人妻のタイプ別攻略方法8パターン

人妻との出会いを繰り返している男性はもちろん、「これから人妻を落としたい」と思っているなら要注意!

「人妻」という大きなくくりで、どの人妻にたいしても同じ対応をしてしまうと、うまくいきません。

既婚者の女性でも子供や仕事の有無、さらには旦那との関係や見た目で、攻略方法も大きく変わってくるのです。

そこで! 本日は人妻のタイプ別攻略パターンを8つご紹介します。

狙った人妻を見つけたら、さりげない会話のやりとりで効率よく確実に落としていきましょう!

人妻のタイプ別攻略方法8パターン

子どもがおらず仕事もしている人妻

子どもがいない夫婦は、恋人気分でラブラブな状態が多くさらに外に出て働いている人妻なら、家庭以外のつながりもあります。

フルタイムのパートや正社員なら、たまの休みに旦那や友達との予定があわず暇な時間を潰すためにサックリ出会い系を利用しているタイプ。

または、パート主婦で時間があるから出会い系でストレス発散! といったタイプのいずれかです。

一見、暇つぶしの人妻だと扱いにくい気がしますが、仕事も家事もこなす完璧主婦を目指している女性は多く、ストレスも相当なもの。

結局、どのタイプでも共通して、ストレスを発散させる目的でセックスにもっていけます。

職場の愚痴や人間関係のイライラ、さらに家事負担のストレスといった話を聞いてあげつつセックスを「当たり前のストレス解消法」として提案するのがベター。

経済的に自立、または支援している女性はプライドも高いのでしれっと「みんなしているよ」的なノリを見せる方が「知ってるわよ!」とノッてくれます。

子どもがいない専業主婦

子どもがいない夫婦でも専業主婦の場合は、難しいところ。夫婦共働きが当たり前のこの時代、それでも専業主婦を謳歌しているのは旦那の稼ぎが良いか、等身大の生活を維持するのがすきなタイプ。

「贅沢をしなくたって、ストレスのない生き方をしていきたい」なんてちょっとキラキラした感じの人妻だったりすると正直、扱いが面倒に感じてしまいます。

とはいえ出会い系にわざわざ登録するような女性なので、やっぱり旦那以外の男と知り合いたいというのが女の本音。

「既婚者に見えない」「セレブなの?」といったベタな褒め方を続けて「こんな女性となら一発お願いしたい」と下手(したて)に出たアプローチでセックスまでもっていくのが簡単です。

最初こそ男が下になったとしても、会う回数が増えるほど時間がある子供のいない専業主婦の方が「会いたい」と言ってくるようになります。

子どもがいて仕事もしている人妻

子どもがいて仕事もしている人妻が、最も出会い系サイトでも人口が多いといったところ。

子育ても落ち着いている年齢なので、それなりに年齢層が高くなってしまうものの意外に若くして出産したママも少なくありません。

さらに仕事と家事、育児と忙しい女性なので、セフレとしてサックリとセックスするのに都合が良いのがこのタイプ。

人妻8パターンの中では、一番オイシイ女性と言えるでしょう。

ただし、子どもがおらず仕事をしている人妻と違って「子供の話を聞いてあげればいいんでしょ?」と思うのは大間違い。

普段、職場でも子供の話を共通点として語り合っているのであえてスルーするのが賢いやり方です。

女性の心の中ではどこかに「ママ=女として終わっている」という不安があるのでまるで子供がいないかのように接していくのが良いでしょう。

遊ぶ予定をスケジュール調整はなかなか難しいですが、セフレとして細く長く続けるにはおすすめな人妻です。

子どもがいるけど専業主婦の女性

子どもがいるにもかかわらず、仕事をしていない専業主婦。この時代ではだいぶ珍しいかもしれませんが、旦那の収入がよかったり実家からの援助があって、経済的にゆとりがあるイメージです。

ただし中には、子どもが小さく働けない……と意外に、苦しい生活をおくっている人妻も。「だったらなんで出会い系なんかやってるんだよ」と思いがちですが、男に逃げて遊びたいくらいストレスが溜まっているのです。

人妻の経済状況は子供の年齢によって変わってきますが、いずれにせよ依存しやすくメンヘラになりやすいので注意が必要。「旦那と離婚してもいいかも」「もっとたくさん会ってほしい」なんて徐々にわがままが暴走する可能性を秘めています。

あまり過度に褒めたり引っ張ったりせず、適度な距離感でセフレ関係を続けていくのがベター。

残念ながら、切るときに一番面倒くさくなる恐れがあるので気を付けましょう。

旦那の悪口をいう人妻

子どもや仕事の有無以外に、旦那に対しての話から判断することも可能です。

旦那の悪口を言ったり、やたらと謙遜する人妻は落としやすいので◎。それだけストレスが溜まっているのもそうですが、何よりも「自分がこんな目にあっている!」「自分はどうせ旦那より下」というネガティブな思考は、簡単な口説き文句でも落ちてくれるのです。

さらに、旦那の文句や謙遜した話を聞くだけで、好みの男を簡単に演出できるのも魅力的。

「ケチくさい」と言うなら、最初から休憩の安いホテルに直行してフロントでもたつかない。「髪を切っても気付いてくれない」と言うなら、メイクや洋服、小物アイテムを褒める。愚痴を聞くのは確かに面倒くさいですが「こうすればセフレになってあげるのに」と言っているものだと思って聞いていくようにしましょう。

旦那を褒めて幸せアピールする人妻

逆に、旦那の悪口を一切言わず、幸せアピールをしてくる人妻も少なくありません。もちろん「それなら、出会い系なんかしちゃダメでしょ」と謎の説教を始めるのはご法度。

自然な雰囲気で旦那を褒めている人妻なら、セフレにもならなそうなイメージですが意外に、本心は男をガッツリ求めています。

それは「もっとモテたい」という承認欲求を満たすためだったり、現実はセックスレスや夫婦間のトラブルでストレスを抱えていたり……。掴み切れない女心が影響しているものの、共通して世間体を気にするタイプ。

そのためいざ関係が始まっても、ワガママを言わず暴走することもないので付き合いやすい安パイなのです。

「旦那さんが羨ましい」という演出をしながら、大人の関係をアプローチしていきましょう。

見た目がイケてない奥様

また、会話だけでなく実際にアポで会った時の見た目からは、人妻にウケるセックスのプレイスタイルが掴めます。

子育てが忙しいのか、経済的にキツいのか、トレンドとは程遠く安いのが見てわかる洋服。使いまわしているのか、いまいちずれてるバッグやクツ。セルフケアもしているのかわからないヘアやメイク、ネイル……など。

正直「俺より年上か?」なんて驚いてしまいそうですが、デート気分で男とあうのに見た目がイケてない時点でお察しです。

見た目がイケてない奥様の場合、やはり自分でも「女として終わっている」のを自覚しているもの。

このタイプの女性は、上っ面な言葉よりも強引なセックスプレイで女性としての魅力を感じるので、着衣プレイやフェラ、複数回のセックスなどやや気を使わないくらいの、自己中なセックスがおすすめです。

見た目だと独身に見える奥様

対して「おっ!これで奥様なの?当たりじゃん!」と思えるくらい身だしなみが整って見た目の良い人妻も、出会い系でゴロゴロ出会えます。

「実は、独身なんじゃないの……?」なんて、思えるくらいの人妻。こんな見た目なら色々なセックスプレイを、お互い楽しめそう……なんて思いがちです。

ですが実際は、見た目に気合を入れている人妻ほど、愛人や恋人気分の意識が高いため、激しいプレイはウケが悪いなんてことも。

会う回数を増やして距離を縮めるまでは、彼氏彼女のような優しいセックスをしていくのが良いでしょう。

まとめ:ちょっと対応を変えるだけでグッと掴める

基本的に、出会い系を利用している人妻なら、旦那以外とのセックスを求めている女性ばかりなのでプッシュすれば落ちやすいのが魅力的。

ただその人妻の特徴や好み、攻め方を知ると、少しアプローチを変えるだけで簡単に人妻の心を掴むことが可能です。

ぜひ、目当ての人妻が見つかったらパターン別に攻略方法を変えてみてはいかがでしょうか?

