悪用されてしまう心配があります。当サイトで紹介している出会い系サイトは安心サイトばかりですが、サイト内に潜り込んでいる悪徳業者がたくさんいるので注意が必要です。

ポジティブに書く

ネガティブなことは書かないようにしてください。人妻は普段のつまらない単調な生活の中で、いっときの楽しみのために出会い系サイトを利用しています。あなたがどんなにネガティブな人だとしても、そのことを正直に書く必要はありません。

また、実際にあう場面を連想させるようなことをかいてください。好きな場所・好きな食べ物などを書いて、実際に会う時が来ることを連想させるようにしてください。

最初から女性にたいするリクエストは書かない

たとえば、「近くに住んでいる女性希望です」「すぐに会える女性希望です」「若い女性希望です」など、女性に対するリクエストは書かないほうが良いでしょう。たとえば、自分が若い女性であったとしても「若い女性希望です」と書いている男性にメールはしないものなのです。間口は広く考えましょう。

 

プロフィールの名前の大切さ

出会い系で使用するハンドルネーム・ニックネームは、あなたが思っている以上に大切です。そして、女性の男性にたいする印象はハンドルネームで大きく変わります。

女性の名前をざっと見てみてください。

  • 佐藤美咲
  • yui
  • みどり
  • 四宮サナエ
  • ニャンニャン
  • 人妻ゆりこ
  • クッキー

などという名前の女性がいたとしてどうでしょう。名前を読んだ時点で印象がぜんぜん違うんじゃないでしょうか。メールのタイトルや本文をいっしょうけんめい考えて、ハンドルネームに無頓着な人が多すぎます。ハンドルネームもきちんと考えて付けましょう。

使ってはいけない名前

たとえば、

  • Moon chiled
  • vanilla
  • シナモン
  • トワイライトナイト
  • 綺羅(キラ)

なんていう名前の人がいます。

やめたほうがよろしいと思います。

まともな女性がそんな男性を相手にするでしょうか。

そもそも、実際に会うことになったら
「はじめまして、む~んちゃいるどです」って挨拶するんでしょうか。

その時になって気づいても遅いんです。

こういう名前をつけましょう。

タクヤ・ユウキ・マコト

みたいな名前も付けてはいけません。なぜなら、同じ名前の男性が出会い系サイトには大量に存在するんです。

だからせめて苗字は付けるようにしましょう。

佐藤ユウキ

みたいなフツーのものでかまいません。フツーが一番なんです。もちろん本当の名前である必要はありません。

小さなテクニック

また、もしもハンドルネームの文字数制限がある程度長ければ、名前の後ろにちょっと一言コメントを付けるというのも効果的です。

たとえば、

佐藤ユウキ(職場は新宿です)

なんていうのも効果的です。

もちろん、普通出会い系サイトに居住地域を設定できる場所があるんですが、職場が別の場所ならチャンスが広がりますし、なにより目立つことができます。

逆の立場になって考えてみてください。

仲村恵利(職場は新宿です)

という名前の女性がいて、あなたの生活圏が新宿だったら、メールしたくなりませんか?

よくあるダメな名前

使っている人が非常に多いダメなハンドルネームの例を上げておきます。下記のような名前は女性は好印象を持ちません。

  • お酒の名前
  • 車の名前
  • 卑猥な名前
  • ○○クン・○○さん・○○ぽん など
  • 芸能人と同姓同名

30代40代人妻だからこそ覚えておきたい口説きのテクニック

30代40代人妻を、おばちゃんあつかいせず、独身女性と同じように接すればきっと相手も喜ぶはず……と、思っている男性諸君!

さらにもう一歩踏みこんだテクニックを利用して、30代40代人妻の心をガッチリつかんでみませんか?

実は、30代40代人妻だからこそ覚えておきたい口説きのテクニックがあるのです!

このテクニックを覚えておけば、人妻を「落とす」努力をしなくても人妻の方から食いついてくるかもしれませんよ!

バブルと無縁な人妻の誤解

30代はもちろん40代前半も、若い頃はすでにバブルは崩壊後モード。いわゆるバブル全盛期に遊びまくったのは40代後半から50代の人たちとなっています。

とは言え女性の場合、付き合う男性がちょっと年上ならバブルの恩恵をしっかり受けている世代。バブル世代ではないものの、バブルの魅力は理解している女性たちなのです。

そのため、特に年上のお姉さん的なノリで、30代40代の人妻を落とそうとする年下男性はもちろん、同世代の30代40代男性も、少し背伸びをして扱うくらいがベターと言えるでしょう。

トレンドよりも90年代の話

やはり30代40代の人妻には時間も経済力も独身時代より劣るため、最新のトレンドは鈍くなっているのが正直なところ。そして、なんといっても一番食いつきがいいのは90年代。

テレビドラマや音楽、雑誌、漫画など今ではネット1つですべて解決できる娯楽を、夢中で追いかけまわしていた時の話が最も盛り上がります。

バブルネタで注目を集めているお笑い芸人平野ノラも実は、バブルを知らない世代。

若者にとは違う、あるあるネタとして笑う人がいるように、90年代のトピックは会話に困ったときの鉄板ネタとして覚えておくのが賢明です。

男の立ち振る舞いはオラオラ一択

最近は星野源をはじめ、濃い顔で派手なイメージの強い男性よりも、いわゆる草食系と呼ばれる優しい人柄のタイプが人気。実際、阿部寛や沢村一樹といったタイプは同性からの支持者が多いですね。

とは言え、30代40代人妻に対しては、見た目問わず古き良きオラオラ系なバブル感溢れる男性が人気。

特に、移動は車やタクシー、旅行好き、ブランド好きなど今では“やりすぎ”なくらいのバブルっぽさが好かれますが、いずれも根本的には“羽振りの良さ”という経済力が注目されています。

