人妻を初回のデートでホテルに連れこむテクニック

わたしのような何の変哲もない魅力もない男が、出会い系サイトを利用すれば、たくさんの美人人妻と、安全にセックスをすることができるのです。

なぜでしょうか?

出会い系サイトっていろんな人が登録をしています。OLさんもいれば、大学生や専門学生などの学生さんもいますよね。それから、忘れてはいけないのが、人妻や主婦などです。

そして、わたし個人の意見ですが、この中でも一番出会いやすいのが、人妻や主婦なのです。

出会い系サイトを使った人は分かると思いますが、人妻って本当に食いつきが良いんです。特に、メールなどをしていても分かりますが、本当に男性と会いたいという熱意が強いですね。

人妻って家事や子育てで忙しいこともありますが、暇な時間も多い事も言えます。そのため、出会い系サイトで暇をもてあそぶ人も多いんです。

また、女性って性欲のピークが男性とは全く違うわけです。男性は、20代前半が一番強い時期ですが、女性は30代後半です。そして、人によっては40代でもぎらぎらしている女性は多いですね。

これらの理由から、出会い系サイトで一番簡単に出会えるのは、人妻だと断言が出来るのです。やっぱり、女子大生やOLさんに比べると、デートの約束を取り付けるのが圧倒的に簡単です。メールのやりとりをしていて、相手側から会いたいと言ってくるのもほとんどが人妻です。

そのため、出会い系サイトを始めて、自信が無かったり中々成果が出てこない人は、人妻を狙ってみるのが、成功への近道だと思います。

出会い系サイトで知り合い、相手が人妻であることを好評していて、それでもなおデートまでもちこむことができたら、セックスできることはほぼ確定しています。

わたしは、セックスできなかったことは一度もありません。

普通のことを普通にしていれば、ぜったいにセックスができたはずなのに、大きな失敗をしてセックスできない人がいます。

あたりまえだと思っていることは誰にとってもあたりまえなことではないんですね。

みなさんは人妻をデート初日にホテルに連れこむためにどのようなことをしていますか?

  • 「ベロンベロンに酔っ払うまで飲ませる」
  • 「エッチしたいからホテルに行こうとストレートにいう」
  • 「お金で交渉している」

こんなことをしていませんか?

これではホテルに連れこむのは難しいし、たとえセックスできたとしても、セフレ関係に持っていくのは厳しいでしょう。

では、どうするのか?

本日は、人妻を初回のデートでホテルに連れこむテクニックを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

人妻を初回のデートでホテルに連れこむテクニック

メールの内容をもういちど見返す

出会い系サイトでメール交換をしている人妻と最初に会うときは、かならずメールの内容をもういちど見返してください。

女性は、会話のなかにでてきた「ちょっとしたこと」を覚えていてくれることに感激してくれるはずです。小さなことを覚えているということは、その女性を重要だと思ってくれていると判断します。

もちろん、これは、実際に会ってからの会話にも生かせます。

一度でも聞いたことは、きちんと覚えておいて、場合によってはメモしておいて、後々、その内容を会話に織りまぜるのです。

女性との会話で重要なのは、相手に重要感を持たせることなのです。

待ち合わせは週末の夜

注意したいのがデートの日程です。ホテルに連れこむのが最終目的であれば、昼間の待ち合わせはNGです。

遅ければ遅いほど良いというわけでもなく、だいたい19時や20時くらいがベターと言えるでしょう。

21時や22時などあまりに遅い時間の待ち合わせだと、盛り上がる前に終電の時間になってしまいます。その辺の塩梅を考えて19時か20時を目安に設定してください。

そして、「週末」というのがカギになります。

厳密にいうと、週末にかぎらず、女性のスケジュールが翌日の午前中くらいまで空いている日、という認識で構いません。せっかくデートが良い雰囲気に進んでいても、女性が翌日朝から仕事であれば元も子もありません。

ですので、デートの日程を決める際は、女性の翌日のスケジュールまで確認した上で決定してください。このデートの日程を間違えてしまっては、ホテルに連れこむどころか少し早い時間に解散、という結果にもなりかねません。

日程を決める際はくれぐれも慎重に

もし、女性の方から昼間の待ち合わせを指定された場合は、あなたに対して警戒している可能性が高いです。

その場合は、当日ホテルに連れこむ可能性はもちろん、セフレ関係に持ち込むのも至難の技です。もうその女性は切ってしまい、他の女性にアタックしたほうがいいかもしれません。

会う前に可能な限りたくさん連絡(メール)を取り合う

初めて会う男性に対して女性は少なからず警戒します。

当たり前ですよね?