「系統別人妻の特徴」人妻を一括りにしてはいけない

人妻は魅力的です。「不倫をするなら絶対に人妻!」そう思う男性も多いでしょう。

「母性を感じさせる包容力」や「結婚を前提としない関係が築けること」、そして何より「人の妻」という背徳感を感じさせるのが人妻の魅力です。

しかし、ちょっと待ってください。人妻といっても、いろいろなタイプがいます。

女子高生や女子大生だってそうです。その言葉は単に「高校に行っている女子」「大学に行っている女子」としか保証していないのです。

AV女優だって同じです。 AVに出ているというだけで、必ずしもカワイイわけでもなく、エロい身体というわけでもありません。

人妻は、結婚して夫がいる女性というだけのザックリとした表示に過ぎません。「人妻」という響きが不倫を連想させてしまいますが、先ほども言ったように、人妻は単に人の妻、結婚している女性というだけです。

すべての人妻を不倫対象として見てはいけません。まずは、不倫相手になりうる人妻を見極めなければなりません。

そして、人妻を分類し、攻略法を考えなければならないのです。

唐突ですが、女性全体を「ラーメン」に例え、人妻は「とんこつラーメン」としてみましょう。「とんこつラーメン」にもいろいろあります。濃厚なものもあれば、「魚介だし」との絶妙のコンピレーションの「とんこつラーメン」もあります。あれこれ具材が乗っているのものもあれば、シンプルにチャーシューのみのものもあります。「えっ?これがとんこつラーメン?ぜんぜん薄いんだけど」ということもあるでしょう。

人妻も一括りにはできません。何らかのカテゴライズをしておかなければ、「え?コレ、オレの思う人妻じゃねーんだけど……」となってしまいます。不倫相手とする人妻をうまく見極めるための「系統別人妻の特徴」をご紹介します。

 

系統別人妻の特徴

出会い系サイトにもさまざまな人妻がいます。ただし「人妻=不倫相手として魅力的」とは限らないので、慎重に見極めましょう。

清楚系人妻(ランク特A)

「人妻と不倫したい!」と思うなら、やはりココを狙いたいですよね。清楚系人妻は、ものすごい美人ではありませんが、だからこそ「え、こんな人がこんなことを……」を堪能できるのです。清楚系人妻こそが、「人妻中の人妻」「ベストオブ人妻」「人妻の鏡」です。

出会系で不倫しようとしている人妻が果たしてベストなのか、人妻の鏡なのか……、そこは出来れば忘れてください。

清楚系人妻の特徴
  • 20代~30代半ば
  • 結婚後10年未満
  • 色白、やせ型、変に鍛えていない身体
  • 服装やヘアスタイルはシンプル
  • 専業主婦もしくはパート勤務
  • プロフやメールの文章は、程よく丁寧

しかしこのタイプ、いそうでいないのが現実です。

エロ系人妻(ランクA)

清楚系人妻よりもお近づきになりやすいのが、このエロ系人妻です。エロいことをしたいという思いが随所に溢れ出ており、男なら一度はお相手したい存在です。

エロ系人妻の特徴
  • 20代~40代半ば
  • 男性経験が豊富で過去にも不倫歴あり
  • 客商売もしくは水商売の経験あり
  • 人目を惹く美人、スタイル良し(隠れ巨乳)
  • 経済的には余裕ありか極貧かの両極

ややプロっぽいところもあるため、トラブルになったときに「怖いお兄さんが出てくる問題」や「金銭問題」が発生する危険性もあることを念頭に置いておきましょう。

熟女系人妻(ランクB)

清楚系人妻とエロ系人妻の経年型にあたります。

年齢はいっていても、人妻としての魅力は充分で、なおかつ人間的魅力も感じられる女性です。
不倫をしておいて人としてのモラルを問われると……、そこも出来れば忘れてください。

熟女系人妻の特徴
  • 40代~60代
  • 身体のラインは崩れているが、スキンケアや髪のケアは丁寧にしている
  • 不倫経験豊富
  • お相手できる男性のストライクゾーンは広い
  • 専業主婦もしくは会社経営で経済的に余裕あり

年齢的に厳しいと考える男性もいることを考慮して「ランクB」にしましたが、世間の思い描く人妻との不倫を堪能するなら、相手として選ぶべきはこのタイプです。

喪女系人妻(ランクC)

とりあえず「出会い系サイト」に登録してはいるけど、積極的に出会いを求めることができないタイプです。

喪女系人妻の特徴
  • 20代~40代
  • 恋愛経験が少ない(夫以外に経験がない)
  • 見た目はイマイチ
  • ネガティブ志向

基本的にネガティブですが、ガードは低いので落としやすいタイプの人妻です。また、磨かれていないだけで不倫をきっかけに女性としての魅力が開花する可能性もあります。そして、意外とヤリマンかもしれません。

おばちゃん系人妻(ココからはランク外)

熟女系人妻の劣化型です。

いわゆる「おばちゃん」で、「えっ?あ、そうか、おばちゃんも人妻だったんだ」思わせる女性です。

おばちゃん系人妻の特徴
  • 40代~60代
  • 見た目や声、行動、持ち物のすべてに「おばちゃん」を感じさせる
  • 夫に不満があると言いつつ、ちゃんと面倒は見ている
  • 不倫相手の面倒見もいい

おばちゃんと思っていても、不倫がきっかけで美熟女になりはしないか、「いや、オレがそうさせてやる!」と野望を抱きがちですが、残念ながら、おばちゃん系人妻を熟女系に矯正するのは困難です。

おばちゃん系は、一つの完成形です。また、この系統を好む男性も少なくありません。

自暴自棄系人妻

ほかの系統の人妻は、なんだかんだ言っても家庭生活はうまくいっています。

しかし、この系統の人妻は、夫との関係がぎくしゃく、もしくは破綻しており「もうどうでもいいわ、不倫でもなんでもしちゃえ」というタイプです。

自暴自棄系人妻の特徴
  • 幅広い年齢層
  • 幸せオーラゼロ

もはや人妻のカテゴリーに入るのかも疑問です。

自暴自棄がゆえに、簡単に落とせる相手ではありますが、トラブルになると何かと面倒なことになりそうなので注意が必要です。

人妻度低い系人妻

せっかくの人妻という魅力を全否定しているタイプの人妻です。「人妻」と言われることを嫌い、人妻であることを隠していることもあります。

人妻度低い系人妻の特徴
  • 20代~30代
  • 生活感がなく、不思議ちゃんも多い
  • プライベートを話したがらない

このタイプの人妻と不倫関係になっても、「人の妻を寝取っている」という背徳感が得られません。

不倫というよりもただの恋愛の重さを感じることもあります。もしかすると、ホントの恋愛への発展を望んでいるかもしれないので注意が必要です。

強引系人妻

強引にグイグイ迫ってくる人妻ではありません。強引に「人妻」というカテゴリーに入ってくる、誰もが「人妻」と認めたくないタイプの女性です。

強引系人妻の特徴
  • 30代~50代
  • やたらと「人妻」をアピールする(人妻以外にアピールポイントはない)
  • 見た目やスタイルは、ギリ女性と分かる程度

