妊婦の人妻をセフレにしてみよう

世の中には、「妊娠中もガンガンエッチする」女性がいます。いや、「妊娠中だからこそガンガンエッチする」女性がいるのです。もちろん出会い系で会った相手とです。

「安定期以降は医学的にもエッチOK」なわけだし、妊娠のリスクがありませんからね。

ぜひみなさんも、妊婦の人妻をセフレにしてみませんか?

出会い系サイトに生息する妊娠中の人妻

出会い系サイトに登録している自由恋愛・セフレを求める女性会員には、妊娠中の女性も存在しています。

妊娠中でも体調が悪くなければ、性欲は妊娠前と変わらずあるそうです。

旦那さんの子供がお腹の中に入っていながら他の男とセックスをすることは、道徳的には複雑ですけどね。

知りたい!妊婦のカラダ

妊娠してお腹が大きくなってきた女性にはエロさを感じない、そんなに気になれないという意見が一般的でしょう。神聖なものを汚してはいけないという心理が働くのだそうです。しかし受け止め方は人それぞれ。妊婦マニアに言わせると、カラダが驚くほど変化した妊婦相手のエッチほど興奮するものはないのだとか。

妊婦になると、個人差はありますが、乳腺が発達して巨乳になります。当然乳輪もデカくなり、色は驚くほど黒くなります。そしてアソコも同じように、大きくぷっくりとボリュームアップするのだそうです。出産に備え体重もアップし、全体的に丸っこい身体つきになります。

こんなインパクトボディは妊婦相手でしか味わえないと思うと、プレミア感があるのかもしれませんね。また人によっては出産前から母乳が出始める場合もあるので、母乳プレイをしたいマニアも必見です。

好みの妊婦ボディの見分け方

妊婦マニアの中でも、分かりやすいド迫力妊婦ボディが好きな人もいれば、「妊婦?」と疑うほどのキレイな妊婦ボディが好きな人もいるでしょう。どんなタイプの女性がどのような妊婦ボディに変化するのか、身体的な特徴を知っておくと想像が膨らみます。

先述した通り、妊婦になるとバストサイズが2カップ以上大きくなります。もともと巨乳な女性は、妊娠するとダイナマイト爆乳&爆乳輪です。とことん大きなオッパイが好きな人にはお勧めですが、初心者には刺激が強すぎるかもしれません。逆に妊娠前は貧乳と言われる部類のオッパイの女性は、妊娠するとハリのあるお椀型のCカップ~Dカップくらいの美オッパイになるそうです。しかも小さめオッパイサイズのミニ乳輪だから、妊娠してボリュームアップしても乳輪は程よい大きさ。乳首も小ぶりで可愛いサイズです。

また局部の色の変化を予測するなら、唇の色をチェックしてみましょう。皮膚が薄い唇の色は、アソコの色とおおむね比例していると言われます。黒ずんだ色黒タイプの女性は、妊婦になるとおよそ真っ黒です。逆に唇にあまり血色の無いタイプはブラウン~ベージュ系に、赤みのある唇を持つ女性は、アソコが真っ赤に染まってくると予想できます。

妊婦の落とし方

出会い系サイトには、自らプロフで妊婦を公言している人妻もいます。「妊婦はちょっと……」という男が多いのは、妊婦好きからすれば競争率が下がってありがたい話ですね。

妊婦を落とすポイントは、妊婦を「女」として扱うことです。妊婦になると「母」というイメージが先行して、周囲からも旦那からも「女」と認識されることが少なくなると言います。でも本人にはしっかり性欲がある場合、わざわざ出会い系サイトに男との出会いを求めに来るのです。

妊婦をその気にさせるためには、女の部分をどんどん褒めましょう。「オッパイが色っぽい」「お腹がセクシー」「妊婦フォルムに萌える」などと妊婦であることを肯定したうえで、エッチなアプローチを仕掛けていくと効果的です。

妊婦がセックスに開放的なワケ

妊婦は出会い系の中ではごく少数ではあるものの、アプローチしてセフレに持っていける確率は非常に高いのが特徴です。なぜかというと、妊婦なのに出会い系をしている時点でセックスに積極的であること、また「誰とエッチしても今は妊娠しない」という安心感が理由として考えられます。

パートナー以外の男とセックスすることで女性が背負うかもしれない代償、それは望まぬ妊娠です。だから男性よりも女性の方が、簡単にはセックスに積極的になれないのかもしれません。しかし妊婦の場合は、性病のリスクは変らずあるものの、妊娠の心配についてはゼロ。だからこそ出会ってからホテルまでの距離がタイトになるのです。

妊婦とのセックスで気を付けるべきこと

流産の確率が低い安定期であっても、妊婦とのエッチにはいくつか注意することがあります。まずお腹を圧迫しすぎる体位はNGです。子宮が刺激されて、秘密の情事の最中に産気づかれたら大惨事です。また膣の奥にある子宮口を突きすぎても、同じように子宮に過度な刺激を与えるので注意しましょう。

お腹が大きくなってくると身動きがとりにくく、少しの運動でも疲れやすいので、その辺は紳士的に十分配慮してあげることが大事です。相手のペースに合わせて毎回気持ちよくさせてあげれば、セフレ相手に「妊娠したかも」なんて脅迫されるリスクのないセーフセックスがタダでできるのです。

その他は、妊婦であろうと、セックステクニックは同じ。「人妻の性欲をむき出しにする4つのセックステクニック」をごらんになって妊婦の性欲をむき出しにしてください。

人妻と出会えるオススメ出会い系サイト

あなたがセックスをしたいなら、どんなに努力をしてでも人妻セフレを作るべきです。

考えてみてください。一度、人妻のセックスフレンドを作ってしまえば、その後、何度も何度も何度もセックスできるんです。

はっきりいって、人妻にとって、気が合って安全なセックスフレンドなんてなかなか作る機会はありません。だから、すこしくらい不満があったとしても、手放したりはしないのです。

セックス1回あたりたったの100円

もしも人妻と100回セックスができるなら、出会うまでに1万円かかったとしても、1回あたりたったの100円です。100円で素人の女とセックスできるんです。

そう思えば、費用と労力をかける気力も湧いてきます。

それなのに、風俗のほうがけっきょく得だから……とか、ブサイクしかいないから……なんていいなら出会い系を利用しない人がいかに多いことか。

たしかに1回しかできないんだとしたら、風俗のほうが得かもしれません。1人としか出会えないならブサイクしかいないのかもしれません。

だったら、時間をかけて100回セックスできる美人の人妻を見つければいいではないですか。

わたしは、美人の人妻を3人ゲットしたことがあります。3人とも100回以上、セックスをしました。

それでかかった費用は、食事代・通信費などすべて含めても10万円程度です。世の中に、これほど有利な投資がありますか? 投資信託・株・FX、そんなことをしている場合ではありません。

出会い系サイトで人妻のセックスフレンドを見つけてください。

あなたの労力だけで、数百万円の価値のある「人妻とのセックス」を手に入れることができるのですから。

人妻は出会い系サイトで出会う

人妻と出会うには出会い系サイトを使いましょう。

同僚・ナンパ・友人など、リアルの世界で出会った人妻に手を出すことはリスクが高すぎます。バレたらトラブルになる可能性が非常に高い。

その点、出会い系サイトなら、こちらの個人情報を教えずに、人妻と会うことができるので、リスクはほとんどありません。それは、人妻のほうもわかっているから、出会い系サイトを利用しているのです。

出会い系サイトにいる人妻は非常にレベルが高いのです。

たとえば、独身のかわいい女子大生は、出会い系サイトなんて使わなくても男がどんどん寄ってきます。出会い系サイトを使う必要はありません。

でも、美人の人妻は、男が寄ってきても、リアルの世界でセックスをするわけにはいかないのです。バレたら人生の破滅です。彼女たちは、普段は貞淑な人妻を演じなければならないのですから。

だから、「出会い系サイトの人妻を狙う」ということは、美人とセックスするうえで、最良の方法といえるのです。

わたしは、人妻に絞って出会い系サイトを利用するようになって、美人とセックスできる確率が格段に上がりました。もはや、女子大生・独身OLなどはいっさい相手にしていません。

わたしは彼女が欲しいわけでも結婚相手が欲しいわけでもありません。ただただ美人と無料でセックスがしたいだけなのです。その願望を満たすためには「出会い系サイトの人妻を狙う」以外のことをする必要がないのです。

人妻と出会えるオススメ出会い系サイトランキング

さて、人妻と出会うとはいっても、どの出会い系サイトを使うのかで、会えるかどうかはほぼ決まってしまいます。出会い系サイト選びを間違えるとぜったいに人妻に出会うことはできません。

世の中には「出会えない系サイト」が何千何万と存在します。ぜったいに「出会えない系サイト」を選ばないでください。

いよいよ、オススメの出会い系サイトの紹介です。

こちらで紹介している出会いサイトはすべて『登録無料』です。初回登録時に無料ポイントをもらえるので、そこで出会えなければ、そのままやめても問題ありません。

男性はポイント制(メール1通50円)です。しかし、ポイントを購入しない限り料金はいっさい発生しないのでご安心ください。

また、大手サイトでは電話番号認証がありますが、こちらは、年齢確認・業者対策のための認証ですので安心してください。逆に、電話番号認証がない出会い系サイトを利用するのは避けるようにしてください。

