プロフィールは出会いを左右するもっとも大事なポイントです!

はじめましてこれから出会い系に登録しようと思っている人はラッキーです。なにせ、一番大事なことを知った上で始めることが出来るのですから。すでに出会い系に登録している人もラッキーです。あなたが出会えることができなかった理由が、ここでわかるのですから。

出会い系において、出会えるか出会えないかを決めるもっとも大事なことはなんだと思いますか?

それはしっかりとしたプロフィールの書き方を知ることです。「ファーストメールの文面を考える」なんかよりもよっぽど大事なことです。出会い系でもっとも大事なのに、もっとも軽視されているのがこの部分なのです。

たとえば、出会い系で出会える確率を高める要素に「ルックス」と「収入」があります。しかし、そのどちらかが優れていたとしても、あるいはその両方を兼ね備えていたとしても、プロフィールページが適当だったらそもそも出会えるチャンスが発生すらしないのです。

いくらイケメンだとしても自分の写真を載せないことにはそれが伝わりませんし、いくら年収1000万を超えていてもプロフィールにそれだけしか書かれていなければ相手を警戒させてしまうか、そもそも冷やかしとして相手にされないかです。

出会える人ほどプロフィールがしっかりしており、出会えない人ほどプロフィールがいい加減なことは明白です。もしかして、あなたも「はじめまして。よろしくお願いします」とだけ書かれたプロフィールにしていませんか?

そんなプロフィールじゃ絶対に会えません。いいですか? 「絶対に」です。みずから出会いのチャンスをみすみす潰しているようなもので、時間とお金の無駄でしかありません。

ワクワクメールやハッピメールであれば同性(男性)のプロフィールページも見られますので、100件くらいを調べてみました。ここで言う「いい加減なプロフィール」というのは

  • 自己紹介になにもかかれていない
  • なにか書かれていたとしても短文すぎる
  • 写真もアバターも設定されていない
  • 年齢や身長・体重・年収などが未記入
  • プロフィールページ背景の色が白のまま
  • 趣味など個人の特徴をイメージできる項目がない

などなど、探せばいくらでもあるようなプロフィールページのことです。こういった「無価値なプロフィールページ」にしている男性は実に7割以上にものぼりました。つまり、「100人中70人の男性が出会う対象として見られていない」というわけです。これってけっこう衝撃的ではありませんか?

今までは、1人の女性に、わたし以外に10人の男性がメールを送ってアプローチをしていた場合、10人全員がライバルだと思っていました。しかし、現実ではわずか3人しか競争相手になっていなかったのです。プロフィールページがいい加減な男性は、争いに参加する資格すらないわけですね。

これはあまりに虚しいものではないでしょうか? 「この事実を知っているわたし」からすれば、ライバルが勝手に自滅していくれているのでありがたいことなのですが、もし自分がその立場だったら……と思うとゾッとします。「本人が無駄なことをしていることに気づいていない」という事実はあまりに恐ろしいものではないでしょうか。

つまり、出会い系でもっとも力を入れるべきなのはプロフィールを作成する時間です。最低でも1時間、できれば2~3時間くらいは悩んでください。

仮に3時間かけてプロフィールを練り上げたとしたら、そのプロフィールは今後ずっと使えるのです。もし、ファーストメールの文面を3時間かけて練り上げたとしても、その人にしか使えない一度きりのものになってしまいますし、返事が返ってくるとは限りません。

しかし、プロフィールは永続的に効果を発揮してくれます。それも確実に!

入会と同時にプロフィールを記入させられる罠

なぜ多くの男性がプロフィールをいい加減にしてしまうかといえば、それは入会と同時に記入を求められるからなんですね。出会い系に入会するときの男性の心理とは、それはもう期待に満ち溢れているわけです。

一体どんな女性がいるんだろう? 自分の近くにいい人がいるだろうか?写真を見れたりするのだろうか?その中にはエッチな写真もあったり……? などなど、とにかく出会いとセックスのことしか頭にないわけです。

「はやく女性のプロフィールを見たい!掲示板をみてみたい!好みの条件で検索したい!はやくはやく!」

と、気ばかりが焦ってしまうんです。そんな時に「プロフィールを入力してください」なんて言われてもさっさと先に進みたいんですよ。そのため、テキトーに「はじめまして。よろしくお願いします!」といった何の価値もない文章をいれてしまうのも無理は無いといったところです。

プロフィール

例えばこんなプロフィール……誰しも一度くらいは見たことがありませんか? 果たして、こんなプロフィールの男性と出会いたいと思う女性がいるでしょうか? いるわけがないですよね。

さすがにここまでひどくはなくても、いい加減なプロフィールで済ませてしまう人はたくさんいます。「趣味は読書と映画鑑賞です」なんてのもほぼ無価値です。多くの人が似たような趣味を書いていますし、自分ならではといった個性がまったく見受けられませんからね。

大事なのは、「他の人とは違う」「どんな人なのかイメージしたくなる」「なんとなく気になることが書かれている」などなど、なんでもいいから印象を残せるプロフィールです。当り障りのない、無難なプロフィールは相手の心になにもひっかかりません。

良いプロフィールとはどんなプロフィールか

それでも、ただ文章や情報を増やせばいいわけではありません。あくまでも「必要なことを簡潔に伝える」ことが、人にはもっとも伝わりやすいですし印象に残るのです。

ページを開いて改行もされていない文章がずらっとみっちり並んでいたとしたら、それだけでもう見る気をなくしてしまいますよね。あくまでも人が読むものだ、という意識を持って句読点の使い方や適切な改行など、文章を書く時に気をつけたい基本的なことを抑えておきましょう。