人妻需要にうまいこと乗っかろうとしていますが、実は、ほかの人気の系統(清楚系、エロ系など)の人妻への嫉妬が強く、性格的にも相手をしたくないタイプの人妻です。それでも結婚していれば「人妻」です。

人妻といってもさまざまなタイプがいます。

「人妻」という言葉だけでウハウハして、残念な人妻をつかまないようにしましょう。

人妻が好きなら迷わず30代、40代の熟女を狙おう

2015年の国勢調査結果によると、30代の女性の3人に2人は人妻であり、40代の女性になると4人に3人が人妻です。この年代になると未婚女性の方が少ないことが分かります。

ところが、20代前半の女性に限ると、人妻率は100人中わずか8人ですから、1割にも達しません。20代後半の女性でも、6割以上はまだ未婚です。

既婚でも20代の若妻には人気があり、なかなかゲットできないといわれていますが、何のことはなくタマ数そのものが不足しているうえに、この年代だとまだ相手にこだわりもありますから、競争率が高いだけでなく、話が面倒になるのは必然です。

ありていに言って、出会い系サイトを使うのは、面倒くさい話は抜きに、セックスをしまくるためです。一度会って、一度やって、それでおしまい。

相手が未婚だと、恋愛を求めている女性も多いのでヤリ捨ては難しいですが、30代、40代の人妻ならそんなの当たり前。

またおあつらえに、出会い系に登録をしている人妻でこの年代は、一番のボリュームゾーンでもあります。つまり、出会い系でこの年代の人妻を狙うのは、いけすに釣糸を垂れるようなものなのです。誰でも釣れるように出来ているんです。

となると狙うは30代、40代の熟女がベターであり、これしかないということになりますね。

そもそも簡単にやれることが人妻熟女最大のメリットです。発想を転換すると、人妻風俗で遊ぶくらい簡単に、本物の人妻と遊べるのが出会い系サイトです。

出会い系で遊び慣れた人妻は話が早い

出会い系にまだ染まっていない、ウブな30代、40代の人妻も少なくありません。とりわけ登録して間もない新人さんなら、その可能性は大だといえます。

そういう人妻さんを狙って、こっちペースで落としていくこともまた、出会い系サイト利用の醍醐味ではありますが、ただちょっとしたリスクもあります。

何事も初めてづくしなために、話に上手く乗って来てくれない人妻もいれば、会うまでにいたずらに時間がかかってしまう場合があることです。

その点、すでに出会い系で遊び慣れた人妻なら、話はうんと早くなります。

にもかかわらず、出会い系で遊び慣れた人妻など、セミプロまがいでいやだと、最初から毛嫌いする人が少なからずいます。

それだけに、この手の人妻は簡単に見つけられるのもメリットです。登録から時間が経っている人妻をリサーチしてみましょう。

発想を変えると、実は遊び慣れた人妻は、すぐにやりたい人にとって、とても便利な存在だからです。

遊び慣れた人妻はセックスに貪欲

女は年をとるとしたたかになりますが、出会い系に登録をしている人妻は、ことさらその傾向が強いといえます。

人妻でありながら、長いこと出会い系に登録をしているということは、相当数の男性会員と面接を重ね、それなりの回数遊んでいることを意味します。

だから、出会い系の主みたいな人妻は冗談じゃないと言う見方もあるかもしれませんが、そういう人妻も女性に変わりはありません。

それに、こちらも相当のことをしているわけですから、相手にだけ潔癖を求めるのは、いささか虫のいい話ですよね。

ではなぜ彼女達は、ネットで知り合った多くの男達と面接を重ねるのかといえば、ひとつには身体の相性が合う相手を探している、という面があることは意外に見落とされているような気がします。

身体の相性は寝なくては分かりません。だから彼女達は簡単にホテルに付いて来ます。

すべての行動原理は貪欲なまでのセックスに対する満足度の追及です。身体は旦那に開発されながら、到底旦那だけでは満足が出来ないから、満足の出来る相手を探しているのです。

男の側からすれば、これほど簡単に会えて、簡単にホテルに連れ込める相手もいないわけですから、簡単すぎてありがたみが沸かないなどとためらう必要はありません。

発想の転換とは、このことです。

簡単にやれる代わりにキープは難しい

積極的に相手探しをしている人妻とは会いやすく、すぐやれるメリットがある反面、移り気も凄いので、キープするのはそれなりに大変です。

なにしろ相手は、相当数の候補者の中からこちらをワン・オブ・ゼムと割り切って、相性を探るためにまず寝るわけですから当然そうなります。

いざ寝てみて相性が悪ければ自ずと離れて行きます。メールの返事さえくれなくなります。その点は本当にはっきりしています。

しかし、それこそがこの種の人妻の真骨頂でもあるわけです。

だからこそ簡単に一度はやることが出来たわけですから、こちらが気に入ってしまいキープをしたくなっても相手に逃げられた場合、やはり潔く引き下がるべきです。

しつこくしても、登録を抹消されて更にメアドも捨てられるのが関の山ですから、見切り千両です。

それさえわきまえて遊ぶなら、出会い系で遊び慣れた人妻は、やりたいときにすぐ出来て、風俗並みのレスポンスの良さが期待できます。

それでいながら風俗嬢ではなく、れっきとした素人の人妻です。発想さえ変えれば、出会い系サイトで出来ないことはありません。

30代40代人妻だからこそ覚えておきたい口説きのテクニック

30代40代人妻を、おばちゃんあつかいせず、独身女性と同じように接すればきっと相手も喜ぶはず……と、思っている男性諸君!

さらにもう一歩踏みこんだテクニックを利用して、30代40代人妻の心をガッチリつかんでみませんか?

実は、30代40代人妻だからこそ覚えておきたい口説きのテクニックがあるのです!

このテクニックを覚えておけば、人妻を「落とす」努力をしなくても人妻の方から食いついてくるかもしれませんよ!