 第1位 PCMAX

  • 会員数 : 900万人
  • ポイント : 1通50円
  • 設立年 : 2001年
  • 管理人がこれまでにセックスした人妻の数 : 22人(2017年10月時点)

ただセックスをしたいということなら、いちばんのオススメ。大都市での看板やレディコミなどにたくさん広告を出しているので女性会員が多いですね。既婚者専用の掲示板があるので人妻との出会いにはぴったりです。

登録時50P+本人確認50Pで、合計100ポイント(1,000円分)がもらえます。

 PCMAX公式サイトはコチラ

 第2位 ハッピーメール

  • 会員数 : 1300万人
  • ポイント : 1通50円
  • 設立年 : 2000年
  • 管理人がこれまでにセックスした人妻の数 : 14人(2017年10月時点)

累計登録数1300万以上の日本最大の出会い系サイトです。だれでも名前は聞いたことがあるでしょう。

30代向けの女性誌に広告を掲載していることが多いので、年齢層はPCMAXよりも高め。熟女狙いなら一番のおすすめです。

登録時50P+本人確認50P+メルアド登録20Pで、合計120ポイント(1,200円分)がもらえます。メール送信50円。メール開封もプロフ閲覧も無料です。

1日1回全ての掲示版へ書き込みが無料でできます。つまり4つの掲示板に1日1回書きこみをしても無料ということです。

 ハッピーメール公式サイトはコチラ

 第3位 ワクワクメール

  • 会員数 : 500万人
  • ポイント : 1通50円
  • 設立年 : 2001年
  • 管理人がこれまでにセックスした人妻の数 : 8人(2017年10月時点)

お試しポイント120P(メール24通分)がもらえます。

 ワクワクメール公式サイトはコチラ

 第4位 イククル

  • 会員数 : 1000万人
  • ポイント : 1通50円
  • 設立年 : 2000年
  • 管理人がこれまでにセックスした人妻の数 : 4人(2017年10月時点)

お試しポイント100P(メール20通分)がもらえます。

 イククルの公式サイト

4サイト全てに登録すれば、お試しポイントだけで50通以上メールをすることができます。

まずはきちんとプロフィールを書いて、掲示板に書き込みましょう。人妻のほうからメールが届くのを待って返信していけば、無料で人妻と会える確率はかなり高いでしょう。

プロフィールは出会いを左右するもっとも大事なポイントです!

はじめましてこれから出会い系に登録しようと思っている人はラッキーです。なにせ、一番大事なことを知った上で始めることが出来るのですから。すでに出会い系に登録している人もラッキーです。あなたが出会えることができなかった理由が、ここでわかるのですから。

出会い系において、出会えるか出会えないかを決めるもっとも大事なことはなんだと思いますか?

それはしっかりとしたプロフィールの書き方を知ることです。「ファーストメールの文面を考える」なんかよりもよっぽど大事なことです。出会い系でもっとも大事なのに、もっとも軽視されているのがこの部分なのです。

たとえば、出会い系で出会える確率を高める要素に「ルックス」と「収入」があります。しかし、そのどちらかが優れていたとしても、あるいはその両方を兼ね備えていたとしても、プロフィールページが適当だったらそもそも出会えるチャンスが発生すらしないのです。

いくらイケメンだとしても自分の写真を載せないことにはそれが伝わりませんし、いくら年収1000万を超えていてもプロフィールにそれだけしか書かれていなければ相手を警戒させてしまうか、そもそも冷やかしとして相手にされないかです。

出会える人ほどプロフィールがしっかりしており、出会えない人ほどプロフィールがいい加減なことは明白です。もしかして、あなたも「はじめまして。よろしくお願いします」とだけ書かれたプロフィールにしていませんか?

そんなプロフィールじゃ絶対に会えません。いいですか? 「絶対に」です。みずから出会いのチャンスをみすみす潰しているようなもので、時間とお金の無駄でしかありません。

ワクワクメールやハッピメールであれば同性(男性)のプロフィールページも見られますので、100件くらいを調べてみました。ここで言う「いい加減なプロフィール」というのは

  • 自己紹介になにもかかれていない
  • なにか書かれていたとしても短文すぎる
  • 写真もアバターも設定されていない
  • 年齢や身長・体重・年収などが未記入
  • プロフィールページ背景の色が白のまま
  • 趣味など個人の特徴をイメージできる項目がない

などなど、探せばいくらでもあるようなプロフィールページのことです。こういった「無価値なプロフィールページ」にしている男性は実に7割以上にものぼりました。つまり、「100人中70人の男性が出会う対象として見られていない」というわけです。これってけっこう衝撃的ではありませんか?

今までは、1人の女性に、わたし以外に10人の男性がメールを送ってアプローチをしていた場合、10人全員がライバルだと思っていました。しかし、現実ではわずか3人しか競争相手になっていなかったのです。プロフィールページがいい加減な男性は、争いに参加する資格すらないわけですね。

これはあまりに虚しいものではないでしょうか? 「この事実を知っているわたし」からすれば、ライバルが勝手に自滅していくれているのでありがたいことなのですが、もし自分がその立場だったら……と思うとゾッとします。「本人が無駄なことをしていることに気づいていない」という事実はあまりに恐ろしいものではないでしょうか。

つまり、出会い系でもっとも力を入れるべきなのはプロフィールを作成する時間です。最低でも1時間、できれば2~3時間くらいは悩んでください。

仮に3時間かけてプロフィールを練り上げたとしたら、そのプロフィールは今後ずっと使えるのです。もし、ファーストメールの文面を3時間かけて練り上げたとしても、その人にしか使えない一度きりのものになってしまいますし、返事が返ってくるとは限りません。

しかし、プロフィールは永続的に効果を発揮してくれます。それも確実に!

入会と同時にプロフィールを記入させられる罠

なぜ多くの男性がプロフィールをいい加減にしてしまうかといえば、それは入会と同時に記入を求められるからなんですね。出会い系に入会するときの男性の心理とは、それはもう期待に満ち溢れているわけです。

一体どんな女性がいるんだろう? 自分の近くにいい人がいるだろうか?写真を見れたりするのだろうか?その中にはエッチな写真もあったり……? などなど、とにかく出会いとセックスのことしか頭にないわけです。

「はやく女性のプロフィールを見たい!掲示板をみてみたい!好みの条件で検索したい!はやくはやく!」

と、気ばかりが焦ってしまうんです。そんな時に「プロフィールを入力してください」なんて言われてもさっさと先に進みたいんですよ。そのため、テキトーに「はじめまして。よろしくお願いします!」といった何の価値もない文章をいれてしまうのも無理は無いといったところです。

プロフィール

例えばこんなプロフィール……誰しも一度くらいは見たことがありませんか? 果たして、こんなプロフィールの男性と出会いたいと思う女性がいるでしょうか? いるわけがないですよね。

さすがにここまでひどくはなくても、いい加減なプロフィールで済ませてしまう人はたくさんいます。「趣味は読書と映画鑑賞です」なんてのもほぼ無価値です。多くの人が似たような趣味を書いていますし、自分ならではといった個性がまったく見受けられませんからね。

大事なのは、「他の人とは違う」「どんな人なのかイメージしたくなる」「なんとなく気になることが書かれている」などなど、なんでもいいから印象を残せるプロフィールです。当り障りのない、無難なプロフィールは相手の心になにもひっかかりません。

良いプロフィールとはどんなプロフィールか

それでも、ただ文章や情報を増やせばいいわけではありません。あくまでも「必要なことを簡潔に伝える」ことが、人にはもっとも伝わりやすいですし印象に残るのです。

ページを開いて改行もされていない文章がずらっとみっちり並んでいたとしたら、それだけでもう見る気をなくしてしまいますよね。あくまでも人が読むものだ、という意識を持って句読点の使い方や適切な改行など、文章を書く時に気をつけたい基本的なことを抑えておきましょう。

例えば趣味の欄。多くの人は趣味の名称だけを羅列して書いてしまっています。「趣味:読書・映画・登山・釣り」とだけ書いているシンプルすぎるパターンです。そういう場合も、ちょっと書き方と情報を加えるだけで全然印象が違ってくるんです。

読書が趣味なら好きな小説家や本のタイトルを書けばいいし、映画だって同じことです。いろんなジャンルがある小説や映画の中で、どんなジャンルが好きなのか?を描くだけでも違います。

「スターウォーズシリーズが大好きです」だったり「司馬遼太郎をよく読んでいます」といったような、具体的な情報があることも大事ですね。その人ならではの個性がちょっと見えてくるだけでも全然違います。

釣りや登山などのアウトドアが趣味な人でしたら、どんな場所によく行くかをちょっと付け加えておくといいでしょう。そうするとリアリティがでてイメージしやすいですし、女性がメールをする際にも「◯◯山にいかれたんですね。どんなところでしたか?」と話題のキッカケにもなってくれるのです。

実際、わたしたちが女性にメールを出す前にはプロフィールを見ますよね。そして、趣味やその女性が興味ありそうなことに関する情報を読み、その中で自分が話題にできそうな共通点をみつけてから、その話題をちょっといれてまずはメールをする……というのがよくあるパターンです。これは大正解の王道パターンです。

