もう不倫は時代遅れ!? 複数と関係を持つことが前提の「ポリアモリー」という考え方

みなさんは「ポリアモリー(Polyamory)」という言葉をご存じでしょうか?

あまり耳慣れない言葉だと思います。わたしも最近はじめて聞きました。定義としては「複数人と合意の上で性的な関係を築くこと」だそうです。

もう“不倫”は時代遅れ?! 複数人と性愛関係を築く「ポリアモリー」とは

あなたは同時に複数の人を愛したことがあるだろうか。浮気でも不倫でもなく、複数人と性愛関係を築く新たな恋愛スタイル「ポリアモリー」。SHELLYがMCを務める『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』では「たくさん愛しちゃダメですか?~ポリアモリー・不倫・結婚てナニ?~」をテーマに、実際に複数人と関係を持つ当事者たちが赤裸々に語った。

現在3人の男性と交際中だというけいさん(仮名)は複数の恋人それぞれに、複数交際ということをオープンにしている。さらに、恋人のうち1人の男性には、けいさん以外にも彼女がおり、その彼女もけいさんと付き合っていることは認知しているという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170701-00010001-abema-soci

彼女がいるのにセフレがいる……これも複数人と性的な関係を築くことですが、ちょっと違います。彼女がいるのを知っていながらセフレになるケースはそう珍しくありませんが、常識的な彼女であればセフレがいると知れば怒るのが当然です。

この場合、彼女の合意がとれていないので、この状況はポリアモリーとはいえません。

きちんと「関係する全員の合意」をとった上で、複数人と性的な関係を築くことがポリアモリーなのです。

隠せば不倫になるが、オープンにすればポリアモリー

彼女や妻がいながら、違う女性とセックスをする。これは浮気や不倫と呼ばれる行為で、社会的には忌み嫌われる行為だとされています。

そもそも、なぜ浮気や不倫はいけないことなのでしょうか?

わたし個人の考えでは「被害者が存在する」からいけないことなんだと考えています。浮気や不倫をされた側は、傷つきます。愛する恋人や配偶者に騙され、裏切られたショックを味わうことになります。

日本の法律においても、浮気や不倫を直接罰しているわけではありません。あくまでも「相手に損害を与えた」ことによる不法行為という解釈がなされています。

「自分の行為が他人に損害を及ぼすことを知っていながら、あえて(故意に)違法の行為をして、他人の権利や法律上保護される利益を侵し損害を与えた者は、その損害を賠償しなくてはならない。また、不注意(過失)による場合も同様である」
(民法第709条 不法行為による損害賠償)

「他人の身体、自由若しくは名誉を侵害した場合又は他人の財産権を侵害した場合のいずれであるかを問わず、前条の(民法第709条)の規定により損害賠償の責任を負う者は、財産以外の存在に対しても、その賠償をしなければならない」
(民法第710条 財産以外の損賠の賠償)

家庭裁判所で命じられる慰謝料支払いの法的根拠となっているのは、上記の法律によるものです。条文には「浮気」や「不倫」という文言はいっさい使われていません。

つまり、損害を与えられたと感じる被害者が存在しなければ、浮気や不倫は不法行為とはならないのです。

ポリアモリーの考え方ではそもそも全員が合意の上ですから、いくら浮気や不倫をしようが被害者が存在しないのです。というより、浮気や不倫という言葉がそもそも似つかわしくないのです。

浮気や不倫はあくまでも「正式なパートナーの異性」がいるからこそ成立する言葉です。ポリアモリーにおいては交際相手に上下の序列はなく、全員がフラットであることが理想とされています。

複数人と性的な関係を持つ、というと「ふしだら」で「だらしない」イメージがあるかもしれませんが、ポリアモリーの実態はそれと真逆で「きちんとした」交際をしている人がほとんどだそうです。

それに、ポリアモリーに対してアンケートを採ったところ、理解できると答えた人が過半数を超えた事実もあります。

最近では急速にLGBTを認める風潮が広まっていますし、その次はこのポリアモリーが新しい愛のかたちとして広まる日がくるかもしれません。

浮気や不倫と違う、3つの理由

隠れて複数人と性的な関係を持つのが浮気や不倫。すべてをオープンにした上で複数人と性的な関係を持つのがポリアモリー。

概念としての違いは上記のみで説明できてしまいますが、実際のところはどう違うのでしょうか?

ポリアモリーの人(ポリアモリストとも)の人が答えていた、浮気や不倫とポリアモリーの3つの違いが興味深かったので紹介したいと思います。

理由その1.罪悪感からの解放

まず一番大きかったのは、パートナーに対してウソをつくことに対して感じていた罪悪感から解放されたことについての喜びなんだそうです。

「複数人の人を愛したい」気持ちは、多かれ少なかれ誰しもあるものでしょう。自分は「ひとりの人のしか愛せない!」という人もいるかと思いますが、それは一夫一婦制が当たり前となった社会だからこそ生まれた通念に囚われているともいえます。

過去の歴史を振り返れば、一夫多妻制をとる国や集団は数多く存在しました。そもそも、効率だけで考えればそちらのほうが圧倒的に優れているのですから当然です。

女性はより優れた精子を持つ男性に惹かれるように「設計」されています。人類全体で人間という種族の進化や向上を考えれば、優れたスポーツマンや文化人の精子を一人の女性しか残せないのは、圧倒的なリスクでしかないのですから。

しかし、今の時代は一夫一婦制が正しいものとされています。本能だけで見れば、より優れた精子を欲しがる女性や、より多くの種を残したいと考える男性は正しいのです。

それでは社会が混乱してしまうから、との理由があるからこそ、理性によって抑えられているだけなのです。

つまり、人間は本来「複数人を愛すること」は正しいといえるのです。

「人を愛したい気持ち」を浮気や不倫というカタチでしか表現できずに心苦しさを感じていた人が、心を傷めずに人を愛することが可能になるのがポリアモリーという選択なのです。

その2.より強固な信頼関係を築ける

大切な人だからこそ、すべてを包み隠さずに自分の本心を見せたいと考えるポリアモリストも多いのだとか。

恋人や夫婦のあいだで隠し事があるとしたら、それは「異性関係」か「お金の話」と相場が決まっています。

いくら長年連れ添ってきて近所から評判のおしどり夫婦であったとしても、過去にひとつやふたつくらいはパートナーに話すことが出来ない異性がらみの過去があることでしょう。

結婚する前は何十人とセックスしたビッチだったかもしれませんが、それをわざわざ確認するのは野暮というものです。

ビッチだった事実を墓場まで持っていく気持ちだとしても、相手にいえないこと……隠し事があるのは同じことです。

ポリアモリーであれば、少なくとも異性関係に関してはなにも隠す必要がありません。なにもかもをオープンにするのが前提な関係なのですから、もし過去についても聞かれたら堂々と答えるだけなのです。

その3.相手を傷つけずに済む

どんなに「自分は浮気なんてしない!」とここに決めていたとしても、人間は状況次第でいくらでも魔が差してしまうもの。

飲み会の席で若くてかわいい新入社員の部下に胸をぐっと押し付けながら腕を抱かれ、耳元で「これから二人っきりになりませんか?」とささやかれたとしたら……はたして何人の男がきっちりと断り切ることが出来るでしょうか。

もしそんな「過ち」を犯してしまった場合、隠すしかありません。バカ正直にパートナーに事実を伝えるのは、相手を傷つけることにしかならないとわかっているからです。

これは配慮や優しさでもあります。浮気をする人のすべてがゲスなわけではないのです。

ポリアモリーであれば、少なくとも男女関係で相手を傷つけることはなくなります。もし、あったとしてもそれは事前に相談できる話です。

ポリアモリーだからといって「何でもあり」なわけではないですからね。人それぞれ傷つくポイントは違いますので、お互いに伝え合うのがマナーだとされています。

そうすることで相手や自分の痛みに寄り添いながら、向き合ってより親密な関係を築けるのです。

ポリアモリストでも、嫉妬はしてしまう

わたしがもしポリアモリストになったとしたら……と、想像してみました。

まず考えたのは「嫉妬をしてしまうのではないか」ということです。いくらオープンな関係で、合意の上だとはいえ、愛する人が自分以外の男とセックスしていることを意識するのはつらいものです。

これが不倫相手であれば別につらくともなんともないんですけどね……。正式なパートナーであれば旦那とセックスをしても当然のことですし、恋人として不倫相手を愛しているわけではないので、旦那に嫉妬したことはほとんどありません。

しかし、自分が愛してる人であればやはり話は別です。実際、多くのポリアモリストも嫉妬を感じてしまったことがあるそうです。

ポリアモリーにはマニュアル本が存在しており、その本の中では「嫉妬や辛さを感じた時はひとりで抱え込まず、パートナーに相談すること」が奨励されているんだとか。

そして、パートナーと一緒に専門家のカウンセリングを受けることが多いんだとか。なんとも興味深い話ですよね。

浮気や不倫で悩んだ時、それを誰かに相談できるなんてことは考えもしませんでしたからね。隠し事である以上、すべてを自分で抱えて自分で解決するしかないのです。

その点、パートナーと何でも共有できるポリアモリーは素晴らしいものだと感じましたね。

「嫉妬」は7つの大罪のなかにも入っているように、一般的には「みっともない感情」だとされています。しかし、ポリアモリストは嫉妬を排除するのではなく、うまく付き合おうとするのだそうです。

  • 「わたしは嫉妬を感じるほどこの人を愛しているのか」
  • 「もっと心を開いて話し合いが必要なのではないか」
  • 「自分はこれからも、本当にこの人とうまくやっていけるのか」

と、自問するきっかけにしたり、関係性を見直すきっかけにしたりするんだとか。ポリアモリストは真面目で誠実な人が多いのもうなずける話です。

結婚したら他人を愛してはいけない……それっておかしくない?