バブルと無縁な人妻の誤解

30代はもちろん40代前半も、若い頃はすでにバブルは崩壊後モード。いわゆるバブル全盛期に遊びまくったのは40代後半から50代の人たちとなっています。

とは言え女性の場合、付き合う男性がちょっと年上ならバブルの恩恵をしっかり受けている世代。バブル世代ではないものの、バブルの魅力は理解している女性たちなのです。

そのため、特に年上のお姉さん的なノリで、30代40代の人妻を落とそうとする年下男性はもちろん、同世代の30代40代男性も、少し背伸びをして扱うくらいがベターと言えるでしょう。

トレンドよりも90年代の話

やはり30代40代の人妻には時間も経済力も独身時代より劣るため、最新のトレンドは鈍くなっているのが正直なところ。そして、なんといっても一番食いつきがいいのは90年代。

テレビドラマや音楽、雑誌、漫画など今ではネット1つですべて解決できる娯楽を、夢中で追いかけまわしていた時の話が最も盛り上がります。

バブルネタで注目を集めているお笑い芸人平野ノラも実は、バブルを知らない世代。

若者にとは違う、あるあるネタとして笑う人がいるように、90年代のトピックは会話に困ったときの鉄板ネタとして覚えておくのが賢明です。

男の立ち振る舞いはオラオラ一択

最近は星野源をはじめ、濃い顔で派手なイメージの強い男性よりも、いわゆる草食系と呼ばれる優しい人柄のタイプが人気。実際、阿部寛や沢村一樹といったタイプは同性からの支持者が多いですね。

とは言え、30代40代人妻に対しては、見た目問わず古き良きオラオラ系なバブル感溢れる男性が人気。

特に、移動は車やタクシー、旅行好き、ブランド好きなど今では“やりすぎ”なくらいのバブルっぽさが好かれますが、いずれも根本的には“羽振りの良さ”という経済力が注目されています。

実際、出会い系で知り合った人妻にお金を注ぐのは難しい男性の場合、身の回りの小物だけでもアクセントにブランド物を投入すると、好感度がグンッと上昇するでしょう。

ただし女性の扱いに古さは厳禁

そこで、気を付けたいのが「じゃあ、男尊女卑気味な扱いがウケるの?」という勘違い。

残念ながら、昭和のように「女は男の3歩後ろを……」という古い考えはウケません。都合が良い話ですが、女性の扱いは今を意識したレディーファーストな立ち回りが安心です。

男は男尊女卑が強い古さを出しつつも、女は男女平等の新しさのある行動。まぁ、そんな女性のわがまますらも“可愛らしさ”のひとつとして受け入れるしかありません。

特に、仕事や家事、育児に忙しい人妻女性は、20代や30代の独身女性を羨ましく感じていることも。「主婦なんだから当たり前」で終わらせず、頑張っている姿をたっぷり褒め称えてあげましょう。

30代40代人妻だからこそ覚えておきたい口説きのテクニックまとめ

実は、20代の女性や独身女性よりも心を掴むのがわかりやすいのが、30代40代人妻の特徴でもあります。

このコツさえ掴めれば、必死に「何とか一発ヤラせてほしい!」と頑張らなくても、相手から簡単に股を開いてくれることも?!

バブル世代ではないものの、バブルを身近に感じてきた青春時代を、もう一度味合わせてあげる。そうすれば、自然とあの頃を思い出して、気持ちまで若くなるのが女性。おだてて気を使うよりもよっぽど簡単にセックスまでもっていくことが可能です。

30代40代人妻タイプ別攻略法まとめ

0070happy出会い系サイトの攻略法は30代40代の人妻を狙うことです。

彼女や結婚相手を見つけるのではなく、ただただんにセックスの相手が欲しいなら、競争率の高い若い女の子を狙う必要はないのです。人妻なら、若い女の子を狙うよりも、はるかに小さい労力でセックスを成功させることができるのです。

30代40代人妻は、まだまだ十分体は若いしテクニックもある。交際相手を探しているわけでないから、お互い割りきった体の関係に向かうことができます。デートやプレゼントなど、面倒なことは一切必要ありません。

午後の昼下がり、時間をもてあました人妻は出会い系の世界に没頭しています。

人妻たちの特性や、求めているものを理解し、それにあわせた攻略法で攻めれば、魅力的な人妻とセックスライフを楽しむのは難しいことではないのです。

本日は、30代40代人妻タイプ別攻略法をまとめてみました。

なお狙ってはいけないタイプの人妻は「問題の多い人妻をタイプ別に紹介」にまとまっておりますのであわせてごらんください。

人妻を知り、成功率を上げる

出会い系コンテンツでは人妻は暇人タイプ・性獣タイプ・疑似恋愛タイプの3つに分類できます。

出会い系には人妻がたくさんいるので、数多くトライできるという魅力がありますが、彼女たちが何を求めているかを把握し、常に相手の欲求を満たし続けるのが攻略のコツです。

人妻を知る=出会い系での成功率を上げることにも繋がるので、実のある出会い系ライフをエンジョイするのであれば、人妻の攻略法は必須なのです。

暇人タイプ(時間を持て余しているタイプ)

子供が学校へ行き、家事が終わった午後の昼下がりには人妻はすることがありません。

ママ友とのお茶会だって毎日は開催できないし、特定の趣味があるわけでもない……。

暇で仕方ない奥様が利用するのが出会い系サイトであり、自分の相手をしてくれる男性を求めて日々活動を続けています。

その結果、平日の昼下がりのラブホの利用者はほぼ人妻であり、大型ショッピングモールの駐車場は相手待ちの人妻で溢れ返る始末。

また、暇つぶしができるだけでなく、不倫というスリリングな関係を構築することで燃え上がるようなセックスが堪能できる魅力もあります。

このタイプの人妻は攻略がしやすく、とにかく自分と関係を持ってくれる男性なら大歓迎で、時間やフィーリングが合えば高確率でヤラせてくれるでしょう。

変速勤務で平日休みが多い男性には、暇な人妻は非常におすすめです。

性獣タイプ(欲求不満)

旦那が忙しくて夜の相手をしてくれない、アブノーマルなセックスばかりで全然満足できないなど、旦那への性の不満が溜まりに溜まっている人妻たち。

性の不満はストレスに直結し、肌の調子やホルモンバランスを乱す厄介な存在に……。ストレスを溜め込まず、魅力的な女性でいるためには性欲処理は必須事項です。

爆発寸前の性欲を発散するべく利用するのが出会い系サイト、若くてビンビンの男性や極上のセックススキルで快楽へ誘ってくれる男性を日夜求めています。

このタイプの人妻は当然セックスがお目当て、出会い系でのやり取りの中でもエッチな話題や性に関する話をぶっこんでくる人が多いので、非常に分かりやすいです。

しかし、相手は自分の欲望を満たしてくれる相手を求めていますので、1回ヤッて満足できなければ即切り、なんてこともしばしば。

男性経験が豊富な奥様方、そんな女性を満足させるためにはある程度のセックススキルやバリエーションは必要不可欠。

出会い系で30、40代の人妻を狙うのであれば、精力とテクニックを持って攻略に勤しんでいきましょう。

疑似恋愛タイプ(甘酸っぱい恋愛)

人妻だって立派な女性。結婚する前は胸をときめかせる出会いやデート、セックスを多く経験して今の結婚生活に至っています。

子供が生まれてからは2人きりでデートすることもなくなり、昔の情熱的で自分のために必死だった旦那の姿は、今や見る影もありません。

そんなロマンチックな人妻が利用するのが出会い系サイト、あの頃の甘酸っぱい経験を疑似体験するべく理想の男性を探し求めています。

このタイプの人妻の場合は肉体関係を優先するのではなく、ちょっとしたデートや雰囲気重視のロマンチックな疑似恋愛を求めている傾向が強いです。

ですので、性欲が強い年下の若い男性ではなく、似たような経験をしている同年代の男性の方がアプローチしやすいでしょう。

不倫相手絶賛募集中の殿方には、こういった人妻との関係も魅力的で良いかもしれません。

30代40代人妻タイプ別攻略法まとめ

出会い系で30代40代の人妻の最終的な目的は男性との肉体関係を持つことが目的であり、ヤリやすく初心者でも敷居が低いジャンルです。

ですが、旦那という存在がある限り、常に危険と隣り合わせのスリリングな関係なので、セフレや不倫相手にするのであれば股がゆるくて口が堅い人妻を選ぶと良いでしょう。

旦那にバレないよう人妻との肉体関係を持続させるのも、デキる男の嗜みですよ?