なにもそうしているのは男性だけではないんです。女性だって見知らぬ人に話しかけるときは共通の話題が必要になりますから、プロフィール検索なり掲示板を見たりで、いろんな男性を探そうとします。「一体どんな人なんだろう?」という興味を持った上でプロフィールページを見てくれたわけです。

そこでなんの情報も価値もないプロフィールページを見せてしまえば「え、なにこの人……どんな人なのか全然わかんない」と、がっかりされてしまいその時点で興味を失われてしまいますからね。

プロフィールページは自分の顔であると同時に、釣り針でもあります。自分に興味を持ってくれた女性がさらに興味をもって食いついてくれるのか、それとも興味をなくして出会いのキッカケを失ってしまうのか……それは、プロフィールページにかかっているのです。

他の男性のプロフィールを参考にする

とはいえ、いきなり良いプロフィールを書いてといわれても書けるものではないですよね。それに、プロフィールなんてのは人それぞれですし、お手本を参考にして丸写しをしたところで自分に合っていなければ何の意味もありません。

個人的なオススメとしては、まずはなんでもいいのでテキトーにプロフィールを記入して入会し、まず女性を探す前に他の男性のプロフィールを見まくることです。ワクワクメールやハッピーメールでしたら、検索の条件で女性から男性に変更すればずらっとリストにでてきますので、いくらでも見ることが出来ます。

ワクワクメールもハッピーメールもプロフィールを閲覧するだけなら無料ですから、それこそ登録している人数だけ参考書があるようなものです。これを活用しない手はありませんよ!

まずはいろんな男性のプロフィールを見てください。「あー、こいつはダメだな」「この人はまじめに書いてるな」「なるほど、こういう表現の仕方があるのか」と参考になる部分がたくさんあると思います。

自分が良いと思ったものを女性が良いと思うかどうかはわかりませんが、少なくともそうやって一生懸命調べて工夫したプロフィールはわかるものなのです。「あ、この人はちゃんとプロフィール書いてる」という気持ちが伝わるのです。

同じ趣味の人を探して参考にするのもいいですし、なにか興味をそそられる趣味などがあったら真似してみるのもいいですね。人間だれしも何かを始めるときは、まずは模倣からです。赤ちゃんがしゃべるのだって親の真似ですし、歩くのだって真似をするところから始まるのですから。

顔写真は絶対にプラス印象。最低でもアバターの設定を

男性は自分の顔写真を載せることに抵抗のある人が多いことでしょう。だからこそチャンスだともいえます。男性で顔写真を載せているひとはまだまだ少数派です。

しかし、自分が女性のプロフィールページを見るときはまず写真が気になりますよね? これから会うことになるかもしれない人なんですから、どんな顔なんだろうと気になるのは当然ですし「ブスだったらやめておこう」という見極めの判断要素のひとつにもなります。

それは女性も同じことです。むしろ出会い系で会うとなると女性のほうが抱える不安は多いのですから、なるべく会う前に相手のことを色々知りたいと思うものです。顔が見えるのと見えないのでは安心感が全然違いますからね。

「でも、自分はブサイクだから顔をのせたら誰もメールをくれなくなるんじゃ……」と不安に思う人もいるかもしれません。しかし、それでも絶対に載せたほうがいいです。だって、会うことになったらどのみち顔と顔を合わせることになるのですから。写真を見てスルーされてしまうか、それとも会ってからフラれるかの違いです。

会ってからフラれるのは精神的なダメージもありますし、会うまでにその女性に費やしてきた手間や時間もまったくの無駄になってしまいます。しかし、写真を載せていることで「自分の顔を好まない女性」なら、そもそもやりとりが始まりません。つまり手間もお金も無駄になることがないのです。

それに、若い女の子ならともかく、人妻や熟女であれば男性の容姿はあまり重要視しません。真面目そうな写真をのせておくだけで、必ず印象はプラスになります。

もしもどうしても写真を載せたくないということなら、まずは顔がわからないけど雰囲気だけはわかるような写真でもいいから載せたほうがいいです。

写メを掲載するにあたって、ルックスが悪くてもあまり気にする必要はありません。多少、写りのよい写真を使うようにすれば、とくに問題ありません。それでも写真がないよりはぜったいに出会いの成功率は上がります。

また、いろいろな角度からの撮影を試し、どの角度が一番魅力的に見えるか比較してみましょう。一般的には、髪のわけめのほうから撮影すると明るく映ると言われています。

その他、「顔の周囲に手を添えると知的に見える」「口角を上げて、上の歯だけを見せるようにすると、素敵な笑顔になる」などのテクニックもあります。

バストアップの写メを撮る人がいますが、基本はできるだけ近くで撮ってください。

ちょっと極端すぎるくらい目を大きく開けましょう。おかしくなるかもなんて気にする必要ありません。何枚か撮影したら、自然なものもあります。

ちょっとだけ斜めに撮影すると、顔が小さく見えます。オススメは斜め上です。二重あごも防げます。

プロのカメラマンは一生懸命ライティングしますよね。明るいほうが良い写真が捕れます。

どうしても上手く撮れない人はセルフタイマーを活用しましょう。ブレが防げます。

背景はゴチャゴチャしているとあまり印象がよくありません。

なによりも大切なのは笑顔です。リラックスして笑顔を忘れずに!

それでも、恥ずかしい自信がないという人は、アバターの設定くらいはしておきましょう。初期設定の裸のアバターだったり、未表示だったりするのは本当に印象が悪いです。「この人はまじめに出会う気がないのね」という判断をされてしまいます。

アバターのパーツには有料のものもありますが、無料のものだけで構いません。なにもおしゃれでセンスのある設定にする必要もそんなにありません。もちろんそう出来るならそれにこしたことはないですが、大事なのはアバターを設定することで「人に見られることを意識している」というアピールが出来る点です。

女性のプロフィールページを見ればわかることですが、多くの女性はアバターの着替えを楽しみ、背景の色やパーツをいろいろと組み合わせてデコレーションすることを楽しんでいます。自分のページをそれだけ凝るんですから、人のページを見る時だってそこに注目をするわけです。

きちんと設定している男性のプロフィールを見ると「あ、この人はそのへんの男とは違うんだ」という一目置かれる存在になりますからね。出会い系においてはこのちょっとした差が大きな差となるのです。

プロフィールはできるだけこちらの情報を出す

出会い系はギブアンドテイクです。こちらが情報を出さなければあちらも情報を出してくれません。

とくに人妻は出会いに関して警戒心が強いのです。こちらの詳細を伝えるほど、あちらは警戒心を解いてくれます。

たとえば、名前をつけるときに、「素敵なおじさん」とするよりも「佐藤ゆうじ」にしたほうが、たとえウソの名前だとしても出会いの成功率は上がります。

ただ、詳しい住所や職場など、極端な個人情報を書くのは危険なので気をつけてください。

また、できれば具体的に、「スポーツが好きです」よりも「サッカーが好きです」と書いてください。間口を広げようとして、結局だれにもターゲットにされないという事態を防げます。

たとえば、「ずっと彼女がいなかったので、勇気をだして彼女を探しています。もしよかったらメールをください。よろしくおねがいします」なんていうプロフィールでは、あなたが誰なのかぜんぜんわかりません。

あなただったら相手のどんなことを知りたいのかを想像し、出来る限り具体的に書きましょう。

だからといって、書いては行けない情報もあります。。あまりに詳しい個人情報を書いてしまうと、それが悪用されてしまう心配があります。当サイトで紹介している出会い系サイトは安心サイトばかりですが、サイト内に潜り込んでいる悪徳業者がたくさんいるので注意が必要です。

ポジティブに書く

ネガティブなことは書かないようにしてください。人妻は普段のつまらない単調な生活の中で、いっときの楽しみのために出会い系サイトを利用しています。あなたがどんなにネガティブな人だとしても、そのことを正直に書く必要はありません。

また、実際にあう場面を連想させるようなことをかいてください。好きな場所・好きな食べ物などを書いて、実際に会う時が来ることを連想させるようにしてください。

最初から女性にたいするリクエストは書かない

たとえば、「近くに住んでいる女性希望です」「すぐに会える女性希望です」「若い女性希望です」など、女性に対するリクエストは書かないほうが良いでしょう。たとえば、自分が若い女性であったとしても「若い女性希望です」と書いている男性にメールはしないものなのです。間口は広く考えましょう。

 

プロフィールの名前の大切さ

出会い系で使用するハンドルネーム・ニックネームは、あなたが思っている以上に大切です。そして、女性の男性にたいする印象はハンドルネームで大きく変わります。

女性の名前をざっと見てみてください。

  • 佐藤美咲
  • yui
  • みどり
  • 四宮サナエ
  • ニャンニャン
  • 人妻ゆりこ
  • クッキー

などという名前の女性がいたとしてどうでしょう。名前を読んだ時点で印象がぜんぜん違うんじゃないでしょうか。メールのタイトルや本文をいっしょうけんめい考えて、ハンドルネームに無頓着な人が多すぎます。ハンドルネームもきちんと考えて付けましょう。

使ってはいけない名前

たとえば、

  • Moon chiled
  • vanilla
  • シナモン
  • トワイライトナイト
  • 綺羅(キラ)

なんていう名前の人がいます。

やめたほうがよろしいと思います。

まともな女性がそんな男性を相手にするでしょうか。

そもそも、実際に会うことになったら
「はじめまして、む~んちゃいるどです」って挨拶するんでしょうか。

その時になって気づいても遅いんです。

こういう名前をつけましょう。

タクヤ・ユウキ・マコト

みたいな名前も付けてはいけません。なぜなら、同じ名前の男性が出会い系サイトには大量に存在するんです。

だからせめて苗字は付けるようにしましょう。

佐藤ユウキ

みたいなフツーのものでかまいません。フツーが一番なんです。もちろん本当の名前である必要はありません。

小さなテクニック

また、もしもハンドルネームの文字数制限がある程度長ければ、名前の後ろにちょっと一言コメントを付けるというのも効果的です。

たとえば、

佐藤ユウキ(職場は新宿です)

なんていうのも効果的です。

もちろん、普通出会い系サイトに居住地域を設定できる場所があるんですが、職場が別の場所ならチャンスが広がりますし、なにより目立つことができます。

逆の立場になって考えてみてください。

仲村恵利(職場は新宿です)

という名前の女性がいて、あなたの生活圏が新宿だったら、メールしたくなりませんか?

