不倫相手を喜ばせ、関係を長続きさせる魔法の言葉7選

長期的な不倫関係を望む場合、長続きさせるコツがいくつかあります。

女性の多くはマンネリな日常生活に飽き飽きして、刺激を求めて不倫関係を求めていることが多いです。

それならば、こちらは刺激を定期的に提供してあげることが必要になってきます。相手が飽きないように、いろいろと工夫しなければなりません。

例えば、普段からエッチな話を織り交ぜてみたり、セックスが上手だったり、アブノーマルなセックスを体験させてくれたり……、といったところです。

今回はもっとお手軽で、今すぐできる簡単な方法をお教えしたいと思います。

それは、とある魔法の言葉をかけてあげるだけ。ただ話しかけるだけでいいんです。その一言がどんなセックスよりも効果的だったりすることもあるのです。

その1.君と一緒にいると落ち着く

1つ目は「君と一緒にいると落ち着く」という言葉です。

なんてことのない言葉なのですが、これには深い意味が込められています。

まず「自宅は落ち着かない。妻と一緒にいてもつまらない」という意味合いがありますね。言われた側の女性は「奥さんよりもわたしのほうを好きで、大事にしてくれている」と感じ、喜ぶのです。

既婚男性であると知っていながら付き合う女性は、常に奥さんの存在を意識しています。どう捉えているかは人それぞれですが、多くの女性は奥さんを悪者扱いしています。

「奥さんにいじめられてかわいそうに……。わたしが助けてあげなきゃ!」と、母性本能を発揮してくれる女性も多いのです。

そんな女性にとって「君と一緒にいると落ち着く」という言葉はなによりの褒め言葉になります。「楽しい」や「興奮する」よりも、「落ち着いて」もらえることが喜びなのです。

まだ小さな子供をあやして寝かしつける母親の心境なのかもしれません。もし、この手のタイプの女性を捕まえられたら大事にしたいところですね。

裏を返せば「君といる間はなにも心配しないで済む。君がわたしの元から離れるなんてありえないのだから」という意味合いもあるのです。都合のいい二番目の女として扱われていることに気づいていないのですから。

その2.家に帰りたくない。このままでいたい

2つ目は「家に帰りたくない。このままでいたい」という言葉です。

本来、家はもっとも落ち着ける場所であるべきなのですが、そうではなく君のいる場所がもっとも落ち着ける場所だというメッセージですね。

わたしがこの言葉を使うときのシチュエーションは決まって固定化しています。

それは、ひざ枕をしてもらいしばらくリラックスしたあと、不意に起き上がって後ろから抱きつくのです。そして、耳元でささやくのです。

この手法はとんでもなく効果的ですよ。ほとんどの女性は頬や耳をあからめて、目をうるませながら「わたしも……」と返してくれます。女性の心臓はバクバクと高鳴り、セックス以上の興奮を味わっているかもしれません。

最大限に効果を高めたいのであれば、別れる時間が来る直前につかうといいですね。

ひざ枕はホテル内などのプライベートな空間でしかできませんが、駅の改札口などで見送る直前に抱きつきながら耳元でささやくのも効果的です。

とにかく別れるのが名残惜しいことをアピールしましょう。そうすれば「わたしへの愛情がそれほど強いもの」だという風に受け取ってくれます。

まあ、そんなセリフをいいつつ、結局は家に帰るんですけどね(笑)

その3.もっと早く出会ってたらお前を選んでたのにな

3つ目は「もっと早く出会ってたらお前を選んでたのにな」という言葉です。

これは不倫ドラマなどでも定番のセリフですね。女性の多くは「昼顔」などの不倫ドラマが大好きですので、こういったセリフを言われることに憧れを抱いていることがほとんどです。