問題の多い人妻をタイプ別に紹介

出会い系サイトに登録を済ませて、女性の検索をしますと、なによりも人妻の多いことにまず驚かれるのではないかと思います。

それも若妻から熟妻まで、ありとあらゆる年代の人妻が登録をしていますから、さながら人妻のオンパレード状態です。

人妻と聞いただけで竿をしならせてしまうような、素人の人妻が大好きな方には、たまらない状態にあると言えます。

出会い系サイトに登録を済ませているということは、すなわち不倫をしたいと自分で意思表示しているようなものですから、一見すると股を開いて食べてくださいといわんばかりです。

ですから事実、食べることも出来るのですが、中にはイレギュラーな果実が含まれていることもあります。

人妻も果実みたいなものですから、食べるとお腹を壊してしまうような不良品が入っていることもあります。

出来れば下痢は避けたいものですが、お腹を壊してしまいそうになることもあるのが出会い系サイトです。

そんな問題の多い人妻をタイプ別に紹介します。思い当たられたら食べずに吐き出すなど、参考にしてください。

あまりに話が早い人妻は食べようがない

初めてメールをしているのに、人をひきつけるような、まるで客商売でもしてるかのように、愛想のいい人妻がいます。

それでいて、一回一回のメールの文章量は短く、こちらから書いたメールの長さとは関係なく、一定の長さのメールが何回か続いた後、やおら会えるような素振りを見せてきます。

すかさず対応すると、待ってましたとばかりに会える日時と場所を指定してきます。それも一方的でなく、もちろんお忙しいでしょうからキャンセルされても構いませんよとこちらに気を遣ってくれます。

どこまでも物腰が客商売風なんですね。ところが、セミプロ?かと思わせる風でもなく、話の内容には生活臭も感じられて、素人に間違いないと思って会いにいくと、素人は素人なんですが、ほとんどの男は食べようとしない素人だったりするんですね。

煮ても焼いても食べられないものがありますが、まさにそういう感じの人妻も出会い系サイトを使っています。起伏のない短いメールしか返さない、話の早すぎる人妻は要注意です。

話がうますぎる人妻はドタキャンもある

乗りが良く、リクエストでもすればいきなり唄でも歌ってくれるようなネ明の人妻は、えてして調子もいいですね。

話もうまくて、エッチな話を振っても、いまさらセックスなんて問題じゃないと言わんばかりに、軽く受け流してきたりします。

自分の身体のことを話すのも平気で、月経の日程から、体温まで教えてくれます。それって、生出してってこと?と思わず生唾を飲み込んだりするようなこともさりげなく言ってきます。

一月も話しに付き合ったわけだから、もういいだろうと誘うやいなや、そんなこと簡単にするわけないだろう、「お前バカか」とそれまで聞いたことのないような大声で怒鳴られて退散です。

話のうますぎる人妻は、話そのものを楽しんで満足している可能性もあります。ドタキャンというより怒鳴ってきたりしますので、注意が必要です。

即日やらせない人妻は名刺を欲しがる

メールが好きではなく、書くことが余り得意ではなさそうで、LINEも遅々と進まないような人妻は、逆に会うことにはさほど抵抗がなかったりしますね。

ですから調子のいいメールのやり取りなんかはほとんどすることなく、面接まで比較的容易にこぎつけることが出来ます。こういう人妻は熟妻に比較的多いですね。

メールからちょっとアンニュイなムードも漂ってきていて、どことなく投げやりな感じもしなくもない感じの人妻です。

熟女で投げやりで簡単に出てくるのであれば、間違いなくやれそうだと思って期待すると、それが頑なに拒んできたりします。

若い娘じゃあるまいしと鼻白んでも頑として応じる雰囲気ではないんです。そういう人妻が要求するものには、勤務先の名刺だとか、さては住まいを見せてくれなんて要求まであったりします。

体の関係はそれからだと言うんです。

こういう人妻は、アンニュイなだけあってたいてい日常に退屈をしているので、呼び出せば応じても、すぐにホテルには行きたがりません。なんだかんだ理由をつけるタイプです。

かといって会っている事にさほどの感興もないようですから、偽の名刺を渡してホテルに連れ込んでも、余り楽しめなかったりします。メールに漂う投げやりな雰囲気には要注意です。

話して食い逃げする人妻もいる

一番多いタイプかもしれませんが、メールが来たらどんな相手でも、一度は必ず会うようにしている、一見して博愛ムードで接して来る人妻というのがいます。八方美人的というんでしょうか。

このタイプに引っかかると、だいたい自分のことばかり話して、店で食べているときも話して、話し終えて食べ終えるとそそくさと帰ってしまいます。

男と会って話すこと、食べることを目的に出会い系サイトを使っているんじゃないかとさえ思えるような手際よさです。

一事が万事、そつの無い対応をして来る人妻には要注意です。

すっかり出会い系サイトの止瀉薬のような話になってしまいましたが、止瀉薬が存在するのは、止瀉薬を飲んででも出会い系サイトにはやる価値があるからです。

下痢や嘔吐を乗り越えて、いい人妻に出会えたときの嬉しさは、止瀉薬の存在などすっかり忘れさせてくれるほど素晴らしいものです。

止瀉薬を使うことなくいい人妻に会えればそれに越したことはないのですが、残念ながら出会い系サイトは不可避の如く止瀉薬レベルの人妻と出くわすように出来ているようです。

そこで辞めてしまえばそこまでなのです。しかしこれは洗礼です。洗礼を受けた先に真の果実が待っています。これもまた揺るぎがたい事実なのです。

出会い系サイトの人妻は昼でも夜でも攻略できる

jyukuimg00000003サラリーマンの人妻は、自営業者の人妻よりもずっと狙いやすいんです。

それは、旦那のいなくなる時間が決まっているから

旦那がいなくなる時間は言うまでもなく、勤務時間帯と前後の通勤時間ですから、昼下がりはちょうどその真ん中、人妻たちにすれば旦那の出勤帰宅からもっとも離れられる時間帯です。

午前中に洗濯などの家事を済ませ、夕方に食事の買い物をするのが人妻の一般的な生活パターンですから、昼下がりはちょうどその合間の空白地帯ともいえますが、加えて旦那の出勤帰宅からもっとも離れていることから来る、心理的に安心して浮気ができる時間帯でもあるわけですね。

小説や映画のタイトルにもなった「昼下がりの情事」は人妻との浮気・不倫に欠くことのできない黄金パターンであることは今も変わりません。

昼下がりにメールを送る

人妻、とりわけ専業主婦の昼下がりは、家事は終わり買い物にはまだ早い暇な時間帯、けだるい時間帯ともいえます。物憂い午後のひと時は誰しも退屈を覚えやすい時刻でもあります。