ポリアモリストになったきっかけとして、結婚制度そのものについて違和感を覚える人も多いんだそうです。

「結婚をしたら、その人以外を愛してしまえば罪になる」

たしかに、冷静に考えてみたらおかしな話です。人が人を愛する気持ちは、尊くて素晴らしいものだと思います。それなのに、結婚という制度のせいで、その気持ちが制限されてしまうのはおかしいのでは? と考えるわけですね。

これについてはわたしも強く同意しますね。男が35億人いるように、女だって35億人いるのです。その中から1人だけしか愛してはいけないなんて、おかしな話だと思いませんか?

真剣な気持ちで複数人の人を愛してしまうことは決しておかしなことではありません。もし2人の女性を同時に愛してしまった場合、どちらか1人だけを選べというのは酷な話ですよね。そして、このシチュエーションはさほど珍しいものではないと思います。

しかし、今の一般社会においては1人を選ぶことしか許されていません。日本政府が一夫一婦制を採る以上、複数人を同時に愛することは不貞行為とされてしまうのですから。

そんな制度に疑問を持った人たちが、ポリアモリーを選択しているのです。きちんと全員の合意をとった上での関係であれば、不貞行為にはあたりませんからね。

そもそも、愛のかたちまで「これ以外はダメ」と決めつけられるのもおかしな話なのです。100人いたら100つの愛のかたちがあるはずなのですから。誠実で真剣な気持ちであれば、複数人を愛することのなにが悪いのでしょうか?

ポリアモリストを探すには出会い系がうってつけ

わたしはすでに妻帯者となってしまいましたので、今からこのポリアモリストになることはなかなか難しいです。もっと昔にこの概念を知っていれば、ポリアモリーを選択していたかもしれません。

しかし、「よし! 今から俺はポリアモリストになろう!」と考えたところで、いきなりなれるわけではありません。

ポリアモリーを満喫するためには、同じポリアモリストのパートナーが複数人必要になってくるのです。ただでさえマイナーな存在なのですから、普通の生活をおくっていればまず出会えることはありません。

そこで活用したいのが、出会い系なのです。

プロフィールに「ポリアモリー」や「ポリアモリスト」という言葉を入れておけば、同じ考えの人があなたに声をかけてくれるかもしれません。

あるいは、あなたのほうから同じように探してみるのもいいでしょう。色んな人が色んな理由で登録している出会い系は、まさにポリアモリストの聖地とも言える場所なのですから。

40代熟女は余っている

晩婚の一般化、少子高齢化社会の到来など、よのなかの変化は出会い系サイトにも変化をもたらしています。

出会い系サイトの主役は今や、若年層から中高年にシフトしているんです。

90年代の初頭には、200万人からいた18歳人口ですが、現在では100万人まで激減して来ているわけですから、40才代の人口の多さから言っても、中高年シフトは自然な流れです。

思えば同世代人口の多さは、生存競争の激化をもたらして来ました。事実、受験でも、就職でも、今の40代は受難の世代でした。

しかし、苦あれば楽あり、そうした厳しい競争をくぐいぬけてきた結果として、女のとりあいとも言える出会い系サイトにおいて、タフに振舞える原動力が生み出されているといえないでしょうか。

国が75歳現役社会構想を検討し始めた今、40代は枯れる年ではありません。花開く年代です。出会い系サイトで、大輪の花を咲かせようではありませんか。

浦島太郎でも気後れする必要は全くなし

現代の40代は20代の頃すでに、出会い系やライブチャットを経験している世代ですね。

しかし、その後家庭を持ったり仕事に忙殺されたりしているうち、長らく出会い系とはご無沙汰状態になった人も多いと思います。

そうなるとすっかり浦島太郎みたいな気分になったりしますね。

この年で出会い系に登録したところで、誰にも相手にしてもらえないだろうとか、それどころか浮いちゃうだけだろうと、つい勝手に思ってしまうかもしれません。

むしろ、40代になって初めて出会い系利用を考え出した人の方が先入観がない分、すんなり登録をしているのかもしれません。

結論から言って、今の出会い系サイトは40代でも、気後れする必要など全くありません。

男の40代は、若い子から同世代の熟女、さらには完熟女まで、あらゆる年代の女性と知り合えるゴールデンエイジです。

若い頃よりむしろ、守備範囲が広がった分、チャンスも豊富に転がっているのです。これを拾わない手はありません。浦島太郎などとぼやいていてはもったいありません。

数字上は50代から女が余り出す

自然は、種を保存させるために、男を多めに誕生させようとします。男は戦闘員としての役回りがあるからです。

ところが現在の日本のように、戦争とも飢饉とも無縁で平和な国家では、どうしても男が余り気味になるのは仕方ありません。

それで数の上から言って、「結婚しない男」ならぬ、したくても「結婚できない男」が多数輩出される仕組みになっていることは、周知の事実です。

ただし、女性の平均寿命が男を引き離して伸びた結果、ある年代を境に男女比は逆転します。

数の上で男女比が逆転するのは50代からです。

50代以降になると、男は同世代の女性の数より少なくなります。それまではあらゆる年代で女性よりも男の数が優っています。

戦争も飢饉もない国で、こうした逆転現象が起きるのは言うまでも無く、50を過ぎると男は死にやすくなるからです。

比較の問題で女より男がこの年代から死にやすくなる理由としては、生活のために稼ぐ役回りを男が担わされていることと、社会で受けるストレスが考えられます。

なんにせよ男が相対的に減る結果、50代の女は余り気味になりますので、出会い系サイト的には食べやすい年代ということになるわけです。

実際は40代から女が余り出す

数字の上で女が余り出すのは50代ですが、男は50代を迎えてからいきなり死ぬわけではありません。

家族を養うために男の上にかかる重圧がストレスになると、複雑な病気にも見舞われやすくなりがちです。

男は40代くらいから身体を壊して満足に働けない人も出てきます。そこまでいかなくても、とても夜の生活までは力が及ばない状態に陥っている男は少なくありません。少なくないどころか相当数存在します。

40代は数の上でまだ男の方が多い年代に見えるだけで、事実上機能する男の数で見れば、もはやこの年代からは女が余り出すのです。

そして、旦那がいるというだけで役に立たなければ、女は外に男を求めるしかありません。

肉は腐る前が一番美味しいといいますが、女も同様に上がる前には独自のいやらしさを見せて、熟女好きにはたまらないものがあります。

しかも、重圧やストレスに負けて身体を壊すような男は、社会の中でまともに生きてきた証ともいえますから、そういう人の奥さんはそれだけ女としてのレベルが高い場合が多いですね。

これが、出会い系サイトに驚くほどレベルの高い人妻がいる、ひとつのゆえんです。

ありがたいことに、彼女達は精神的な浮気は求めていません。旦那を裏切っているという意識もさほどないんです。

旦那が嫌いなわけではない、でも仕方がない、わたしだって楽しまなくちゃ、と言うんです。

あくまで満たされない性生活が肉食的浮気を希求させているだけですから、彼女達にプラトニックな心情を抱くことは逆にご法度です。

精神的にはビジネスライクに接し、肉体的には熱く抱いてあげることが、彼女達との関係を良好なものにします。相性次第でセフレも視野です。

バブル体験が出会い系登録を後押ししている40代

旦那が社会的地位を上げたことで仕事の重圧が増し、ストレスからセックスレスに陥り、人妻が出会い系サイトに登録をするプロセスは先に見ましたが、それに加えてこの年代の人妻に特有の事情も見逃すことが出来ません。

それは、現在の40代の人妻達は、20代の頃にバブルを経験していることです。

今や死語になっているかもしれませんが、 高学歴、高身長、高収入のいわゆる3Kなる三拍子揃った男でなくては、相手じゃないみたいな時代がありました。

低成長下の今からは信じられないような条件ですが、当時はそれがいい女と付き合うには、最低条件のように言われても誰も疑わなかったのです。

それだけに、ボディコンスーツをユニホームのように着こなし、夜毎盛り場に繰り出せば、簡単に3K相手を見つけられたバブル世代がひとたびセックスレスに陥ろうものなら、たちどころに昔の遊びを思い返したとしても不思議ではありません。

しかし、いくら子育てを終えた年代だからといって、今さら身体の線を強調したタイトな服装をして街に繰り出すことはさすがに出来ません。

そこで、お手軽に登録出来る媒体として、彼女達は出会い系サイトに目を向けて来るわけです。

出会い系での体験は、彼女達にとって十分刺激的です。家庭に入ってから長らく忘れていた、男から声がかかるという体験は、それだけでバブルの頃を思い出させてくれるからです。

セックスレスが絡んでいるだけに、この年代の人妻が出会い系にのめりこむのに時間はかかりません。一気に落ちていきます。

やれる条件は揃っているが競争はある

40代といえば女の身体はまだまだやりたい盛りなのに、旦那からやってもらえない人妻が、自分から出会い系に登録をして来ていて、しかもその数は女が余るほど多いとなれば、いかようにも出来そうに思えます。

実際に出来るのですが、ただここで注意しなくてはならないことがいくつかあります。

まず、40代を迎えている人妻たちは、バブルの頃に遊びまくった世代ではあっても、今では子育てを終えてしたたかさも身に付けた、熟年世代だということです。

セックスレスで前のめりになっていますから、メールのやり取りくらいは簡単に応じてくれるのですが、いざ会う段階では二股三股、さてはそれ以上の男と秤にかけているなんてケースはザラです。