物騒な世の中なので何が起こるか分かりません。

しかし、この警戒レベルを軽減させることは可能です。この警戒レベルをほぼ「0」にさえしてしまえば、出会った当日にホテルに連れこむのも容易になります。

例えばメールのやり取りを開始した時点が警戒レベル10だとします。もしその翌日に会う場合、当日中にホテルに連れこむのは難しいでしょう。理由は明白です。女性の警戒レベルがほぼ10のままだから。

ここで重要なのは、連絡を取りあってから実際に会うまでの期間。もっと言うと、期間というよりは、連絡を取り合った回数です。

連絡を取り合うことでお互いのことを知ることができますよね?

仕事や趣味や好きなアーティストなどなど、お互いのことを知ることで少なからず共通点や興味のある項目が発見されるはずです。

そうすることで女性があなたに持つ警戒レベルが少しずつ軽減されるのです。目標は全く警戒していない状態ですが、連絡を取り合っている中で、女性から色々と自分のことを話し始めたら、「そろそろ警戒も薄れた」と思ってOKです。

最終ゴールは、「初めてなのに初めて会った気がしない」と思わせるところです。そのためにもお互いのことを色々知って、当日のデートも終始楽しい雰囲気で進行させる必要があります。

ですので、デートの約束ができたと安心せずに、デートの暇できちんとメールの交換をつづけて、じっくりと育てあげて警戒レベルを軽減してください。

あまりお互いのことを知ってから初デートに臨むと、会話が続かないと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな心配は必要ありません。

デート当日は、今まで連絡を取り合った中から話題を抜粋して、「そういえば◯◯ちゃんって◯◯が好きなんだよね」「そういえば◯◯ちゃんって◯◯なタイプなんだよね」と復習するだけでOKです。

それが例え些細な内容でも構いません。むしろ些細な内容であった方が「こんなことまで覚えてくれてたんだ♡」など好感を持ってもらえます。

初デートの前までにこれまで連絡を取り合った内容を熟読してからデートに臨んでください。

会話は「どうでもいい話」から始める

「今日はお子さんは預けてきたの?」
「旦那さんはお仕事?」

わたしの不倫相手から聞いた話ですが、こんなことを会った初日に聞く男性がいるそうです。

プライベートなことをいきなり聞いたら女性が不快に思うということがどうしてわからないんでしょうか。女性によっては不倫であることさえ忘れてデートやセックスを楽しみたいと思っているのに、いきなりこんなことを言われたら先が思いやられます。

最初の雑談なんて天気のことで十分なんです。

「今日は寒いね」
「明日から雨が続くみたいだよ」

そういう普通の会話を普通にできる男性であれば、不倫セックスの相手としては十分なんです。

あいさつをきちんとする

あいさつを「きちんと」できる男性は、実は非常に少ない。

あいさつは、「笑顔で」「きちんとした口調で」「相手の目を見て」してください。

このうちひとつでも欠けていたら正しい挨拶ではありません。

逆の立場に立って考えてみてください。待ち合わせした不倫女性が仏頂面で挨拶してきたら、どう思いますか? 「自分のことが気に入らなかったのかな?」と不安になりませんか?

正しい挨拶をするということは、相手の存在をきちんと肯定しているということにつながります。不倫人妻は、自分を肯定してくれる男性をいつだって求めているのです。

なにかに気づく

なんでもいいので、なにかに「気づいて」ください。

  • そのバッグかわいいですね
  • 爪をすごくキレイにしているんですね
  • 髪留めが変わっていますね

女性の方は、「この人は自分のことを気にかけてくれる」と考えます。自分に関心のない男性には、女性は好意をもたないものなのです。

いろいろな場面で、「わたしはあなたに興味を持っています」というサインを送ってください。

ただし、早い段階で「スカートが短くて興奮しちゃうな」だの「胸元が大きくあいてる服だからドキドキする」だのというふうに性的なことを連想させることをいうのは避けてください。女性によっては嫌悪感を感じる場合があります。