よくあるダメな名前

使っている人が非常に多いダメなハンドルネームの例を上げておきます。下記のような名前は女性は好印象を持ちません。

  • お酒の名前
  • 車の名前
  • 卑猥な名前
  • ○○クン・○○さん・○○ぽん など
  • 芸能人と同姓同名

人妻が惹かれる美点(チャームポイント)を用意しておく

出会い系サイトに登録した時点ですでに、人妻は落ちるための心の準備をしています。

もちろん、人妻のほうでは、いちおう男性を選んでいるというポーズを見せますが、実際には会うところまでもちこめたら絶対にヤらせてくれます。

男なら誰でもいいのです。

しかし、そこは人妻も女性ですから、一応落ちるために理由が必要になります。理由とは、出会い系サイトに登録はしているけれども、誰とでも寝るわけじゃないという言い訳をこじ開ける理由です。

あくまで出会い系で知り合った相手に惹かれたから、実際に会うことにしたのだと、思いたいものなのです。

ここを押さえてあげると、人妻は誘いに乗りやすくなります。

美点(チャームポイント)を用意する

難しいことはありません。冒頭述べましたように、人妻は落ちるために出会い系サイトに登録をしています。落ちたいのです。

問題は、落ちるためにはどうすればいいのかになります。単刀直入に、いきなりセックスをしましょうでは、落ちたいけど女心として落ちにくいわけです。

犬猫であればそれでもいいのですが、人妻の場合は人間ですから、相手も人間的であるほうが、落ちやすくなります。

人間的に何かしらのわかりやすい美点(チャームポイント)があればあるほど、そこを褒め上げ、そこに惹かれやすくなります。あるいは惹かれたという錯覚におちいります。したがって、美点(チャームポイント)を早くから見せて、人間的な人なのだと教えることが第一歩です。

答えは最初からあるわけですから、美点(チャームポイント)は何でもかまいません。

たとえば

  • カラオケが上手い
  • 手品の特技を持っている
  • 見た目がいい
  • スタイルがいい
  • 素敵なお店を知っている
  • オシャレ
  • お酒にくわしい

とか、なんでもいいんです。

しかし、何も無いのは困るんです。

ですから、何かひとつだけ、これはといえる美点(チャームポイント)を人妻に提示してください。そうすることで、人妻は「この人にはこういう美点(チャームポイント)があるから、わたしはこの人に会うんだ」と思う(錯覚する)ようになるのです。

美質は嘘でも問題ありません

カラオケが上手いから、カラオケルームで面接をすることになったとします。

では、実際にマイクを取って、カラオケが上手くないと人妻は騙されたといって帰ってしまうかというと、まずそうはなりません。

繰り返しになりますが、最初から答えがあるからです。落ちたい、この答えに行き着くためならなんだっていいわけです。

カラオケそのものを目的としていませんから、関係は十分に成立します。

同様に、手品が特技だといって感嘆させたのであっても、面接会場の喫茶店でトランプの扱いが多少ぎこちなくても、ハンカチから白い鳩を出せなくても問題ありません。

ただ、騙すにしても一生懸命やった方がいいと思います。

要するに、出会い系サイトに登録しているような人妻には普段、一生懸命騙そうとしてくれる男の存在が欠けているので、それをなんらかの方法でして見せれば、黙っていても落ちてくれるのです。

出会い系サイトの人妻は昼でも夜でも攻略できる

jyukuimg00000003サラリーマンの人妻は、自営業者の人妻よりもずっと狙いやすいんです。

それは、旦那のいなくなる時間が決まっているから

旦那がいなくなる時間は言うまでもなく、勤務時間帯と前後の通勤時間ですから、昼下がりはちょうどその真ん中、人妻たちにすれば旦那の出勤帰宅からもっとも離れられる時間帯です。

午前中に洗濯などの家事を済ませ、夕方に食事の買い物をするのが人妻の一般的な生活パターンですから、昼下がりはちょうどその合間の空白地帯ともいえますが、加えて旦那の出勤帰宅からもっとも離れていることから来る、心理的に安心して浮気ができる時間帯でもあるわけですね。

小説や映画のタイトルにもなった「昼下がりの情事」は人妻との浮気・不倫に欠くことのできない黄金パターンであることは今も変わりません。

昼下がりにメールを送る

人妻、とりわけ専業主婦の昼下がりは、家事は終わり買い物にはまだ早い暇な時間帯、けだるい時間帯ともいえます。物憂い午後のひと時は誰しも退屈を覚えやすい時刻でもあります。

そんな時に来るメールは嬉しいものですね。チャットならなおいいかもしれません。

しかし、昼一番仕事を再開する身としては、さすがにチャットまでは出来ませんし、メールを書くことも簡単なことではありません。

そこで、前もってメールを書いておき、この時間帯に送信するようにしておけば、点数を稼げます。なにしろ相手は暇なわけですから、少し長めのメールを送りつけておくのがコツです。

暇を持て余しているとき長めのメールを受け取って喜んだ人妻が、せっせと返事を書き出す姿を想像しながら仕事をするのも、それはそれで乙なものです。

相手は暇なので喜んで返事を書いてきます。

メールの中からシグナルを読み取る

暇だから書く人妻からのメールの中身は、ともすれば長いだけで内容がないことも少なくありません。

しかし、ここで面倒だなといって人妻からの駄文に思えるようなメールを捨て置いてはいけません。

出会い系にいる人妻が書いてくるメールの中には、必ず何かしらのシグナルが含まれているものだからです。

返信の中には日々の欲求不満が隠されています。それは日常の代わり映えしない生活であったり、旦那に対するものであったり、あるいは構ってくれる相手のいない淋しさであったり、いろいろです。

まずは、そうしたシグナルを、人妻の駄文の中から探し出してあげることです。

メールで心の隙間を埋める

退屈な昼下がりにメールをもらって歓喜している人妻が、心を躍らせながら返信してきたメールを精査し、何に欲求不満をいらつかせているのかを探し出したら、後は心の隙間を埋めてあげる作業です。

出会い系に欲求不満解消を求める人妻の心理は、「構ってくれる人が欲しい」「もう一度女として見られたい」「旦那は相手にしてくれず淋しい」などに分類されます。

したがって、人妻の心の隙間を埋めていくには、まず何をおいても構ってあげることです。

これについては先ほどの、一番暇な昼下がりに送信するメールがその役目を果たします。

次に女として扱ってあげることです。妻、主婦、場合によっては母である前に、一人の女として扱ってあげるだけで、人妻の気持ちをぐっと引き寄せることが出来るようになります。

そして最後は、あっちのお悩みを聞いてあげます。その時、たいていの人妻は旦那を責めると同時に、自分にも問題があるのではないかと考えています。久しく夜の生活が途切れたことで、女としての自信を失っているわけです。

ここをケアしていきます。おだててすかして、少しずつ女としての自信を取り戻させ、その気にさせれば、会うまでにそれほど時間はかかりません。

夜しかメールをできない人妻の場合

夜しかメールできない人でも人妻を狙えます!