例えば趣味の欄。多くの人は趣味の名称だけを羅列して書いてしまっています。「趣味:読書・映画・登山・釣り」とだけ書いているシンプルすぎるパターンです。そういう場合も、ちょっと書き方と情報を加えるだけで全然印象が違ってくるんです。

読書が趣味なら好きな小説家や本のタイトルを書けばいいし、映画だって同じことです。いろんなジャンルがある小説や映画の中で、どんなジャンルが好きなのか?を描くだけでも違います。

「スターウォーズシリーズが大好きです」だったり「司馬遼太郎をよく読んでいます」といったような、具体的な情報があることも大事ですね。その人ならではの個性がちょっと見えてくるだけでも全然違います。

釣りや登山などのアウトドアが趣味な人でしたら、どんな場所によく行くかをちょっと付け加えておくといいでしょう。そうするとリアリティがでてイメージしやすいですし、女性がメールをする際にも「◯◯山にいかれたんですね。どんなところでしたか?」と話題のキッカケにもなってくれるのです。

実際、わたしたちが女性にメールを出す前にはプロフィールを見ますよね。そして、趣味やその女性が興味ありそうなことに関する情報を読み、その中で自分が話題にできそうな共通点をみつけてから、その話題をちょっといれてまずはメールをする……というのがよくあるパターンです。これは大正解の王道パターンです。

なにもそうしているのは男性だけではないんです。女性だって見知らぬ人に話しかけるときは共通の話題が必要になりますから、プロフィール検索なり掲示板を見たりで、いろんな男性を探そうとします。「一体どんな人なんだろう?」という興味を持った上でプロフィールページを見てくれたわけです。

そこでなんの情報も価値もないプロフィールページを見せてしまえば「え、なにこの人……どんな人なのか全然わかんない」と、がっかりされてしまいその時点で興味を失われてしまいますからね。

プロフィールページは自分の顔であると同時に、釣り針でもあります。自分に興味を持ってくれた女性がさらに興味をもって食いついてくれるのか、それとも興味をなくして出会いのキッカケを失ってしまうのか……それは、プロフィールページにかかっているのです。

他の男性のプロフィールを参考にする

とはいえ、いきなり良いプロフィールを書いてといわれても書けるものではないですよね。それに、プロフィールなんてのは人それぞれですし、お手本を参考にして丸写しをしたところで自分に合っていなければ何の意味もありません。

個人的なオススメとしては、まずはなんでもいいのでテキトーにプロフィールを記入して入会し、まず女性を探す前に他の男性のプロフィールを見まくることです。ワクワクメールやハッピーメールでしたら、検索の条件で女性から男性に変更すればずらっとリストにでてきますので、いくらでも見ることが出来ます。

ワクワクメールもハッピーメールもプロフィールを閲覧するだけなら無料ですから、それこそ登録している人数だけ参考書があるようなものです。これを活用しない手はありませんよ!

まずはいろんな男性のプロフィールを見てください。「あー、こいつはダメだな」「この人はまじめに書いてるな」「なるほど、こういう表現の仕方があるのか」と参考になる部分がたくさんあると思います。

自分が良いと思ったものを女性が良いと思うかどうかはわかりませんが、少なくともそうやって一生懸命調べて工夫したプロフィールはわかるものなのです。「あ、この人はちゃんとプロフィール書いてる」という気持ちが伝わるのです。

同じ趣味の人を探して参考にするのもいいですし、なにか興味をそそられる趣味などがあったら真似してみるのもいいですね。人間だれしも何かを始めるときは、まずは模倣からです。赤ちゃんがしゃべるのだって親の真似ですし、歩くのだって真似をするところから始まるのですから。

顔写真は絶対にプラス印象。最低でもアバターの設定を

男性は自分の顔写真を載せることに抵抗のある人が多いことでしょう。だからこそチャンスだともいえます。男性で顔写真を載せているひとはまだまだ少数派です。

しかし、自分が女性のプロフィールページを見るときはまず写真が気になりますよね? これから会うことになるかもしれない人なんですから、どんな顔なんだろうと気になるのは当然ですし「ブスだったらやめておこう」という見極めの判断要素のひとつにもなります。

それは女性も同じことです。むしろ出会い系で会うとなると女性のほうが抱える不安は多いのですから、なるべく会う前に相手のことを色々知りたいと思うものです。顔が見えるのと見えないのでは安心感が全然違いますからね。

「でも、自分はブサイクだから顔をのせたら誰もメールをくれなくなるんじゃ……」と不安に思う人もいるかもしれません。しかし、それでも絶対に載せたほうがいいです。だって、会うことになったらどのみち顔と顔を合わせることになるのですから。写真を見てスルーされてしまうか、それとも会ってからフラれるかの違いです。

会ってからフラれるのは精神的なダメージもありますし、会うまでにその女性に費やしてきた手間や時間もまったくの無駄になってしまいます。しかし、写真を載せていることで「自分の顔を好まない女性」なら、そもそもやりとりが始まりません。つまり手間もお金も無駄になることがないのです。

それに、若い女の子ならともかく、人妻や熟女であれば男性の容姿はあまり重要視しません。真面目そうな写真をのせておくだけで、必ず印象はプラスになります。

もしもどうしても写真を載せたくないということなら、まずは顔がわからないけど雰囲気だけはわかるような写真でもいいから載せたほうがいいです。

写メを掲載するにあたって、ルックスが悪くてもあまり気にする必要はありません。多少、写りのよい写真を使うようにすれば、とくに問題ありません。それでも写真がないよりはぜったいに出会いの成功率は上がります。