安心を与える

女性はいつだって男性から危害を加えられないかと心配しています。それが出会い系で出会った男性なら、さらに心配になります。

だから神経質なまでに、女性に安心感を与えることが重要になってきます。

そのためには次のようなことに気をつける必要があります。

  • 急に大きな声を出さない
  • 最初から密室(カラオケ・自動車など)に行かない
  • 相手の話を否定しない
  • ドアの開け閉めなど大きな音を出さない
  • 常に笑顔でいる
  • いっしょに歩くときは車道側を歩く

こういう場面での振る舞いや気遣いで、女性はこの人が安心できるのかどうかを判断するのです。安心できない人とラブホテルに行ってくれるはずがありません。まずは最新の注意を払って、人妻から自分が安全であるという評価をひきだしてください。

女性の話を聞く

人妻は普段、自分の話をきちんと聞いてくれる人がいません。

だから、きちんと話を聞いてくれる人はそれだけで好感を持たれます。そしてセックスさえさせてくれるのです。

女性の話を聞くときは、つねに「寄り添う」ようにしてください。反論してはいけません。アドバイスしてはいけません。分析してはいけません。

相手の話す内容に、良いタイミングで相槌をするだけです。

たとえば、女性が以下のように言ったらあなたはどう答えますか?

「去年くらいから風邪をひきやすくなってしまったの。今年の冬はインフルエンザにもなったし最悪だったわ」

こういうときにバカな男性は、

  • 風邪に良い食べ物は○○だ
  • こういう生活習慣を身につけるといい
  • 運動をするといい
  • 防寒方法を工夫すればいい

といったことを論理でしゃべります。

まったくばかげています。彼女はそんな回答はいっさい望んでいません。

彼女が望んでいるのは「ねぎらい」なのです。

「それは大変だったね。インフルエンザってすごくつらいもんね」

という言葉なのです。

え、そんなこと?

と思うかもしれません。

しかし、それが真実です。

女性は、自分の近くに寄り添ってくれる男性を探しているのです。そういう男性とセックスをするようにできているのです。

自分が風邪をひいたことを心配さえしてくれない男性と、リスクを負ってまでセックスするわけがないじゃないですか。

「インタビュー」をしない

また、初対面の女性にたいして男性がするもっとも大きな間違いは「インタビュー」をすることです。女性が話をしているときに、

  • 「どうしてそう思ったの?」
  • 「どんな○○が好きなの?」
  • 「それでこれからどうしたいの?」

というように、インタビューをしてしまうんです。

男性は、うまく会話をナビゲートしているつもりになっていますが、女性からしたら、会話の主導権を握られているので、話をしていてもぜんぜんたのしくありません。

警察の取り調べでもうけているようです。どれだけ言葉を交わしても心が近づくことはありません。

堂々とホテルまでリードする

ここまで出来たらあとはホテルに誘うだけです。

「もし断られたら……」とおじけ付いてなかなか言い出せない方も多くいらっしゃるでしょう。

そんな心配は一切無用です。

女性は誘ってもらうのを待っているものです。そう考えたら、誘う側も楽になりませんか?

ですので、堂々とホテルに誘ってください。ここで自信なさ気に誘っては、せっかく待ってくれている女性もゲンナリしてしまいます。

「もう少し◯◯ちゃんと一緒にいたいから泊まっていこう!」
「今日は一緒に寝よう!」

このように自信を持って誘ってください。そして、言い切ることが重要です。

「もう少し◯◯ちゃんと一緒にいたいから泊まっていく?」
「今日は一緒に寝る?」

など、女性に答えさせる質問形式の誘い方はNGです。女性は誘って欲しいのであって、自分から「泊まっていく!」「寝る!」などとは答えたくありません。

そこは男性が主導権を握ってください。ですので、女性に「う、うん……」といわせるような誘い方をしてください。

まとめ

いかがでしたか?

今回ご紹介したテクニックはどれも簡単なものばかりです。出会った当日中にホテルに誘えるか誘えないかは、デートをする前に決まっているといっても過言ではありません。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

オススメの出会い系サイト

あなたがセックスをしたいなら、どんなに努力をしてでも人妻セフレを作るべきです。

考えてみてください。一度、人妻のセックスフレンドを作ってしまえば、その後、何度も何度も何度もセックスできるんです。

これまで大量に人妻と出会ってきたわたしがオススメする出会い系サイトを紹介します。

人妻と出会えるオススメ出会い系サイト

コメントを残す