そんな時に来るメールは嬉しいものですね。チャットならなおいいかもしれません。

しかし、昼一番仕事を再開する身としては、さすがにチャットまでは出来ませんし、メールを書くことも簡単なことではありません。

そこで、前もってメールを書いておき、この時間帯に送信するようにしておけば、点数を稼げます。なにしろ相手は暇なわけですから、少し長めのメールを送りつけておくのがコツです。

暇を持て余しているとき長めのメールを受け取って喜んだ人妻が、せっせと返事を書き出す姿を想像しながら仕事をするのも、それはそれで乙なものです。

相手は暇なので喜んで返事を書いてきます。

メールの中からシグナルを読み取る

暇だから書く人妻からのメールの中身は、ともすれば長いだけで内容がないことも少なくありません。

しかし、ここで面倒だなといって人妻からの駄文に思えるようなメールを捨て置いてはいけません。

出会い系にいる人妻が書いてくるメールの中には、必ず何かしらのシグナルが含まれているものだからです。

返信の中には日々の欲求不満が隠されています。それは日常の代わり映えしない生活であったり、旦那に対するものであったり、あるいは構ってくれる相手のいない淋しさであったり、いろいろです。

まずは、そうしたシグナルを、人妻の駄文の中から探し出してあげることです。

メールで心の隙間を埋める

退屈な昼下がりにメールをもらって歓喜している人妻が、心を躍らせながら返信してきたメールを精査し、何に欲求不満をいらつかせているのかを探し出したら、後は心の隙間を埋めてあげる作業です。

出会い系に欲求不満解消を求める人妻の心理は、「構ってくれる人が欲しい」「もう一度女として見られたい」「旦那は相手にしてくれず淋しい」などに分類されます。

したがって、人妻の心の隙間を埋めていくには、まず何をおいても構ってあげることです。

これについては先ほどの、一番暇な昼下がりに送信するメールがその役目を果たします。

次に女として扱ってあげることです。妻、主婦、場合によっては母である前に、一人の女として扱ってあげるだけで、人妻の気持ちをぐっと引き寄せることが出来るようになります。

そして最後は、あっちのお悩みを聞いてあげます。その時、たいていの人妻は旦那を責めると同時に、自分にも問題があるのではないかと考えています。久しく夜の生活が途切れたことで、女としての自信を失っているわけです。

ここをケアしていきます。おだててすかして、少しずつ女としての自信を取り戻させ、その気にさせれば、会うまでにそれほど時間はかかりません。

夜しかメールをできない人妻の場合

夜しかメールできない人でも人妻を狙えます!

専業主婦をしている人妻のゴールデンアワーは通常、昼下がりが多いといわれています。だいたいの主婦は、旦那を送り出した後、洗濯をしたり買い物をしたり、あらかたの家事を済ませてほっと出来る時間が、昼食後のひと時だということですね。

夕方になると晩ご飯の支度が始まり、実際に家族の帰宅を待って夕食の時間となり、食器の後片付けなどが済むとお風呂に入ったりして、それから家族団欒の時間を過ごすといった感じでしょうか。

ホームドラマに描かれるような生活ですね。そうした生活を送りながら出会い系サイトに登録をしている人妻もたくさんいますから、人妻が出会い系で知り合った男とメールをしたり、実際に会ってみたりするのは昼下がりということになります。

しかし、こうした生活を送っていない人妻もたくさんいます。どちらかというと、出会い系サイトにいる人妻は、こうした絵に描いたような家庭生活とは少し違う生活を送っているケースが多いかもしれません。

だから出会い系サイトに登録をしているのだと考えるのは早計かもしれませんが、昼間のみならず、夜間はおろか深夜になっても、メールやチャットに対応できる人妻は、出会い系サイトではそれほど珍しくありません。

ですから、人妻攻略は昼下がりに自由に出来る時間を持っていなければ出来ないかというと、そんなことはないということです。夜しか相手を出来ない人でも、専業主婦をしている普通の人妻を落とすことは十分可能です。

昼間の人妻も夜には変わる

では、家族がいながらどうして人妻が夜間や深夜まで出会い系サイトにのめるのかですが、一番多い理由はやはり寂しさですね。深夜まで出会い系にいる人妻は、家族がいてさえ寂しいんです。

昼下がりに出会い系を楽しむ人妻には暇つぶしが理由として多いかもしれませんが、日が暮れて家族が戻って来ていても出会い系にアクセスしてしまう人妻は、寂しさから出会い系に癒しを求めていることが多いようです。

それでは、昼間出会い系にいる人妻と夜間出会い系にいる人妻は別かというと、そういうわけでもないんです。別どころか、同一人物だったりします。

つまり、昼間は暇を持て余して出会い系で時間を潰している人妻が、夜になると癒しを求めて豹変するなんてことはザラにあるということです。

ですから昼間知り合った人妻がなかなかとらえどころがなくても、夜にアクセスすると別人のように開放的になり、刺激を求めた一匹のメスとして誘いをかけて来たりしますから、暇つぶしの相手はポイントの無駄かというとそうとばかりはいえません。

このあたりの見極めは熟練して来てもなかなか難しいわけですが、昼間と夜の違いを見ることは、本心がどこにあるかを探る上でかなり役立つテクニックです。

変化はチャンス

何事も変化にはチャンスが潜んでいるものですが、人妻が昼間の暇つぶしモードから、夜のお誘いモードにあっさり変わってくれれば、これほどありがたいことはありません。

人妻によっては、昼間知り合ったばかりなのに、その日の夜にはさっそく一匹のメスに化身したりする人もいますが、出会い系サイトでもそこまで話の早い人妻に会える確率は、そこまで高くはありません。ただ、確信を持っていえることは、出会い系サイトにいる人妻は、ほぼ間違いなく、そうした変化を見せるときがやってくるということです。

問題はいつその変化が現れるかですが、こればかりはケース・バイ・ケースですので、それを的確に言い当てることは出来ません。

例えて言えば、容器に水滴をしたたらせていくと、あるところで満杯となり、さらに表面が膨張した結果、容器から水が一気にあふれ出る現象が見られますが、人妻の感情が爆発するのもそれに似ていると言うことはいえます。

出会い系サイトにいる人妻も人間です。家族がいるのに、寂しさから癒しを求めて出会い系サイトに登録をしている女性たちです。

変化を促すものが必ずしも刺激に満ちた、非日常を匂わせる文言とばかりは限りません。

ごく当たり前の対応をすることが、人妻に変化を促す結果になることも少なくありません。

そのさいたるものが度重なる温情の累積です。実はこれを一番欲しているのが、他ならぬ出会い系サイトにいる人妻なのかもしれません。

出会い系サイトにいる人妻が欲しているのは、人間的な温かさであり、人肌です。出会い系ですから、結果としてセックスが付いてくるわけですが、しかし逆ではないのです。

ここを押さえて行くと、出会い系サイトにいる人妻は全部食べられます!

出会い系で人妻を狙うメリット

32952_3_pcあなたの出会い系における目的はなんですか?

ただ人妻とセックスさえ出来ればOK? それともある程度過程を楽しんだ上でセックスも楽しみたい?