ですから、相手は所詮人妻だからといった、イージーな気持ちで取り扱うと、とんでもないどんでん返しを食らう危険性もありますので、人妻であっても入念に対峙する必要があります。

どんな相手にも、競争相手がいることは、忘れてはいけないということですね。

それともうひとつは、出会い系にいる人妻の気は移りやすいということです。何かの拍子で簡単に態度を変えて来ます。

ただしそれも、こちらがあまりにあけすけな態度を取ったときに心のうちを見透かされ、それで意趣返しを食らわされたりすることが多いように感じますので、やはり対処法としては入念に対峙する事だと思います。

それさえ守れば、だいたい出会い系にいる人妻とは、首尾よくホテルへ行くことが出来ます。たとえ相手がかつて3Kを求めて、実際にそれを手に入れた高飛車な女であれ、事情は変りません。

むしろ、そうしたかつてモテていた人妻ほど、セックスレスという状況に耐えられませんので、バブル期を体験した女の質はかなり高いのも特徴です。

そして、相手がいかにレベルの高い女であれ、余っている女達を食べてあげるわけですから、本来食べられないわけがありません。ただし、繰り返しになりますが、それでも競争があることは、肝に銘じておいてください。

初めゆっくりだんだん強く

最後に、こうした3K女の扱いについて多少ふれておきますので参考にしてください。

リバビリの要諦はすべからく、初めはゆっくりそっと手を触れ、後にだんだんとその力を強めていくことです。

セックスレス状態にある人妻の心と体は、言ってみればリハビリが必要な怪我人みたいなものです。

若い頃はバブルでチヤホヤされてきているだけに、セックスレスなんてのには耐えられないわけですね。

旦那には事情があるにしても、セックスレスという現実に、心が相応に傷ついているから、癒しを求めて出会い系に登録しているのだともいえます。

セックスレス状態の人妻はすべからく、自分は女として終わっているのではないか、男から見て女としての魅力に欠けるのではないか、という傷を抱えています。

こうした人妻に対するメールでの癒し方はまず、あなたは女として終わっているわけではありませんよと囁いて上げることに尽きます。そして、何より求めてあげることです。

この求められているという感覚が、人妻を癒し、酔わせます。

あなたが欲しいという気持ちを折に触れ繰り返し繰り返し伝えていきます。

次に性感帯などをそれとなく聞き出し、つぼを押さえます。

ここまで来たら、後はひたすら攻めれば必ずうまく行きます。

これだけのことでレベルの高い人妻を食べられるのも、大手出会い系サイトでは、40代の熟女が余っているからに他なりません。

出会い系で彼氏を探す普通の主婦の心理を知れば出会い系攻略は簡単になる

主婦たちの男をあさる欲情がいかにすさまじいものか。ふだんは出会い系サイトに出入りしたことのない、真面目な男性には想像もつかないない状況が今、そこかしこで起きています。

若い頃に出会い系で遊んだ世代が30代もなかばに差しかかり、ちょうど子育てを終えた今、再び出会い系に戻って来て遊んでいるのだろうな、なんて単純な考えかたでは理解できないような主婦たちが出会い系にドッと流れこんでいるのです。

何が普通の主婦を出会い系に走らせるのでしょうか?

出会い系で彼氏を探す普通の主婦の心理を知れば出会い系攻略は簡単になるのです。

彼氏のいる主婦は嫉妬されている

とにかく女同士の友達関係はうすっぺらく、同性の女に抱く嫉妬が強いことはよく知られています。

ましてそれが主婦仲間ともなると、環境や境遇が似ているだけに、嫉妬心も尋常ではありません。

極論すれば、エリザベス女王がどれだけ高価なブランド品を身に付けていても、主婦が女王に嫉妬することはありません。スターが身につけている衣装にたいしても同様です。あまりに身分や環境が違いすぎると、口うるさい女たちといえども、嫉妬心など抱き得ないからです。

女に嫉妬が起きるのは、身近で親しい間柄にありながら、相手が自分にないものを所有したり、同性として羨望を禁じ得ないような体験をしている場合です。

同じような家に住み、同じような生活水準の主婦友が、少しでもいい服を着ると、女の嫉妬心にメラメラと火が点ります。

そして、現在の主婦仲間において嫉妬の対象は、高級車やマンション、ブランド品ばかりではありません。

一番の嫉妬の対象は、なんと彼氏なのです。

旦那がいながら彼氏を持つことは、普通の観念では不倫や浮気を意味しますから、よほど親しい間柄でもおいそれと会話に載せられることではありませんでした。

ところが、今の主婦友の間では全く状況が異なり、彼氏がいることは同性間の自慢になっているのです。

主婦が彼氏を持つのは当たり前、そうした状況だから、彼氏持ちの主婦が嫉妬されているわけです。

普通の主婦が出会い系で彼氏を探す

芸能人のスキャンダルではなく、ごく身近な主婦友に彼氏自慢をされれば、されたほうの主婦はくやしさがつのります。

また、彼氏にまつわる話が主婦仲間の主要なテーマになっている以上、会話から外れないためにも彼氏が欲しいと思うのも心情です。

かといって、主婦の限られた交際範囲の中で彼氏を探すのは、リスクが高すぎます。

いくら主婦仲間の間で彼氏の話がおおっぴらであるからといって、旦那や近所に浮気がバレることは、主婦にとってはあり得ないことに変わりはありません。

現に彼氏を持っている主婦にしても、家庭を壊す気などサラサラないことを、主婦仲間は共有しています。

そうしたシチュエーションのもとで、彼氏の欲しい主婦が出会い系サイトに登録をしてくるのです。

現在、普通の主婦が出会い系に大量に流れ込んできている、ひとつの大きな要因になっているのが、主婦達の間にある彼氏作りブームなのです。

ブームは同時にストレスを生んでいる

彼氏を持つ主婦が主婦仲間の間では優位にあり、嫉妬の対象である現状は先に見てきました。

それでは、そうした状況で、彼氏のいない主婦が、彼氏を得るために出会い系サイトに登録をして、男性会員に何を望むかと言えば、もちろん彼氏になって欲しいわけですが、いきなり彼氏が出来るわけでもありません。

ここで、彼氏のいない主婦には、主婦仲間との関係において、彼氏ブームがストレスになっている面があることを見逃してはなりません。

女は嫉妬心が強いばかりか、プライドの強い生き物ですから、主婦仲間との付き合いでも容易に本音は出さず、出せないがゆえにストレスを溜め込んでいたりします。

そうした複雑な心理状況が、出会い系サイトにおいて彼氏を探しながらも、主婦仲間にはいえない愚痴や悩みを聞いて欲しいという気持ちを増幅させているのです。

結局主婦が欲しがっているのは話の聞き役

主婦仲間の間で彼氏がいることを自慢したいくらいの主婦であれば、さぞかしハードルが高いと思われるかもしれませんが、先にも見たように、主婦が本当に欲しがっているのは、愚痴や悩みを聞いてくれる相手です。

出会い系にいるわけですから、それも同性ではなく、異性である男性に聞いて欲しいわけです。

ですから、とにかくそうした主婦には話を聞いてあげることに尽きます。そして、聞いてあげるうちに、自然と信頼関係が出来て行きます。

結局は、ブームに動かされながらも、自分の生活に欠けているものを欲するのが人間です。

事情はどうであれ、今の出会い系サイトは普通の主婦をゲットするのに、またとない状況にあることは間違いありません。

女はみんな話し好き

人妻を効果的に攻略するには、最近の住環境なんかも含めて、人妻のおかれている状況から理解していく必要があります。

「出会い系サイトを利用するくらいの人妻なんかセックスが好きに決まっているじゃないか!」と男としてはつい考えがちです。間違いではないのですが、やはり人妻も人間ですから、それだけでもないんですね。

最終的にはもちろんセックスにいたるわけですが、そのプロセスでは、セックス以外の要素も絡んできます。とりわけ住環境から受ける影響は少なくありません。

そのあたりを押さえておくと、人妻攻略もしやすくなるというものです。人妻が出会い系に入ってくる典型的なルートを考察して、セックスに結び付けていきます。

脳の作りと関係があるそうですが、女は感じたままを口にしたがる生き物ですから、みんな話が好きです。

「誰かと話をしていたいという女の欲求」は、男にはやや理解できないほど強いものがありますので、これをまず知っておく必要があります。

女にとっては、よほど嫌いな相手でもない限り、自分の話し相手になってくれる人がいい人で、逆に話し相手になってもらえなければ、いくらイケメンでもいけ好かない奴だとなるわけです。

それで上手いこと、話を聞いてくれる人が周囲にいればさほど問題が出ないわけですが、近所に気の合う話し相手がいなかったり、いてもなかなか顔を合わせられないような状況が続くと、女は途端に精神に変調を来たしたりするわけですね。

人妻には身近に旦那という存在がいるわけですが、結婚して何年も経つと会話も途切れがちになり、子供もあるていど成長すると親と話をしたがらなくなります。

周囲に話し相手がなく、暇を持て余した状況が、人妻を出会い系サイトに登録させるケースは、意外に多いものなのです。

話をしたくて普通の主婦が登録している

ごく普通の主婦をしている人妻が、退屈しのぎに話がしてみたくて出会い系サイトに登録をしたりします。同時に、出会い系サイトですから、エッチがつきものであることも理解しています。当然期待はあります。

週刊誌などでは、現在のネット出会いの中心はSNSが主流になっていて、すでに出会い系サイトには普通の主婦はおらず、援助交際目的のセミプロ化した人妻か援デリ業者が巣くっているだけだと断じたりされますが、実情は違います。