実際、出会い系で知り合った人妻にお金を注ぐのは難しい男性の場合、身の回りの小物だけでもアクセントにブランド物を投入すると、好感度がグンッと上昇するでしょう。

ただし女性の扱いに古さは厳禁

そこで、気を付けたいのが「じゃあ、男尊女卑気味な扱いがウケるの?」という勘違い。

残念ながら、昭和のように「女は男の3歩後ろを……」という古い考えはウケません。都合が良い話ですが、女性の扱いは今を意識したレディーファーストな立ち回りが安心です。

男は男尊女卑が強い古さを出しつつも、女は男女平等の新しさのある行動。まぁ、そんな女性のわがまますらも“可愛らしさ”のひとつとして受け入れるしかありません。

特に、仕事や家事、育児に忙しい人妻女性は、20代や30代の独身女性を羨ましく感じていることも。「主婦なんだから当たり前」で終わらせず、頑張っている姿をたっぷり褒め称えてあげましょう。

30代40代人妻だからこそ覚えておきたい口説きのテクニックまとめ

実は、20代の女性や独身女性よりも心を掴むのがわかりやすいのが、30代40代人妻の特徴でもあります。

このコツさえ掴めれば、必死に「何とか一発ヤラせてほしい!」と頑張らなくても、相手から簡単に股を開いてくれることも?!

バブル世代ではないものの、バブルを身近に感じてきた青春時代を、もう一度味合わせてあげる。そうすれば、自然とあの頃を思い出して、気持ちまで若くなるのが女性。おだてて気を使うよりもよっぽど簡単にセックスまでもっていくことが可能です。

30代40代人妻タイプ別攻略法まとめ

0070happy出会い系サイトの攻略法は30代40代の人妻を狙うことです。

彼女や結婚相手を見つけるのではなく、ただただんにセックスの相手が欲しいなら、競争率の高い若い女の子を狙う必要はないのです。人妻なら、若い女の子を狙うよりも、はるかに小さい労力でセックスを成功させることができるのです。

30代40代人妻は、まだまだ十分体は若いしテクニックもある。交際相手を探しているわけでないから、お互い割りきった体の関係に向かうことができます。デートやプレゼントなど、面倒なことは一切必要ありません。

午後の昼下がり、時間をもてあました人妻は出会い系の世界に没頭しています。

人妻たちの特性や、求めているものを理解し、それにあわせた攻略法で攻めれば、魅力的な人妻とセックスライフを楽しむのは難しいことではないのです。

本日は、30代40代人妻タイプ別攻略法をまとめてみました。

なお狙ってはいけないタイプの人妻は「問題の多い人妻をタイプ別に紹介」にまとまっておりますのであわせてごらんください。

人妻を知り、成功率を上げる

出会い系コンテンツでは人妻は暇人タイプ・性獣タイプ・疑似恋愛タイプの3つに分類できます。

出会い系には人妻がたくさんいるので、数多くトライできるという魅力がありますが、彼女たちが何を求めているかを把握し、常に相手の欲求を満たし続けるのが攻略のコツです。

人妻を知る=出会い系での成功率を上げることにも繋がるので、実のある出会い系ライフをエンジョイするのであれば、人妻の攻略法は必須なのです。

暇人タイプ(時間を持て余しているタイプ)

子供が学校へ行き、家事が終わった午後の昼下がりには人妻はすることがありません。

ママ友とのお茶会だって毎日は開催できないし、特定の趣味があるわけでもない……。

暇で仕方ない奥様が利用するのが出会い系サイトであり、自分の相手をしてくれる男性を求めて日々活動を続けています。

その結果、平日の昼下がりのラブホの利用者はほぼ人妻であり、大型ショッピングモールの駐車場は相手待ちの人妻で溢れ返る始末。

また、暇つぶしができるだけでなく、不倫というスリリングな関係を構築することで燃え上がるようなセックスが堪能できる魅力もあります。

このタイプの人妻は攻略がしやすく、とにかく自分と関係を持ってくれる男性なら大歓迎で、時間やフィーリングが合えば高確率でヤラせてくれるでしょう。

変速勤務で平日休みが多い男性には、暇な人妻は非常におすすめです。

性獣タイプ(欲求不満)

旦那が忙しくて夜の相手をしてくれない、アブノーマルなセックスばかりで全然満足できないなど、旦那への性の不満が溜まりに溜まっている人妻たち。

性の不満はストレスに直結し、肌の調子やホルモンバランスを乱す厄介な存在に……。ストレスを溜め込まず、魅力的な女性でいるためには性欲処理は必須事項です。

爆発寸前の性欲を発散するべく利用するのが出会い系サイト、若くてビンビンの男性や極上のセックススキルで快楽へ誘ってくれる男性を日夜求めています。

このタイプの人妻は当然セックスがお目当て、出会い系でのやり取りの中でもエッチな話題や性に関する話をぶっこんでくる人が多いので、非常に分かりやすいです。

しかし、相手は自分の欲望を満たしてくれる相手を求めていますので、1回ヤッて満足できなければ即切り、なんてこともしばしば。

男性経験が豊富な奥様方、そんな女性を満足させるためにはある程度のセックススキルやバリエーションは必要不可欠。

出会い系で30、40代の人妻を狙うのであれば、精力とテクニックを持って攻略に勤しんでいきましょう。

疑似恋愛タイプ(甘酸っぱい恋愛)