このセリフを使う時は、表情が大事です。笑顔で爽やかに言うべきセリフではありません。

切なげな表情をし、絞り出すようにぼそっとつぶやくくらいがちょうどいいのです。この時、直前に深い溜め息でもついておくとより効果的かもしれませんね。

女性だって、このセリフが都合のいい言い訳でしかないことくらいわかっています。

でも、実際にタラレバを考えてしまうと思わず切なくなって胸がキュンとしてしまう女性が多いのです。女性はタラレバ話が大好きですからね。

「ほんとにもっと早く出会っていたら、どうなっていただろう……」

そんな妄想のスイッチが入ってしまえば、こちらのもの。相手は自分を悲劇のヒロインに仕立て上げた都合の良い妄想を繰り広げて、勝手にこちらを美化してくれるのです。

その4.体の相性良すぎてお前から卒業できない

4つ目は「体の相性良すぎてお前から卒業できない」という言葉です。

このセリフはセックスが好きな女性にのみ使いましょう。言うまでもなく、これは「お前とはカラダだけの関係」と公言しているようなものですからね。

しかし、それでも「自分を求められることが嬉しい」と感じる女性は一定数いるのです。もし、このタイプの女性と付き合うことが出来たら存分にしゃぶりつくしたいですね。

「卒業」という、なんだかよくわからないけどポジティブなイメージがついている言葉のチョイスも重要です。

「体の相性良すぎてお前から別れられない」と表現してしまうと、なんだか「別れ」という表現が直接的すぎますし、あまりに現実感が出てしまいますからね。どうせ不倫なんて別れることが前提の付き合いなんですし。

ABKなどのアイドルグループでメンバーが脱退することは「卒業」と表現することが一般的になってきました。「脱退」だと、その場限りで終わってしまう言葉ですが、「卒業」はなんだかその先の明るい未来を感じさせる言葉ですからね。

不倫に明るい未来なんて存在しません。だからこそ、言葉だけでも明るい未来を感じさせてあげることで、長期的な関係につながるのです。

その5.今すぐは離婚出来ない

5つ目は「今すぐは離婚出来ない」という言葉です。

人妻が相手の、いわゆるW不倫であればこの言葉を使うことはないでしょう。しかし、独身の若い女性に対してはめっぽう効くのがこの言葉です。

2011年3月。東日本大震災の影響で福島原発事故が発生した時、当時の内閣官房長官であった枝野幸男氏が発言した「ただちに(放射能の)影響はない」という言葉が話題になりました。

「それって今すぐ影響はないけど、後々は影響あるかもってことでしょ!?」と、日本中からツッコミがあったものです。

「今すぐは離婚できない」にも似たような意味が込められています。「後々は離婚してお前と結婚するつもりだから」というニュアンスを匂わせるのです。

決してこの言葉を直接いってはいけません。「お前と結婚するつもり」なんて明言してしまった日には、絶対にロクなことにならないのですから。

言っていいのは「今すぐは離婚できない」や「そのうち離婚するつもり」という、ふわふわした言葉だけです。

その先を言う必要はないのです。相手が勝手に自分の都合のいいように解釈したとしても、こちらはその妄想にまで責任を負う必要はないのですから。

その6.子供が◯◯になるまで待ってくれないか

6つ目は「子供が◯◯になるまで待ってくれないか」という言葉です。

この◯◯に入る言葉は子供の年齢によって変わってきます。まだ生まれたばかりの子供であれば「幼稚園に入るまで」なんて具合ですね。

子供が小学3年生であれば「中学生になるまで」になりますし、高校生であれば「成人するまで」と、ちょっとした先延ばしをすることです。

まあ、ぶっちゃけ時間稼ぎでしかないんです。でも、ただ漠然と「もう少し待ってくれ!」と言われるよりも、具体的な日時を提示してくれたほうが女性は安心するのです。

期間としては2~3年後くらいがちょうどいいでしょう。1年では身近すぎて「万が一」が起こりえますし、5年以上先では「そんなに待ってられない!」と怒らせてしまうだけ。

自分の未来が具体的に想像できるギリギリのラインが2~3年なのです。

実際、いざ離婚をしようと思えば手続きやら身辺整理やらで1年以上はゴタついてしまうのも珍しくありませんからね。

女性側だって「今すぐ離婚して!」とせがんでも無茶を言っているのは十分わかっているのです。だからこそ、お互いの落とし所としてこの言葉が最適なわけです。

その7.もう嫁とは何年もセックスしていないんだ

7つ目は「もう嫁とは何年もセックスしていないんだ」という言葉です。

これはもう定番中の定番といいますか、ほとんどの不倫男がつかっているセリフではないでしょうか。事実である場合もあれば、まるっきりのウソである場合もあります。

ちなみにわたしの場合はウソです。わたしも妻がいますが、2ヶ月に1度くらいはセックスをするように心がけています。もう異性としての愛情はほぼありませんが、浮気がバレないためのアリバイづくりの一環ですね。