プロやセミプロの女性に興味の無い人にとっては、話がしたくて登録をするような普通の主婦こそがお手合わせを願いたい相手になりますから、普通の人妻が登録しやすいようにソフト化して来た現在の出会い系サイトは、願ったり叶ったりの状況にあるといえますね。

だから話の聞き役に回ると喜ばれる

出会い系で人妻・熟女を相手にする場合、特にこちらから話を振らなくても、相手の話を聞いてあげるだけで充分だ、という人妻攻略サイトでは嫌というほど繰り返されている指南は、的を射ていると言わざるをえません。

繰り返しになりますが、それほど女というものは話が好きであり、逆に言えば話の出来ない状況は死ぬほど耐え難いものなのです。

現在、東京や郊外では、街のいたるところでマンションの建設が進められています。

大規模なマンションやタワーマンションでは、ジムやプール、ラウンジなど住民同士が知り合えるコミュニティ施設を併設したりしていますが、ほとんどのマンションは集会室を設けた程度で、入居した住民同士が知り合う機会はほとんどありません。

そうしたマンションに住んで、旦那を送り出した後、人妻が一人で過ごすコンクリートの箱は、当初こそ自由を保証された快適な空間に思えても、すぐに物足りなさを覚えるであろうことは想像に難くありません。

なにしろ、一日誰とも話さないで過ごすことは、女にとって拷問に近いわけですから、快適なコンクリートの箱は、たちどころに監獄に早変わりです。

ということは、現在のマンションラッシュは、そうした話をしたくても出来ないでいる人妻を次々に生み出してくれる、ありがたい機会だととらえることが出来ると言えます。

実際、出会い系サイトを利用している人妻のを住居別に見ますと、マンション住まいが戸建住まいを圧倒的に凌いでいます。必然的に、核家族の割合も高まりますから、不倫しやすい環境が揃っているとも言えるわけですね。

出会い系サイトの側では、たいして宣伝をしなくても、人妻の方から出会い系に登録する環境がどんどん出来ています。

この人妻達の相手をするのに話術は要りません。ただ、黙って話を聞いてあげればいいのです。これほど楽なこともないですね。

街の中のワンルームマンションは、一階に入居しているコンビニエンスストアを冷蔵庫や食品庫の代わりに使うことで、狭い居住空間での生活を可能にしている面があります。

同様に、希薄になりがちなマンション内のコミュニティとは、まるで異質なコミュニティを出会い系サイトで確保することで、都心や郊外のファミリーマンションに住む人妻達の生活が成り立っている面もあるのではないでしょうか。

街の中で、次々と建ち上がって行くマンションを見て、竿をしならせるようになると、かなりの出会い系サイト通といえますね。

出会い系にいる人妻は自分の存在を証明したい

「存在の耐えられない軽さ」という映画がありました。

子育てを終えた主婦は例外なく、一度は自分の存在の軽さに思いをはせ、人知れず悩みを持ったりするようです。子供が小さいころは育児がものすごくたいへんだからそんなことは考えません。育児期間は、大変ではあるけれど、母親として人生の充実期でもあったわけです。

それが終わって、子供に手がかからなくなることは嬉しい反面、それまでの充実した生活にふと隙間が出来てしまうことでもあり、その隙間を何か別のもので埋められないと、自分の存在が軽いものに思われて来たりするわけです。

しかも、子育てが終わる適齢期である30代半ばは年齢的に、女としてもっとも美しさが出て来ると同時に、性欲も高まりを見せる時期にもあたります。ところが旦那とはすでに倦怠期であり、旦那が年上だと年齢的に減退期を迎えている頃になります。

そうしたさまざまなことが重なり合ってこの年代は、女性を惑わせる時期でもあります。そうした惑いが、出会い系サイトへの登録へつながるのです。

その関係を知って、一番美しいこの年代の女性を口説くことを考えます。

自分の存在を確かめたくて出会い系に登録する

家庭の中にあって、自分の存在を軽く感じるのは何も、子育てが終了したからだけではありません。

それと同等かそれ以上に大きいのは、旦那との関係です。セックスレスによって女としてのプライドも保ちにくくなっているときに、母親としての役回りが一段落して、一気に自分の存在に疑問を持ち出すわけですね。

母親としても、女としても、自分の存在を軽く感じたとき、ふと頭をもたげるのが、家の外で自分がどう見られるかです。

というよりも、家の中での自分のあり方に存在の軽さを見出してしまった以上、自分のことを気にかけてくれる視線は、もはや家の外に求めるしかありません。

しかし、いかに不倫や浮気にまつわる世の中の風潮が乱れて来ているといっても、自分の家庭を壊すことなど毛頭考えません。

たとえ周囲に懇意にしている異性がいるとしても、人妻はおいそれとその男性に視線の意味など確かめられません。近所での浮気は危険すぎるからです。

存在の軽さに悩む人妻が出会い系に登録するのは、安全を担保した上で、自分の存在を証明したいがゆえです。

挨拶だけでも嬉しい

自分の存在の軽さに悩んで出会い系サイトに登録して来た人妻にとっては、毎日挨拶のようなメールが来るだけでも嬉しいものです。

出会い系ではまだ、女性が少数派なので、登録をするだけで男性会員から大量のメールが来てしまい、読むのも面倒な状態になるので、ありきたりのメールなど送っても無駄だと言われたりします。

しかし挨拶であれ、毎日複数のメールが押し寄せる状況は、それだけ自分の存在に対するプライドの回復につながります。ですから、メールを送ることは決して無駄というわけではないのです。

こうした女性にとっては、何もしないこと、つまりスルーすることが一番うまくないわけですから、挨拶だけでもしておくことは決して無駄にはなりません。ですから、気になったら、どんどんメールを送ることです。

悩みを聞いてあげる

挨拶のメールの後は、ありきたりになりますが、悩みを聞いてあげることです。人間は、話を聞いてもらえることで、自分の存在が確かめられるようになります。端的には安心が出来、安定してきます。

そうして徐々に自信の回復が出来てきたら、少しずつ話題を旦那にまつわることに振ってみます。

そこで人妻の方から旦那の悪口を切りだしてきたら、おおいに脈があると判断して差しつかえありません。

そもそも、浮気や不倫に踏みだすことを考えている女性に共通の話題は、旦那の悪口だからです。

まして、自分の存在の軽さの根源とも言えるセックスレス状態を作っている旦那に対して、人妻が良く言うわけがありません。もう反応は見えているようなものなのですが、念のために確かめておきます。

女として扱われることが人妻の存在を証明する

旦那と夜の生活のないことを確認したら、人妻に女としての自信を回復させることに腐心します。ここが一番のポイントですから、焦らずにじっくりと取り組みます。

恋愛や性の快楽には、せつな的であれ、悩みや苦痛を忘れさせてくれる効用があります。

存在の軽さに悩む人妻が、女としての扱いを受けることは、実際にまだセックスはしていなくても、もはやそれだけで充分、女としての自信を回復させられるようになるものです。

ここまでくれば、家庭内での退屈な日常生活のことは忘れて、非日常に新たな生きがいを見出せるようになります。

こうして自分の存在の軽さから逃れられるようになったら、それをしてくれたあなたは、人妻にとってかけがえのない恩人となるわけですから、会うのは造作ないことです。

ファーストデートが、そのままベッドインになっても、違和感はどこにもありません。

出会い系の人妻には必ず冒険心がある

人妻によって求める冒険のレベルはまちまちです。

メルトモで十分な人妻もいれば、キスフレまで、キスフレならソフレまで、やるからにはやはりセフレでなければと、いろいろな段階があります。

求める冒険の段階はともあれ、そこに共通しているのは、夫ある身でありながら、それでも冒険がしてみたいという気持ちです。

射幸心というと男の専売特許のように思われるかも知れませんが、実は女性にも強く根付いているものなのですね。

主婦という冒険心を満たしにくい環境にいればいるほど冒険心は頭をもたげてきます。

とりわけ出会い系に登録している人妻には間違いなく冒険心があります。

出会いは運であるとか、チャンスは前髪でつかめと言われたりします。

こと出会い系では、相手が欲しがっている時、欲しがっているものをいち早く見抜き、テンポよく差し出して上げれば、出会いは成立します。

冒険心に素早く応えてあげさえすれば、出会い系の人妻はわけなく入れ食い状態になります。

出会い系で女の身体目的で遊んでいたつもりが、ひょんなことから相手が本気モードになって困ったなんてことも、一再ならずおありだと思います。

相手が独身女なんかだと本当に往生することもありますが、人妻はそういうときでも便利ですね。

夫ある身でありながら……、は人妻にとって最大の泣き所であり負い目ですから、万が一人妻が本気モードになって、処置に困っても、「夫ある身なんだから」とたしなめることができるからです。

これを言われると、たいていの人妻はしょぼんとしながら黙ってしまいます。黙るしかありませんからね。可哀相ではあるのですが、まぁ遊びですから仕方ありません。

この負い目があるから、人妻との出会いには隠微さがともない、他では得ることのできない快感をえられますから、不倫はやめられません。

夫ある身の冒険者ほど、美味しい獲物はありません。

そして、出会い系サイトに登録したとき、人妻はすでに夫ある身の冒険者なのです。

中出し妻は相性のいい相手を探している

出会い系サイトにいる人妻は、「セックスなんて、いつでも出来るよ」と、こともなげに言ったりします。

出会い系で男と知り合う機会が多いから、そうした投げやりな言い方をするのかといえば、必ずしもそうではなく、セックスで快感を得ることを、半ば諦めての発言と見た方が適当です。