また、いろいろな角度からの撮影を試し、どの角度が一番魅力的に見えるか比較してみましょう。一般的には、髪のわけめのほうから撮影すると明るく映ると言われています。

その他、「顔の周囲に手を添えると知的に見える」「口角を上げて、上の歯だけを見せるようにすると、素敵な笑顔になる」などのテクニックもあります。

バストアップの写メを撮る人がいますが、基本はできるだけ近くで撮ってください。

ちょっと極端すぎるくらい目を大きく開けましょう。おかしくなるかもなんて気にする必要ありません。何枚か撮影したら、自然なものもあります。

ちょっとだけ斜めに撮影すると、顔が小さく見えます。オススメは斜め上です。二重あごも防げます。

プロのカメラマンは一生懸命ライティングしますよね。明るいほうが良い写真が捕れます。

どうしても上手く撮れない人はセルフタイマーを活用しましょう。ブレが防げます。

背景はゴチャゴチャしているとあまり印象がよくありません。

なによりも大切なのは笑顔です。リラックスして笑顔を忘れずに!

それでも、恥ずかしい自信がないという人は、アバターの設定くらいはしておきましょう。初期設定の裸のアバターだったり、未表示だったりするのは本当に印象が悪いです。「この人はまじめに出会う気がないのね」という判断をされてしまいます。

アバターのパーツには有料のものもありますが、無料のものだけで構いません。なにもおしゃれでセンスのある設定にする必要もそんなにありません。もちろんそう出来るならそれにこしたことはないですが、大事なのはアバターを設定することで「人に見られることを意識している」というアピールが出来る点です。

女性のプロフィールページを見ればわかることですが、多くの女性はアバターの着替えを楽しみ、背景の色やパーツをいろいろと組み合わせてデコレーションすることを楽しんでいます。自分のページをそれだけ凝るんですから、人のページを見る時だってそこに注目をするわけです。

きちんと設定している男性のプロフィールを見ると「あ、この人はそのへんの男とは違うんだ」という一目置かれる存在になりますからね。出会い系においてはこのちょっとした差が大きな差となるのです。

プロフィールはできるだけこちらの情報を出す

出会い系はギブアンドテイクです。こちらが情報を出さなければあちらも情報を出してくれません。

とくに人妻は出会いに関して警戒心が強いのです。こちらの詳細を伝えるほど、あちらは警戒心を解いてくれます。

たとえば、名前をつけるときに、「素敵なおじさん」とするよりも「佐藤ゆうじ」にしたほうが、たとえウソの名前だとしても出会いの成功率は上がります。

ただ、詳しい住所や職場など、極端な個人情報を書くのは危険なので気をつけてください。

また、できれば具体的に、「スポーツが好きです」よりも「サッカーが好きです」と書いてください。間口を広げようとして、結局だれにもターゲットにされないという事態を防げます。

たとえば、「ずっと彼女がいなかったので、勇気をだして彼女を探しています。もしよかったらメールをください。よろしくおねがいします」なんていうプロフィールでは、あなたが誰なのかぜんぜんわかりません。

あなただったら相手のどんなことを知りたいのかを想像し、出来る限り具体的に書きましょう。

だからといって、書いては行けない情報もあります。。あまりに詳しい個人情報を書いてしまうと、それが悪用されてしまう心配があります。当サイトで紹介している出会い系サイトは安心サイトばかりですが、サイト内に潜り込んでいる悪徳業者がたくさんいるので注意が必要です。

ポジティブに書く

ネガティブなことは書かないようにしてください。人妻は普段のつまらない単調な生活の中で、いっときの楽しみのために出会い系サイトを利用しています。あなたがどんなにネガティブな人だとしても、そのことを正直に書く必要はありません。

また、実際にあう場面を連想させるようなことをかいてください。好きな場所・好きな食べ物などを書いて、実際に会う時が来ることを連想させるようにしてください。

最初から女性にたいするリクエストは書かない

たとえば、「近くに住んでいる女性希望です」「すぐに会える女性希望です」「若い女性希望です」など、女性に対するリクエストは書かないほうが良いでしょう。たとえば、自分が若い女性であったとしても「若い女性希望です」と書いている男性にメールはしないものなのです。間口は広く考えましょう。

 

プロフィールの名前の大切さ

出会い系で使用するハンドルネーム・ニックネームは、あなたが思っている以上に大切です。そして、女性の男性にたいする印象はハンドルネームで大きく変わります。

女性の名前をざっと見てみてください。

  • 佐藤美咲
  • yui
  • みどり
  • 四宮サナエ
  • ニャンニャン
  • 人妻ゆりこ
  • クッキー

などという名前の女性がいたとしてどうでしょう。名前を読んだ時点で印象がぜんぜん違うんじゃないでしょうか。メールのタイトルや本文をいっしょうけんめい考えて、ハンドルネームに無頓着な人が多すぎます。ハンドルネームもきちんと考えて付けましょう。

使ってはいけない名前

たとえば、

  • Moon chiled
  • vanilla
  • シナモン
  • トワイライトナイト
  • 綺羅(キラ)

なんていう名前の人がいます。

やめたほうがよろしいと思います。

まともな女性がそんな男性を相手にするでしょうか。

そもそも、実際に会うことになったら
「はじめまして、む~んちゃいるどです」って挨拶するんでしょうか。

その時になって気づいても遅いんです。

こういう名前をつけましょう。

タクヤ・ユウキ・マコト

みたいな名前も付けてはいけません。なぜなら、同じ名前の男性が出会い系サイトには大量に存在するんです。

だからせめて苗字は付けるようにしましょう。

佐藤ユウキ

みたいなフツーのものでかまいません。フツーが一番なんです。もちろん本当の名前である必要はありません。

小さなテクニック

また、もしもハンドルネームの文字数制限がある程度長ければ、名前の後ろにちょっと一言コメントを付けるというのも効果的です。

たとえば、

佐藤ユウキ(職場は新宿です)

なんていうのも効果的です。

もちろん、普通出会い系サイトに居住地域を設定できる場所があるんですが、職場が別の場所ならチャンスが広がりますし、なにより目立つことができます。

逆の立場になって考えてみてください。

仲村恵利(職場は新宿です)

という名前の女性がいて、あなたの生活圏が新宿だったら、メールしたくなりませんか?