そういった欲求や目標次第で狙うべき女性が変わってきます。

自分の目指しているものとターゲットが合致していなければ徒労に終わってしまうことでしょう。

逆にそれをしっかりあわせておけば驚くほど簡単に理想が叶うかもしれません。

わたしは出会い系サイトで人妻を大量に抱いてきました。とくに自分が魅力のある男だとは思いません。

ただ、きちんとターゲットを設定し、地道な努力とほんの少しのテクニックを活用しただけです。

出会い系サイトを利用するまではセフレを持ったり、いい年して百人切りを達成するなんて、本当につい数年前までの自分からは想像もつきません。

さて、あなたも自分を変えてみたいと思いませんか?

本日は、出会い系で人妻を狙うメリットをまとめました。

出会い系で人妻を狙うメリット

会えば必ずセックスできるから

最初は興味本位でも、ほとんどの奥様たちは出会い系で男性と会っちゃえばエッチしちゃいます。これは、経験上、ほぼ100パーセントです。

もちろん、男性側は100パーセントしたいわけですから、需要と供給が完璧に一致していますね。わたしが、出会い系サイトを始めたころ、想像以上に人妻の利用率が高いなぁと驚いた記憶があります。

出会い系で人妻を狙わなければ損ですよ。人妻の場合、会ってしまえばエッチまで持ち込むのは比較的容易です。最大の難関は、メール交換が始まるまでではないでしょうか。まぁ、これは、人妻に限ったことではないですが。

さて、「人妻がなぜ欲求不満になるのか?」といえば、家庭がうまくいってないからですね。

なにもセックスレスだけが原因ではありません。たとえ定期的なセックスがあったとしても、感情のない冷えたセックスは欲求不満をより増大させます。旦那にネガティブな感情をもっているからこそ、出会い系に登録しているわけですからね。

よく聞くのは子供ができたら女性としてではなく、母としてしか見られなくなってしまった、という話ですね。自分の名前を呼ばれる機会も少なくなり、「おい」だの「おまえ」だので呼ばれる日々。家にいるばかりで人との交流もなく、たまにあったとしても「◯◯ちゃんのお母さん」という立場。

若い頃はちやほやされて充実していたのに、いまじゃ枯れた毎日…と感じている人が出会い系に登録するわけですね。ですから、相手を呼ぶ時は必ず下の名前で読んであげてください。登録がニックネームであれば、これも折を見て下の名前を聞いてみましょう。

呼び方一つで距離感というのはグッと縮まります。それに、ライバルが居る際にも差別化になりますので、必ず心がけましょう。

出会い系は後腐れがない

普通の出会いは、断られたら恥ずかしかったり、周りに知られてしまうリスクがあったりしますからね。

リアルの交友関係で彼女や童貞卒業の相手を探す場合、失敗した場合のリスクが大きいです。告白して振られたり、エッチを迫ったりして断られると関係がギクシャクします。それに比べて出会い系の場合はもし振られても普段接する事がない人なので、人間関係上のダメージがありません。

出会い系サイトを利用している人妻は多い

それに出会い系サイトを利用している人妻はとっても多いんです。

カブトブレーントラスト社の調査「主婦のIT事情・出会い系サイトの利用」によれば、出会い系サイトを利用したことがある主婦は13%、相手と実際に会ったのは44%でした。

この数字をどう思いますか?

わたしは「とんでもなく多いな」と思いました。

だって13%のうちの44%ということは、13*0.44=5.72。つまり100人のうち約6人が出会い系サイトを利用して男と会っているということです。普通の主婦が、ですよ? これは、総数でいったらとてもおおい。

逆にわたしたちのような人妻を狙っている男からしてみたら、主婦の100人に6人は、出会い系サイトを利用すれば出会えるチャンスがあるということになります。

こんな時代に人妻出会い系サイトを利用しない手はありませんね。

不倫人妻は、独身女性とは考えていることが違う

32956_3_pc皆さん、人妻出会いは順調ですか?

中高年になると、ナンパや合コンなどの出会いを期待するわけにもいきません。出会いの範囲が狭まってしまったなーという印象を持たれている方もいるかもしれません。

でもいまや、ネットとスマホの普及によって自然と出会い系サイトが生まれ、もはや、若い世代で「出会い系サイト」という言葉を知らない人がいないほど認知されるようになりました。

このチャンスを生かさない手はありません。

出会い系サイトには、不倫をもとめている人妻女性がたくさんいます。ぜひ、そういう女性と出会って、お互いの幸せを探してください。不倫はセックスが本当に簡単なんです。

特にオススメは人妻熟女

初心者にオススメなのは人妻。

迷うならまずは体験してみてはいかがでしょうか?

出会いやすさを狙うなら、人妻のなかでもとくに熟女がおすすめですよ。

40歳を過ぎた、成熟した大人の女性が多い出会い系サイトっていうのがあるんです。普段の生活では、熟女好きの皆さんもなかなか街中で声なんてかけれませんよね。相手が望んでいるかどうかもわかりません。

ネット上の出会い系サイトに登録しているということは、その時点でエッチな関係を求めているということなので、目的がはっきりしていて声をかけやすいんです。最近は40を過ぎてもキレイな人が増えてきましたよね。そんな、いつまでも美しく、成熟した色気のある熟女との出会いを楽しんでみませんか?

熟女との出会いは簡単なんです。とくに40歳を超えてる熟女との出会い確率はすごく高い。なぜなら、出会い系で熟女は人気がないからですね。

だから、もしも、あなたが熟女好きなら最高です。世の男性は若い女性にばかり気を取られて、熟女の魅力に気づいていないのですから。

出会い系サイトでの熟女との出会いは楽勝すぎます。出会いサイトで中高年や熟年が女性を見つけるのは一苦労だという印象があるかもしれませんが、そうでもありません。

きちんとしたサイト選びが重要だというだけです。

実際わたしは10人以上の女性と出会っていますしたくさんの女性とセックスをしました。

わたしはもともと、そんなに人付き合いが得意な方ではありませんでしたが、物は試しと出会い系サイトの世界に入りました。まずは最初の勇気が大切ですね。

人妻とのセックスは最高

それに、人妻とのセックスは、旦那から人妻を寝取っているという興奮が最高なんです。簡単でセックスが最高なんだから手を出さない理由がありません。

32952_1_pc

一盗二婢三妾四妓五妻という言葉をごぞんじでしょうか。

いっとう・にひ・さんしょう・しぎ・ごさい

と読みます。

一番楽しいのは人妻を盗むこと、つまり他の男の妻との密通、二番目に楽しいのは妻の目を盗みながら自家の若い女中や下女を抱くこと、三番目は妾を囲うこと、四番目は娼婦・娼妓を買うこと、最後の五番目が妻を抱くこと、という意味です。

昔からあるこんな言葉の中に「男が一番興奮すること」が何なのかの真実が隠れているのですね。

既婚女性は独身女性と考えていることが違う

不倫出会いで気をつけなくてはいけないのは、独身女性とは考えていることが違うということ。

ほとんどの不倫希望人妻は、疑似恋愛の相手を求めているんです。そのことを強く念頭に置きましょう。

そもそも、独身女性の場合は、

  • 割り切った年上男性との出会いがほしい
  • 金銭面で余裕のある人と出会いたい
  • 経験豊富なセフレ募集
  • 年上好み

といった特徴があります。

32950_pcいっぽう、既婚女性の場合

  • もう一度女に戻りたい
  • 旦那との関係に不満がある
  • 浮気の仕返し
  • 刺激が足りない

なんていう違いがあるんです。そのことをわかっているのといないのでは、出会いの確率に大きな差が出てきます。

まずはデートに持ちこむ

とにかくデートまで持ちこむということ。デートさえできればあとは比較的簡単なのが人妻との不倫なのです。

いざ不倫出会いでデートにまでこぎつけたら次に気をつけることはなんでしょう。

あなたが大人の常識を持ち合わせた紳士であるならば余裕をもって相手の女性に接してあげてください。大人の男性として相手をエスコートしてください。

初対面の女性との食事なりデートなり、初めてのときとなるとどうしても緊張してしまうものです。ここでテンパってしまわないのがモテる秘訣です。まずは清潔感のある服装、髪型で興味を持ってもらうことが大事です。