人妻だって立派な女性。結婚する前は胸をときめかせる出会いやデート、セックスを多く経験して今の結婚生活に至っています。

子供が生まれてからは2人きりでデートすることもなくなり、昔の情熱的で自分のために必死だった旦那の姿は、今や見る影もありません。

そんなロマンチックな人妻が利用するのが出会い系サイト、あの頃の甘酸っぱい経験を疑似体験するべく理想の男性を探し求めています。

このタイプの人妻の場合は肉体関係を優先するのではなく、ちょっとしたデートや雰囲気重視のロマンチックな疑似恋愛を求めている傾向が強いです。

ですので、性欲が強い年下の若い男性ではなく、似たような経験をしている同年代の男性の方がアプローチしやすいでしょう。

不倫相手絶賛募集中の殿方には、こういった人妻との関係も魅力的で良いかもしれません。

30代40代人妻タイプ別攻略法まとめ

出会い系で30代40代の人妻の最終的な目的は男性との肉体関係を持つことが目的であり、ヤリやすく初心者でも敷居が低いジャンルです。

ですが、旦那という存在がある限り、常に危険と隣り合わせのスリリングな関係なので、セフレや不倫相手にするのであれば股がゆるくて口が堅い人妻を選ぶと良いでしょう。

旦那にバレないよう人妻との肉体関係を持続させるのも、デキる男の嗜みですよ?

問題の多い人妻をタイプ別に紹介

出会い系サイトに登録を済ませて、女性の検索をしますと、なによりも人妻の多いことにまず驚かれるのではないかと思います。

それも若妻から熟妻まで、ありとあらゆる年代の人妻が登録をしていますから、さながら人妻のオンパレード状態です。

人妻と聞いただけで竿をしならせてしまうような、素人の人妻が大好きな方には、たまらない状態にあると言えます。

出会い系サイトに登録を済ませているということは、すなわち不倫をしたいと自分で意思表示しているようなものですから、一見すると股を開いて食べてくださいといわんばかりです。

ですから事実、食べることも出来るのですが、中にはイレギュラーな果実が含まれていることもあります。

人妻も果実みたいなものですから、食べるとお腹を壊してしまうような不良品が入っていることもあります。

出来れば下痢は避けたいものですが、お腹を壊してしまいそうになることもあるのが出会い系サイトです。

そんな問題の多い人妻をタイプ別に紹介します。思い当たられたら食べずに吐き出すなど、参考にしてください。

あまりに話が早い人妻は食べようがない

初めてメールをしているのに、人をひきつけるような、まるで客商売でもしてるかのように、愛想のいい人妻がいます。

それでいて、一回一回のメールの文章量は短く、こちらから書いたメールの長さとは関係なく、一定の長さのメールが何回か続いた後、やおら会えるような素振りを見せてきます。

すかさず対応すると、待ってましたとばかりに会える日時と場所を指定してきます。それも一方的でなく、もちろんお忙しいでしょうからキャンセルされても構いませんよとこちらに気を遣ってくれます。

どこまでも物腰が客商売風なんですね。ところが、セミプロ?かと思わせる風でもなく、話の内容には生活臭も感じられて、素人に間違いないと思って会いにいくと、素人は素人なんですが、ほとんどの男は食べようとしない素人だったりするんですね。

煮ても焼いても食べられないものがありますが、まさにそういう感じの人妻も出会い系サイトを使っています。起伏のない短いメールしか返さない、話の早すぎる人妻は要注意です。

話がうますぎる人妻はドタキャンもある

乗りが良く、リクエストでもすればいきなり唄でも歌ってくれるようなネ明の人妻は、えてして調子もいいですね。

話もうまくて、エッチな話を振っても、いまさらセックスなんて問題じゃないと言わんばかりに、軽く受け流してきたりします。

自分の身体のことを話すのも平気で、月経の日程から、体温まで教えてくれます。それって、生出してってこと?と思わず生唾を飲み込んだりするようなこともさりげなく言ってきます。

一月も話しに付き合ったわけだから、もういいだろうと誘うやいなや、そんなこと簡単にするわけないだろう、「お前バカか」とそれまで聞いたことのないような大声で怒鳴られて退散です。

話のうますぎる人妻は、話そのものを楽しんで満足している可能性もあります。ドタキャンというより怒鳴ってきたりしますので、注意が必要です。

即日やらせない人妻は名刺を欲しがる

メールが好きではなく、書くことが余り得意ではなさそうで、LINEも遅々と進まないような人妻は、逆に会うことにはさほど抵抗がなかったりしますね。

ですから調子のいいメールのやり取りなんかはほとんどすることなく、面接まで比較的容易にこぎつけることが出来ます。こういう人妻は熟妻に比較的多いですね。

メールからちょっとアンニュイなムードも漂ってきていて、どことなく投げやりな感じもしなくもない感じの人妻です。

熟女で投げやりで簡単に出てくるのであれば、間違いなくやれそうだと思って期待すると、それが頑なに拒んできたりします。

若い娘じゃあるまいしと鼻白んでも頑として応じる雰囲気ではないんです。そういう人妻が要求するものには、勤務先の名刺だとか、さては住まいを見せてくれなんて要求まであったりします。

体の関係はそれからだと言うんです。

こういう人妻は、アンニュイなだけあってたいてい日常に退屈をしているので、呼び出せば応じても、すぐにホテルには行きたがりません。なんだかんだ理由をつけるタイプです。

かといって会っている事にさほどの感興もないようですから、偽の名刺を渡してホテルに連れ込んでも、余り楽しめなかったりします。メールに漂う投げやりな雰囲気には要注意です。

話して食い逃げする人妻もいる

一番多いタイプかもしれませんが、メールが来たらどんな相手でも、一度は必ず会うようにしている、一見して博愛ムードで接して来る人妻というのがいます。八方美人的というんでしょうか。