そういう人妻は、すでに旦那をセックスパートナーとしては、見限っていることが多いですね。初婚同士で現在の旦那と一緒になった場合、セックスの相性まで見極めてからの結婚は稀ですから、いざ相性が悪いと性生活から満足は得にくいわけです。

満たされない現実の夫婦生活を、それはそれとしてこなしつつ、出会い系サイトで好みの男(男根)を探し、旦那からは得られないセックスの快感を追い求めている人妻は、決して少数派ではありません。

出会い系サイトにいるということは、まだ最適なセックスパートナーが見つかっていないからでもあるわけですから、そうした人妻がいたら、相性がいいかどうかを試すことが簡単に出来ます。

相性が合えばセフレにもってこいですし、合わなければ後腐れなく終わるだけです。

そして、そういう人妻の特徴として、中出しをさせてくれることが挙げられます。それだけに、男としては確実に射精出来ることが出会いの条件になります。

中出しでなければセックスした気になれない人は、真剣にセックスパートナーを探している、欲求不満系の人妻を探すと便利です。

そんな便利な人妻がいるなら、ぜひ欲しいとお考えなら、迷わず大手出会い系サイトに登録をすることです。大手なら、そうした人妻を探すこともいたって簡単だからです。

中出し妻の探し方

「毎日、検温している人妻さんのみ集合!」

これで募集を掛けて下さい。検温は言うまでもなく、毎月の生理日と共に、安全日を探る上で基本中の基本となる習慣ですから、検温をきちんとしていれば、中出しに備えていることを意味します。

何故、旦那との性生活で満足していない人妻が、中出しにこだわるのかといえば、旦那の射精力では、子宮が疼かないので、力強い射精力で、子宮に精子をぶち当てて欲しいという、単刀直入な欲求があるからです。

また、サイズ的には、亀頭が子宮口まで届くことをはっきりと求めてきます。中出しには、男の迸りを子宮で感じたい、スペルマを子宮で受け止めたいという、女の切なる願いが込められているのです。

自分より背の低い人妻を探す

実際の夫婦では、旦那の方が女房よりも小柄な場合も存在しますが、出会い系サイトの組み合わせでは、それはあまりないのではないかと思われます。

諸説ありますが、一般的に身長とペニスの大きさは比例するからです。他にも鼻の大きさや手の大きさとの関係性が言われたりすることもありますから、女性はそうした部分も見ますが、まずは端的に身長をチェックします。

ここでも出会い系サイトが優れているのは、プロフに写真を載せるかどうかはともかく、相手の身長は会うことなく分かることです。中出し志向の人妻は、まずプロフの身長を見ます。

人妻が自分の器にフィットするペニスを求めている以上、大は小を兼ねても、その逆では役に立ちません。したがって、自分より身長が大きい人妻は、プロフを見て避ける方が無難ですし、人妻の方でも自分より小柄な男は求めないと思います。

人妻にはセックスカウンセラーたれ

検温で中出し志向が確認できたら、あとは性感帯のチェックなど、会ってベッドを共にする前に、出来るだけ人妻の身体に関する情報をたくさん集めることに注力します。

あたかもセックスカウンセラーの如く、問診?を入念に行うことは、それだけ事前に相性の良し悪しをつかもうとしている人なんだなという印象を人妻に与えますので、ちょっとスケベなくらいがちょうどいいのです。

また、経験豊富な人妻かられば、事前に身体のチェックを済ませてもらうことで、より期待感を膨らませることが出来ます。メール段階では何によらず、期待感を相手に持たせることが非常に大事ですから、中出し妻でもそれは同じなのです。

それが中出し妻の場合、的確なペニスのサイズを教えてあげる方が、甘い言葉を投げ掛けるよりも、親切になるんです。相手は、相性の悪いセックスでは、会っても時間の無駄だと考えているわけですからね。

それでもスキン装着が基本

中出し妻とやるのにスキン装着は矛盾もいいところですが現在、にわかに梅毒が流行り出しているという怖い情報があります。

女の身体は洗えば新しくなるので、今までに旦那を含めて何人の男と寝て来たかは、それほど気にする話ではないと思うのですが、性病となると話が違ってきます。

性交する相手が多ければ、それだけ病気を移される危険性も高まりますから、やはりそうしたリスクをヘッジするにもスキンは必須です。

それで中出し妻でも、まずはスキンをして相性を確かめ、相性が合い、問題がなさそうであれば、そこで初めて中出しに踏み切るくらいの慎重さは持った方がいいかもしれません。

また、そうした配慮を見せることは、中出し妻の心象を悪くすることにはならないどころか、むしろ中出し妻も自分のことを考えてくれてのことだととらえ、好意的に受け取ってもらえます。

そうして相性が確認され、性病の問題もないと判断されたあとは、安全日に会うことで思い切り中出しが出来る、素晴らしいセフレ関係に発展させることも可能です。

出会い系サイトで増えている人妻を逃さない

出会い系サイトも成熟化が進むにつれ、かつての若い子中心の世代構成にも変化が現れています。

そうした中で、割合として確実に増えているのが人妻です。出会い系サイトによっては、すでに3割を超えています。

いかにして人妻の登録が増えてきたのかを考えてみますと、出会い系サイト側の宣伝の仕方とも関係があるように思えます。

かつてのティッシュ配りやイベント会場でのプロモーションなどに加えて最近では、ターミナル駅に広告を出すなど、出会い系サイトに対して、普通の主婦が安心感を持ちやすくなりました。

同時に、サイトの作りも見直され、以前のケバケバした印象から落ち着きのあるデザインにリニューアルされたりしています。

ユーザーの熟年化などを意識してのこうした取り組みが奏功して、人妻の登録獲得につながっているのかもしれません。

人妻・熟女とエッチがしてみたい、出来ればセフレにしたいと考えている人にとっては、願ってもない状況になってきたと言っても過言ではありません。

なにしろ、普通の主婦や人妻が、洗練されて来たといっても、出会い系サイトに登録してくるのです。

いかに表面はとっつきよく全連されていようと、出会い系サイトはやるためのサイトであることに違いありません。

そこに自ら登録してくるのですから、これはもう言葉には言い表せないくらいの凄い状況といえるのではないでしょうか。

大袈裟に言えば、人妻の性の解放を、出会い系サイトがお手伝いしているといってもいいかもしれません。

今までは自分の家庭内と近所など限られた範囲でしか異性との接触を持ち得なかった人妻が、出会い系サイトという不特定多数の男性会員と知り合える世界を見てしまいました・・・・・。

長らく出会い系サイトを使っているとつい忘れがちですが、誰しもが素敵な異性と出会いたいから登録をしています。これが登録の初源的な動機です。

とりわけ家庭という重しを持った人妻にとって、偶然にしろ登録を済ませた出会い系サイトに対しては、浮遊感に似た感覚を持つようです。

他に替え難い出会いへの可能性と期待感を抱いて登録しているわけです。この時期にある、つまり登録したばかりの人妻を、逃すべきではありませんね。

大手出会い系サイトの中から、サイトデザインにセンスが感じられ、女性でも登録しやすそうな雰囲気を持ったサイトを探せば、おあつらえむきにそうした人妻がたくさん登録しています。

もはやそれ以外のノウハウは特に要らないくらいのものです。とにかく、人妻とやりたければ、そうしたサイトを探してみてください。

人妻が惹かれる美点(チャームポイント)を用意しておく

出会い系サイトに登録した時点ですでに、人妻は落ちるための心の準備をしています。

もちろん、人妻のほうでは、いちおう男性を選んでいるというポーズを見せますが、実際には会うところまでもちこめたら絶対にヤらせてくれます。

男なら誰でもいいのです。

しかし、そこは人妻も女性ですから、一応落ちるために理由が必要になります。理由とは、出会い系サイトに登録はしているけれども、誰とでも寝るわけじゃないという言い訳をこじ開ける理由です。

あくまで出会い系で知り合った相手に惹かれたから、実際に会うことにしたのだと、思いたいものなのです。

ここを押さえてあげると、人妻は誘いに乗りやすくなります。

美点(チャームポイント)を用意する

難しいことはありません。冒頭述べましたように、人妻は落ちるために出会い系サイトに登録をしています。落ちたいのです。

問題は、落ちるためにはどうすればいいのかになります。単刀直入に、いきなりセックスをしましょうでは、落ちたいけど女心として落ちにくいわけです。

犬猫であればそれでもいいのですが、人妻の場合は人間ですから、相手も人間的であるほうが、落ちやすくなります。

人間的に何かしらのわかりやすい美点(チャームポイント)があればあるほど、そこを褒め上げ、そこに惹かれやすくなります。あるいは惹かれたという錯覚におちいります。したがって、美点(チャームポイント)を早くから見せて、人間的な人なのだと教えることが第一歩です。

答えは最初からあるわけですから、美点(チャームポイント)は何でもかまいません。

たとえば

  • カラオケが上手い
  • 手品の特技を持っている
  • 見た目がいい
  • スタイルがいい
  • 素敵なお店を知っている
  • オシャレ
  • お酒にくわしい

とか、なんでもいいんです。

しかし、何も無いのは困るんです。

ですから、何かひとつだけ、これはといえる美点(チャームポイント)を人妻に提示してください。そうすることで、人妻は「この人にはこういう美点(チャームポイント)があるから、わたしはこの人に会うんだ」と思う(錯覚する)ようになるのです。