「いま、セックスしている相手は君だけだよ」という意味合いも含まれていますし、「夫婦仲はすでに破綻している」ことへのアピールにもなります。

あわせ技としては「俺からセックスを求めても拒否されてしまう」ことを伝えておくとより効果的ですね。自分は被害者であり、かわいそうな立場であることを強調するのです。

すると、女性側も「困っている人を助けてあげる」といった動悸が生まれることになり、不倫や浮気に対する罪悪感を薄れさせることが出来ます。

「奥さんに悪いから……」と遠慮してしまっている女性を、自分にどっぷりと惚れさせるためには、この方法は実に効果的ですよ。

人妻との出会いをワンナイトラブで終わらせないための6つのテクニック

出会い系サイトで30代~40代人妻は手っ取り早くセックスできて人気です。

でも、継続的なセフレにしたくても結局はワンナイトラブで終わってしまうと悩んでいませんか?

セックス経験豊富で色気のある人妻をセフレにするためには、相手がセックスしたくなるような魅力的な男性を演出する必要があるのです。

そこで、人妻との出会いをワンナイトラブで終わらせないための6つのテクニックを紹介します!

30代や40代人妻は簡単にセックスできるけど……

出会い系サイトでは人妻の利用人口が多く、成功率や気軽さから人気の高いジャンルです。

でも、30代40代人妻はセックスしやすい反面、長くセフレ関係を続けにくいという声も……。

  • いつでもセックスできる相手を求めている
  • 色んな男性とセックスを楽しみたい
  • 余計な感情を抱きたくない

など、こういった理由から特定の男性と長く関係を持ちたくないという傾向が強く、出会い系ではワンナイトラブを求めている人妻が意外と多いのです。

男性側としても『後腐れなく気軽にセックスできる』という点では最高ですが、30代~40代の人妻をセフレにしたいと思っている人にはちょっと厄介……。

ヤリやすいけど関係を続けづらい、これが出会い系での30代~40代人妻の特徴なのです。

人妻とセフレ関係を築くためには?

では、ワンナイトラブを求める人妻とセフレ関係を築くためにはどうすれば良いのか?

そのためには『もう一度会いたいと思える男性』であることをアピールするのが重要です。

しかし、30代~40代人妻は出会い系サイトの熟練度が高いため、セックスというゴールに向かった最短ルートでやり取りを効率重視で進めていきます。

なので、魅力をアピールするのであれば事前やり取りではなくデートやセックス中が最適。

また、人妻を夢中にさせるためのセックステクニックやスキルだけでなく、外見やトークなど些細なポイントにも気を配ってアピールしていくことも大切です。

出会い系で自分好みの人妻をセフレにするためにも、魅力的な男性を演出してきましょう。

1.清潔感のある男性をアピール

これからセックスをするのに服や髪が汚い……、そんな人と何度も会おうとは思えません。

女性と会うのに身だしなみを整えるのは最低限のマナー、人妻に悪い印象を与えないためにも服装や髪型は清潔感のある格好を心がけるのが大切です。

服装や髪型は自由ですが、ビシっとスーツに整髪剤でガッチリ! というのは硬すぎるので、季節や流行りに合わせたラフな格好が良いでしょう。

できれば会う前にシャワーを浴びて身体をキレイにし、爪を短く切っておくのがおすすめ。

爪が長いと不潔でだらしないイメージを与え、セックスのときに相手を傷つけてしまう恐れもあるので、短く切り揃えておくのも好印象を与えるポイントですね。

2.お喋りはエロトークを中心に

会話が全然盛り上がらない……、これでは一緒に居てもつまらない男と思われてしまいます。

流行りや時事、お笑いなど幅広いジャンルの話題を用意しておき、相手が気持ち良くお喋りできるように会話の流れをコントールすることが大切です。

でも、相手の家族やプライベートに関する話題はNG

セフレ関係にそういった情報は不要なので、お互いのためにも余計な詮索は避けましょう。

やはり人妻とのトークテーマにおすすめなのは、エロやセックスについてです。

セックスについての好みを知るきっかけにもなりますし、話しているうちに気分やムードが高まってベッドに入りやすいというメリットがあります。

また、年齢的にもエロに関する話題はウケが良いので、面白ネタや豆知識を幾つか用意しておくとエロくユーモアのある男性をアピールできるでしょう。

3.セックステクニックで夢中にさせる

人妻の1番の目的はセックスなので、何度も会いたくなる男性をアピールするためには、巧みなセックステクニックやスキルで相手を満足させるのが効果的です。

セックスの上手い人とは難しい体位や幅広いプレイに対応できることではなく、基本的な体位をスムーズにこなし、オーソドックスなセックスで満足させられる人のこと。

30代~40代の人妻は場数や経験が豊富なので様々な体位やプレイに対応してくれますが、初回に自分のテクニックやスキルをアピールするのであれば基本的なセックスが1番。