このタイプに引っかかると、だいたい自分のことばかり話して、店で食べているときも話して、話し終えて食べ終えるとそそくさと帰ってしまいます。

男と会って話すこと、食べることを目的に出会い系サイトを使っているんじゃないかとさえ思えるような手際よさです。

一事が万事、そつの無い対応をして来る人妻には要注意です。

すっかり出会い系サイトの止瀉薬のような話になってしまいましたが、止瀉薬が存在するのは、止瀉薬を飲んででも出会い系サイトにはやる価値があるからです。

下痢や嘔吐を乗り越えて、いい人妻に出会えたときの嬉しさは、止瀉薬の存在などすっかり忘れさせてくれるほど素晴らしいものです。

止瀉薬を使うことなくいい人妻に会えればそれに越したことはないのですが、残念ながら出会い系サイトは不可避の如く止瀉薬レベルの人妻と出くわすように出来ているようです。

そこで辞めてしまえばそこまでなのです。しかしこれは洗礼です。洗礼を受けた先に真の果実が待っています。これもまた揺るぎがたい事実なのです。

人妻が感じている不安を解消することで、出会いにつなげよう

sep_355215221321-thumb-815xauto-17902

出会い系にはいろんな期待がありますが、それと同じくらいに不安もあります。見知らぬ男女同士が出会うわけですから「万が一、なにかトラブルがあったらどうしよう……」と考えてしまうのはごく自然なことですよね。

男性も女性も同じように出会い系に抱える不安はありますが、男性の場合の多くは金銭的なトラブル(サクラや美人局)で済みますが、暴力などの肉体的な被害をこうむるのは女性のほうが多かったりするのですからなおさらです。

事実、出会い系で知り合った男に殺されてしまった女性もこれまでに何人もいるのです。有名なのは「和歌山出会い系サイト強盗殺傷事件」が挙げられるでしょう。人気テレビ番組のアンビリバボーでも特集され、あまりにも現実離れしたその手口と事件内容から大きな話題となりました。

和歌山出会い系サイト強盗殺傷事件

和歌山出会い系サイト強盗殺傷事件(わかやまであいけいサイトごうとうさっしょうじけん)は、2002年7月に起こった強盗殺人・強盗殺人未遂事件である。

主犯は和歌山県打田町古和田の会社員・自称国際派モデルの女(2002年当時24歳)で、実行犯は和歌山市岩橋の無職の男性(当時32歳)である。

女は容姿端麗で明朗快活、高等学校在学中の18歳で結婚し、2人の子供がいた。しかし夫が浮気したことから離婚し、子供たちを連れて実家に戻った。しかし子育てを母親任せにして自らは新たな男性を探すことに奔走する。そして出会い系で知り合った相手が、後に実行犯となる男性であった。男性は女に夢中になり、結婚を申し出るまでになる。しかし女は「自分の親は暴力団の組長である」と嘘を告げ、「父に結婚を認めてもらうためには組への登録料が必要で、毎月20万円出してほしい」とした。女は男性が自分に夢中であることを逆手に取り、金を貢がせようとしていたのである。さらに女は「組員が死んで香典がいる」などあることないことを持ちかけて、次々と金を搾り取っていく。男性は自らの生活を切り詰めて懸命に貢いだが、遂に貯金が尽きてしまった。そのため、闇金に手を染め始めたが、これが原因で自動車販売会社から解雇され、窃盗などの犯罪にも手を染めていく。

もちろん、このような殺人事件に巻き込まれる確率はほんとうに稀で、それこそ飛行機事故よりレアケースといえます。毎日、何百万という人が飛行機を利用して無事に目的地についているように、何千という人が出会い系で楽しく魅力的な出会いを成立させています。

しかし、飛行機墜落事故が1件でも起きると、一時的とはいえ世界的に飛行機を利用する客は減少してしまうそうです。それと同じように、出会い系にて1件でも印象的な殺人事件が起きることで、出会い系に対して「怖い」と感じてしまう女性は多いのです。

ここでは人妻が出会い系に抱える不安がどのようなものがあるのかをご紹介し、その不安を解消するための方法をお教えしたいと思います。人妻が会う相手を決めるときは、よりハンサムでお金持ちの男性ではなく、より安全そうな男性を選ぶのが普通なのですから。

「自分は安全であり、ルールやマナーもわかっています」ということを伝えるにはどうしたらいいのか?これを知っているのといないとのでは会える確率に大きな差が出てくることでしょう。

人妻が「出会い系に対して不安に思っている6つのこと」をひとつひとつ紹介していきたいと思います。

その1.もし旦那にバレたらどうしよう?

一般的な人妻がまず不安に思うことは旦那バレです。旦那に知られてしまっては出会いを楽しむどころか、家庭崩壊の危機になってしまいますからね。

そのため、まずはなによりも旦那にバレないことを第一に考えます。慎重な人妻であれば、旦那が家にいる時はサイトを一切ひらかないなんてことも。そのため、夜や週末はまったくやりとりが出来ずに会話のテンポが悪くなってしまうケースもあるのです。

それは困り者なのですが、逆にチャンスでもあります。多くの男性は会話のテンポが悪い女性を嫌います。だからこそ、優しく手を差し伸べてあげることが効果的なのです。

「メールを送るタイミングはいつでもいいよ。なにかと事情もあるだろうし、君の平穏な生活を尊重するよ。ぼくはずっと待っているから安心して」

といったメールが送られてきたら、その女性はとても安心することでしょう。「この人はわかってくれている人なんだ」という印象を持ってくれるはずです。

会うまでに時間はかかるかもしれませんが、急ぎでなければじっくり育ててみるのもいいでしょう。こっちを信頼してなついてくれればくれるほど、都合の良い関係になれるかもしれませんからね。

相手は独身女性とは違って不自由な環境にいることを理解してあげることが大事です。電話の強要や写メの強要などはやめておきましょう。このご時世ですし、人妻であればなおさら個人の特定に繋がるような情報は出したくないものです。顔写真が見たい場合でも、口元を隠した写真でもいいから見てみたいな、とあらかじめ保険をかけてあげれば相手も送りやすくなります。

こうして写真を送ってくれたのなら褒めて褒め倒して、また違う写真を送ってもらえる可能性もでてきますからね。

その2.もし変な人だったらどうしよう?