専業主婦をしている人妻のゴールデンアワーは通常、昼下がりが多いといわれています。だいたいの主婦は、旦那を送り出した後、洗濯をしたり買い物をしたり、あらかたの家事を済ませてほっと出来る時間が、昼食後のひと時だということですね。

夕方になると晩ご飯の支度が始まり、実際に家族の帰宅を待って夕食の時間となり、食器の後片付けなどが済むとお風呂に入ったりして、それから家族団欒の時間を過ごすといった感じでしょうか。

ホームドラマに描かれるような生活ですね。そうした生活を送りながら出会い系サイトに登録をしている人妻もたくさんいますから、人妻が出会い系で知り合った男とメールをしたり、実際に会ってみたりするのは昼下がりということになります。

しかし、こうした生活を送っていない人妻もたくさんいます。どちらかというと、出会い系サイトにいる人妻は、こうした絵に描いたような家庭生活とは少し違う生活を送っているケースが多いかもしれません。

だから出会い系サイトに登録をしているのだと考えるのは早計かもしれませんが、昼間のみならず、夜間はおろか深夜になっても、メールやチャットに対応できる人妻は、出会い系サイトではそれほど珍しくありません。

ですから、人妻攻略は昼下がりに自由に出来る時間を持っていなければ出来ないかというと、そんなことはないということです。夜しか相手を出来ない人でも、専業主婦をしている普通の人妻を落とすことは十分可能です。

昼間の人妻も夜には変わる

では、家族がいながらどうして人妻が夜間や深夜まで出会い系サイトにのめるのかですが、一番多い理由はやはり寂しさですね。深夜まで出会い系にいる人妻は、家族がいてさえ寂しいんです。

昼下がりに出会い系を楽しむ人妻には暇つぶしが理由として多いかもしれませんが、日が暮れて家族が戻って来ていても出会い系にアクセスしてしまう人妻は、寂しさから出会い系に癒しを求めていることが多いようです。

それでは、昼間出会い系にいる人妻と夜間出会い系にいる人妻は別かというと、そういうわけでもないんです。別どころか、同一人物だったりします。

つまり、昼間は暇を持て余して出会い系で時間を潰している人妻が、夜になると癒しを求めて豹変するなんてことはザラにあるということです。

ですから昼間知り合った人妻がなかなかとらえどころがなくても、夜にアクセスすると別人のように開放的になり、刺激を求めた一匹のメスとして誘いをかけて来たりしますから、暇つぶしの相手はポイントの無駄かというとそうとばかりはいえません。

このあたりの見極めは熟練して来てもなかなか難しいわけですが、昼間と夜の違いを見ることは、本心がどこにあるかを探る上でかなり役立つテクニックです。

変化はチャンス

何事も変化にはチャンスが潜んでいるものですが、人妻が昼間の暇つぶしモードから、夜のお誘いモードにあっさり変わってくれれば、これほどありがたいことはありません。

人妻によっては、昼間知り合ったばかりなのに、その日の夜にはさっそく一匹のメスに化身したりする人もいますが、出会い系サイトでもそこまで話の早い人妻に会える確率は、そこまで高くはありません。ただ、確信を持っていえることは、出会い系サイトにいる人妻は、ほぼ間違いなく、そうした変化を見せるときがやってくるということです。

問題はいつその変化が現れるかですが、こればかりはケース・バイ・ケースですので、それを的確に言い当てることは出来ません。

例えて言えば、容器に水滴をしたたらせていくと、あるところで満杯となり、さらに表面が膨張した結果、容器から水が一気にあふれ出る現象が見られますが、人妻の感情が爆発するのもそれに似ていると言うことはいえます。

出会い系サイトにいる人妻も人間です。家族がいるのに、寂しさから癒しを求めて出会い系サイトに登録をしている女性たちです。

変化を促すものが必ずしも刺激に満ちた、非日常を匂わせる文言とばかりは限りません。

ごく当たり前の対応をすることが、人妻に変化を促す結果になることも少なくありません。

そのさいたるものが度重なる温情の累積です。実はこれを一番欲しているのが、他ならぬ出会い系サイトにいる人妻なのかもしれません。

出会い系サイトにいる人妻が欲しているのは、人間的な温かさであり、人肌です。出会い系ですから、結果としてセックスが付いてくるわけですが、しかし逆ではないのです。

ここを押さえて行くと、出会い系サイトにいる人妻は全部食べられます!

人妻との不倫セックスは普通のセックスの7.5倍も気持ちイイ!

わたしはたまに思うんです。人妻との不倫セックスなんて知らなければよかった……と。

いちど人妻との不倫セックスを知ってしまったせいで、もはや普通のセックスではまったく満足できなくなってしまったんです。

出会い系で長いこと遊んでいると、定期的に若い女の子をつまみ食いしてみたくなるんですよ。いざ若い女の子とセックスする機会があっても、いつも物足りなく感じてしまい、がっかりしてまた結局人妻との不倫セックスに戻ってくる……というサイクルを3年ほど繰り返しています。

きっと、人妻との不倫セックスを知らなければ、純粋に若い女の子とのエッチを楽しめていたと思うんですよね。ただ、どうしてもこちらは「不倫セックスならではの快感」を知ってしまっているため、比べてしまうんですよ。

知ってしまうことが、こんなにも不幸なことだったなんて……。

快楽だけではなくコスパや効率でも優れている人妻セックス

言うなればこれまではアメリカ産の牛肉しか食べたことがなくて、それが一番おいしいと思っていたんです。「ステーキってなんておいしいんだろう!毎日たべようとは思わないけど、たまに食べるにはほんと贅沢なごちそうだな!」といった具合に、ステーキを食べられるだけで満足をしていたんです。

ですが……人妻との不倫セックスはもう、完全に別モノでした。A5ランクの松阪牛の味を知ってしまったんです。

しかも、セックスに至るまでのコストパフォーマンスや効率を考えれば人妻のほうが簡単で安上がりなことがほとんどなんですよ。

若い女性は他にやることや遊ぶことが多いので、会えるタイミングが先延ばしになってしまいがちです。コスト面でもデート代だったり食事代などもかかってしまい、1回セックスをするだけでもホテル代もいれたら1万円をゆうに越してしまうことも。「これなら風俗いったほうが楽なんじゃ……?」と思ってしまいますよね。

人妻は基本的に暇な時間を持て余していますので、こちらの都合に合わせてくれることが多いです。最短でしたらそれこそ翌日とかに会えたりしますし、欲求不満でセックスを求めていることが多いですから、デートや食事などをする必要がなく、ホテル代だけで済みます。

話をステーキにちょっと戻すと……こうなる感じでしょうか。

  • 注文して1時間後に出てくる5000円のアメリカ産牛肉ステーキ
  • 注文して10分で出てくる1000円のA5ランクの松阪牛ステーキ

どっちを食べたいかといえば、松阪牛ステーキに決まってますよね。

もちろん、「人妻とバンバンセックスしているときには不倫バレに注意」してくださいね。

セックスの満足度は、肉体と精神の掛け算で決まる

では、なぜそこまで人妻との不倫セックスが気持ちいいのでしょうか? 肉体的な快楽だけでいえば、むしろ肌のハリがあって膣の締りもいい若い女性のほうが気持ちいいのかもしれません。

しかし、単に肉体的な快楽だけでは測れないものが人妻セックスにはあるのです。それこそ、ペニスに対する刺激だけでいえば生身の女性の膣よりも、最近のオナホールのほうがよっぽど気持ちがいいそうですからね。

それでも、男ならやはりセックスがしたいものです。いくらオナホールが気持よくても、やはり所詮はオナニーなのですからどこか虚しいものです。それは精神的な盛り上がりに欠けるため、単純な快楽だけをそのまま感じているにすぎないからですね。

セックスであれば相手がいますので、相手の反応を見たり、相手からなにかされたり、自分がやりたいことをしたりと、精神的にワクワクして楽しい気持ちになれるものです。そういった精神的な盛り上がりが、肉体的な快楽に掛け算としてかかることで、最終的な快楽に繋がるものだと思っています。

「オナホールのオナニー」と「若い女性とのセックス」と「人妻との不倫セックス」の3つを計算式から快楽度数を求めてみましょう。

  • オナホールのオナニー
    肉体的快楽100 × 精神的快楽1 総合快楽度数=【100】
  • 若い女性とのセックス
    肉体的快楽80 × 精神的快楽10 総合快楽度数=【800】
  • 人妻との不倫セックス
    肉体的快楽60 × 精神的快楽100 総合快楽度数=【6000】

わたしの体感としてはこのような感じでしょうか。人妻とのセックスは若い女性とのセックスより7.5倍も気持ちが良いのです。とにかく、人妻とのセックスは精神面からくる盛り上がりが他とは文字通り桁が違うのです。

では、なぜそこまで精神面でここまで差がでるのでしょうか?