なので、初めての人妻とのセックスでは刺激的な要素を取り入れるのではなく、あえてオーソドックスで基本に忠実な体位やプレイで自分の実力を見せつけていきましょう。

4.マニアックな体位やプレイは慎重に

マニアックな体位やハードなプレイを取り入れたセックスは、特殊な性癖の持ち主には有効であり、ツボにハマれば相手を一瞬にして虜にできる魅力があります。

でも、マニアックでハードなセックスが好きな人は少なく、実際にやる場合は相手の好みを把握してからでないと嫌われてしまう可能性が非常に高いです。

人妻とのセックスでも同様なので、特に初回の場合はそういったセックスは避けるべき。

そういったセックスはセフレ関係になってから取り入れるのが良く、やる場合は相手にしっかり確認を取ってからにしましょう。

相手を思いやるセックスをするのも、人妻に好印象を与えるためには大切なのです。

5.中出しは絶対にしない

これは人妻に限ったことではありませんが、出会い系サイトで知り合った女性に中出しは絶対にしてはいけない行為です。

仮に妊娠させてしまえば面倒なトラブルに発展する可能性が高く、人妻だった場合は相手の家庭や人生を壊すきっかけになってしまうことも……。

なので、人妻と長くセフレ関係を築きたいのであれば、中出しはしないのが1番なのです。

また、出会い系サイトには中出しを求めてくる女性や人妻が稀にいますが、そういった人にひっかかってしまった場合は応じず、連絡を断って関わらないようにしましょう。

男なら「今日は安全日だから…」という甘い誘惑に負けそうになりますが、万が一のことを考えて出会い系の女性や人妻に中出しはしないのが鉄則です。

6.性病についての知識も

出会い系にいる人妻は、不特定多数の男性と性行為をしているため性病に感染している恐れがあり、セックスを通じて移されてしまう可能性があります。

性病は最悪の場合死に至るケースもあるので、出会い系で色んな女性とセックスを楽しみたいのなら、自分を守るために種類や症状については知っておきましょう。

また、自分が性病感染していない、しっかりとした知識があるというのをアピールできれば、人妻に『安心してセックスできる男性』という好印象を与える効果も。

自分の健康状態や性病の出処を知るためにも、出会い系サイトを利用するのであれば定期的に性病科や泌尿器科を受診することをおすすめします。

出会い系サイトの女性とセックスするのであれば、性病については知っておきたいですね。

人妻をターゲットに、ガンガンいこうぜ!

30代~40代人妻との出会いをワンナイトラブで終わらせないためには、容姿やトーク、セックスなど色んなところで自分の魅力をアピールする必要があります。

でも、それは難しいことではなく男として最低限のマナーを守り、相手を思いやる最高のセックスができれば、人妻をセフレにするのは簡単な方法と言えるでしょう。

もし、上手くいかなくても、出会い系には多くの人妻がいるので心配ありません。

自分が理想とする人妻のセフレを作るためにも、テクニックを活用してガンガン出会い系サイトを利用していきましょう!

セフレ化した人妻とのメールの4つの注意点

セフレ関係になった人妻とメールのやり取りをしている時。

「もしかして、そろそろ切られそう?」「俺、嫌われてる?」なんて心配になってしまうことはありませんか?

実は、人妻とのメールでは気をつけておきたいことがあるのです。それを知らずに「振られるくらいなら振ってやる!」と思うのは、もったいないですよ!

意外に冷たい人妻……でも、まだ諦めないで!

出会い系で知り合った、思いのほかキレイな人妻。または、身体の相性が抜群の人妻。

「へぇ~人妻ってもっと、おばさんくさいのかと思った」

なんて、今まで独身女性ばかり狙っていた男性は、ギャップを感じることも多いです。

とは言え、いざセフレ関係が始まると「あれ?もしかして嫌われてる?」なんてとまどう事もしばしば。

実は、独身女性と人妻とはメールのやり取りが大きく違います。それを知らずに、振られた気分で自ら付き合いを切るのは、もったいないですよね?