ぶっちゃけてしまうと、出会い系には変な人が多いです。これに関しては男も女もお互い様といいますか……会ってみないとわからないことなだけに、会う前からこの不安を払拭しきることは難しいです。ですから、なるべく相手が知りたがっていることは素直に教えてあげましょう。

多くの場合、自分の顔写真を送ることは相手に安心感を与えます。相手の顔を想像しながらであればイメージもわきやすいですし、より身近に感じることが出来ます。「相手の顔がわかるという要素」が大事なのであって、容姿に自信がなくてもいいんです。

若い女性であれば単純に顔だけで選ぶ人も多いかもしれませんが、人妻や熟女はそういったうわべだけの情報では判断しないものなのですから。

また、職業なども相手に聞かれる前に自分から教えておくのがいいでしょう。これは素直に本当のことを教えてもいいですし、あまり知られたくないのなら嘘をついてもいいです。もったいぶって「仕事は会った時に教えるよ」なんて断り方だと相手には不安しか与えませんからね。

あとは文章の書き方で相手にあたえるイメージは大きく左右されます。人妻相手であれば、常識と節度のある態度を心がけることがいいでしょう。ユーモアは大事ですが、無理に狙ったジョークや流行りのギャグなどは軽薄に思われてしまいかねません。

今であればPPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)などが流行っていますが、安易に乗っかってしまうのは大怪我のもとです。変に冒険してもハイリスク・ローリターンなだけですので、無難な内容にとどめておきましょう。

かといって堅苦しすぎても相手には息苦しい印象を与えてしまうので……難しいのですが、このへんのバランス感覚は実際にやってみて慣れてみるのが一番です。出会い系は非日常で非常識な場だからこそ、常識力が求められる場でもあります。

その3.もし個人情報を悪用されたらどうしよう?

メールアドレスを聞かれたり、写真を見せて欲しい、と言われた時に「連絡先を教えたり、写真を見せるようなことはしたくない……」と答える人妻は多いです。

立場を考えればごもっともではあるのですが、サクラの常套句というイメージもあるためにあまりこちらの印象はよくありません。人妻が不安を覚えるのは当然ですし、理解は出来るのですが、あくまでもここは「出会いを求める場」なのですから。

メールアドレスがわかれば、もっと出会いに向けていろいろなことを話せるわけだし、写真だってこれから会うかもしれない人がどんな人なのかを知りたいのは当然なこと。

無理難題を押し付けているわけでもないのに「あなたは出会いに対して本気なのか?積極的じゃないのか?……つまり、サクラなのか?」といった疑念を抱いてしまうものですからね。あまりしつこく聞くのはNGですが、相手の本気度をはかる物差しでもあります。

目安としては5通以上のやり取りをしているにも関わらず、連絡先の交換をもちかけても拒否されるようでしたら、その場でその人との関係を断ち切ることも選択肢のひとつです。

もう一つの注意点として、出会いに関係のない個人情報は極力詮索しないようにしましょう。

「本名はなんていうの?」「子供は何人いるの?」「旦那はどんな仕事をしているの?」「実家はどこにあるの?」

といった質問に関しては「なんでそんなことを聞いてくるの?」と不安がられてしまうことでしょう。あくまでも聞いていいのは当面の連絡先くらいです。

その4.もし乱暴をするような人だったらどうしよう?

女性が出会い系のトラブルでまず不安に思うことは暴力がらみのトラブルです。女性はどうしても男性に対して体格や体力に劣るものですから、力づくで無理やりに言うことを聞かされてしまうことだってあるのです。

そういった不安を少しでも解消してあげるために、待ち合わせ場所は人気の多い場所にすることをおすすめします。いきなり人気の少ない公園を待ち合わせ場所に指定されでもすれば、不安しか感じないでしょう。そのままワゴン車に連れ込まれてしまってもおかしくありません。

ですから、待ち合わせをするなら人の多い場所。喫茶店やファミレスなどの店内で直接待ち合わせをするのもアリです。そういった衆人環視のある場所であればいきなり犯罪に巻き込まれるなんてことはまずないですからね。

店内での待ち合わせにすれば、どちらかが遅刻した時にもゆっくりと座って待つことが出来ます。また夏や冬は、外で立って待つのはつらいものです。特に、日焼けを気にする女性を夏の炎天下の中で待たせるなんてもっての外ですね。環境が整った場所で待ち合わせをすることは、女性への思いやりにも繋がるのです。

女性が安心できる待ち合わせ場所を選んであげることは、男にとってのマナーともいえるでしょう。

その5.もし知り合いに見られたらどうしよう?

男からするとなかなか気づきにくいポイントなのですが、人妻が感じやすい不安のひとつに「知り合いにデート現場を目撃されないだろうか」と、いった悩みがあります。そのため、移動が少なく済むように相手の近所で待ち合わせをする、なんてのは相手からしたらありがた迷惑だったりするものなんですね。

待ち合わせをする場所は普段その人がいかないような場所にしてください。あるいは、新宿・梅田・天神などの各地の代表的な繁華街や観光地に指定するのもいいでしょう。木の葉を隠すなら森の中……といいますように、人を隠すなら人混みの中が一番だったりするのです。

それでも万が一、見られてしまうことがあるかもしれません。相手が人妻なのであれば、手を繋いだり腕を組んだりといったことは表ではしないほうがいいでしょう。ですが、「せっかくならデートっぽいことを楽しみたい」と考える人妻もいるので一概には言えないんですけどね。

あまりに人が多くてはぐれそうになった時だったり、エレベータの中など一瞬だけ二人っきりになるような場所でそっと手を繋いでみるのは、相手からするとドキドキした刺激を味わえるサプライズになったりしますので、演出としてはおすすめです。

その6.もし妊娠したらどうしよう?