美質は嘘でも問題ありません

カラオケが上手いから、カラオケルームで面接をすることになったとします。

では、実際にマイクを取って、カラオケが上手くないと人妻は騙されたといって帰ってしまうかというと、まずそうはなりません。

繰り返しになりますが、最初から答えがあるからです。落ちたい、この答えに行き着くためならなんだっていいわけです。

カラオケそのものを目的としていませんから、関係は十分に成立します。

同様に、手品が特技だといって感嘆させたのであっても、面接会場の喫茶店でトランプの扱いが多少ぎこちなくても、ハンカチから白い鳩を出せなくても問題ありません。

ただ、騙すにしても一生懸命やった方がいいと思います。

要するに、出会い系サイトに登録しているような人妻には普段、一生懸命騙そうとしてくれる男の存在が欠けているので、それをなんらかの方法でして見せれば、黙っていても落ちてくれるのです。

人妻出会いが簡単である理由と人妻の攻略法

出会い系で人妻と会えないようなら、出会い系をするのは止めたほうがいいです。

なぜなら、会うのがもっとも簡単な人妻と会えないようなら、他の誰とも会えないからです。

今なら始めたばかりの初心者でも簡単に出会えることでしょう。人妻は出会いにとても積極的ですから、黙っていても向こうから食いついてくれるのです。

出会い系の人妻は、熱帯魚におけるグッピーのような存在です。「グッピーに始まり、グッピーに終わる」という言葉をご存知でしょうか? グッピーは飼育がとても簡単で初心者の入門として最適でありながら、グッピーを極めようとすれば上級者になってもなお奥の深い存在として君臨し続けることを意味した言葉です。

人妻もまさに同じことが言えるでしょう。わたしもこれまでに十数人の人妻とお会いしてセックスをしてきましたが、まだまだ飽き足りませんし、もっともっとセックスしたい気持ちが今も収まりません。

グッピーを死なせてしまう人が他の熱帯魚を飼う資格が無いように、人妻とすら会えない人が女子大生やOLといったジャンルの女性と会える人はとても思えません。

それくらい、誰でも会える存在が人妻なのです。欲求不満の人妻はなりふり構ってられないですからね。メールアドレスやLINEの交換だって積極的にしてくれます。

そのまま人妻と会い続けて人妻をしゃぶり続けるのもよし、人妻で出会いやセックスのテクニックを磨いて、それを女子大生やOLとの出会いに活かして他のジャンルを開拓するもよし。

人妻との出会いから、あなたの出会い系ライフは始まるのです。

本日は人妻出会いが簡単である理由と人妻の攻略法をまとめてみました。

人妻出会いが簡単である理由と人妻の攻略法

出会い系サイトで相手探しをする場合、相手は画面の向こうにいますので、ストリートナンパのように、すぐに相手をゲットすることは出来ません。

相手によっては、出会いまでに相当長い期間、メールのお付き合いを要する場合もあります。それがまだるっこいばかりに、出会い系サイトでの相手探しを諦めてしまうのは、なんとももったいないことですね。

だって、時と場所に制約を受けるストリートナンパとは異なり、出会い系には無数の可能性が秘められているんです。

出会い系サイトは大きなサイトになればなるほど、一般女性が多く利用しています。書き込みの更新も早く、その中から1人をチェックし見つけ、メールを送っていると効率が悪いでしょう。また、男性は有料制です。出費もかさんでしまいます。

そこで会える確率が高い層にターゲットを絞るのです。中でもおすすめが、人妻熟女です。

相手が人妻なら、すぐに面接までこぎつけられることも珍しくありません。早く会えるという事は、それだけ出会いを安く済ませられるということです。

なぜ人妻熟女をターゲットとすると会える確率が上がるのか

わたしのような人妻熟女フェチからすると信じられないのですが、世間一般において人妻熟女はあまり人気がないのが実情なようです。

それを実証するデータとして、このようなグラフがあります。まずはこちらをご覧ください。

こちらは、女性側から見て「何歳の男性がもっとも魅力的に感じるか?」と質問をした際の答えです。

全体的な傾向として、ほぼすべての年代で自分の年齢からプラスマイナス5歳以内に収まっていることがわかります。20代前半は年上が好みであり、20代後半から40歳まではほぼ同年代。そして40代以降は自分よりも年下の男性に惹かれるようです。

ざっくりと言ってしまえば、自分と年が近い男性に魅力を感じていることになります。もちろん、これはあくまで平均ですので、極端な年上や年下が好きな女性も多くいることでしょう。

年上好き女性と年下好き女性のバランスがとれていて、結局平均値に収まっているのかもしれませんね。

では、これと同じ質問を男性にしてみた場合はどうなるでしょうか?男性側から見て「何歳の女性がもっとも魅力的に感じるか?」の答えがコチラです。

なんと、20歳から50歳までの男のほとんどが20歳の女の子を指名し、そのすべてが20代前半の女の子に収まっています! こんなん、笑ってしまいますよね(笑)

わかりきっていた結論かもしれませんが、こうしてデータとして示されるとなかなか衝撃的ですよね。なにせ50歳という、初老にさしかかりはじめた男性まで20歳の女の子がいいと言っているのです。

人妻熟女のボリュームゾーンである35歳前後なんてかすりもしません。もっとも高い年齢で24歳というおそろしさですからね。20代後半以降の女の子には価値がないと言っているようなものです。

もっとも、これは質問文にも問題があると思うのです。なにをもって「魅力的」とするのかが男女によって違いすぎるせいではないでしょうか?

女性は人間としての総合力を見る。一方の男性は……

おそらく、女性から見た「魅力的」というのは人間としての総合力のことだと思われます。そこには色んな要素が含まれることでしょう。

「ルックス」や「スタイル」といった外見から、「仕事」や「経済力」といった生活力、さらに「度量」や「優しさ」といった内面も関わってくるのだと思います。

そうなると、自然と自分と近い年代の男性が魅力的にうつるのだと思います。なんだかんだいって同年代はもっとも話しやすく、距離が近く感じますので、より間近で見ることが出来ます。すると、相手のことを素直に受け入れることができて、いろいろな部分が見えてくるのでしょう。

もうひとつの傾向として、男性として魅力的に見られるのは40歳がひとつのボーダーラインだということもわかりますね。30代後半から40代後半までの女性は、アラフォー男性がお好みのようです。あまりオジサンすぎる人は敬遠されてしまうのでしょうか?

40歳ともなれば不惑と呼ばれる年齢ですし、男としてひとつの完成を迎える時期なのかもしれませんね。仕事にも旺盛で、セックスにもエネルギッシュな40歳がもっともモテるのかもしれません。

一方で男性から見た「魅力的」というのは……セックス相手として魅力的かどうか、の一点に尽きているのでしょう。それしか考えていないんです(笑)

女は若ければ若いほどいい。そんな男たちの本音がこうして数値として表れてしまったのですね。年齢以外の興味といえば、おっぱいの大小くらいでしょう。

相手の仕事や内面の性格など、どうでもいいのです。ただセックスがしたいだけ! でもぶっちゃけそうですよね! わたしもセックスしたいですもん! セックス大好き!!

しかし、世の多くの男性は若い女性とセックスがしたいようです。これはわたしたち人妻熟女フェチには朗報以外のなにものでもありません。

わたしだって若い女性とのセックスは好きですが、それ以上に人妻熟女とのセックスが好きなんですよ。他の男達が若い女性にむらがっている横で、じっくりと人妻熟女を吟味して自分好みの美人でおっぱいが大きい人妻熟女を選ぶことが出来る。

なんでこんな美人が出会い系なんかしているんだろう? と思った人妻熟女ともたくさんセックスしてきたのですが、その理由がわかりました。実にもったいないことに、売れ残っていたのです。

こんなに美人でおっぱいも大きくてフェラも上手くてエロエロな人妻熟女が、ただ「年増」だからと見向きもされないのです。それなら、わたしたちがその売れ残りを美味しくいただきましょう!

人妻はいろんな意味で欲求不満!

掲示板を見ていると、人妻の割合は案外多いもので、中でも欲求不満の既婚者は多く存在します。そもそも出会い系サイトに登録をするくらいなのですから、満たされていない可能性が高いと言えますね。メール友達募集でも割りきったお付き合いでも既婚女性の方が断然落としやすいでしょう。

その理由は、セックスレスや夫婦間の不仲、子育て等のストレスなど結婚生活には我慢が付き物だからです。そういった不満などを発散すべく、出会い系サイトに登録しているのですから、女性のハードルはかなり低いでしょう。また、積極的な人妻も多いので狙いやすいのは一目瞭然です。

人妻が相手を欲しがるのは肉欲的な理由から

幸福な家庭はどこも似たり寄ったりなのに、不幸は不幸な家庭の数だけ存在する、とはロシアの文豪トルストイの見立てです。

ですから、人妻が出会い系サイトに登録する理由は、登録している人妻の数だけあるのは確かです。

文豪の見方を借りるまでも無く、人妻なのに出会い系サイトに登録している時点でそもそも、相手が欲しくて仕方がないことに疑いの余地はないといえます。

では何故、旦那がいながら相手が欲しいのかということになると、旦那の帰りが毎晩遅いであるとか、旦那が構ってくれないとか、女として見てもらえないとか、いろいろ言って来ます。

しかし、その根底には肉欲的な理由があるのが通例です。表向きの理由としては、人妻の数だけ千差万別な理由が並びますが、煎じ詰めればセックスがしたいだけなのです。

つまり、人妻が出会い系サイトに登録をするのは、性に飢えているからです。性欲は相手を見つけて満たすしかありません。

それだけに、あまり難しいことは考えていませんから、やれる相手なら誰でもいいとさえ言える面を持ちます。

ただ一点、相手に対する要望があるとすれば、それは相手も人妻を狙っているということです。だから、あなたは人妻狙いであることを露骨なかたちではなく、ほのめかさなければなりません。