よくあるダメな名前

使っている人が非常に多いダメなハンドルネームの例を上げておきます。下記のような名前は女性は好印象を持ちません。

  • お酒の名前
  • 車の名前
  • 卑猥な名前
  • ○○クン・○○さん・○○ぽん など
  • 芸能人と同姓同名

人妻が感じている不安を解消することで、出会いにつなげよう

sep_355215221321-thumb-815xauto-17902

出会い系にはいろんな期待がありますが、それと同じくらいに不安もあります。見知らぬ男女同士が出会うわけですから「万が一、なにかトラブルがあったらどうしよう……」と考えてしまうのはごく自然なことですよね。

男性も女性も同じように出会い系に抱える不安はありますが、男性の場合の多くは金銭的なトラブル(サクラや美人局)で済みますが、暴力などの肉体的な被害をこうむるのは女性のほうが多かったりするのですからなおさらです。

事実、出会い系で知り合った男に殺されてしまった女性もこれまでに何人もいるのです。有名なのは「和歌山出会い系サイト強盗殺傷事件」が挙げられるでしょう。人気テレビ番組のアンビリバボーでも特集され、あまりにも現実離れしたその手口と事件内容から大きな話題となりました。

和歌山出会い系サイト強盗殺傷事件

和歌山出会い系サイト強盗殺傷事件(わかやまであいけいサイトごうとうさっしょうじけん)は、2002年7月に起こった強盗殺人・強盗殺人未遂事件である。

主犯は和歌山県打田町古和田の会社員・自称国際派モデルの女(2002年当時24歳)で、実行犯は和歌山市岩橋の無職の男性(当時32歳)である。

女は容姿端麗で明朗快活、高等学校在学中の18歳で結婚し、2人の子供がいた。しかし夫が浮気したことから離婚し、子供たちを連れて実家に戻った。しかし子育てを母親任せにして自らは新たな男性を探すことに奔走する。そして出会い系で知り合った相手が、後に実行犯となる男性であった。男性は女に夢中になり、結婚を申し出るまでになる。しかし女は「自分の親は暴力団の組長である」と嘘を告げ、「父に結婚を認めてもらうためには組への登録料が必要で、毎月20万円出してほしい」とした。女は男性が自分に夢中であることを逆手に取り、金を貢がせようとしていたのである。さらに女は「組員が死んで香典がいる」などあることないことを持ちかけて、次々と金を搾り取っていく。男性は自らの生活を切り詰めて懸命に貢いだが、遂に貯金が尽きてしまった。そのため、闇金に手を染め始めたが、これが原因で自動車販売会社から解雇され、窃盗などの犯罪にも手を染めていく。

もちろん、このような殺人事件に巻き込まれる確率はほんとうに稀で、それこそ飛行機事故よりレアケースといえます。毎日、何百万という人が飛行機を利用して無事に目的地についているように、何千という人が出会い系で楽しく魅力的な出会いを成立させています。

しかし、飛行機墜落事故が1件でも起きると、一時的とはいえ世界的に飛行機を利用する客は減少してしまうそうです。それと同じように、出会い系にて1件でも印象的な殺人事件が起きることで、出会い系に対して「怖い」と感じてしまう女性は多いのです。

ここでは人妻が出会い系に抱える不安がどのようなものがあるのかをご紹介し、その不安を解消するための方法をお教えしたいと思います。人妻が会う相手を決めるときは、よりハンサムでお金持ちの男性ではなく、より安全そうな男性を選ぶのが普通なのですから。

「自分は安全であり、ルールやマナーもわかっています」ということを伝えるにはどうしたらいいのか?これを知っているのといないとのでは会える確率に大きな差が出てくることでしょう。

人妻が「出会い系に対して不安に思っている6つのこと」をひとつひとつ紹介していきたいと思います。

その1.もし旦那にバレたらどうしよう?

一般的な人妻がまず不安に思うことは旦那バレです。旦那に知られてしまっては出会いを楽しむどころか、家庭崩壊の危機になってしまいますからね。

そのため、まずはなによりも旦那にバレないことを第一に考えます。慎重な人妻であれば、旦那が家にいる時はサイトを一切ひらかないなんてことも。そのため、夜や週末はまったくやりとりが出来ずに会話のテンポが悪くなってしまうケースもあるのです。

それは困り者なのですが、逆にチャンスでもあります。多くの男性は会話のテンポが悪い女性を嫌います。だからこそ、優しく手を差し伸べてあげることが効果的なのです。

「メールを送るタイミングはいつでもいいよ。なにかと事情もあるだろうし、君の平穏な生活を尊重するよ。ぼくはずっと待っているから安心して」

といったメールが送られてきたら、その女性はとても安心することでしょう。「この人はわかってくれている人なんだ」という印象を持ってくれるはずです。

会うまでに時間はかかるかもしれませんが、急ぎでなければじっくり育ててみるのもいいでしょう。こっちを信頼してなついてくれればくれるほど、都合の良い関係になれるかもしれませんからね。

相手は独身女性とは違って不自由な環境にいることを理解してあげることが大事です。電話の強要や写メの強要などはやめておきましょう。このご時世ですし、人妻であればなおさら個人の特定に繋がるような情報は出したくないものです。顔写真が見たい場合でも、口元を隠した写真でもいいから見てみたいな、とあらかじめ保険をかけてあげれば相手も送りやすくなります。

こうして写真を送ってくれたのなら褒めて褒め倒して、また違う写真を送ってもらえる可能性もでてきますからね。

その2.もし変な人だったらどうしよう?