出会い系で人妻と出会うのなら、それはもうセックスはつきものです。しかし、セックスは本来は子供をつくるための行為です。不倫セックスを楽しむ上で「妊娠というリスク」は常につきまといます。

とはいえ、ほとんどの場合はコンドームをしっかりつけていればそう心配することはありません。コンドームでの避妊は完全ではありませんが、それでも正しく使用すれば高い効果と信頼性があります。出会い系で会った人妻とセックスをするときは、必ずコンドームを付けて避妊を心がけてください。

避妊と言えば、最近では低用量ピルを服用している人妻もけっこういます。しかし、自己申告だけでは信頼してはいけません。

「わたし、ピルのんでるから中で出してもいいよ?」

なんて言われようものなら、男としては喜んで中出ししたくなってしまうものですが、ピルの実物を確認するくらいの慎重さが求められます。

なにしろ、人妻なのに出会い系に登録して見知らぬ男とセックスしてるということは、旦那との性生活はうまくいっていないことが容易に想像できます。旦那とはもう完全にセックスレスなのに子供が出来てしまったとしたら、それはもう動かぬ証拠になってしまいますからね。

もし、不倫人妻を妊娠させてしまえば、そう簡単に逃げられなくなります。最悪の場合は、責任をとってその女性と結婚することになるかもしれないのです。何が悲しくて、出会い系で不倫相手を探してあまつさえ中出しを許すような女と結婚しなければいけないのか……。自業自得ではありますが、悲劇としか言いようがありません。

出会い系において避妊は絶対です!それだけは肝に銘じておきましょう。

出会い系で彼氏を探す普通の主婦の心理を知れば出会い系攻略は簡単になる

主婦たちの男をあさる欲情がいかにすさまじいものか。ふだんは出会い系サイトに出入りしたことのない、真面目な男性には想像もつかないない状況が今、そこかしこで起きています。

若い頃に出会い系で遊んだ世代が30代もなかばに差しかかり、ちょうど子育てを終えた今、再び出会い系に戻って来て遊んでいるのだろうな、なんて単純な考えかたでは理解できないような主婦たちが出会い系にドッと流れこんでいるのです。

何が普通の主婦を出会い系に走らせるのでしょうか?

出会い系で彼氏を探す普通の主婦の心理を知れば出会い系攻略は簡単になるのです。

彼氏のいる主婦は嫉妬されている

とにかく女同士の友達関係はうすっぺらく、同性の女に抱く嫉妬が強いことはよく知られています。

ましてそれが主婦仲間ともなると、環境や境遇が似ているだけに、嫉妬心も尋常ではありません。

極論すれば、エリザベス女王がどれだけ高価なブランド品を身に付けていても、主婦が女王に嫉妬することはありません。スターが身につけている衣装にたいしても同様です。あまりに身分や環境が違いすぎると、口うるさい女たちといえども、嫉妬心など抱き得ないからです。

女に嫉妬が起きるのは、身近で親しい間柄にありながら、相手が自分にないものを所有したり、同性として羨望を禁じ得ないような体験をしている場合です。

同じような家に住み、同じような生活水準の主婦友が、少しでもいい服を着ると、女の嫉妬心にメラメラと火が点ります。

そして、現在の主婦仲間において嫉妬の対象は、高級車やマンション、ブランド品ばかりではありません。

一番の嫉妬の対象は、なんと彼氏なのです。

旦那がいながら彼氏を持つことは、普通の観念では不倫や浮気を意味しますから、よほど親しい間柄でもおいそれと会話に載せられることではありませんでした。

ところが、今の主婦友の間では全く状況が異なり、彼氏がいることは同性間の自慢になっているのです。

主婦が彼氏を持つのは当たり前、そうした状況だから、彼氏持ちの主婦が嫉妬されているわけです。

普通の主婦が出会い系で彼氏を探す

芸能人のスキャンダルではなく、ごく身近な主婦友に彼氏自慢をされれば、されたほうの主婦はくやしさがつのります。

また、彼氏にまつわる話が主婦仲間の主要なテーマになっている以上、会話から外れないためにも彼氏が欲しいと思うのも心情です。

かといって、主婦の限られた交際範囲の中で彼氏を探すのは、リスクが高すぎます。

いくら主婦仲間の間で彼氏の話がおおっぴらであるからといって、旦那や近所に浮気がバレることは、主婦にとってはあり得ないことに変わりはありません。

現に彼氏を持っている主婦にしても、家庭を壊す気などサラサラないことを、主婦仲間は共有しています。

そうしたシチュエーションのもとで、彼氏の欲しい主婦が出会い系サイトに登録をしてくるのです。

現在、普通の主婦が出会い系に大量に流れ込んできている、ひとつの大きな要因になっているのが、主婦達の間にある彼氏作りブームなのです。

ブームは同時にストレスを生んでいる

彼氏を持つ主婦が主婦仲間の間では優位にあり、嫉妬の対象である現状は先に見てきました。

それでは、そうした状況で、彼氏のいない主婦が、彼氏を得るために出会い系サイトに登録をして、男性会員に何を望むかと言えば、もちろん彼氏になって欲しいわけですが、いきなり彼氏が出来るわけでもありません。

ここで、彼氏のいない主婦には、主婦仲間との関係において、彼氏ブームがストレスになっている面があることを見逃してはなりません。

女は嫉妬心が強いばかりか、プライドの強い生き物ですから、主婦仲間との付き合いでも容易に本音は出さず、出せないがゆえにストレスを溜め込んでいたりします。

そうした複雑な心理状況が、出会い系サイトにおいて彼氏を探しながらも、主婦仲間にはいえない愚痴や悩みを聞いて欲しいという気持ちを増幅させているのです。

結局主婦が欲しがっているのは話の聞き役

主婦仲間の間で彼氏がいることを自慢したいくらいの主婦であれば、さぞかしハードルが高いと思われるかもしれませんが、先にも見たように、主婦が本当に欲しがっているのは、愚痴や悩みを聞いてくれる相手です。