この要件さえ満たしている人なら、ほぼ確実に出会い系サイトでは人妻と出会いセックスすることが出来ます。

しかも、まだるっこい話をくどくどする必要もなく、ファーストメールから3日もすれば簡単に会えるのが人妻のメリットです。

自由な時間が昼間など浮気に適している

人妻が高い確率で狙えるのにはもう一つ理由があります。それは、暇な時間が決まっている事が多いからです。専業主婦の女性なら、日中は完全に自由な時間になります。パート勤務の場合でも、シフトで時間の融通を利かせる事も可能です。何より時間が合わせやすく、子供が帰って来るまではフリーなのが事実です。

また、男性自身が営業職など、お昼に時間をあけることができるのであればより好都合と言えますね。欲求不満な女性が日中に暇を持て余していて、その時間に貴方自身が都合が合わせることができるのであれば、その間のメールのやりとりなどの手間も少なく済む上に確実に会うことができます。

人妻と言っても若い女性がかなり多い事実

人妻とひとくくりにしてしまっても、若い女性がかなり多いです。若いからこそ欲求不満になっているとも言えます。20代前半やもっと言ってしまえば、10代だっているでしょう。

若い既婚女性の場合、「独身気分が抜けていない」「自由の利かないストレス」などから浮気心が芽生える事も多いのです。もちろん、30代40代と言った子育てを終わった世代の女性も多いですが、人妻は苦手と食わず嫌いをしなくてもいいのではないでしょうか。若く後腐れない関係を保つ事ができるのであれば、既婚女性の方がしっかりルールを守ってくれるでしょう。

人妻でも最初からエッチな話は禁物

如何に話が早い人妻でも、のっけからエッチな話を差し向けられると、さすがに引いてしまいます。

たとえエッチが目的でも、最初は紳士的に真面目な台詞から入るのは、女性全般にあてはまる鉄則ですから、人妻も女性である以上、この鉄則には従う必要があります。

しかし、長々といつまでも社交辞令に付き合う必要がないのが、人妻の特徴です。逆に、そんな退屈なメールのやり取りを嫌がるのが人妻であるとさえいえます。

理由は先にも触れましたように、出会い系サイトにいる人妻はすべからく肉欲的だからです。

肉欲はメールでは満たせませんから、現実に一歩踏み出す必要を一番感じているのは人妻自身です。

したがって、紳士的なメールをいつまでも続けることなく、機を見て人妻を誘い込みます。

人妻のメールに秘められたお誘いモードを読み取る

先ほども書きましたように、相手が人妻でも女性ですから、いきなりエッチなメールは出せません。同じように、やることが目的で出会い系サイトに登録している人妻でも、あからさまに誘うことはしてきません。

しかし、出会い系サイトにいる人妻は、誘われたくてうずうずしているわけですから、それが端々に出てきます。

ただし、直接的な言葉ではなく、誘いを匂わせるような文言であることが多いといえます。

いつまでも紳士的モードでメールを続けるのではなく、機を見て誘い込むとは、ワードに秘められた人妻からのお誘いモードを、的確に読み取ってあげることに他なりません。

人妻とのメールはつながればほぼ出来ます

年上好みならば尚の事出会える可能性が上がる既婚女性、それだけではなく若い女性を狙っている方にも出会えるチャンスがあると言うことを考えて高確率な既婚女性を狙うのはアリだと思います。出会い系サイトだから出会うことのできる既婚女性は、狙い所としても落としやすくおすすめです。

人妻が誘いをかけてきたら、あとは自分の言葉で誘ってあげれば、目的のほとんどは達成されたも同じです。

所要時間は3日です。早ければ30分です。

相手が未婚の若い女の子だと、ここまでに一週間とか、さらに長い時間を要するなんてことも珍しくありませんが、人妻は目的がはっきりしていますから、メールさえつながれば、あとは早いんです。

会えばほぼ確実にやれる人妻は、出会い系サイト利用の醍醐味を、余すところなく味わうことが出来る、申し分のないターゲットです。

狩野英孝から学ぶ、不倫相手を惚れさせる男のテクニック

1狩野英孝という芸人さんをご存知でしょうか?バラエティ番組をあまりみない人だと知らないかもしれませんが、若い人たちの間ではかなり人気のある芸人さんです。そこそこの65点くらいのイケメン……そもそもイケメン?といった微妙なイケメン具合のルックスにも関わらず、自信満々に「ラーメン・つけ麺・わたしイケメン」と言い切る、その度胸とスベりっぷりで人気を博しました。

なぜこんなたいして知名度があるわけでもない芸人さんを取り上げたかというと……実はこの人、稀代の遊び人で「同時に6股をかけて女性と遊んでいた」ことが週刊誌やワイドショーで取り上げられ、狩野英孝の浮気がすごい!と話題になったのです。

加藤紗里“6股騒動”狩野英孝に怒り「引導渡す」

<「6股」騒動の流れ> ▼1月25日 川本がツイッターに「半年前から彼氏がいる。特定の人へのメッセージです。わたしの彼氏をとらないでください」などと投稿。

▼2月2日 一部で、川本の交際相手が狩野だと報じられる。

▼同日深夜 加藤がインスタグラムに「去年の12月からお互いの事務所公認の上で、狩野英孝さんとお付き合いさせていただいています」などと暴露。

(中略)

▼12日 「フライデー」で、22歳のモデルが「狩野さんは今もわたしを口説いています」などと告白。さらに前出の仙台在住の21歳OLも「(狩野は)セックスは常に避妊具をつけず、わたしの中で射精する。超オレ様でした」などと暴露した。

▼13日 朝日放送「正義のミカタ」に出演した芸能リポーターが、加藤が「慰謝料90万円欲しい」などと慰謝料請求を検討していると暴露。

▼14日 川本が公式サイトで狩野との破局を認める。

http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1604743.html

二股だけでもなかなかやれる人はいませんが、まさかの6股なのですからすごい男ですよね。それに、その相手もモデルさんが多かったりと美人のいい女をしっかり捕まえているわけです。中高年のかたには「平成の火野正平」といえばわかりやすいかもしれませんね。とにかくモテにモテているこの狩野英孝という男……一体なぜ、狩野英孝はモテるのでしょうか?

ルックスは悪いわけではありませんが、決して良いわけでもないですよね。普通のサラリーマンよりは収入があるでしょうが、芸能界の中では決して多いとはいえないでしょう。ルックスも年収もそこそこなのに、6股をできるほどモテるからにはきっと理由があるはずです。

浮気相手が語る、狩野英孝の魅力とは

6股というのは噂だけではなく本当だったようで、いろんな女性が名乗りを上げはじめて、暴露大会をはじめてしまっています(笑)話されたくないエピソードまでいろいろ暴露されてしまっていますが、それだけのことを実際にしてきたのですから文句も言えないですよね。むしろ6股を楽しんだ代償がそれくらいで済むのですから安いものといえるかもしれません。

狩野英孝の元不倫相手が暴露する“表と裏の顔”「王様みたいな人でした」

1月に勃発した狩野英孝(34)とモデル・加藤紗里(25)、歌手の川本真琴(42)らとの6股騒動から3か月。ほとぼりが冷めたと思いきや、ここにきて 元不倫相手で女優の濱松恵(33)が緊急参戦だ! 濱松は狩野が元妻と入籍した直後、密会不倫写真を写真誌に激写された張本人。密室での行動から“過激 メール”まで、知られざる狩野の表と裏の顔を暴露した――。

――どうしてこのタイミングで狩野の話を暴露しようと思った

濱松:売名と言われるかもしれないけど、あの狩野さんの騒動を見ていて、狩野さんがかわいそうだったから、元不倫相手としてひと言、言いたいと思ったんです。

――狩野と交際したきっかけは

濱松:11年の春に業界の飲み会で出会ったんです。テレビの印象ですごいキザな人かなって思ってたら、気遣いのできる英国紳士みたいな人でギャップにやられました。敬語で話しかけるし、イメージは良かった。

http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/535915/

とまあ、読んでるこっちが恥ずかしくなるくらいのリアルな暴露なのですが、参考になる部分も多いですよね。狩野英孝さんの芸風としては「ダメ男」というものがあり、実際こうして6股をしてさらにバレてしまっているのですからその通りのダメ男なのでしょう。でも、こういうダメ男好きの女性ってけっこう多いんですよね。「わたしが守ってあげなきゃ!」と思わせてしまうんだそうです。

中身の本質としてはダメ男そのものだけど、普段はそれを感じさせないしっかりと丁寧な人。というギャップがきっと女性を落としてしまうのでしょうね。また「メールでは過激でエッチなことばかり」というのも使えそうなテクニックです。出会い系はまずメールからはじまりますからね。そこで過激でエッチなことばかりを言うのは、常識で考えたら嫌われてしまいそうですし、実際嫌われることも多いでしょう(笑)

仮に10人に対して紳士的で真面目なメールを送った場合、おそらくその全員が嫌な印象をもたないでしょうし、どちらかといえば好意的な印象をもってくれるでしょう。しかし、それはあくまでも「人間としていい人そう」どまりなのです。「男としての興味」を持たれているかといえば、そうではないんですね。

