40代熟女は余っている

晩婚の一般化、少子高齢化社会の到来など、よのなかの変化は出会い系サイトにも変化をもたらしています。

出会い系サイトの主役は今や、若年層から中高年にシフトしているんです。

90年代の初頭には、200万人からいた18歳人口ですが、現在では100万人まで激減して来ているわけですから、40才代の人口の多さから言っても、中高年シフトは自然な流れです。

思えば同世代人口の多さは、生存競争の激化をもたらして来ました。事実、受験でも、就職でも、今の40代は受難の世代でした。

しかし、苦あれば楽あり、そうした厳しい競争をくぐいぬけてきた結果として、女のとりあいとも言える出会い系サイトにおいて、タフに振舞える原動力が生み出されているといえないでしょうか。

国が75歳現役社会構想を検討し始めた今、40代は枯れる年ではありません。花開く年代です。出会い系サイトで、大輪の花を咲かせようではありませんか。

浦島太郎でも気後れする必要は全くなし

現代の40代は20代の頃すでに、出会い系やライブチャットを経験している世代ですね。

しかし、その後家庭を持ったり仕事に忙殺されたりしているうち、長らく出会い系とはご無沙汰状態になった人も多いと思います。

そうなるとすっかり浦島太郎みたいな気分になったりしますね。

この年で出会い系に登録したところで、誰にも相手にしてもらえないだろうとか、それどころか浮いちゃうだけだろうと、つい勝手に思ってしまうかもしれません。

むしろ、40代になって初めて出会い系利用を考え出した人の方が先入観がない分、すんなり登録をしているのかもしれません。

結論から言って、今の出会い系サイトは40代でも、気後れする必要など全くありません。

男の40代は、若い子から同世代の熟女、さらには完熟女まで、あらゆる年代の女性と知り合えるゴールデンエイジです。

若い頃よりむしろ、守備範囲が広がった分、チャンスも豊富に転がっているのです。これを拾わない手はありません。浦島太郎などとぼやいていてはもったいありません。

数字上は50代から女が余り出す

自然は、種を保存させるために、男を多めに誕生させようとします。男は戦闘員としての役回りがあるからです。

ところが現在の日本のように、戦争とも飢饉とも無縁で平和な国家では、どうしても男が余り気味になるのは仕方ありません。

それで数の上から言って、「結婚しない男」ならぬ、したくても「結婚できない男」が多数輩出される仕組みになっていることは、周知の事実です。

ただし、女性の平均寿命が男を引き離して伸びた結果、ある年代を境に男女比は逆転します。

数の上で男女比が逆転するのは50代からです。

50代以降になると、男は同世代の女性の数より少なくなります。それまではあらゆる年代で女性よりも男の数が優っています。

戦争も飢饉もない国で、こうした逆転現象が起きるのは言うまでも無く、50を過ぎると男は死にやすくなるからです。

比較の問題で女より男がこの年代から死にやすくなる理由としては、生活のために稼ぐ役回りを男が担わされていることと、社会で受けるストレスが考えられます。

なんにせよ男が相対的に減る結果、50代の女は余り気味になりますので、出会い系サイト的には食べやすい年代ということになるわけです。

実際は40代から女が余り出す

数字の上で女が余り出すのは50代ですが、男は50代を迎えてからいきなり死ぬわけではありません。

家族を養うために男の上にかかる重圧がストレスになると、複雑な病気にも見舞われやすくなりがちです。

男は40代くらいから身体を壊して満足に働けない人も出てきます。そこまでいかなくても、とても夜の生活までは力が及ばない状態に陥っている男は少なくありません。少なくないどころか相当数存在します。

40代は数の上でまだ男の方が多い年代に見えるだけで、事実上機能する男の数で見れば、もはやこの年代からは女が余り出すのです。

そして、旦那がいるというだけで役に立たなければ、女は外に男を求めるしかありません。

肉は腐る前が一番美味しいといいますが、女も同様に上がる前には独自のいやらしさを見せて、熟女好きにはたまらないものがあります。

しかも、重圧やストレスに負けて身体を壊すような男は、社会の中でまともに生きてきた証ともいえますから、そういう人の奥さんはそれだけ女としてのレベルが高い場合が多いですね。

これが、出会い系サイトに驚くほどレベルの高い人妻がいる、ひとつのゆえんです。

ありがたいことに、彼女達は精神的な浮気は求めていません。旦那を裏切っているという意識もさほどないんです。

旦那が嫌いなわけではない、でも仕方がない、わたしだって楽しまなくちゃ、と言うんです。

あくまで満たされない性生活が肉食的浮気を希求させているだけですから、彼女達にプラトニックな心情を抱くことは逆にご法度です。

精神的にはビジネスライクに接し、肉体的には熱く抱いてあげることが、彼女達との関係を良好なものにします。相性次第でセフレも視野です。

バブル体験が出会い系登録を後押ししている40代

旦那が社会的地位を上げたことで仕事の重圧が増し、ストレスからセックスレスに陥り、人妻が出会い系サイトに登録をするプロセスは先に見ましたが、それに加えてこの年代の人妻に特有の事情も見逃すことが出来ません。