ぶっちゃけてしまうと、出会い系には変な人が多いです。これに関しては男も女もお互い様といいますか……会ってみないとわからないことなだけに、会う前からこの不安を払拭しきることは難しいです。ですから、なるべく相手が知りたがっていることは素直に教えてあげましょう。

多くの場合、自分の顔写真を送ることは相手に安心感を与えます。相手の顔を想像しながらであればイメージもわきやすいですし、より身近に感じることが出来ます。「相手の顔がわかるという要素」が大事なのであって、容姿に自信がなくてもいいんです。

若い女性であれば単純に顔だけで選ぶ人も多いかもしれませんが、人妻や熟女はそういったうわべだけの情報では判断しないものなのですから。

また、職業なども相手に聞かれる前に自分から教えておくのがいいでしょう。これは素直に本当のことを教えてもいいですし、あまり知られたくないのなら嘘をついてもいいです。もったいぶって「仕事は会った時に教えるよ」なんて断り方だと相手には不安しか与えませんからね。

あとは文章の書き方で相手にあたえるイメージは大きく左右されます。人妻相手であれば、常識と節度のある態度を心がけることがいいでしょう。ユーモアは大事ですが、無理に狙ったジョークや流行りのギャグなどは軽薄に思われてしまいかねません。

今であればPPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)などが流行っていますが、安易に乗っかってしまうのは大怪我のもとです。変に冒険してもハイリスク・ローリターンなだけですので、無難な内容にとどめておきましょう。

かといって堅苦しすぎても相手には息苦しい印象を与えてしまうので……難しいのですが、このへんのバランス感覚は実際にやってみて慣れてみるのが一番です。出会い系は非日常で非常識な場だからこそ、常識力が求められる場でもあります。

その3.もし個人情報を悪用されたらどうしよう?

メールアドレスを聞かれたり、写真を見せて欲しい、と言われた時に「連絡先を教えたり、写真を見せるようなことはしたくない……」と答える人妻は多いです。

立場を考えればごもっともではあるのですが、サクラの常套句というイメージもあるためにあまりこちらの印象はよくありません。人妻が不安を覚えるのは当然ですし、理解は出来るのですが、あくまでもここは「出会いを求める場」なのですから。

メールアドレスがわかれば、もっと出会いに向けていろいろなことを話せるわけだし、写真だってこれから会うかもしれない人がどんな人なのかを知りたいのは当然なこと。

無理難題を押し付けているわけでもないのに「あなたは出会いに対して本気なのか?積極的じゃないのか?……つまり、サクラなのか?」といった疑念を抱いてしまうものですからね。あまりしつこく聞くのはNGですが、相手の本気度をはかる物差しでもあります。

目安としては5通以上のやり取りをしているにも関わらず、連絡先の交換をもちかけても拒否されるようでしたら、その場でその人との関係を断ち切ることも選択肢のひとつです。

もう一つの注意点として、出会いに関係のない個人情報は極力詮索しないようにしましょう。

「本名はなんていうの?」「子供は何人いるの?」「旦那はどんな仕事をしているの?」「実家はどこにあるの?」

といった質問に関しては「なんでそんなことを聞いてくるの?」と不安がられてしまうことでしょう。あくまでも聞いていいのは当面の連絡先くらいです。

その4.もし乱暴をするような人だったらどうしよう?

女性が出会い系のトラブルでまず不安に思うことは暴力がらみのトラブルです。女性はどうしても男性に対して体格や体力に劣るものですから、力づくで無理やりに言うことを聞かされてしまうことだってあるのです。

そういった不安を少しでも解消してあげるために、待ち合わせ場所は人気の多い場所にすることをおすすめします。いきなり人気の少ない公園を待ち合わせ場所に指定されでもすれば、不安しか感じないでしょう。そのままワゴン車に連れ込まれてしまってもおかしくありません。

ですから、待ち合わせをするなら人の多い場所。喫茶店やファミレスなどの店内で直接待ち合わせをするのもアリです。そういった衆人環視のある場所であればいきなり犯罪に巻き込まれるなんてことはまずないですからね。

店内での待ち合わせにすれば、どちらかが遅刻した時にもゆっくりと座って待つことが出来ます。また夏や冬は、外で立って待つのはつらいものです。特に、日焼けを気にする女性を夏の炎天下の中で待たせるなんてもっての外ですね。環境が整った場所で待ち合わせをすることは、女性への思いやりにも繋がるのです。

女性が安心できる待ち合わせ場所を選んであげることは、男にとってのマナーともいえるでしょう。

その5.もし知り合いに見られたらどうしよう?

男からするとなかなか気づきにくいポイントなのですが、人妻が感じやすい不安のひとつに「知り合いにデート現場を目撃されないだろうか」と、いった悩みがあります。そのため、移動が少なく済むように相手の近所で待ち合わせをする、なんてのは相手からしたらありがた迷惑だったりするものなんですね。

待ち合わせをする場所は普段その人がいかないような場所にしてください。あるいは、新宿・梅田・天神などの各地の代表的な繁華街や観光地に指定するのもいいでしょう。木の葉を隠すなら森の中……といいますように、人を隠すなら人混みの中が一番だったりするのです。

それでも万が一、見られてしまうことがあるかもしれません。相手が人妻なのであれば、手を繋いだり腕を組んだりといったことは表ではしないほうがいいでしょう。ですが、「せっかくならデートっぽいことを楽しみたい」と考える人妻もいるので一概には言えないんですけどね。

あまりに人が多くてはぐれそうになった時だったり、エレベータの中など一瞬だけ二人っきりになるような場所でそっと手を繋いでみるのは、相手からするとドキドキした刺激を味わえるサプライズになったりしますので、演出としてはおすすめです。

その6.もし妊娠したらどうしよう?