人妻は常に飢えている

まず、人妻の性的欲求は非常に強いものがあります。男性であれば、自分が中学生だったころを思い出してみてください。あの頃はとにかくもう性欲バカといいますか、授業中だろうがなんだろうがとにかくセックスのことばかり考えていた時期でしたよね。

人妻の性欲も同じくらいのものがあるのかもしれません。四六時中セックスのことばかり考えてしまっている点では、人妻も男子中学生も同レベルといえますからね。

そういった人妻が念願のセックスが出来るとなるとどうなるか……。それはもう、むさぼりつくようにしゃぶりついてくるのです。本当に、しゃぶりついてくるんですよ?ラブホテルの部屋のドアを開けた途端に、キスをされてそのままズボンを脱がされたりするのですから……そんなシチュエーション、若い女性とのセックスではまずありませんよ。

もうその瞬間にこちらもスイッチが入ってしまうんですよね。もはや制御できずに気取る余裕もない下手くそなキスをしながらお互いのカラダをまさぐり合うさまは、まさにはじめてエッチをする時の高校生のような気持ちになれます。

ただ欲求不満なだけなら若い女性だっていることにはいるでしょう。仕事の関係でほとんど外部と交流がなく、ひたすら一人で性欲を溜める日々……そんな若い女性と運よく当たることが出来れば、そんなセックスができるかもしれませんね。

背徳感というスパイス

しかし、人妻の魅力はただ欲求不満なだけではないのです。それは人妻でありながら不倫をしてしまっているという背徳感からくるスパイスにあります。

こればかりは実際に人妻とセックスをしてみないとなかなか想像ができないかもしれません。ただ、人の妻を寝取るのは、男としてこの上ない達成感と優越感を得られるのです。実際、そういう人の女を寝取ったり、逆に自分の女を寝取られることに興奮する人は多いのです。

寝取る側の興奮はよくわかるのですが、寝取られる側の気持ちはちょっとわからないんですけどね……。どうもマゾヒズムの一種なんだそうです。

寝取られ

寝取られとは、国語辞典的な定義では動詞「寝取る」の受動形の名詞化された言葉である。性問題用語としては、自分の好きな異性が他の者と性的関係になる状況・そのような状況に性的興奮を覚える嗜好・そういう嗜好の人に向けたフィクションなどの創造物のジャンル名、などを指す。ゲーム業界などでは、NTRなどと呼ぶ場合がある。

(中略)

紙媒体では、本橋信宏が新書「人妻はなぜそそるのか?」で、この性的嗜好を「寝取られの世界と人妻たちのこれから」という章を割いて紹介した。ネット上ではその種のサイトで賑わっていることや、「自分は寝取られ好きなのに寝取る役割を依頼される河合俊一似の男」や「妻に性感マッサージを受けさせるのを覗き見した男」の事例が紹介された。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%9D%E5%8F%96%E3%82%89%E3%82%8C

実はわたしも一度だけ経験があるんです。2年前くらいに当時セフレ状態になっていた人妻から「ねえ、こんど旦那を交えて3Pしてみない? 前にもそういうことしたことあるんだけど、忘れられなくて」とお誘いを受けたのです。いま思えば、寝取られフェチをもつ旦那だったと理解ができるのですが、当時はそんな言葉や概念を知らなかったため、とても動揺してその場で断ってしまったのですが……今ならぜひやってみたいプレイですね(笑)

それはかなり特殊な事例ではありますが、やはり人妻との不倫セックスにおいて旦那の存在は大きいですよ。セックス中にこう聞くのは定番でありながら王道といえるでしょう。

「旦那とどっちが気持ちいい?」

と。当然ながら「あなたのほうがずっと気持ちいい!」と言ってくれます。そんなことはわかりきった答えではあるのですが、やはり直接人妻の口から聞くときはめちゃくちゃ興奮しますからね。

人妻とセックスする機会があったらぜひ聞いてみてください。もっとも「機会があったら」なんてあやふやな期待で終えてしまうのはもったいないですけどね。なにせ、その気になれば人妻とのセックスなんて簡単にできるんですから。

出会い系にはヒマを持て余した人妻が股をひらいて待っているのですから、利用しない手はありません。

ただ、最初にも言いましたように……気をつけてくださいね。人妻セックスは魅力的すぎて、他のセックスが楽しめなくなってしまいます。それでもいいという方だけ、人妻と不倫セックスをしてくださいね。

セカンドバージンの人妻をセフレ化する戦略

156864_02セカンドバージン」。

熟女女優鈴木京香の主演でNHKドラマになり、後に同名タイトルで映画にもなりましたので、ご存知の方も多いと思います。知らない方でも一度くらいは耳にされたことがあるのではないでしょうか。

セカンドバージンとは、セカンドですから当然バージンではないものの、2~3年あっちがご無沙汰で、相当溜まった状態を言います。

セカンドバージン状態の女性なら、ほとんど知っているワードになります。流行語でもありますから、女性間で通りがいいんですね。

セカンドバージンがセフレを求めて今、出会い系サイトに登録をする機会が増えています。

セカンドバージンは自分に自信が持てない

旦那に相手をしてもらえない人妻が、欲求不満解消のために手っ取り早く出会い系サイトに登録するのと似ていますが、セカンドバージンはやることは同じでも、そこに到るプロセスがやや異なります。

旦那にしてもらえない人妻が、しない旦那を責めるのに対して、セカンドバージンは、してもらえない自分を責めるタイプが多いのです。

自分に魅力がないから旦那はしてくれなくなったのだ、彼氏を奮い立たせることが出来ないのだと思い込んでしまうわけです。

つまり、セカンドバージンは、えてして自信喪失型の女性が多いんですね。

女としての自信を回復させてあげる

いわばセカンドバージンは、長らくお留守状態に置かれた結果、欲求不満である以上に、女としての自信を失っているわけです。

その状況を打破したくて、意を決して出会い系サイトに登録をするわけですね。すると複数のメールが届きます。

セカンドバージンにとって男からのメールは、自信を回復させる初めの一歩です。

しかしまだ、セカンドバージンは現実では自信を回復させることは出来ないでいます。

夜の生活から長期間ご無沙汰している女性の喪失感は、簡単なことでは埋まりませんからね。

ですから、不倫、浮気相手を探す気満々で出会い系に登録をして来た人妻とは違う接し方をする必要があります。

メールですべきことはまず、一にも二にも女としての自信を回復させてあげることに尽きるのです。

童貞時代を思い出して対応する

セカンドであるにしても、相手はバージンです。バージンですから、セックスが上手く出来るかどうか、常に気にしています。

女としての自信がもてないとは、セックスに対して自信がないのと同じです。

いうなれば男が童貞時代、知り合った女と早くやりたいと焦ると同時に、上手くセックス出来るか心配になったのと同じです。

そのときのことを思い出せばある程度、セカンドバージンの気持ちになってあげることが出来ますね。

セカンドバージンは傷つきやすく影響されやすい存在ですから、扱いが難しい反面、セフレに落としこむのは非常に簡単なのです。

人妻が出会い系サイトを利用する理由

あなたが出会い系サイトを利用する理由はセックスするためですよね?

できるだけいい女とできるだけ安くセックスをする。そのために当ブログでは、「出会い系での人妻狙い」をオススメしております。

さて、それでは、人妻が出会い系サイトを利用する理由って何だと思いますか?

あなたが人妻と不倫したいのなら、旦那がいるのに他のオトコとの出会いを求めてしまう人妻の心理を知っておく必要があります。

人妻が出会い系を利用する3つの理由

人妻が出会い系サイトに登録するのには3つの理由があります。

  1. セックスレスになっている
  2. 旦那とのセックスが物足りない
  3. 女として扱われたい

人妻は旦那では満たされない性的欲求を、他の男性に満たしてほしくて、出会いを求めています。しかし不倫がバレたら最悪離婚です。

そんなリスクを抱えてまでも不倫をするのはなぜでしょうか?

それは、人妻はセックスがしたくてしたくてたまらないからです。男性は年をとると性欲が減りますが、女性は逆です。女性は年をとるにつれてセックスへの欲求が強くなります。

また、オーガズムを体験したことがないまま結婚する女性がほとんどです。

旦那にイカせてもらえないと、セックスが物足りなくなったり、「わたしはこのまま一生オーガズムを知らずに死んでいくんだろうか……」と焦燥感を感じたりします。その結果、快楽に導いてくれる男性を求めてしまうのです。

ほとんどの人妻がこのような理由で出会い系を利用しているので、会うことができれば、セックスまでは時間の問題で、難しいことではありません。

人妻が出会い系サイトで求める男性

出会い系サイトに登録している人妻に共通していることがあります。それは、「自分の欲求は満たしてほしいけど、自分の家庭は壊したくない」ということです。

人妻は、育児のストレスに加え、愛情が冷めた旦那との退屈な日々を過ごしていますから、非日常的な刺激を味わいと思っています。ただし、家庭は壊したくないんです。

つまり、不倫相手と2人でいるときはセックスを堪能したいけど、プライベートには一切入ってきてほしくない。そんな割り切った関係を望んでいるんです。

では、そんな人妻は、どのような男性を求めているのでしょうか?

人妻が出会い系サイトを利用する目的は前述した通り、「性欲を満たしてほしい」「女として扱われたい」で、かつ「家庭を壊したくない」ですから、当然それを満たしてくれる男性を求めます。

人妻が出会い系サイトで求める男性像はこんな感じでしょう。

人妻の願望 出会い系で求める男性
性欲を満たしてほしい セックスの上手い男
女として扱われたい 女性扱いしてくれて、甘えさせてくれる男
家庭を壊したくない 主婦の生活リズムを崩さずに会える男

人妻と接する時は、上記のような男性をあなたが演じることができれば、かなり簡単に人妻を落とすことができます。中でも、家庭を壊したくない、という願望はかなり強いですから、メールする回数や時間帯など、相手の旦那にバレないように気を使ってあげることが重要になってきます。

会話を盛り上げて人妻とセックスをするテクニック

出会い系サイトの人妻は、会った時点でほぼセックスをすることができます。名前のとおり出会いを最終目的にしていて、欲求不満である人妻が多いわけですから。

しかし、その確率をさらに高めるためには、会話を盛り上げる必要があります。

しかし、「会話が盛り上がる」というのはいったいどういうことなのでしょうか? 会話を盛り上げることで、わたしたちはいったいどんな効果を狙っているのでしょうか?