本日は「人妻とのメールでアルアルな4つの注意点」をご紹介します。

1.基本、そっけないメールが多い

やはり人妻は家事や育児に追われる家庭こそ、本来の居場所。

サラリーマンの夫ならまだ、規則正しい夕方~朝まで音信不通なのが想像できますが自営業や夜勤がある職業の人はもちろん、子どもがいる場合ならさらに一人でメールができるタイミングは難しいと言えるでしょう。

そのため、基本的にはそっけないメールが多いのが特徴的。またに時間があれば、絵文字ガンガンの長文がくることもありますが、「はい、わかりました」なんて、そっけないメールも人妻なら”よくある話”といったところです。

トイレや台所、寝室など、なんとか一人の時間を作って、セコセコメールをしてくれる人妻。そっけないメールだからこと言って「冷たいなぁ」と勘違いしないように気をつけましょう。

2.突然、パタリと途切れるメール

日々のメールだけでなく突然、音信不通になることがあるのも人妻メールの特徴。

  • クリスマス
  • 年末年始
  • お盆
  • GW

といった、家族系イベントの時期は、実家に帰省したり親戚づきあいで来客があったり……ととうぜん家族サービスが最優先される時。

そのため当然ながら、恋人たちなら楽しいはずの連休も、人妻相手には寂しい空白期間と言えるでしょう。

とは言え、人妻だってそれは心苦しく感じている話。けして、あなたのことがどうでもよくなったわけではなく「メールしたいけどできない」状況なのです。

いきなり数日間も音信不通になれば、つい不安を感じたり疑心暗鬼になりそうですが、自分で勝手に「もう終わったな……」と答えを出さないように気をつけましょう。

3.いきなり構ってちゃんモード?

そして、これだけ人妻を思いやり、そっけないメールや突然の音信不通でもグッと我慢を堪えて(と、言いつつしっかり新規の出会いを探していますが)いるにもかかわらず、いざ、人妻が暇になると構ってちゃんモードになるのも、気をつけたいところ。

メールの返信をせかしたり、長文のメールを連投したり……。

時にはまったくこちらの都合を考えず「もう寝てるかな?」なんて、深夜にメールをしてくることもあります。

「自分の時は散々、人を放置していたくせに…」なんて思えばイライラするのも当然の話。

ですが、ここで正論をぶちまけても解決することはないでしょう。

「ごめん、ごめん」と後から適当に謝っておけば問題ないので、けっして人妻を論破しないようにしましょう。

4.「奥さん」「旦那さん」などのNG言葉

人妻との付き合いをひっぱるためだけに、メールのやり取りを意識する人は少なくありません。

とは言え、自分の身を守るのだって大事。念のため、真面目な話をすると人妻との付き合いは不貞行為に該当するため、民事訴訟になれば慰謝料を払わなければいけないことも……。

特に、出会い系サイトで知り合った2人なら、自宅ではなくラブホデートが圧倒的なので物的証拠の写真にでも残されたら……言い訳もできません。

わたしたちが使えるのは「結婚しているなんて知らなかった」という武器。

そのため記録が残るメールでは「奥さん」「人妻」「家庭」「旦那さん」「ご主人さん」といった既婚者に使う言葉を打たないようにしましょう。

録音でもされていない限り、口で言うならまだ突っぱねることは可能です。

ついつい背徳感にどっぷり使ってしまい、使いがちな言葉ですが保身のために、冷静な言葉遣いをしていくのが不倫遊びにおける真の勝ち組です。

まとめ:人妻とのメールは独身OLより楽?面倒?

人妻とするメールのやり取りは基本的に、軽いタッチの付き合いにはとっても魅力的。家庭を第一にほっとかれることもあり、わざわざ「メールを待つ」という苦労がありません。

ただし、ハマっている男性にとっては辛く長い時間に感じることでしょう。

ですが、いずれにしてもスイッチが入れば、地雷メンヘラの臭いがプンッとする行動に出たり、当然ながら不貞行為の危険性もあるのが人妻。

出会い系で知り合った人妻のせいで、自分の人生が狂うことがないよう上手に立ち回るのが大切ですよ!