出会い系で人妻と出会うのなら、それはもうセックスはつきものです。しかし、セックスは本来は子供をつくるための行為です。不倫セックスを楽しむ上で「妊娠というリスク」は常につきまといます。

とはいえ、ほとんどの場合はコンドームをしっかりつけていればそう心配することはありません。コンドームでの避妊は完全ではありませんが、それでも正しく使用すれば高い効果と信頼性があります。出会い系で会った人妻とセックスをするときは、必ずコンドームを付けて避妊を心がけてください。

避妊と言えば、最近では低用量ピルを服用している人妻もけっこういます。しかし、自己申告だけでは信頼してはいけません。

「わたし、ピルのんでるから中で出してもいいよ?」

なんて言われようものなら、男としては喜んで中出ししたくなってしまうものですが、ピルの実物を確認するくらいの慎重さが求められます。

なにしろ、人妻なのに出会い系に登録して見知らぬ男とセックスしてるということは、旦那との性生活はうまくいっていないことが容易に想像できます。旦那とはもう完全にセックスレスなのに子供が出来てしまったとしたら、それはもう動かぬ証拠になってしまいますからね。

もし、不倫人妻を妊娠させてしまえば、そう簡単に逃げられなくなります。最悪の場合は、責任をとってその女性と結婚することになるかもしれないのです。何が悲しくて、出会い系で不倫相手を探してあまつさえ中出しを許すような女と結婚しなければいけないのか……。自業自得ではありますが、悲劇としか言いようがありません。

出会い系において避妊は絶対です!それだけは肝に銘じておきましょう。

30代40代人妻と知り合う出会い系サイトの活用術

出会系サイトを活用して、理想の30代40代美女に出会うにはどんな点に注意をするとよいか、ご紹介したいと思います。

大手出会い系サイトに登録する

女性に出会うチャンスがない人にとっては出会い系サイトは欠かせないツール。シャイで初対面の人と話ができない男性も多いと思いますが、中高年になると若い時のように羽目をはずすのはNG。自分にあった年齢層の女性と知り合うには大手の出会い系サイトがオススメ。口コミで人気のあるサイトなどを探してみましょう。

30代40代女性は中高年とはいえ、ほどほどに熟した魅力も抜群。同世代だけなく若い年齢層の熟女ブームもあることから、出会い系サイトでは多くの方が登録しています。30代40代女性の目的は色々。家庭の愚痴こぼしができる話相手からセックスパートナーまで。どんな出会いをしたのかまずは考える点が大切です。

プロフィールはターゲットを明確に

出会い系サイトに登録した後にまず行うのが自分のプロフィール設定。30代40代女性の目をひくにはここが重要なポイント。30代40代女性のライフステージを想像すると、離婚した人や浮気相手を探している人、再婚相手を見つけたい人など、かなりはっきりと目的が分かれています。そのためターゲットをどうするか決めることでプロフィールもつくり安くなります。

セックスパートナーを見つけるのであれば、エッチなコメントをアピールしたり、真剣なお付き合いをしたい場合には真面目に書くこと。しかし多くの女性がエッチ目的であっても、あからさまにアピールしてくる男性にはちょっと引いてしまうものです。

写真が苦手ならば似顔絵で十分

通常の出会い系サイト攻略術では、プロフィールの見た目希求度を上げるための戦術として、写真の掲載は必須と教えられます。

確かに、付き合う相手の見た目を重視する女性であれば、写真を載せていないプロフでは、最初から見るに値しないかもしれません。

しかし、30代40代ですでに旦那もいれば子供もいる人妻ともなると、男は顔だけではないことに気付き出しています。

平均レベルをはるかに超えた女性でさえ、出会い系でいろいろな男と知り合った感想として、世の中の男みんながみんな俳優じゃないんだから、男の顔なんかどうでもいいと言います。

女性、とりわけ既婚女性は、男が考えるほど男の顔をそれほど重視しているわけではないんですね。

ですから写真が苦手ならば、無理してプロフに載せることもありません。あったときに備えて、雰囲気だけでも伝えておきたいというのであれば、似顔絵で十分です。

ただ、その際の注意点としては、似顔絵ソフトはあまり使わない方がいいようです。

ソフトではどうしても画一的な表現になりがちですから、逆効果になることさえありますので、載せるなら絵心のある人に料金を払って、手描きを使うことをお勧めします。

似顔絵も苦手ならばなくてもオッケーな理由

本来、出会い系では相手が誰か分かりません。分からないからいいとも言えるわけです。

分からないからこそ相手に期待感を持つことが出来る。これが出会い系を支えている大きな柱、肝の部分とさえいえるかもしれませんね。

逆に、最初からすべてが分かっていたら、果たして出会い系がこれほどまでに長く隆盛状態を維持できているかどうか分かりません。

例えば街の中を見ていても、結婚相談所は次々閉鎖されていますし、お見合い結婚の比率も下がるばかりです。

どちらも事前にお付き合いをする相手のことは、興信所を使って調べてから紹介をするわけですから、これほど安心なシステムもありません。

ところが人々は安心感に魅力を感じず、出会い系に流れてきます。何故そうなるのかといえば、出会いの本質に、ハプニング性が付きものだからではないでしょうか。

何が出て来るか分からないから、多くの人は期待を持ちます。期待を持つことが出来るわけです。だから出会い系サイトが流行るんですね。

ですから、写真も苦手、似顔絵も苦手なら、写真も似顔絵も載せる必要はないんです。

むしろ期待を抱かせるために積極的に載せないという作戦さえ成り立つのが出会い系です。

写真はなくても印象の与え方は操作できる

ある有名な心理学の実験について簡単にご紹介します。

講師として同一人物を受講生に紹介するにしても、紹介の仕方によっては、同一人物でありながら、受講生に与える印象がまるで異なる結果になることが、科学的に実証された、というものです。