最終的には「会話が盛り上がって楽しいと思ったからもっとこの人と一緒にいたい」と思わせることが目的ですよね。そう思ってもらえるからセックスができるのですから。

さあ、今回は、会話を盛り上げて人妻とセックスをするテクニックをまとめました。

あなたがイケメンやお金持ちじゃなくても大丈夫。会話にさえ成功すれば、人妻熟女をセフレにすることができます。

彼女たちは、今の生活にほんのすこしの刺激をもとめているんです。高望みはしていません。

なお、すでにセックスをすることができた人妻をつなぎとめる会話テクニックは「出会い系人妻ゴコロをくすぐる褒め言葉」にまとめてあります。あわせてごらんください。

会話を盛り上げて人妻とセックスをするテクニック

笑顔を見せる・笑う

人妻の話を聞いているときは、笑顔を絶やさないでください。笑うべき時にはきちんと笑ってください。

自分のほうがおもしろいというような顔をしてぜんぜん笑わないシュール系芸人のような男には、女性は魅力を感じません。

人妻の会話の内容がおもしろいかどうかは二の次です。

「笑うべき時」を逃さないようにするのです。

自分の話で相手が笑ってくれるほど幸せになることなどありません。逆の立場で考えてみればわかるはず。

あなたの発言で相手の女性が本当に楽しそうに笑ってくれたら、どれほどあなたは幸せになるでしょう。もっとその女性と一緒にいたいと思うでしょう。

人妻にしゃべらせる

人妻は自分の話ばかりをします。

このときに、こちらはたくさん話しをしてはいけません。

たくさんしゃべればしゃべるほど、人妻はこちらに好印象をもってくれるのです。

人は、自分が話すほど、会話が盛り上がったとか、また会いたいとか、この人とは合うと思うものなのです。

人は、自分ばかりが喋っているということには気づかないのです。一緒に盛り上がっているように感じるのです。

また、相手にたくさん話しをさせるために大切なのはなにごとも「知らないフリ」をすることです。

相手が何か言った時に、「それ知ってる」だの「聞いたことある」だのといったことは絶対に言わないようにしてください。知らないふりをするのです。そして感心するんです。

人は、教えることが大好きなんです。感心してもらえることが大好きなんです。

そして、大好きなことをしている時間を共有することが大切なのです。

自分は話すのが上手じゃないからなんて卑下する必要はありません。コンプレックスを感じる必要はありません。快活に話しているようにみえる人も、聞くのが上手いとは限りません。

あなたは、聞くのが上手くなればいいんです。話すのが上手い人より、聞くのが上手い人の方がずっとモテるんです。自分のことばかりベラベラしゃべっている人は、「なぜ恋愛がうまくいかないのかなぁ」なんて裏では首をひねっているものなのです。

女性は自分の言っていること、思っていることをきちんと咀嚼してくれる人に好意を持つのです。自分のおかれた環境をきちんと理解してくれる人に好意を持つという性質を持っているのです。性別が違えば根本的に性質も異なるのです。

否定をしない

人妻が話していることに否定や反論をしないでください。

そういう会話は旦那だけでウンザリしているのです。

ニコニコ笑ってウンウンと話を聞いてくれる男性を、人妻は探しているのです。

とくに人妻が愚痴を言い出したら大チャンス。その時こそ、徹底的に肯定してください。その時こそ、あなたの評価を高めるチャンスです。どう考えても辻褄が合わないこと、間違っていることほど、肯定しなければなりません。

ところが会話をしているときに、ついイラッときて反論してしまうことがあります。

こういうときは、自分と相手の女性を、一歩引いた視点から客観的に見てみてください。3メートルくらい離れた場所から、観客のように二人を眺めて、男性(あなた)がどう振る舞うべきかを考えるのです。

このように、自分の立ち位置や状態を、ひとつ高次元から見る能力を「メタ認知」といいます。meta とは「ひとつ高次元の」という意味の接頭語ですね。

このメタ認知能力を身に付ければ、「今何をすべきか」を的確に考えることができるものです。

あなたは、何をすれば人妻の機嫌を良くすることができますか?

同意してから返事をする

大切なのは、否定をしないことだけではありません。

人妻が何かを言ったら、同意をしてから返事をしてください。

なぜ、同意をしてから返事をするほうがよいのか。それは、同意をするということは、自分の考えを押しつけない安全な男性であると思ってもらえるというメリットがあるからです。

たとえば、「AとBのどちらがいいと思う?」なんていうふうに質問されたら、「Aのほうがいいと思うよ」なんて簡単に答えてはいけません。彼女は、どちらにしようか迷っているんですよね。それなら、「どっちもいいから迷っちゃうよね」と言ってから返答をするんです。

「雨が続くから憂鬱だなー」って言われて「明日は晴れるらしいよ」なんて答えてはダメです。正解は「たしかに雨っていろいろ不便だから落ち込むよね。だけど明日からは晴れるらしいよ」です。

きちんと同意してから返事をするようにしてください。

 

食事をしながら会話をする

いわゆる「ランチョンテクニック」ですね。有名な心理学用語ですからご存知のかたも多いでしょう。

美味しいと思うと脳の快楽中枢が刺激されます。また、美味しいと思いながら会話をすると、その快楽中枢と繋がるから、会話が楽しいと錯覚するというメカニズムですね。

さて、「ランチョンテクニック」によって会話が楽しくなるというだけだったら、こんなことを紹介したりはしません。

重要なのは、ランチョンテクニックによって、じつは、会話が楽しくなるだけではなくて会話の内容を信じやすくなるという特徴があるのです。

アメリカの心理学者グレゴリー・ラズランは、とあるランチョンテクニックの実験をおこないました。被験者に、チューインガムを口にふくませて「月への旅行が数ヶ月以内に実現する」というような荒唐無稽な話をしたたのです。ふつうなら絶対に信じないような話を、かなりの確率で実験対象者が信じてしまったそうです。

人は、何かを口に入れているときは、言われたことを信じやすくなるのです。美味しい食事というだけではなくて、チューインガムでも効果があるっていうところがすごいですね。

これは、口にものが入っていると、反論しようと思ってもできないということとも関係しています。

つまり、食事をしながら会話をすれば、楽しいと思ってもらえるだけではなくて、「わたしは誠実です」というような話も、相手に信じこませやすいのです。

人妻の会話を聞く姿勢

アメリカの心理学者マクギンリーは会話をするポジションを次のように分類しました

  • オープンポジション「Open Position」 : 正面を見て両足をやや開き、手のひらを相手に見せる
  • クローズドポジション「Closed Position」 : 腕を組む足を組んだり横を向いたり、半身に構えるという拒絶の姿勢

女性から受け入れていると考えてもらえるのはもちろんオープンポジションです。オープンポジションを積極的にすることで、女性はあなたに好感を持つのです。

女性が会話をしているときに体を相手にきちんと向けない男性は多いものです。自分はしっかり聞いていると考えていても、女性は良い印象を持ちません。注意してください。

そのほかにも、腕時計を見る・指先でテーブルを叩く・貧乏ゆすりをするなど、きちんと会話を聞いていない相手に不快な印象をもたせる動作は徹底的に排除していってください。

焦らず話す

出会い系サイトにいる人妻は、時間があります。

専業主婦である場合は時間に余裕がある人も多いため、あらゆる時間帯に現れる可能性があります。

朝でも旦那さんやお子さんを送り出したら時間がある人はいますし、昼間に時間がある人もいれば、旦那さんの帰りが遅い人、もしくは早く帰ってきて旦那さんが早寝をする場合などは夜でも時間がある人はいます。

短時間しか現れない人妻もいますが、とにかく忙しくて時間がない人ではないということですから、出会う時間も確保しやすいということの裏返しです。

さらに、話したいとか出会いたいと思っている場合、なにかしらのストレスを溜めていたり、寂しいという感情がある場合があります。

家族内で上手くいっていて、なんのストレスもなく、円満であるならチャットサイトや出会い系サイトに現れる可能性は低いわけです。

つまり、「隙」がある人妻である場合が多いということです。あとはその「隙」を見つけ出して、よく話を聞いてあげるとか、そこを解決するためにいろいろと話をしていきましょう。

焦らず、じっくりやっていくことです。

長時間話していくうちに頼りになるとか、信頼できるという思いが人妻側に芽生えていくはずです。

そうすれば人妻側も距離を縮めたいと思ったり、もっと話をしたいと思ってくるはずです。

あくまでも攻めすぎず、守りすぎず、やり過ぎない程度に少しずつ攻めていけば、人妻との一夜を過ごす現実に近づくはずです。

人妻熟女の下の名前を呼ぶ方法

人妻熟女の下の名前を呼べば仲良くなる可能性が高まるのはみなさんおわかりですよね。しかし、いきなり下の名前で呼んだらなれなれしいと思われないかなと思って、なかなか実行に移せなかったりします。

そこで、名前を聞いたら、その名前から会話を広げていくという方法を、わたしは使っています。

たとえば、

「祐子さんというんですか? 「ゆう」はどういう字を書くんですか? 祐天寺の祐ですか。この字ってあんまりほかの言葉に使われない漢字なんでしょうかね。祐天寺はよく行きますよ。おしゃれな居酒屋が多いんですよね」