「いい人そうだから返事はしてみよっかな」と思ってくれて返信率は高いかもしれませんが、そこから出会い……ましてやセックスに発展することまで視野に入れている女性はあまりいないでしょう。とりあえず返信だけをもらってそこから一気に攻める!という取っ掛かりとして、真面目で紳士的なメールを送る戦略ならアリだとは思いますが、出会い系のメールで徹頭徹尾、丁寧で紳士的なメールを送り続けたとしても女性からすればまったく物足りないのです。

出会い系に登録している女性なのですから、当然出会いを求めているわけですね。でも、「この人は丁寧なばかりで、男らしさを感じない……」と判断されてしまえば、そこで音信が途絶えてしまうことも多いのです。女性が結婚相手や恋人候補に求めるのは真面目で誠実な人かもしれませんが、不倫やセックス相手として求めるのに誠実さや真面目さは重要ではないのですから。

ましてや人妻であればなおさらでしょう。そもそも自身が不倫という不真面目で不誠実な行動をしようとしてるのですから、相手にだって不真面目で不誠実であってほしいのです。相手が真面目な常識人であればあるほど、自分が非常識人でアバズレであることを感じて罪悪感を覚えてしまいますからね。女性は自分が悪者になりたくない生き物なのですから、人妻との不倫をしたいのであればこちらが悪者になってあげればいいのです。

過激でエッチなメールをすることのメリット

おそらく、狩野英孝さんもテクニックとしてあえて過激でエッチなメールを送っているんだと思います。「こうするのが効率がいい」とこれまでの経験で身につけてきたのでしょう。6股をするほどモテる男性がしていることなんですから、それを真似すれば間違いありません。

単にエッチなメールが楽しいから送っているわけではなく「エッチなメールを送っても嫌がる女かどうか」を選別しているのだと思います。

当然、こういったメールを嫌がる人もいるでしょう。むしろ数で言えば嫌がる人のほうが多いはずです。先ほどは紳士的で真面目なメールを10人に送っても10人全員が嫌な思いをしないと書きましたが、過激でエッチなメールを10人に送った場合はどうでしょうか?おそらく、10人中7人は嫌な思いをするかもしれませんね。けど、残りの3人はまんざらでもなく、楽しんでくれるとしたら……?

過激でエッチなメールを受け入れてくれる女性は、かなりの確率でセックスも受け入れてくれます。かたや真面目で紳士的なメールを10人に送って10人から返信がきたとしても、そこからセックスまでいける女性は誰なのか?ということがわかりませんよね。そこから真面目な態度を突き通してメールの交換をダラダラしていたとしても、見極められる保証はありませんし、時間も手間もお金もかかってしまいます。

過激でエッチなメールを10人に送った場合、3人からしか返事が来なかったとしても、その3人はセックスまでいける確率が非常に高いという付加価値があるのです。セックスまで持ち込むのが面倒な女と、セックスまで持ち込むのが楽な女。その判別を過激でエッチなメールを送ることで出来てしまうテクニックなんです。

この女性もインタビューで答えていましたが「メールでエッチな話をしていると、実際にあった時にエッチな話をしてもイヤじゃなかった」と言っているのですから、これをすべて計算でやっているとしたら狩野英孝とはかなりのやり手ですよね。この心理的なハードルを操るテクニックは出会い系だってつかえますし、むしろ出会い系こそがそれを最も活かせる場ではないでしょうか?

狩野英孝のすごいところは、そのタフなメンタル

ここからは想像の話になってしまうですが、おそらく狩野英孝さんはものすごくタフで打たれ強いメンタルをお持ちなのではないでしょうか?6股というとモテモテな印象がありますし、実際モテているのですが、その裏ではたくさんの女性からフラれているはずなんです。

たしかに狩野英孝さんは女性から人気がありますが、狩野英孝なんてダメ男は大っ嫌い!という女性だってたくさんいるのです。むしろ、女性全体でみたら嫌悪している女性のほうが多いことでしょう。それなのに同時進行で6人とお付き合いできるまでに至ったからには、その2~3倍の女性からフラれていてもおかしくありません。

自分のことを好きになってくれそうな女性を完璧に嗅ぎ分けられる、というのでしたらそれはものすごい才能だと思いますが、現実的に考えれば数々の玉砕があったはずなんですよね。それでもめげずに女性と遊びたい、セックスしたい!というモチベーションが続いたから、最終的に6股までいきついたのでしょう。いやはや、同じ男として感服するばかりです。

フラれることを怖がる男って多いと思うんです。現実世界ではもちろんのこと、出会い系ですらそう思ってしまう人がどれだけ多いことか。出会い系で女性にフラれることは当たり前だと思ってください。それこそ、わたしだって何百人という女性からフラれていますが、そのぶん何十人という人妻や若い女の子と出会えていますからね。実際に女性と出会うために、フラれることは必ず通らなければならない道ですし、必要なことでもあるのです。

ですから、出会い系でフラれることを恐れないでください。きっと10人を超えたあたりから、どうでもよくなりますから(笑)それこそ今は出会い系で女性にフラれてもなんとも思いません。「あー、だめだったか。次いこ」くらいにしか思わないのです。きっと狩野英孝もこういうメンタルなんだと思います。だめそうなら深追いせずにさっさと諦めて次へ行く。これってすごく大事なことです。

ただ、出会い系の場合は顔も見えない、会ったこともない、メールで話しているだけの関係ですから、そうドライに割り切るのも簡単でしたが、狩野英孝の場合は実際に会ったことのある女性を口説いてフラれているでしょうから……それをこうして割り切れるのでしたら、すごいタフなメンタルなんだと思います。

それは彼の芸風にも反映されていますよね。どれだけスベっても気にしないで笑いに変えてしまう。そんなスベリ芸をやっていけるメンタルがあるからこそ、女性にフラれ続けてもめげないのでしょう。あるいは、もともと女性にフラれ続けていたのでメンタルが強くなり、スベリ芸を習得したのか……どちらが先なのかはちょっと興味がありますね。

フラれた数が多い人ほど、モテる人であることは確かでしょう。「涙の数だけ強くなれるよ」なんて歌が流行ったこともありましたが、まさにそれと同じです。

まとめ

狩野英孝がモテている要点をまとめてみると……

  • 紳士とダメ男のギャップを使い分ける
  • 過激でエッチなメールを有効活用する
  • フラれることを恐れない前向きなメンタル

というのが主な特徴でしょうか。これらは今すぐ始められますし、そんなに大変なことでもありません。狩野英孝を目指そう!なんていうと、あまり目指したいものでもないのですが……(笑)ただ、出会い系で遊ぶテクニックとして参考になる部分は大いにあると思います。

出会い系なら同時進行が当たり前ですし、出会い系の中では6人と同時進行すること……つまり、6股だって珍しいことではないのですから。堂々と6股、8股、10股をして楽しみましょう!

人妻が出会い系サイトを利用する理由

あなたが出会い系サイトを利用する理由はセックスするためですよね?

できるだけいい女とできるだけ安くセックスをする。そのために当ブログでは、「出会い系での人妻狙い」をオススメしております。

さて、それでは、人妻が出会い系サイトを利用する理由って何だと思いますか?

あなたが人妻と不倫したいのなら、旦那がいるのに他のオトコとの出会いを求めてしまう人妻の心理を知っておく必要があります。

人妻が出会い系を利用する3つの理由

人妻が出会い系サイトに登録するのには3つの理由があります。

  1. セックスレスになっている
  2. 旦那とのセックスが物足りない
  3. 女として扱われたい

人妻は旦那では満たされない性的欲求を、他の男性に満たしてほしくて、出会いを求めています。しかし不倫がバレたら最悪離婚です。

そんなリスクを抱えてまでも不倫をするのはなぜでしょうか?

それは、人妻はセックスがしたくてしたくてたまらないからです。男性は年をとると性欲が減りますが、女性は逆です。女性は年をとるにつれてセックスへの欲求が強くなります。

また、オーガズムを体験したことがないまま結婚する女性がほとんどです。

旦那にイカせてもらえないと、セックスが物足りなくなったり、「わたしはこのまま一生オーガズムを知らずに死んでいくんだろうか……」と焦燥感を感じたりします。その結果、快楽に導いてくれる男性を求めてしまうのです。

ほとんどの人妻がこのような理由で出会い系を利用しているので、会うことができれば、セックスまでは時間の問題で、難しいことではありません。

人妻が出会い系サイトで求める男性

出会い系サイトに登録している人妻に共通していることがあります。それは、「自分の欲求は満たしてほしいけど、自分の家庭は壊したくない」ということです。

人妻は、育児のストレスに加え、愛情が冷めた旦那との退屈な日々を過ごしていますから、非日常的な刺激を味わいと思っています。ただし、家庭は壊したくないんです。

つまり、不倫相手と2人でいるときはセックスを堪能したいけど、プライベートには一切入ってきてほしくない。そんな割り切った関係を望んでいるんです。

では、そんな人妻は、どのような男性を求めているのでしょうか?

人妻が出会い系サイトを利用する目的は前述した通り、「性欲を満たしてほしい」「女として扱われたい」で、かつ「家庭を壊したくない」ですから、当然それを満たしてくれる男性を求めます。

人妻が出会い系サイトで求める男性像はこんな感じでしょう。

人妻の願望 出会い系で求める男性
性欲を満たしてほしい セックスの上手い男
女として扱われたい 女性扱いしてくれて、甘えさせてくれる男
家庭を壊したくない 主婦の生活リズムを崩さずに会える男

人妻と接する時は、上記のような男性をあなたが演じることができれば、かなり簡単に人妻を落とすことができます。中でも、家庭を壊したくない、という願望はかなり強いですから、メールする回数や時間帯など、相手の旦那にバレないように気を使ってあげることが重要になってきます。