この実験に写真は使いません。事前に受講生に渡すプロフィールも全く同じものを使います。

しかし、ひとつだけ事前に付け加える言葉を変えるのです。

具体的には、学歴、経歴などを載せたプロフィールだけを事前の予備知識として受講生に見せておき、それから紹介した場合と、プロフィールに加えて人間としての優しさ、親しみやすさなどをエピソードを交えてあらかじめ話しておいてから紹介した場合に分けて、講義が終了してから講師の人柄について印象を受講生に尋ねる方法が取られました。

すると、同一人物による同一の講義形式、講義内容、同じ話し方でありながら、講義後の講師に対する印象はまるで異なり、プロフしか伝えなかった場合の印象はやや冷たく、形式的であったのに対し、エピソードを一言付け加えた場合は人間的であり、その後も印象が長く変らないことが実証されたのです。

そして、人間的な印象を与えた場合の方がそうでない場合より、何かと好意的なとらえ方をされることもはっきりしました。

この実験について、難しく考える必要はありません。

紹介の仕方ひとつで、印象はどうにでも変えられることさえ知ればそれで十分です。

しかも相手は女性です。もはや男の顔にだけこだわるわけではない既婚女性です。こうした30代の人妻には、プロフィールに人間的なエピソードを付け加えておくだけで、実際に出会ったあとも後々まで印象が変わることがあることを覚えておけば十分です。

プロフの要諦は自分の言葉で自分を伝えること

写真を載せなくても、いやむしろ写真など載せないからこそ、自己紹介文の書き方次第で、自分の印象をいくらでも変えることが出来るということです。

紹介文の書き方も難しく考える必要はありません。

ただ、一つだけ注意事項を守れば十分です。それは、紹介例文のコピーをしないことです。

紹介例文はいくらよく出来ていても所詮コピーです。どれだけ多くの人が使っているか分からない文面を単純コピーすることは、その時点ですでに自分を伝える努力を怠っています。

それが女性に伝わるわけもありません。

下手でも自分の文章で自分の人間な側面を伝える努力をすれば、必ず出会えます。

それが出会い系サイトです。

掲示板を利用する

出会い系サイトで多くの人が利用する掲示板。サイトによっては一日1回無料で掲示板の書き込みができる場合もありますので、なるべく無料で使えるサービスをはじめは利用しましょう。掲示板はとにかく毎日書き込みをすること。ここのポイントが中高年の男性は大人の品格をアプローチすることです。

少しでも若く見せたいという欲をかいてしまうと、ちぐはぐになって女性がひいてしまう原因。中高年の年齢にふさわしい内容の書き込みをしましょう。紳士的であることが最も重要なポイント。エッチ目的があっても決してそれだけをアピールするのはダメ。真面目なお付き合いを希望している男性にしか30代40代女性は興味を示してくれません。

サクラかどうか見極めること

せっかくメールも盛り上がり、かなり真剣になった時。実はそれがサクラだと知ったらとても傷つきますよね。中高年男性にとっては久しぶりの恋愛活動。目的はなんにせよ、女性の扱い方を忘れている人も多いはず。まんまとサクラにひっかってしまってはせっかくのチャンスも台無しです。そこで出会い系サイトで30代40代女性と知り合う為には、本当に相手が30代40代なのか、サクラなのかを見極めることが大切なポイント。

サクラのメール返信内容の特徴は、エッチな文章が多い事。30代40代のふりをしてかなり巧みなテクニックをアプローチしてくる人も多いのです。またサクラは返信することでお金をもらっているので、とにかく量をこなすため同じような文章を何度も送ってくる場合があります。

デートする時の注意

出会い系で30代40代と知り合い、いよいよデート。ここまでたどり着くのはとてもラッキー。真剣な交際ができる可能性もありますので、最初のデートは慎重に行いましょう。まずは実際に会う前に電話で話をすること。

そこで30代40代世代の話題をして、本当に年齢があっているかチェック。昔の芸能人や流行ったことなどを話題にしてみましょう。そしてデートの待ち合わせではちょっと遅れるも方法の一つ。どんな相手がくるのか確認してみましょう。デートの段階に進むまでの期間もチェックポイント。2,3回のメールでだけですぐに相手がデートをしようと言ってくる場合は要注意。お互いがエッチ目的ならまだしも、単なるサクラの可能性もありますよ。

中高年層にとっても出会い系サイトは新たな出会いの場として活用されています。嫌な体験をしてしまう人も多いのですが、しっかりルールを守り正しい判断をすることがポイント。悪質な業者も大変多い為、サイトを利用する際は口コミなども必ずチェックしてみましょう。出会い系サイトが勧誘に利用されたりすることもありますのでご注意くださいね。気になる人とはデートをするのが一番。慎重にお互いのことをチェックして、良い出会いとして進展させてくださいね。

「この男、ダメだなぁ…」と人妻が思う5つの瞬間を知れば楽勝

ロジック通りに行かないのが、恋愛の面白さでもあり難しさでもあります。

とは言え、やっぱり出会い系に挑戦するなら、美人人妻を確実にゲットしたいものです。

そこで、女性が思う「ダメ男」のジャッジポイントを知り、上手に活用するのが良い方法のひとつ。

実は、嫌われる言動や行動を避けるのはマイナスを防ぐだけでなく、勝手にプラス評価に繋がるのです。

女が男に幻滅する瞬間を知れば、ゴールが見えてくる

「減点方式で異性を考える」なんて言われる女性の思考。

ちょっとした男の言動や行動で

  • 「この男、ダメだな…」
  • 「器が小さい」
  • 「モテなそう」

と、マイナス評価をくだす女性は多い!