早い?遅い?挿入時間から考える人妻熟女とセフレ関係を長く続けるためのポイント

セックスは「前戯→挿入」という基本的な流れはあれど、その時間が長いのか短いのか……自分を比較することはできません。

そこで、平均挿入時間から「早い」「遅い」をざっくり切り分けてみました。

挿入時間に悩みを抱えている男性は、ちょっとだけ見方を変えてみることをおすすめします。

こういうことをひとつずつクリアしていくことが、人妻熟女とセフレ関係を長く続けるポイントになってくるものです。

セックスの平均挿入時間は「10分前後」

セックスの平均挿入時間を大々的にアンケートしているところはすくなく、エロサイトや女性向け恋愛サイト、精力剤販売店などで限定されたアンケートを実施している程度。

内容が内容だけに、なかなか詳細で正確な統計を取るのは難しいのかもしれません。

そして、複数のアンケート結果を考慮した結果、挿入時間は10分が平均。早い人で1分以内、遅い人では30分や1時間という回答もありました。

もちろん、フェラをはじめとした前戯は含まず、挿入開始から射精までの時間です。

3分前後の「早い人」

平均よりも挿入時間が短く、いわゆる「早い人」が当てはまる男性。

  • 「余裕がない感じがして恥ずかしい」
  • 「彼女が物足りないかもしれない」

と思うかもしれませんが、意外にそれほど不満を抱く人妻は多くありません。

ただし、その分、前戯でしっかりとフォローをしておきたいところ。

前戯の開始から射精までをセックスと捉えている女性は多く、前戯に時間をかければ満足できる時間となってくれるのです。

逆に、前戯も挿入時間も短い場合は、人妻も満足できないため気をつけましょう。

20分以上かかる「遅い人」

平均よりも挿入時間が長く、いわゆる「遅い人」が当てはまる男性。

「たっぷり彼女を満足させてあげた」
「我慢してタイミングを失ってしまった」

と、基本的に彼女の満足度重視で考えている男性は多いですが、残念ながら女性にとっては「たまには早くイッて欲しい」と思うことも。

単純に「気持ちいい=我慢できずにすぐ射精」というイメージも多いためあえてコントロールしている場合は、たまには素直に早く射精するのも良いでしょう。

逆に、もともとイクのに時間がかかる場合は、オナ禁をしたりサプリで体調を整えたり挿入時間を短くする取り組みをしていくのがおすすめ。

女性にとって「男がイカない=気持よくなかった」と強く感じてしまうので、ますます遅い人にならないよう、改善していくのがベターです。

時間でなく女性の満足度を意識していこう

10分という平均挿入時間はありますが、もちろんこれを意識してセックスをしているカップルなんか存在しないでしょう。

また、挿入時間の「早い」「遅い」も、女性がそれでいきなり音信不通になることはありません。

女性にとって大切なのは、満足度。

もちろんこれは、自分が気持ちよくなるだけでなく、相手の男性が気持ちよくなっているか?

というのも含まれます。

まずは、前戯をしっかりやって、気持よかったと伝えるピロートークが必須。ついネガティブに考えがちな挿入時間ですが、最も大切な部分をないがしろにしないよう、気をつけましょう。

人妻が不倫相手に選ぶ男の3つの特徴

人妻と不倫したいのであれば、まずは、人妻が好む男の特徴を知っておく必要があります。10代の女の子がジャニーズジュニアが好きで、20代の女の子がイケメン俳優が好きなように、人妻には人妻のツボにハマる男性の特徴があるんです。

では早速、人妻が不倫相手に選ぶ男の特徴を見ていきましょう。

特徴1 服装や髪形が清潔

あなたは、出会い系で知り合った人妻と初対面で会ったとき、
女性を見ながら、どんなことを考えると思いますか?

  • いいケツしてるな
  • 胸はBカップ。いや、Cカップってとこだな
  • 俺は今日この子とヤルぞ
  • キレイな脚してるな
  • 唇がプルプルテカテカしてる
  • この女、今日はヤル気で来てるな

など、エロい視点で見ると思いますが、その時間、人妻の頭の中では『不倫相手としてふさわしいか』を判断するために、恐ろしいほど細かいチェックが絶え間なく繰り返されているんです。

人妻は、男性の服装や髪形などの身だしなみを、男性が思っている以上に細かくチェックしています。

  • ダサくないか?
  • 靴がボロボロじゃないか?
  • 時代遅れの服を着ていないか?
  • くつ下に穴があいてないか?
  • フケがついてないか?
  • 鼻毛が出てないか?
  • 爪が伸びっぱなしでないか?
  • 口臭がキツくないか?