こんな感じで、名前に関する会話をたくさんしておくと、下の名前で呼んでもまったく不自然さがなくなるのです。

相手の話を横取りしない

多くの男性は、沈黙をおそれるあまり、女性が話しているときに、自分が次に話そうとしていることを考えています。そして、きちんと相手の言うことを聞かないのです。

そのことにきちんと女性も気づいていますよ。ほとんどの男性は話をきちんと聞いてくれないと思っています。

ひどい男性になると、女性の話を横取りします。

「このあいだ、はじめて野球を観に行ってきたんだけど……」

「野球といえばさ! このあいだすっごくおもしろいことがあってさ」

なんていう風に横取りするんです。はっきりいって、横取りされたほうはぜんぜんおもしろくありません。だれだって、自分が話をすることが楽しいんです。自分の話をしたいんです。

そもそも、会話を成功させる上で、女性の側から話したいことを話してくれるなんて、場を盛り上げる代チャンスなんです。そのチャンスをくだらない話で台無しにしないでください。

同調する

その女性と関係を発展させるためにも、まずは女性の警戒心を解くことや関心を持ってもらうことが必須条件であり、最初のステップとなります。これを達成するためにすぐにその場で実行できるテクニックをご紹介します。

キーワードは『同調』です。『同調』することでより女性に親近感を持ってもらい、相手に「この人との会話は心地が良い」と思われれば、連絡先の交換もスムーズにいく可能性がアップします。

人は誰もが自分を認めてくれる人を嫌悪感を抱くことはありません。女性の話すことに耳を傾け、その内容を理解した上で肯定する応答をしましょう。

相手の話を理解せずに返事をすることはNGです。必ず相手に伝わってしまいます。こちらがきちんと話を理解していることを示すために、肯定する相槌とともに肯定する具体的な言葉を一言付け加えましょう。

さらに、もうひとつステップアップするなら応答に感情を乗せます。女性が怒った話をしているなら当事者のように一緒に怒りを示し、嬉しかった話ならまた当事者のように一緒に喜びましょう。

これはLINEでもメールでも同様のことが言えます。女性はあなたへの警戒心を取り除き、同調してくれるあなたに興味を示すはずです。

ミラーリング・シンメトリー効果

恋愛テクニックの代表として、耳にしたことがある人もいるかもしれません。しかし、頭では理解していても、実際に恋愛の駆け引きに活用できていないかたが大半です。簡単なミラーリングの活用方法として、二点ご紹介します。

  1. 女性がお酒の入ったグラスを口につける行為に合わせて、こちらもグラスに口を付ける
  2. 女性が食べ物を口に運ぶときに、一緒に食べ物を口に運ぶ

実は、このぐらいの行動でミラーリングは十分なのです。ミラーリングを実施することに当たって、得られる効果は2つあります。

一つは同調により好意を伝えやすい、好意を得やすいというものです。もう一つは、同時に口に何かを運ぶことによって話す間を同じにするというものです。

それによって相手が話しやすい、または話を聞きやすいという環境をつくることができます。

相手の話すスピードに合わせる

人はそれぞれ話すスピードが違います。頭の回転の速さによってそのスピードは変わってくると言われています。

つまり話すスピードで、人は他人の言葉を理解しているのです。ゆったりと話す女性に早口で話していても、理解されないことが多くなってしまいます。

女性にとっても言っていることが理解できない男性に好意を抱くことはできません。相手の話すスピードに合わせることで相互理解が可能になり、親近感や親密感が増していきます。

LINEやメール等の文章での連絡手段においても、相手の返信する間隔の早さに合わせることで、相手の心地の良い返信間隔になり、話すスピードと同様に親しみやすさを感じる効果が得られます。

すぐにでも実行できる手法なのでぜひお試しください。

過去の偉大なサイトに学ぶ出会い系人妻攻略の姿勢

2000年初頭のネット界は、まだ出会い系サイトの草創期であり、現在のように大手優良サイトがほぼ固まりつつある状況には至っておらず、大小入り混じった玉石混交ともいえる状態でした。

出会い系サイト自体がそうした状態でしたから、それを使って女と知り合う方法を伝授するサイトにも定番といえるようなものはまだなく、みなさん手探りで攻略にいそしんでいた感じであったでしょうか。

そのような状況下でかつて、「人妻(と)食べ歩き」なるサイトがありました。スタート当初は、出会い系サイトなどを使って知り合った人妻を食べた記録を、管理人さんがペーソス溢れる文章で紹介したスモールサイトでした。

それが出会い系サイトが雨後のたけのこの勢いで増え出した時期とも重なり、記事が面白いと評判を呼んでアクセスはあれよあれよと急増して行き、当初の管理人さんの武勇伝を読むだけのサイトから、掲示板機能などが追加された双方向の情報サイトに成長しました。

その後、人妻攻略法を希求していた熱心な男性読者に加え、食べられる側の人妻さんが常連化するなど、サイトの様相は変わりましたが、このサイトから出会い系サイトで人妻を攻略するノウハウを伝授された男性は決して少なくなかったはずです。

わたしももこのサイトからヒントをもらって、人妻食べ歩きに全国を旅して回った経験があります。

残念ながらこのサイト、現在は見当たりません。

それで、このサイトから得たノウハウの一部を皆様にお伝えして、出会い系サイトを使った人妻攻略のお役に立てていただければと思いたった次第なのです。それほど役に立ちました。

強引なこじつけでも物事を前向きに見る

「人妻(と)食べ歩き」管理人さんの姿勢からは実に多くのことを学びましたが、とりわけ社会で起きていることのすべてを出会い系サイトと結び付けて考える研究熱心さには頭が下がりました。

時にそれは強引なこじつけに見える面もありましたし、実際に食べられる側の人妻さんからさすがにそれは無理がありますよなどとたしなめられたりもしていたのですが、同時にその前向きな姿勢はとても大事ですねと肯定していた人々もいました。

例えば、『規制緩和で通信費が安くなったことを背景にネット人口が急増』などという記事が新聞に出れば、それだけネットに人妻が増えることだから、人妻を落とすチャンスも増えると管理人さんは考えるわけです。

そんなの当たり前じゃないかと思うかもしれませんが、愚直にもそう考えることでどんどん、人妻攻略に前向きになっていくのです。大事なのはここですね。

そうやって考えていけば、いつのニュースにだって出会い系サイトで人妻を攻略しやすくなる事象を見出すことが出来ます。それをモチベーション向上につなげて行くのです。

世の中の出来事を出会いに結びつける例

例えば今日(2016年1月31日)の新聞記事に、以下のようなニュースがありました。

トヨタが系列部品メーカーの工場火災によって部品調達が出来ないことから、操業停止など生産調整を強いられることになり、最も新車の買替え需要が多い3月期に供給不足に陥る可能性が高まった。

トヨタの不運はさておきその記事から、3月は新車を買い替える家庭が多いんだなと思いました。新車を買い替えれば気分も変わります。何より、クルマが新しくなれば運転したくなります。

ということは、3月になれば春で暖かくなるし、新しいクルマが来て家の中の雰囲気も明るくなり、旦那はクルマで外出、人妻さんも一回くらいは同乗するかもしれないけど、よほどクルマが好きでない限りそうそうドライブに付き合うこともないな。

すると、3月に入れば休みの日にも会いやすい。こう考えるわけです。

これから出会い系サイトにアクセスして、3月に自宅のクルマを買い替える予定の人妻が見つかれば、心が高鳴りますよね。それにそれを話題に出来ます。

もちろん、こんなのは荒唐無稽な妄想です。実際に影響する確率なんて微々たるものでしょう。

しかし、事実はどうあれ、大事なことはなんでも出会い系サイトに結び付けて考える習慣を付けることです。そうすることで確実に出会える機会は増します。

逆に言えば、常に出会い系サイトで人妻攻略を考えるくらいでなければ、せっかくの事象も見逃しかねないということですね。

食われる側の人妻さんが言う、姿勢が大事とは、こういうことでもあるんですね。そしてそれは、裏を返せば、こういうことに気を遣って欲しいということでもあるわけです。

すべては気持ちよくセックスするため

出会い系サイトを利用するに当たっての姿勢が決まれば、自ずと誰かしらの人妻と知り合えますから、次は実際に面接に及んでからどうするかですね。

「人妻(と)食べ歩き」の管理人さんは、何のために人妻と面接をするのか、よく考えて行動しなさいと繰り返しおっしゃっていました。

面接するのがセックスのためなら、その準備をしろとおっしゃるのです。

どんなに忙しくても面接時間の30分前には最寄り駅に着いて会場を下見し、それからその日使うホテルを下見して、道順などを確実に覚え、道中の会話なども考えておき、遺漏なくスピーディにまごつかず人妻をエスコートしなさいと教えられました。

面接してからちんたら要領の悪い男は、時間のない人妻にとって最低なので、そうなってはいけないというのです。

また性交時には必ずスキンを付けることも厳守しなさいともいわれました。万が一にも人妻がお腹を壊してはいけないからという配慮であると同時に、我が身のためにも。

要するに管理人さんの言いたいことは、セックスを通して自分もハッピーになり、人妻もハッピーにしてあげれば、みんなハッピーじゃないかということなんです。

「人妻(と)食べ歩き」の時代からずいぶん経ちましたが、出会い系サイト利用の原点は変わっていませんね。