特に、出会い系での初対面でのマイナス評価は痛恨。

さらに、マイナス評価が続けば、何回かデート経験のある女性なら「脈なし男」の烙印を押されることに……。

こんな女性の評価に対し、厳しいなぁ……と思う男性も多いかもしれません。

ですが、実はこういった女性のドン引きポイントを避けるだけで

「いい男」「余裕がある男性」「モテそう」

というプラス評価にグンと上げることも可能なのです。

しっかりと、女性が感じる男のNG行為を把握するのがファーストステップになってきます。

それでは「この男、ダメだなぁ…」と女が思う5つの瞬間を覗いてみましょう。

1.何かあると、すぐ「すみません」と言う

意外に気がつかない男性は多いですが、女性から何かをしてくれた時に、思わず「すみません」と口走ることはありませんか?

なんでもかんでも「すみません」で片付けるのはNG行為。

女の扱いに慣れた男性の場合「ごめんね」と「ありがとう」をきちんと使い分けます。

とっても些細なフレーズですが、チェックしている女性は多いので何かを女性にしてもらったら「ありがとう」と言うようにしましょう。

とくに人妻は普段の生活の中で、次第に家族から「ありがとう」と言ってもらえる機会が減っていってしまっているものです。その点でも効果的ですね。

2.値段を気にする、安い方ばかり選ぶ

ランチにカフェ、ラブホ……。

「男だから気前よく奢ってるよ」なんてドヤ顔していたとしても、必死に値段の安いものばかりを選んでいてはいけません。

特に、ラブホの部屋選択画面を前に、値段ばかり比較している姿……。

人妻は値段に聡いので、しっかり部屋の写真を見てないのをチェックしていますよ!

とは言え、男性だってお財布事情があるので「値段を気にしない」「高いのばかり選べ」というのも無理な話。

大事なのは、なぜそれを選んだのか?という部分。

嘘でもいいから「こういう部屋が好き」「こういう味が好き」など適当な理由を付けて「安いから」ではないことをアピールしましょう。

3.話がつまらない

「お笑い芸人みたいに、面白い話はできないよ…」と悩む男性は安心を。

もちろんオチがある面白い話をできるのがベストですが、毎回そうもいきません。そこで、女性の共感したり自分の話をするだけでも「この人と話が合う」と感じるという性質を利用するのです。

適度に相槌をうったり、彼女の話を広げたり、話を合わせたりしていくだけで良いのです。

もちろん、正論の答えなんていりません。

「そうなんだ!」「わかるわかる!」「どうゆうことよ?!」とオーバーリアクションも混ぜつつ、話をしていきましょう。

これなら話し下手な男性でも「話がつまらない」と思われない。むしろ、自分の話を延々に語ったり、彼女を論破する方がよっぽど「つまらない男」と思われます。

4.プライベートが寂しい

キャンプにスノボ、マリンスポーツ……。

リア充な雰囲気がプンプンするプライベートも良いですが、実際は仕事仕事の毎日。たまの休みは家でゴロゴロしたり、動画を見漁って終わってしまう人も多いはず。

とは言え、人妻からしてみると、やはりプライベートが寂しい男性の印象は最悪。「この男、ダメだなぁ…」と女性に思われてしまいます。

家庭が生活の中心である人妻は、自分よりもいろいろな世界を知っている男性に興味を持ち好感を持つのです。

ですが、ここで覚えておきたいのは、男性本人が楽しんでいるならネタとして笑えるという点。

「○○集め」「ラーメン巡り」など、一見女性受けが悪そうな内容でも「なにそれ~w」と突っ込める内容ならOKなのです。

もちろん、延々とウンチクを語るのはNGですが、冗談っぽく「地味に楽しいんだよね」と話す程度なら、女性も笑いながらツッコミを入れてくれるでしょう。

「何もしてない」より、よっぽどおすすめです。

5.最近の流行をまったく知らない

話題のスイーツに、芸能人のネタ、twitterのトレンド……。常にアンテナをビンビンにさせて、流行に敏感な女性たち。

「いっときの流行を追いかけるのは好きじゃない…」と感じる男性は多いかもしれません。実際、洋服ひとつとっても、トレンドを追う女性と、自分の似合う定番を探す男性では違います。

そこで、気をつけたいのは好きではないからといって、知りもしないこと。

「え?何それ?」どころか、ネタを知らずに華麗にスルーするのは「ノリが悪い男」と女性に思われてしまいます。

ちょっとしたトレンドを押さえておくだけで、会話の距離を近づけられます。会話を盛り上げるひとつとして、しっかり予習しておきましょう。

最後に

女性が感じる、男の幻滅ポイントを調べてみると、逆にちょっとしたコツを掴めば、女心をガッチリ掴めるというのが見えてきます。

特に人妻は共感や相性の良さがとにかく大切。嫌われないどころか、好かれるコツを押さえて、効率良く落としていきましょう!