出会い系にいるわけですから、それも同性ではなく、異性である男性に聞いて欲しいわけです。

ですから、とにかくそうした主婦には話を聞いてあげることに尽きます。そして、聞いてあげるうちに、自然と信頼関係が出来て行きます。

結局は、ブームに動かされながらも、自分の生活に欠けているものを欲するのが人間です。

事情はどうであれ、今の出会い系サイトは普通の主婦をゲットするのに、またとない状況にあることは間違いありません。

女はみんな話し好き

人妻を効果的に攻略するには、最近の住環境なんかも含めて、人妻のおかれている状況から理解していく必要があります。

「出会い系サイトを利用するくらいの人妻なんかセックスが好きに決まっているじゃないか!」と男としてはつい考えがちです。間違いではないのですが、やはり人妻も人間ですから、それだけでもないんですね。

最終的にはもちろんセックスにいたるわけですが、そのプロセスでは、セックス以外の要素も絡んできます。とりわけ住環境から受ける影響は少なくありません。

そのあたりを押さえておくと、人妻攻略もしやすくなるというものです。人妻が出会い系に入ってくる典型的なルートを考察して、セックスに結び付けていきます。

脳の作りと関係があるそうですが、女は感じたままを口にしたがる生き物ですから、みんな話が好きです。

「誰かと話をしていたいという女の欲求」は、男にはやや理解できないほど強いものがありますので、これをまず知っておく必要があります。

女にとっては、よほど嫌いな相手でもない限り、自分の話し相手になってくれる人がいい人で、逆に話し相手になってもらえなければ、いくらイケメンでもいけ好かない奴だとなるわけです。

それで上手いこと、話を聞いてくれる人が周囲にいればさほど問題が出ないわけですが、近所に気の合う話し相手がいなかったり、いてもなかなか顔を合わせられないような状況が続くと、女は途端に精神に変調を来たしたりするわけですね。

人妻には身近に旦那という存在がいるわけですが、結婚して何年も経つと会話も途切れがちになり、子供もあるていど成長すると親と話をしたがらなくなります。

周囲に話し相手がなく、暇を持て余した状況が、人妻を出会い系サイトに登録させるケースは、意外に多いものなのです。

話をしたくて普通の主婦が登録している

ごく普通の主婦をしている人妻が、退屈しのぎに話がしてみたくて出会い系サイトに登録をしたりします。同時に、出会い系サイトですから、エッチがつきものであることも理解しています。当然期待はあります。

週刊誌などでは、現在のネット出会いの中心はSNSが主流になっていて、すでに出会い系サイトには普通の主婦はおらず、援助交際目的のセミプロ化した人妻か援デリ業者が巣くっているだけだと断じたりされますが、実情は違います。

プロやセミプロの女性に興味の無い人にとっては、話がしたくて登録をするような普通の主婦こそがお手合わせを願いたい相手になりますから、普通の人妻が登録しやすいようにソフト化して来た現在の出会い系サイトは、願ったり叶ったりの状況にあるといえますね。

だから話の聞き役に回ると喜ばれる

出会い系で人妻・熟女を相手にする場合、特にこちらから話を振らなくても、相手の話を聞いてあげるだけで充分だ、という人妻攻略サイトでは嫌というほど繰り返されている指南は、的を射ていると言わざるをえません。

繰り返しになりますが、それほど女というものは話が好きであり、逆に言えば話の出来ない状況は死ぬほど耐え難いものなのです。

現在、東京や郊外では、街のいたるところでマンションの建設が進められています。

大規模なマンションやタワーマンションでは、ジムやプール、ラウンジなど住民同士が知り合えるコミュニティ施設を併設したりしていますが、ほとんどのマンションは集会室を設けた程度で、入居した住民同士が知り合う機会はほとんどありません。

そうしたマンションに住んで、旦那を送り出した後、人妻が一人で過ごすコンクリートの箱は、当初こそ自由を保証された快適な空間に思えても、すぐに物足りなさを覚えるであろうことは想像に難くありません。

なにしろ、一日誰とも話さないで過ごすことは、女にとって拷問に近いわけですから、快適なコンクリートの箱は、たちどころに監獄に早変わりです。

ということは、現在のマンションラッシュは、そうした話をしたくても出来ないでいる人妻を次々に生み出してくれる、ありがたい機会だととらえることが出来ると言えます。

実際、出会い系サイトを利用している人妻のを住居別に見ますと、マンション住まいが戸建住まいを圧倒的に凌いでいます。必然的に、核家族の割合も高まりますから、不倫しやすい環境が揃っているとも言えるわけですね。

出会い系サイトの側では、たいして宣伝をしなくても、人妻の方から出会い系に登録する環境がどんどん出来ています。

この人妻達の相手をするのに話術は要りません。ただ、黙って話を聞いてあげればいいのです。これほど楽なこともないですね。

街の中のワンルームマンションは、一階に入居しているコンビニエンスストアを冷蔵庫や食品庫の代わりに使うことで、狭い居住空間での生活を可能にしている面があります。

同様に、希薄になりがちなマンション内のコミュニティとは、まるで異質なコミュニティを出会い系サイトで確保することで、都心や郊外のファミリーマンションに住む人妻達の生活が成り立っている面もあるのではないでしょうか。