……など、言い出したらきりがないほど。

服装は店員さんにアドバイスをもらう

ただ、男性は女性と違ってファッションにうといものです。

「ファッション誌を見ても、何を着たらいいのかサッパリわからなかった」という経験を持つ人も多いはず。

そういうときは、服屋の店員さんに聞いてみるのが一番の近道です。人妻と会う専用のコーディネートを一式買っておくといいでしょう。

服に興味がない男性は、「お金がもったいない……」と思うかもしれませんが、たかが1~2万で、タダで人妻と何回もセックスできるんですから、安いもんです。

鼻毛・爪・口臭のケア

いくらファッションが良くても、鼻毛が出てたり、爪が伸びすぎてたり、口臭がキツイとアウトです。

人妻と会う前は、鼻毛や爪は切る、ニンニク料理は食べないと決めてください。これも面倒に感じる男性がいますが、これで相手の反応が180度変わってくるので、必ずやって下さい。

特徴2 グチを聞いてくれる男

人妻と不倫関係になる上でもっとも重要なことは『人妻のグチを聞くこと』なんです。

「人のグチを聞くなんて、めんどくさい……」と思う人もいるでしょうが、これはあなたにとってチャンスなんです。

なぜなら、グチを言うと心が解放されて、人妻があなたに体を許す確率がグッと上がるからです。

99%の人妻はストレスを抱えて生きている

専業主婦であれ、共働きであれ、家事や育児のストレスにはじまり、ご近所付き合い、親せき付き合い、ママ友との付き合い、友達との付き合いなど、自分の欲を押し殺して生活している人妻がほとんどです。

  • 料理を作ったけど、旦那に美味しいと言われない
  • 新しい服を買ったけど、気づいてもらえない
  • 女として扱われない
  • 家事をしても当たり前
  • 欲しいものがあるけど、家計のために我慢している
  • お姑さんが口うるさい
  • めんどくさいママ友がいる

など、99%の人妻はストレスを抱えています。

これらのグチをあなたが聞いてあげればいいだけです。

グチを聞いてあげるだけでセックスできるんです。やらない手はありませんよね?

グチを聞くときに注意すべき2つのポイント

ただし、このとき、絶対やってはいけないことが2つあります。

1つ目は「否定すること」。

人妻は、ただ話を聞いてほしいだけなんです。どんなに人妻が間違っていようと、わがままななことをいっていようと、絶対に否定しないでください。

では、どうすればいいのかというと、「うん、うん」とか「そうだよね」といって、聞いてあげてればいいんです。それだけで、ポイントが上がるんですよ。

よかれと思っても、意見を言ったり、アドバイスは逆効果です。場合によっては逆ギレすることもあるので要注意を。今までの努力が水の泡となってしまいます。

2つ目は「人妻の旦那や周りの人を悪くいうこと」。

人妻は、自分では旦那や友達の悪口を言うのに、他人から悪くいわれるのは嫌なんです。

あなたが、旦那や友達について悪くいうと、「そんなダメな人と結婚したあなたもダメな女だね」「そんな友達をもつあなたも、価値のない女だね」と、遠回しにいわれているように感じるからです。

特徴3 ムード作りの上手い男

女性は雰囲気やムードに流されやすい生き物です。

特に、人妻は日々の生活に追われていて、ムードどころではありませんから、より欲情するんです。

人妻と会う時は、雰囲気のいいお店や、夜景の綺麗な場所など、ムードのいい場所へ行くようにしてください。非日常的な場所にいくと、人は感覚がマヒするので、体を許しやすいんです。

また、女性は、自分のために、男性が何かをしてくれるのにグッとくるものです。「〇〇ちゃんが喜ぶかなと思って、このお店探したんだよ」と、ウソでもいいので言っておきましょう。

出会い系人妻ゴコロをくすぐる褒め言葉

人妻は、会ったらぜったいにセックスすることができます。だからといって、恋愛感情がゼロでもいいというわけでもありません。

女子大生やOL同様、普通に男性と恋愛したいと思っています。

とは言え、既婚者だからこそ時間や場所にあるため、テンポよくホテルへ直行……というのが一般的。

お互い「セフレだから」という関係ならいいですが、あまりにも割り切っていると人妻のテンションを下げて、他の男に取られてしまいますよ?