それは、現在の40代の人妻達は、20代の頃にバブルを経験していることです。

今や死語になっているかもしれませんが、 高学歴、高身長、高収入のいわゆる3Kなる三拍子揃った男でなくては、相手じゃないみたいな時代がありました。

低成長下の今からは信じられないような条件ですが、当時はそれがいい女と付き合うには、最低条件のように言われても誰も疑わなかったのです。

それだけに、ボディコンスーツをユニホームのように着こなし、夜毎盛り場に繰り出せば、簡単に3K相手を見つけられたバブル世代がひとたびセックスレスに陥ろうものなら、たちどころに昔の遊びを思い返したとしても不思議ではありません。

しかし、いくら子育てを終えた年代だからといって、今さら身体の線を強調したタイトな服装をして街に繰り出すことはさすがに出来ません。

そこで、お手軽に登録出来る媒体として、彼女達は出会い系サイトに目を向けて来るわけです。

出会い系での体験は、彼女達にとって十分刺激的です。家庭に入ってから長らく忘れていた、男から声がかかるという体験は、それだけでバブルの頃を思い出させてくれるからです。

セックスレスが絡んでいるだけに、この年代の人妻が出会い系にのめりこむのに時間はかかりません。一気に落ちていきます。

やれる条件は揃っているが競争はある

40代といえば女の身体はまだまだやりたい盛りなのに、旦那からやってもらえない人妻が、自分から出会い系に登録をして来ていて、しかもその数は女が余るほど多いとなれば、いかようにも出来そうに思えます。

実際に出来るのですが、ただここで注意しなくてはならないことがいくつかあります。

まず、40代を迎えている人妻たちは、バブルの頃に遊びまくった世代ではあっても、今では子育てを終えてしたたかさも身に付けた、熟年世代だということです。

セックスレスで前のめりになっていますから、メールのやり取りくらいは簡単に応じてくれるのですが、いざ会う段階では二股三股、さてはそれ以上の男と秤にかけているなんてケースはザラです。

ですから、相手は所詮人妻だからといった、イージーな気持ちで取り扱うと、とんでもないどんでん返しを食らう危険性もありますので、人妻であっても入念に対峙する必要があります。

どんな相手にも、競争相手がいることは、忘れてはいけないということですね。

それともうひとつは、出会い系にいる人妻の気は移りやすいということです。何かの拍子で簡単に態度を変えて来ます。

ただしそれも、こちらがあまりにあけすけな態度を取ったときに心のうちを見透かされ、それで意趣返しを食らわされたりすることが多いように感じますので、やはり対処法としては入念に対峙する事だと思います。

それさえ守れば、だいたい出会い系にいる人妻とは、首尾よくホテルへ行くことが出来ます。たとえ相手がかつて3Kを求めて、実際にそれを手に入れた高飛車な女であれ、事情は変りません。

むしろ、そうしたかつてモテていた人妻ほど、セックスレスという状況に耐えられませんので、バブル期を体験した女の質はかなり高いのも特徴です。

そして、相手がいかにレベルの高い女であれ、余っている女達を食べてあげるわけですから、本来食べられないわけがありません。ただし、繰り返しになりますが、それでも競争があることは、肝に銘じておいてください。

初めゆっくりだんだん強く

最後に、こうした3K女の扱いについて多少ふれておきますので参考にしてください。

リバビリの要諦はすべからく、初めはゆっくりそっと手を触れ、後にだんだんとその力を強めていくことです。

セックスレス状態にある人妻の心と体は、言ってみればリハビリが必要な怪我人みたいなものです。

若い頃はバブルでチヤホヤされてきているだけに、セックスレスなんてのには耐えられないわけですね。

旦那には事情があるにしても、セックスレスという現実に、心が相応に傷ついているから、癒しを求めて出会い系に登録しているのだともいえます。

セックスレス状態の人妻はすべからく、自分は女として終わっているのではないか、男から見て女としての魅力に欠けるのではないか、という傷を抱えています。

こうした人妻に対するメールでの癒し方はまず、あなたは女として終わっているわけではありませんよと囁いて上げることに尽きます。そして、何より求めてあげることです。

この求められているという感覚が、人妻を癒し、酔わせます。

あなたが欲しいという気持ちを折に触れ繰り返し繰り返し伝えていきます。

次に性感帯などをそれとなく聞き出し、つぼを押さえます。

ここまで来たら、後はひたすら攻めれば必ずうまく行きます。

これだけのことでレベルの高い人妻を食べられるのも、大手出会い系サイトでは、40代の熟女が余っているからに他なりません。

オススメの出会い系サイト

あなたがセックスをしたいなら、どんなに努力をしてでも人妻セフレを作るべきです。

考えてみてください。一度、人妻のセックスフレンドを作ってしまえば、その後、何度も何度も何度もセックスできるんです。

これまで大量に人妻と出会ってきたわたしがオススメする出会い系サイトを紹介します。

人妻と出会えるオススメ出会い系サイト