街の中で、次々と建ち上がって行くマンションを見て、竿をしならせるようになると、かなりの出会い系サイト通といえますね。

一番オイシイのは「普通の人妻」です

出会い系で人妻を狙う男性の中には、「自分も同じ既婚者だから」という人から「俺は独身だけど、人妻に憧れる」など様々。

なかには永作博美や菅野美穂のように、美しい人妻を思い描いている男性も多いかもしれませんが、一番オイシイのは「普通の人妻」です。

今回は、普通の人妻がなぜオススメなのかという紹介と普通の人妻をメールで見極める方法をまとめました。

「普通の人妻」がオイシイ理由

華やかで身だしなみが整って、独身でも全然イケそうな人妻を思い描く男性は少なくないでしょう。

ですが、どこにでもいそうな普通の人妻こそ、出会い系で捕まえておくべき存在。

とにかく都合よく扱いやすいのが「普通の人妻」なのです。

どこか受け身で、時にはハードなセックスのプレイにだって対応してくれる。そして地味な女ほど、意外にベッドの上では激しい一面を見せてくれる。

そんな、ギャップを楽しめるのが普通の人妻の魅力。

さらに妻としての謙虚さや生活感丸出しの見た目は、ダイレクトに金がかからないのも男にとっては大きなメリット。

完全、買い手市場の出会い系で唯一、わたしたち男の売り手が高みに立てる!

そんな楽しさと便利さを兼ね備えているのが「普通の人妻」と言えるでしょう。

そこで、普通の人妻を文面だけで見極めるメールの特徴をご紹介します。

下から目線で謙虚

基本、普通の人妻は自分の身の丈をわかっているので、どこか下から目線で謙虚なのがメールの文面からでもプンプン伝わってきます。

  • 「お返事ありがとうございます」
  • 「風邪など気をつけてくださいね」
  • 「お仕事お疲れ様です」

特に最初のうちは、こちらが恐縮してしまうほど丁寧な文章が特徴的です。「なんだか真面目そうで、つまらないかも……」と感じてしまいがち。

ですが一度落とせば、セフレコースは確実な忠誠さをもっている証でもあるのでぜひ、堅苦しい文章の人妻は、切らずに引っ張っていきましょう。

自虐ネタが多い

周りと比べて、トレンドの洋服を着こなすこともなく1円10円と安い日用品を求めて、お店をハシゴするような普通の人妻。

周りと比べて卑屈に感じることが多いのか、自虐ネタが多いのも特徴のひとつです。

  • 「どうせわたしなんておばちゃんなんでね」
  • 「若い子に比べたら、わたしなんて……」
  • 「最近、新しい洋服や新作コスメなんて買ってないし」

「そんなことないよ!全然、大丈夫」と言わせたい感じの自虐ネタ。男にしてみれば「誘い受けか?面倒くせーな」なんて思ってしまいがち。

さらにトラウマの苦い経験がある人なら、話の長いキャッシュバッカーとすら思えてきます。

ですが、このような自虐ネタが多い人妻こそ、ちょっとダサめな普通の証。安いプレゼントひとつで簡単に心を掴むことができるので、ぜひひっぱりたい物件です。

たまに長文を送ってくる

基本的に、家庭や旦那、子どもを最優先に考えて行動している人妻。もちろん出会い系でのやり取りは、時として後回しになってしまうものです。

そのため突然、メールの反応が鈍くなったり、そっけないメール内容になることも。きっと思いがけず、家のことで何かあった……と推測するのが無難でしょう。

ところが逆に、時間に余裕がある時は長文メールを送り付けてくるのが、普通の人妻の不思議な共通点。

「重たいオンナだなぁ……」なんて感じてしまいそうですが、時間がある時、積極的に長文メールを送るのは、それだけ気を使っている証拠。完全に立場は男のほうが上になっている状態なので、押さえておいて損はない女性です。

愚痴が多い

やっぱり普通の人妻は、どこかネガティブな思考に傾きがちなのか旦那や子ども、ご近所さんといった愚痴がこぼれやすい一面も。

  • 「隣のレジの方が3人も会計終わっているのにさ……」
  • 「みんな忙しいのは当たり前なのに、町内会でね……」
  • 「大学生はサークル気分でバイトしているからさ……」

なんて、まるで食事中に愚痴を聞かされる夫のような状態に「勘弁してくれよ」という気持ちになってしまいそうなのが、男の本音。

とは言え「そうなんだ」「それは酷い!」「偉いねぇ」なんて、簡単な一言で相手の心を掴むことができるとしたら……楽な話だと思いませんか?

話を聞いてあげる……フリをするだけでヤラせてくれるのが、普通の人妻です。

つまらない嘘をつく

小馬鹿にしているわけではないものの、普通の人妻はやっぱり身なりも肌も化粧も、それなりという感じ。

男にとっては、それがギャップを生む魅力のひとつでもあるものの、女性にしてみれば、デメリット以外の何ものでもありません。

それを何とかして誤魔化そうとするのか

  • 「これでも昔は雑誌に紹介されたことがあるの」
  • 「原宿でスカウトされた経験がね」
  • 「大学生と間違えられてびっくりしちゃった」

という、誰も幸せにならないつまらない嘘をつくことが…。いえ、もしかしたら本当の話かもしれませんが、それを確認する方法はありません。

「何言ってんだ?コイツ」と、ツッコミという名の論破をしがちですが、ここではグッと堪えるのが大正解。

嘘を付いてまで、男性の心を引っ張ろうとする女心はセフレ関係を構築するのに、非常に有効なものとなってくれるでしょう。

いちいち正論で答えを出すのは、スマートとは言えません。

そう!普通の人妻は簡単にセフレにできる!

メールのやり取りから見極める「普通の人妻」選びを知ると、いかに簡単に有利な立場でセフレ関係にもっていけるか…その魅力が伝わったかと思います。

せっかくの出会い系なら、とりあえず女と楽しいセックスライフをおくるのが一番重要。

手っ取り早く確実にヤルなら、普通の人妻が一番簡単!

人妻好きはもちろん、出会い系初心者の人もぜひ覚えておいて損はないでしょう。