出会い系人妻ゴコロをくすぐる褒め言葉を使って、ソノ気にさせるのも大切です。

初心者は「人妻が身につけているものを褒める」

褒めるのって照れくさいですよね。褒めよう褒めようと思っていても、なかなか難しいものです。

でも、身につけているものを褒めるのは初心者にも簡単です。

  • 「それ、かわいいですね」
  • 「似合ってますね」
  • 「カワイイですね」

と褒めてあげてください。

そして、女性の身につけているものはすべて「意味がある」と考えてください。

わたしたちのように、「なんでもいいからバッグを持つ」なんていうことはないんです。

  • なぜそのバッグを持ったのか
  • なぜそのピアスをしているのか
  • なぜその髪型にしているのか

などは、女性はすべて理由があるのです。その理由を聞いてから褒めるとよりいっそう効果的です。

人妻だけど…あえて「家事を褒める」

家に帰れば毎日、料理に掃除に洗濯といった家事全般を毎日こなす人妻。家事を褒めるなんて、当たり前のことすぎて…と思っていませんか?

実は、意外にとても効果的な褒め言葉で、できて当たり前だからこそ誰からも「毎日料理を作るなんてすごいね。」と言われることがないのです。

「そんなの主婦だもん。当たり前だよ~。」なんて言いながらも、改めて、毎日の家事を労ってくれるのは嬉しいハズ。

特に、独身男性なら使える褒め言葉となってくれるでしょう。

服じゃない!「下着を褒める」

中でも、旦那さんとはセックスレスな人妻ゴコロをくすぐるフレーズがこれ。

洋服やバッグ、靴などはママ友とのランチ用に、安くてもおしゃれなものを購入しますが、下着まではお金をかけられないのが主婦の悩み。

普段、人が見るものではないので安い下着を着けている人は多く、もしかしたら、超頑張って一番良い下着を着けているかもしれません。

「その下着可愛いね。似合っている。」とベタ褒めして、相手の不安を取り除いてあげましょう。

後日、また同じ下着を着けていたら「わたしもそれお気に入り。」という言葉も使えますよ。

ビッチとは違う?「エロテクを褒める」

意外に人妻はビッチ願望が強く、エロテクを褒めるのも良いアイデアのひとつ。

  • 「え?なにそれ、すごい気持ちいいんだけど」
  • 「もしかして、結構遊んでた?!エロい~」
  • 「なんか経験人数すごそうだな~笑」

といった言葉は、人妻のリアクションが良いのです。

なんだか失礼な言葉かな?と思ってしまいそうですが、出会い系に登録している人妻。そこはやっぱり、エロに対する意識が高いのです。

ただ「エロい」と連呼するだけでは、ビッチ臭がするのでNGですが「上手い」「気持ち良い」といったフレーズは効果大。

地味でつまらない主婦だと思われるのが、一番嫌な人妻。独身女性顔負けのテクニックを褒め称えれば、女性としての快感を抱くでしょう。

褒めたあとは「愛してる」

人妻は恋愛をしたがっています。もちろん面倒な関係になってしまうのは避けたいと思っていますが、会っているあいだはセックスだけではなく恋愛がしたいのです。

褒めたあとに「愛してる」と言ってあげるのは効果的。ちょっと照れながら言うと「カワイイ」って思ってもらえます。

最初はおそらく日本人のくせに「愛してる」なんて言うのは恥ずかしいって思うでしょう。でも慣れてしまえば、どの人妻にも息をするように言うことができるようになります。そうなれば、あなたの大きな武器になります。

「愛している」の一言がある男とない男。どちらを選ぶかは明らかですね。

2回目以降は「前回との違いを褒める」

褒めることに成功して2回目に会えたときも褒めることを忘れてはいけません。

そのときは前回との違いを褒めてください。

そのためには、初めて会ったときのアクセサリや服装を覚えておく必要があります。

人妻は、初めての男性と会うときは、かならず気合のはいった服装をしているので、その時の服装を覚えていてもらうのは、とてもうれしいことなのです。

「前回の○○も素敵だったけど、今日の○○も素敵だね」と前回と合わせて変化を伝えて褒めてください。

褒めるなんてタダでできる!

褒めるのにコストは一切必要ありません。出会い系にいくら使うか、一生懸命考えているくらいなら、どんどん褒めていきましょう。

人妻ゴコロをがっちり掴めば、いつまでも不倫パートナーでいてくれます。