個人的な意見ではヒゲや長髪、極端な色白・色黒はあまり良くないようです。平凡でもいいので、まずはアイロンかけをしたあまりくたびれてない服をきて行くべきです。

女性は小物好きなので、靴やバッグも気を抜かないようにします。スニーカーでも革靴でもどちらでも良く、それよりもかかとを踏んでいないというところや汚れていないかどうかが問題のようです。

バッグはボディバッグにしておけば大抵似合うので楽です。初対面だからこそ清潔感を出して挑みましょう。

LINEを教えてくれないからサクラだな!……というのは、間違いだった!?

Escala_20141115_4050906_1

いまや国民的なインフラとなりつつあるLINE(ライン)ですが、プライベートではもちろんのこと出会い系でも活用している、という男性はおおいことでしょう。スタンプって機能は革命的でしたよね。あれがあるだけでなんだか会話に華が添えられたようになりますし、どう返事したらいいんだろう?と困るような送信に対しても無難でかわいいスタンプをぽちっとしておけば、なんだか丸く収まったような雰囲気になるのも便利ですよね。

それに、LINEでの会話って出会い系サイト内での無味乾燥としたやりとりよりも人間味がある感じで、ぐっと仲良くなれそうな気がする!?のはわたしだけではないと思います。それに、なによりハピメやワクワクなどは送信に50円というわずかながらもお金がかかってしまいますが、LINEに関してはもちろん無料!なのでいつでも気楽に送れるというのも大きなメリットです。そんないいことづくめのLINEなんだから、はやくそっちでやり取りしたい!と思う男が大勢いるのは当たり前なこと。

でも……こんな経験ありませんか?

とりあえずサイト内でプロフィール交換も済ませて、2~3通のやりとりをして世間話モードに入ったな?と感じた頃を見計らい「よかったらLINEのIDを教えてくれませんか^^」と切り出してみたものの「あ、ごめんなさい^^;LINEはもうちょっと仲良くなってからでおねがいしますね^^」という返事!またか!おまえもか!何だよコイツもサクラだったのか……はぁ。とがっかりしてしまった経験。あると思います。

わたしも何度も経験しましたし、そのたびに舌打ちをしてまいりました。いくら慎重にならざるをえない人妻だからといって「いやいや、その仲良くなるためにLINEの交換をするんだろうが!!」と一度ブチ切れて送ってしまったこともあります(笑)当然返事は来ませんでしたが、その時は少しばかり気持ちが晴れたものの……今思い返せば、失礼なことをしてしまったなと反省しています。

それもそのはず、なにせ「LINEを教えてくれない子=サクラや業者」という思い込みは、大きな間違いだったのですから。

人妻はみんな、LINEを聞かれてうんざりしている

まずわかっておきたいのは、出会い系の人妻は今、ほとんどの男からLINEのIDを聞かれてうんざりしている、ということ。わたしのように2~3通のやりとりを経てからLINEのIDを聞くというのはまだ良心的なほうらしいのですが、ひどいケースだと1通目から聞いてくる男も多いんだとか。それも自己紹介なんかもなにもせず、ただ「LINEのIDおしえて?」だけという、実になんとも頭の悪い失礼なメールらしいんです。

そんなメールを毎日のようにもらっていたら、うんざりしてしまうのも当たり前の話ですよね。彼女たちの中では、そういったイメージが蓄積されていくにつれて「LINEのIDをいきなり聞いてくる男=クズ男」という図式が成り立ってしまうのも無理はありません。

じゃあLINEのIDを聞いただけで嫌われてしまうということ?

と、思うのは早計です。人妻側からしても、いちいちログインが必要だったり、文字しか使えない出会い系サイト内でのやりとりというのは面倒に感じるそうで、LINEのほうがよっぽど楽、と感じているそうです。でも、教えたくない奴には教えたくない!というなんとも感情的でありながら合理的な判断をしているわけなんですね。つまり、この人になら教えてもいいかな、と思ってもらえればいいわけです。

そのためにはサイト内でやり取りをすることがイチバンです。デートに関してだって、何回目のデートでセックスに持ち込めばいいのか?なんてことが話題になるように、◯回目からだったらいいよ、という心理的なボーダーラインというのは確実に存在するのです。

LINEのIDに関してだって同じです。わたしは今まで自己紹介だけ済ませたらさっさと聞いてしまっていたのですが、それではちょっとだけ早すぎたみたいですね。また、自分からアプローチをしたのか、あるいは人妻のほうからまずメールをくれたのか、によっても違ってくると思います。わたしの体験からいうと、ベストなボーダーラインというのは……

  • 女の子からメールをくれた場合:4~5通目
  • 自分からメールをした場合:9~10通目

くらいがまず間違いのないあたりかなと思います。サイト内で10通というとやりすぎのようにも感じますが、逆に言えばそれだけやる男なんてのは滅多にいないわけですから、それだけ彼女にとっても特別な男として認識してもらえるというチャンスでもあるわけです。

10通やり取りといってもかかる費用は500円ですからね。今の時代、牛丼大盛りやマックのバリューセットだってそれくらいかかるのですから、それで女性から絶大なる信頼をもらえると思えば安いものではないでしょうか?

なにせ、それだけで「この人は他の男とは違う。ちゃんとわたしのことを思ってくれてる人なんだ」と勘違いをしてくれるわけなんですから。当然、その後のデートやセックスまでの肯定においてもがぜん有利になるわけです。

事実、そうして10通やりとりをしてからLINEの交換をした女の子というのは、明らかにそれまでの2~3通で交換していた女の子とは反応というか、会話のテンションだったりが違いました。あ、これ俺になついてくれてるな?と感じてしまうくらいに親密感がありましたし、会ってからの態度というのもこれまでの女の子とは大きく違いましたね。

会っていきなりホテルに誘っても笑顔でついてきてくれるくらい、わたしに全幅の信頼を寄せてくれる子もいました(笑)そして、まさにその女の子から今回のLINEについての話を聞けたわけですね。

「◯◯さんみたいにちゃんとサイト内での話に付き合ってくれる人なんて今まで一人もいなかったから……この人とは絶対に会いたい!って自分から思っちゃったの」

と感じてくれていたそうです。それまでは先程も書いたように、1通目からLINEを強要してきたり、さっさとLINEに移行しようとしているのがミエミエの男ばかりでLINEアレルギーになりかけていたそうですから。

そしていま、そういう人妻はとても多いのが実情です。つまり、裏を返せばそれだけチャンスでもあるわけです!LINEの交換をあえて遅らせることで、絶大な信頼を得ることの出来るこのテクニックは絶対にやっておくべきですよ!